スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幻坂」と自転車ショップ(+α)

今日の東京は午後から生憎の雨ですね。
こういう自転車乗れない日に飲み会があったりすると、ラッキー♪って思っちゃいます。

もっともお酒は好きなので、飲み会の日は天気に関わらず「休足日」ってことで
割り切ってはいますが、予定のない日が雨で、飲み会の日が晴れだったりするパターン
が続いたりすると、イライラしますよね!

さて、昨日は家の用事もあり、長距離は走れませんでした。
合間を縫って50kmくらい走れれば良いかなぁ。。。という感じで家を出ます。

土曜日に一緒に走ったひろさん情報で、五反田から八ツ山橋方面に向かう途中に
良さそうなショップがあるというお話でしたので、五反田方面に向かいます。

ショップは見つかりましたが、まだ開店前でした。

P1040199.jpg


久しぶりの五反田界隈だったので、このあと何気なく五反田の繁華街を視察。
怪しげな店が多いですな(苦笑)

P1040198.jpg


こんな「悪い店」には行きませんが、年に数回(接待等で)バニーガールの居るような店には
行かないこともありません(爆)

以前(13年ほど前)、中東の禁酒国勤務から帰国した直後に、割とよく、この五反田に
あるバニーちゃんのお店に通っていたのを懐かしく思い出しました。

禁酒国に3年超勤務していたんですが、お酒が飲めないので、月に使う小遣いは数千円。
そんな状態ですから、帰国時にはちょいとだけ貯金がありました。

今なら間違いなくロードバイク貯金の一部に回すところですが、当時はまだ33歳、
禁酒国での積み上げたストレスと鬱憤を晴らすべく、くだらないことにお金を使って
しまったものです(苦笑)

さて、こういう目に毒な界隈は早々と抜け出し、久しぶりにこっち方面に来たことから
都内でも有数な「激坂」である「幻坂」に久々に挑戦することに。
ちなみに今日は回復走なので、SPDシューズは履いておらず、フラペです。

このクラスの激坂は、引き足を使った方が登りやすいんでしょうけど、足付きのリスク
が高いこと、足付きした場合の危険度を考慮し、敢えてフラペで臨みます。

初めて登ったときは、前輪が浮き、ひっくり返りそうになりましたが、今回はハンドル
を上から押さえつけるようにして慎重に登ります。

さすがに30%の激坂ですから、スーパーインナーの登場です。
F28-R32のウルトラスーパーローを駆使して登頂に成功。

こんな勾配です。

P1040202.jpg

P1040207.jpg

P1040208.jpg

P1040220.jpg

P1040221.jpg

P1040224.jpg

P1040223.jpg

P1040222.jpg


この幻坂は、激坂ハンターには有名な坂であるので、取り上げた記事や動画も多く
ありますので、ランダムに列挙しておきますね。

http://esprit-de-nord.cocolog-nifty.com/blog/maboroshi.html

http://www.ne.jp/asahi/mim/tdr/saka/tokyo/tokyo23_shinagawa_minato.htm

http://www.youtube.com/watch?v=Yiysr7jAt_Y

http://www.youtube.com/watch?v=AFcynuU1_A8

http://d.hatena.ne.jp/Blue-Period/20100222/1266840571

http://blog.goo.ne.jp/mtbfullsusslick/e/ec6622f30389bf0f82d4472d6c437cd9

http://www.tutbox.com/video.yKq720Tq9Js.html

http://movie1.search.biglobe.ne.jp/video/watch/665f884337b3481e

http://www.caletavip.net/videos/--2MONs8ab0cqApN0.html

http://www.bnadm4.com/youtube/--tNedmNOYudt2s9k.html


幻坂のあとは、神宮前にある「なるしまフレンド@神宮店」に行ってきました。
ロードバイクがたくさん展示されており、1台ずつ適正身長も書いてあり分かりやすかったです。

http://www.nalsimafrend.jp/shop/jingu.html

当たり前ですが、良いものは高いですね(泣)
旧モデルとかも結構置いてあって、目をひかれるものがありました。
本体の値段は高いのか安いのか、まだ選球眼がないので判断できず。

でも、小物系は、他のお店より1-2割安い感じでした。
持ってなくて欲しいアイテムとして、パンク修理キット(パッチと糊)が200円で
売っていたので、買いたかったんですが、1時間近くかけて店内の売り物をガン見した
あとに、購入するのが200円のパンク修理キットのみってのもどうかと思い、何も
買わずに店を出ました。(この店は都心にも関わらず、駐輪場も充実してます)

ロード購入はまだまだ先ですが、会社から近いセオサイクルにするか、品揃えの
多い「なるしまフレンド」にするか、それによって、今後小物とかを買うことで
ショップの人達と顔見知りになっておくのに、どっちが良いか悩み始めてます。

なるしまは休日にしか行けないのが難点ですね。
その点、セオサイクルは仕事中の息抜き(?)でも行けるメリットがあります。

五反田にある「PROTECH」って評判どうなんでしょうか?
ご存じの方、いらっしゃいましたらコメント下さい。

「なるしま」と「セオサイクル」についても、何かご存じ(評判等)の方おられれば、
教えて下さい!









スポンサーサイト

目白の激坂チャレンジ!

6/10

前日までの走行距離(3/23 サイコン装着後)が2490kmだったので、本日中の2500km超えは確実だったのだが、会社まで7キロ弱で、会社到着時は2498kmと微妙な数字。 しかもランチタイムに銀座まで行く予定があったので、珍しく昼休みに自転車に乗り、銀座に向かう途中であっさり2500km達成。 区切りの数字はロングライドで達成する方が感慨深いのだが、まあ500km単位だから仕方ないか。 3000kmを今月中に達成できるかは、出張や梅雨の関係で微妙であるが、これは是非ロングライドで達成したいもの。

さて、帰宅後は目白の激坂を攻めることに。 目白まで約7キロ走行し、都内では最も有名と言われている「のぞき坂」(別名:胸突坂)にアタック。 あまり馴染みのない場所だが、幹線道路(明治通り)に近いこともあり、地図はうろ覚えだったが、迷わず一発で坂下に到着。 馴染みがないとは言え、千登世橋は学生時代に何度か通ったことあり、勾配がキツイ場所であることは記憶にあった。 それにしても圧巻である。 港区の坂には、無名坂も含め名前がちゃんとついていて、坂の上と下にちゃんと木杭が打たれ坂の名前が記載されているのだが、豊島区のこの辺りは、有名な坂でも正式名がついてないようで、木杭も打たれていない。

NEC_0416.jpg

前置きはこれくらいにして、とにかく登ってみる。 確かにきついがインナーロー(24段変速の一番軽いギア)を使えば座ったままでも登れる。 しかしやはり座ったままだとスピードも出ないし、足への負担も大きいので、立ち漕ぎ(ダンシング)の方が楽である。 インパクトの強い坂ではあるが、あの恐怖の幻坂を体験したあとは、どの坂も「まとも」に感じられる。 やはり怖いのは、車が通れないほどの坂である。 

この辺りは地形的に山なので、のぞき坂に並行して何本も坂があり、合計5本の坂を全て上り下りしてみた。 すっかり激坂になれたようだ。 インナーローへの持って行き方が微妙(早すぎても遅すぎてもよろしくない)ではあるが、大分慣れてきた。

NEC_0424.jpg

目白激坂5本をクリアしたあとは、目白通りを東に進み江戸川橋を右折し、早稲田付近で外延東通り(始点)に入り帰宅。 途中想定外の雨が降り始める。 初めはパラパラだったのが、途中から本降りに。 参った。 雨宿りしたが、止む気配もなく、泣く泣く雨の中を激走したが、六本木でトンネル2本超えたら、その先は晴れていた。 路面も濡れていない。 どうやら新宿区限定で雨が降ったらしい。 というわけで、土曜日のロングライドに備え、自転車屋に整備を依頼したが、多忙だったようで、空気補填とチェーンに油差してもらうだけで終了。

さて、今日は改めて今までの走行記録をまとめてみよう。
サイコン装着する3/23までの走行距離は推測

1月  200km
2月  400km
3月  500km (サイコン装着後:200km)
4月  782km
5月 1159km
6月  413km (6月10日現在)
---------------------------
合計 3454km

我ながらよく走ったものだ。
東京からインドくらいまで走っただろうか。

港区の激坂/サイコン装着前走行距離

6/7

19時半スタート。 一ノ橋から飯倉片町までの坂もなかなかキツイ。 そこからオークラ目指し、まずは江戸見坂を下る。 下り終えてからそこが江戸見坂であること確認し、今度は登る。 さすが25%勾配、半端じゃない。 が道が広いせいか、幻坂ほどの恐怖はない。 しかしこのあたりは坂だらけだ。 用は山なんだろうな。 江戸見坂を終えて、次は赤坂へ向かう。 稲荷坂である。 赤い。 なかなか風情があってよろしい。 ここも25度くらいかな。 えっちら登る。 インナーローを使わないと厳しいね。


6/8   往路のみじてつう。

6/9   

復路じてつう。 19時スタート、まずは釣堀坂。 実際に釣堀にアクセスする道ではなく、やはりあの激坂だった。 ここは徒歩で何度も来ているので、あそこかなとは思っていたが、やはりあそこであった。
まずは下り、そして登り。 半端じゃないね。
さて、坂はこれくらいにして、大井埠頭へ向かう。 今日はローディは居ない。 地味に走って、意外なことにジャスコの横に着いた。 走行距離、前日と合わせて37キロ。 総走行距離(サイコン装着後)2500kmまであとわずか! 
それにしても、1月17日に自転車を購入してから、3月23日にサイコンを装着するまで何キロくらい走っただろうか? サイコン装着後に走行ペースが一気に上がったが、装着直前の3月20日の荒サイも相当走ったはず。 CR往復50キロに加えて、一般道も20キロくらいは走ったので、70キロくらいか。サイコンなし走行60日の内、日本に居なかったのが15日くらいあるので、ネット45日、内雨で乗れなかった日が10日はあるだろうから、残り35日。 ざっくり平日25日+休日10日ってところかな。 平日はじてつう+αで20キロ/日、休日は40キロ/日平均くらいで計算すると、平日500キロ+休日400キロで、合計900キロ程度にはなる。 これを概算とすると、購入後現在までに約3400キロ走ったことになる。 この間、悪路も走ったが、一度もパンクはなし。 パンクどころか、空気が顕著に減ったこともない。 なかなか良い買い物をしたようだ。

恐怖の幻坂

6/6

今日は11時に帰宅せねばならぬ用事があったので、ロングは無理ということで、激坂にチャンレンジ。
登り坂は極めて苦手であり遅いので、通常は丘を避け、谷周りでしか走らない生活を4ヶ月続けてきたが、ひょんなきっかけ(無意識なリンク移動)から激坂サイトに辿りつき、タイトルが「都心部激坂15選」という興味をそそるタイトルだっただけに、思わず読んでしまったところ、何と我が家に近い「狸坂」が15激坂にランクインしているではないか。 俺的には、都内に坂は何百とあるが、狸坂を超える激坂はそうそうないだろうと自負していた(ゆえに、ここを通ると非常にショートカットになるにも関わらず、避け続け、4ヶ月で1回しか登ったことなかった)にも関わらず、15選をクリアしたブロガーによると、「たったの14%で、なぜ激坂にランクされているか分からない」との酷評。 同時に、他の激坂が狸坂と比べ物にならないくらいの勾配(23-30%)であることも判明。

ヒルクライムどころか、小さな丘すら避け続けてきた俺にとって、激坂など有り得ない世界だったのだが、都内最高ランクを付けられている「幻坂」を含め、にわかに興味が湧いてきた。 しかも地形的に激坂(15選)の殆どが自宅から近く(一番遠いところで30分くらいか)であることから、これはひとつずつ潰して行くしかないなという使命感を帯び、早速今朝からチャレンジしてみることに。 狸坂を馬鹿にされた俺としては、その倍以上の勾配(30%)を持つ幻坂を攻略しないことには面子が収まらず、地図で場所を調べて直行。 地形図が頭に入っていたこともあり、激坂がありそうな辺りは見当が付いたので、割とすぐに見つかった。 (なんと命名者のママチャリライダーのノールさんは、再発見まで1年半掛かったというのに)

この坂は3つの区画に分かれている。 まず20%程度の1区間目、これを左折すると10mくらい平坦な5%程度の登り坂、後半は15%くらいか。 これが2区画目。 でもって第3区画が半端じゃない。 20%から始まり最後は恐怖の30%。 

NEC_0411.jpg


確かにウィーリー状態(前輪が地面を離れ、後輪だけで走行状態)になり焦る。 当然座ったままでは走行不可能、立ち漕ぎ(ダンシング)でも、時速2キロくらいしか出ない。 ウィリーになって落車せぬよう、前傾姿勢を保ったままダンシング。 何とか登り切った。。。。 幻坂恐るべし!  でもって下りがまた怖い。 ブレーキ握りっぱなしで時速1キロで下りないと事故になりそう。 それにしても、ここの地形は半端じゃない。 要は崖っぷちに家を建てて道を無理矢理作った形なんだよな。 そういう意味では狸坂も同様である。 間違いなく崖である。 崖地域に激坂が多いのは当たり前の法則だな。

さて、激坂ばかり攻めていても走行距離が稼げないので、午後改めて出陣。 皇居に行ってみた。 皇居付近はよく乗るのだが、なんと日曜日は皇居の東側2キロくらいの区間が自転車専用道路となっていて、車の乗り入れが禁止されている。 居る居る、ローディが掃いて捨てるほど。 でもって、一般チャリも少なからず居る。 どうやら日比谷公園に貸し自転車屋が開催されているらしい。 時速3キロの自転車から時速40キロのスピードバイクまでありとあらゆる自転車が集合している。 良く知らなかったので、最初は皇居を一周してしまったが、西側(北・西・南)は特に規制はなく、東側の2キロ区間のみ自転車専用道路になっているようだ。 当然のごとくメット&ピチピチジャージのローディと対決する。 こちらはフラペのノーヘルである。 しかもMTB仕様のクロスバイク(26インチ)である。 しかし、対決してもまず負けないね。 俺が高級マシンに乗ったら時速60キロ出るかも。

結局この日は他にも色々用事があったにも関わらず70キロほど走り、前日と合わせてほぼ200キロってとこですかな。
プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。