スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ドックの検査結果

今年も人間ドックで検査を受けました。
昨年は、ジャカルタでストイックな生活から日本に帰国した直後に受診できたが、今年は日本で一週間不摂生な生活をしたあとでの受診だったので、少々心配でした。 案の定、体重はジャカルタ滞在時より2kg以上増えてしまいましたが。

さて、胃の検査でバリウムを飲むことから、前夜10時以降の飲食が禁止です。

数年前、10時以降食わなきゃいいんだろと、10時以降も飲み続け、午前1時頃まで飲んで受診した際、中性脂肪が正常値の6倍以上というとんでもない数値を叩き出した経験があるので、そういう事態は避けるべく、前夜は6時過ぎから飲み始め、10時にはすっかり酔っ払って就寝しました。

居酒屋で焼酎1本(4合)空けたあとに、家で赤ワインを1本弱、ウィスキーや焼酎も飲んだので、寝る直前はヘベレケ状態で、検査当日は6時半に起床したものの、結構酒が残っている感じ。 これを検査開始の8時半までに抜かねばなりません。

採血は検査開始直後なので、確実に前夜のアルコールの影響が数値に表れます。

一方、血圧は起床直後は低く(アルコールが血圧を下げている)、起床後1時間もすると確実に高まるのが通常なので、できれば朝一で血圧、午前の遅い時間に採血してもらいたいものなのですが、実際には逆で、採血が朝一、血圧検査は9時半頃となります。

昨年の血圧は「140-84」であり、上限値の「129-84」を、上は大きく超え、下はギリギリ・クリアという結果。
それが今年は「120-76」で上下とも余裕でクリア!
これはこれで良いのですが、アルコールの影響で血圧が下がった状態だとすると、血圧の1時間前に採血した血液には大量のアルコールが。。。。。。。

血液検査の結果が心配でしたが、フタを開けてみると、中性脂肪は昨年の「71」から「69」に改善、ガンマGTPも「28」と全く正常。
いつもビールを浴びるように飲んでいるので、尿酸値が改善する期待は全くなかったのに、昨年「7.1」だった尿酸値が、今年は正常値の「7.0」に改善している!

痛風の発作はないし、尿酸値も上限を少し超えているだけだったので、気にせずビールをガバガバ飲み続けてきましたが、尿酸値が改善するとは驚きです。

今回、コレステロール値は前回より増えてましたが、善玉も多いし、諸説あるので、ここはあまり気にしてません。
「血圧」「尿酸値」「中性脂肪」で改善が見られ、かつガンマGTPも「20台キープ」できたので、満足な結果でしたね。





スポンサーサイト

インド出張 (その参)

3日目(最終日)です。
ゆったりと朝食を取る時間がありました。
まずは前菜。

IMG_6202.jpg

2皿目。

IMG_6205.jpg

続々追加。

IMG_6207.jpg

最後はデザート。

IMG_6208.jpg

仕事の画像はスキップして、ランチです。
おっと、その前に、この画像も入れておきましょう。

IMG_6212.jpg


IMG_6213.jpg

さて、ランチ開始。
なんちゃって日本食屋です。

IMG_6220.jpg

お次はこれ。

IMG_6221.jpg


IMG_6222.jpg


IMG_6223.jpg

でもって、仕事はスキップして、最終日のディナーです。
ハイデラバードで一番美味しい(但し高い)と評判のインド料理屋です。

IMG_6234.jpg


IMG_6237.jpg


IMG_6238.jpg


IMG_6239.jpg


IMG_6240.jpg


私以外はもう一泊だったのですが、私だけ金曜日にジャカルタで仕事があったので、木曜日の深夜フライトで
シンガポール経由ジャカルタに戻るため、20時過ぎにレストランをあとにし、空港へ向かいました。

ハイデラバード23時発、2時間半時差のシンガポール朝6時着ですから、ハイデラ時間では、午前3時半着という
つらい時間帯です。

飲んで眠くなった辺りで到着となり、殆ど寝ないまま、ジャカルタ行きに乗り継ぎます。

IMG_6244.jpg


IMG_6246_201504011919387b0.jpg

IMG_6247_201504011919400bd.jpg

シンガポール空港の飲料水@無料。
昔は日本でもよくこういうの見かけたけど、最近はあまりないですよね。
ミネラルウォーターを購入して飲むのが普及したからなんだろうな。
昔は水道水を普通に飲んでたのにね。

IMG_6248_2015040119194353b.jpg

ジャカルタ行き、シンガポール航空。

IMG_6249_201504011919467f8.jpg

朝食はしっかりと頂きます。

IMG_6250_20150401192631456.jpg


さすがにこの飛行機では30分くらい転寝しましたが、ジャカルタ到着時は寝不足でフラフラでしたが、
そのまま事務所に直行して仕事でした。



おしまい。


1日でここまで円安になった事ってありましたっけ?

日銀黒田総裁、大胆な金融緩和、やってくれましたねぇー

私の場合、給料が米ドル建てで、かつ相当額のドル資産も7年以上凍結させている関係で、円安は大歓迎。

それにしても、入社以来27年以上、毎日為替に一喜一憂してましたが、私の記憶では、1日に3円近く円安に
なったことはなかったように思います。 精々、1円50銭か2円未満しか記憶にありません。

1日で激しく円高に振れたことはありましたが、円安は初めての経験です。

過去の1日の円安サイドへの変動幅の最高記録を探そうとネット検索してみましたが、「1円80銭以上の
変動確率は1%未満」とか、「変動が大きいときは必ず円高で、円安に大きく振れることはない」と言った
記事は見かけるもの円安サイドへの変動幅記録はみつかりません。

現時点で既に本日は「2円94銭」円安に振れてます。
昨日109円だったのに、既に112円に!

これからアメリカ市場が閉まるまでの数時間で、さらに円安が進むのか、少し戻すのかは分かりませんが、
2014年10月31日という日が、ドル円相場にとって大きなターニングポイントとして記憶(記録)されることは
間違いないような気がしてきました。

急激な円高は何度も経験してますが、1日でここまで円安になるとは。

短期間での円安傾向という意味では1990年が顕著でしたよね。

就職活動していた1986年は、プラザ合意翌年で、円高がガンガン進んでおり、入社した87年から88年に
かけても円高が大きく進みましたが、1990年には1ドル120円から、一気に160円まで円安に進みました。
バブル最盛期の頃ですよね。

自国通貨が下落すると景気が良くなる(株価が上がる)国も、あまりないように思いますが(^_^;

円安と株高は連動することが多いので、本日は為替・円安によるドル資産の円ベースでの増額と、
株式含み損の減少という両方の面で、資産価値が一気に改善した日となりました。

ここんところ、一気に資産価値が大幅減する局面が多かっただけに、少し戻しただけなんですがね(^_^;


<追記> 2.99円安まで行ったね。 明日起きたら3円超えてるかも! ビバ円安♪

3.16円まで行ったーーーーーー!!  ギネス級の円安だぁ

ここまで行くと、パラダイム変換かと。。。。。 凄いな


3.19円 円安   異次元だ。。。。。。

安部政権の功罪は10年か20年先に、歴史として語られるのだろう。

3.24円まで来てる。。。 まさかの4円、円安行っちゃいますかね?










人間50年、下天のうちをくらぶれば。。。。


前回1964年(昭和39年)の東京オリンピック開会式から、丁度50年が経過しました。
ということは、開会式当日に生を受けた私が、本日を以って50歳になったことを意味します。

日本の高度成長期が始まるきっかけとなったオリンピックから、高度成長・石油危機・バブル経済と
失われた20年を経てきた昭和から平成に至るまでの半世紀。

昨日までは、四捨五入すると0歳でしたが、今日から100歳と、大いなる成長を遂げました(^_^;

織田信長が好んで謡い舞ったと言われている敦盛の「人間50年、下天のうちをくらぶれば、
夢幻のごとくなり
」という節は、小学校3年生(1973年)の時に観ていた大河ドラマ「国盗り物語
の頃から耳にこびり付いて離れない節です。

8-9歳だった当事ですら、70-80代の祖父母が居たので、「人生50年とは随分短いことを言うなぁ」
と思ってましたが、戦国時代50歳まで生きることは大変だったのでしょう。

しかし、遂に自分がその年齢に達してしまいましたね。
もっとも昔は数え年が一般的だったので、そういう意味では昨年正月を以って既に「数えで50」には
到達していたのですが。

日本人男性の平均寿命は80歳なので、あと30年生きられる可能性もあるわけですが、どうも
弊社の場合、若い頃から体を酷使させらるせいか、60歳前後で亡くなる方も少なくなく、いよいよ
自分の人生も「晩年期」に差し掛かったように感じます。

ふと過去の節目な年齢に達したときのことを思い出してみると、一番長く住んでいる場所が東京
(約34年)なんですが、10歳になった時は札幌に在住、20歳は東京でしたが、30歳はサウジアラビア
(リヤド)で迎え、40歳はUAE(ドバイ)、50歳はジャカルタと、3連続海外、5回の節目の内、東京は
1回だけという奇遇。

一方、5歳、15歳、25歳、35歳、45歳の節目は全て東京となってます。
ようは、私の人生50年、ざっくりと5年毎に東京と東京以外(主に海外)の往復だったということですね。

会社は大損こいてますので、収入減は不可避ではありますが、定年後も含め、充実した晩年期
過ごせるよう、健康には留意したいと思います。

帰国予定の来年こそ自転車活動再開したい!!


あれから13年

今年も9/11がやってきました。
そう、13年前の2001年、全米を恐怖に陥れた同時多発テロから13年が経過したわけです。

当日私はサウジアラビア出張中でしたし、その後も4年間アラビア半島に住んでいたこともあり、
イスラム教の方々の意見を色々聞かせてもらい、パレスチナ問題も含め、色々と考えさせらる
ことがあり、過去には色々と記事にもしましたが、今回は特に意見めいたことを書くつもりはありません。

ひとつ感想を述べさせて頂くならば、世の中には何億人という善良で温厚なイスラム教徒が居ると
いうのに、ごく一部のイスラム国のような過激派のせいで、「イスラム教=世の中の常識とは異なる
異教徒」的に思われているとすれば、残念でなりません。

さて、話題を変えます。

ここ数日、急激に円安が進んでますね。
とは言っても、まだ「行き過ぎた円高の是正局面」だと個人的には考えてます。
円安というよりは、ドル高でもあり、来年末には120円くらいになるという予想もあるようですね。
今の勢いだと、年内にも110円を突破しそうですが。

さて、直近の円安ピークは2007年の6月、124円ちょっとというレートを付けました。
2007年6月は、ドバイで4年間勤務し、同年8月の帰国が決まっていた時期でした。

UAEディルハムは米ドル・リンクなのですが、当時は無理に円転せずに、外貨建て給料の残額を
そのまま現地通貨で現地の銀行で貯金してました。  4年間居たので、結構な金額になってました。

当初は全額円転して日本の銀行に送金することを考えていたのですが、レートが125円を超えたら
円転しようと思っていたところ、6/22に「124円14銭」という安値を付けた後、一気に円高傾向となり
円転のタイミングを完全に失ってしまいました(^_^;

仕方ないので、そのまま現地銀行口座を残したまま帰国しましたが、円高が是正されることなく
2011年10月には、「75円32銭」という円高となり、実に円安ピークから「48円82銭」、割合で
言うと、実に40%も円高に。。。。   数百万円の損失です(^_^;

仕方ないので、今に至るまで凍結したままですが、ようやく円安に向かっておりホッとしてますが、
実は娘がアメリカの大学(日本校)に通い始め、来年は渡米し2-3年現地に留学することになった
ので、円転はせず、米ドルとして使うことになりそうです。

この外貨資産がなかりせば、急落する日本円で米ドルを買わねばならない羽目になるところでしたが、
「人間万事塞翁が馬」ですな。


対ドル相場の主な節目

・124円14銭 2007年の安値(6月22日)
・112円10銭 08年の安値(1月2日)
・110円67銭 08年8月15日に付けたリーマン・ショック直前の安値
・107円03銭 08年9月25日に付けた直近の107円台

◎107円02銭 11日午後に付けた安値

・106円98銭 ボリンジャーバンド(21日移動平均基準、2σ=シグマ)の下限
・106円20銭 5日移動平均
・104円02銭 25日移動平均
・105円54銭 一目均衡表の転換線
・102円44銭 100日移動平均
・102円68銭 200日移動平均
・101円75銭 ボリンジャーバンド(21日移動平均基準、2σ=シグマ)の上限
・101円00銭 トヨタ自動車の15年3月期想定レート
・100円18銭 大企業・製造業の14年度の想定レート(6月短観)
・ 92円73銭 13年4月4日に日銀が量的・質的金融緩和を決める前の高値
・ 86円52銭 13年の高値(1月1日)
・ 76円03銭 12年の高値(2月1日)
・ 75円52銭 11年10月31日に付けた東京市場の最高値
・ 75円32銭 11年10月31日に付けた戦後最高値




久しぶりのジャカルタ勤務

海外駐在は今回で4回目、年数で数えると、アフリカ2年強、サウジ3年強、ドバイ4年強、
そしてジャカルタが3年弱なので、合計12年超になるんですが、アフリカ・中東時代は
毎年2回の特別休暇というのを取得してました。

つまりアフリカ中東時代に合計18回の特別休暇、そしてジャカルタでも2回特別休暇を
取得したので、既に特別休暇の回数は20回に達しています。

特別休暇はハードシップが高い地域(中東アフリカ、一部アジア)にしか認められてませんが、
先進国含め、どの国に駐在していても、駐在3年目には「一時帰国休暇」が取れる制度に
なってます。

但し一時帰国休暇を取得した年には特別休暇は取れません。
アフリカ中東時代は、特別休暇の方が条件が良かったので、3年目になっても、一時帰国
休暇は取らずに特別休暇を取得してました。

しかし、ジャカルタの場合、アフリカ中東と異なり、ハードシップが低いと認定されているので、
特別休暇の条件は悪いので、今回初めて「一時帰国休暇」を使ってみることにしました。

特別休暇は日当が付きますが、年7日がMAX、かつ飛行機代はシンガポール往復(但し
正規料金)なのに対して、一時帰国休暇は日当は付きませんが、日本往復ディスカウント
エコノミークラスの料金が全額会社負担で、かつ最長30日取得できる規則になってます。

欧米人ではないので、さすがに30日の休暇なんて取れませんが、規則として30日ある
ので、特別休暇の7日よりは少し長めに取っても良いかなと思い、今回は4/25-5/7と
実に「13日」(但し土日祝日が5日あったので、ジャカルタの営業日ベースで休んだのは
「8営業日」)も取得してみました。

日本はGWだったので、日本の営業日換算では「6営業日」です。
でも、2日間は本社に出社したので、そんなに無茶な休み方じゃないですよね。

さて、前置きが長くなりましたが、休暇直後の5/8-9はマレーシア出張が入っており、
8日は朝早いフライトだったので、7日の夜は空港からオフィスに直行し、残務処理を
するつもりでした。

ところが、休暇入りしてから、出張者が来ることになり、7日夜は会食に。
仕方ないので、8日早起きして、朝6時にオフィスに行って、1時間ほど事務処理(主に
書類のサイン)を行ってから空港に行きました。

翌9日も帰国後夕方出社したけど、執務時間は3時間ほど。
でもって、これまた休暇中に急遽決まった国内出張に11日の日曜日からでかけ、
帰任は14日、そして15日は祝日だったので、実に丸1日ジャカルタの事務所で仕事を
したのは、4/23以来今日(5/16)が初めてという異常事態が発生しました。

なので本日は、実に23日振りの勤務地オフィスにて終日業務だった訳です。

ただそれだけのことなんですが、何となくブログに書きたくなったので書きました(^_^;
滅多にない(中東時代に1回くらいあったかも)事態だったので。

銀行口座・残高「52銭」(^_^;

私の場合、インドネシア・ルピア建て給与は毎月第一営業日に振り込まれることになって
いるのですが、通常は最終営業日の昼前くらいには口座に入金されていることが多いので、
最終日の11:30以降くらいに銀行に行って残高確認の上、引き出すようにしてます。

なので、1月分の給料は最終営業日である、12/27に振り込まれるつもりをしていたので、
12/24は、12/26に予定していたカード決済用に、振り込まれたばかりの立替金(2-3百万
ルピア)を下ろすと同時に、US$も800ドルほど下ろしてカード決済用にルピアに両替する
予定でした。

下ろす前にルピア残高を確認したところ、なんと既に1月分の給料が振り込まれていたので、
US$は不要となり、カード決済用にルピアをほぼ全額下ろして、カード決済銀行に振り込んで
きました。

通常は10万ルピア(約850円相当)単位か、細かくても1万ルピア(約85円)単位でしか
下ろさないので、残高は少なくとも50円程度は残ります。

ところが、先日は1万ルピア単位で下ろしたところ、更に手数料が4000ルピア引かれ、
口座残高がわずか「61ルピア」(52銭相当)という、1円未満の残高しか残らないという
面白い結果になりました。


IMG_1841.jpg


「残金ゼロ」にすることは簡単ですが、残金が1円未満って、日本じゃ絶対にありえないですよね(^_^;




久々の車運転

今日は、娘を連れて、港北にあるIKEAに。
娘のベッドを購入すると共に、息子のマットレスも購入。

IKEAで買ったんで、単価はそれほど高くなかったとは言え、2人分でしたので、周辺アイテムと
合わせると、12万円超。 結構大きな出費でした。

まあ、娘のベッドは8年ぶり、息子のマットレスも7年ぶりなので、仕方ないですね。
一応ボーナスも出るようなので、それで賄います。

前日もビックカメラ往復を運転したんですが、約5ヶ月ぶりの運転だったので、最初は慣れない慣れない(^_^;
今日はさすがに少し慣れてきたけど、やっぱり普段運転してないとダメですね。

ジャカルタでは運転禁止なので、たまに帰国するときしかハンドルを握れません。


メガネを新調

ちょうど一年ほど前から、眼の具合が悪くなり、それまでは就寝中も付けっぱなしだった使い捨てコンタクトレンズ
(1-2週間連続装用可能)を毎晩外すようになると共に、以前は2週間に30分程度しか使っていなかった
メガネが大活躍するようになりました。

最近では、午前中はメガネ、昼前にコンタクトを入れて、帰宅と同時にコンタクトを外してメガネになります。
なので、飲み会のない日は、コンタクトを装用しているのは、1日8時間程度と、コンタクト初心者のような状態に
なってます。 (ちなみにコンタクトレンズ歴30年7ヶ月です)

先日、家で飲んでいるときに、メガネをかけたまま居間で寝込んでしまい、その際、メガネを壊してしまいました。
つるの部分が外れたので、とりあえず瞬間接着剤で修理しましたが、折り畳めず不便なので、仕方なくメガネを
新調することに。

いつもコンタクトレンズを買っているパパイヤの2階のOptical Shopでメガネを作りましたが、老眼がかなり
進んでいることから、「近くさえ見えれば良い」と強調して、右「0.6」左「0.5」、両目合わせてようやく「0.7」が
見える程度のメガネを作りました。(要は、壊れたメガネと同じ度数)

フレームも一番安いやつ、レンズも一番安いやつなので、結構分厚いですが、そんなことは全く気になりません。

いやぁ。。本当に外見に気を使わなくなったな(^_^;




飲み会が続きます

24日は珍しく自宅飲み。
初めてカレーを作りました。

人生初か。。。。というと実は2回目。
1回目は今を去ること36年前の中学一年生の夏季キャンプ。
班で手分けしてカレーを作ったのが始めてで、今回は人生2度目。
一人だけで作ったのは初めてです。

25日は出張者と高級中華料理、食べ過ぎた。。。。。

明日は裏辰・鍋の会です!

本当に毎晩暴飲暴食ですが、Sayur Dulu が基本ですね。
プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。