FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒サイ初TT(タイムトライアル)20キロ

4/17

荒サイへのエントリーを船堀にすると、途中信号が多過ぎるので、昭和通り(国道4号線)経由千住(北千住)からのエントリーを試みる。 地図で確認したところ、丸子橋までとそんなに変わらない感じに見えたので、10キロちょいかなと思っていたら、もう少し遠いことが判明。 中原街道と異なりアップダウンはほとんどなく走りやすい。
但し幹線道路だけあって交通量は多く、大型車両も多いので、若干危険である。 車線は多いが、大型車両が駐車していたりして、2車線目を使わざるを得ないことも多々。

自宅から13.5キロ走ったところで、遂に「千住大橋」に到着。 やっと荒川だと喜んでCRを目指したが、住宅街を走らないことには川沿いに出られない。 やっと川沿いに出たと思ったら。。。。。。。。あれCRがないぞ。。。。。 う、ここは荒川ではなくて隅田川である。 やられた。

携帯マップで位置確認すると、隅田川沿いに走れば荒川と合流することが分かったので、引き返さずにそのまま隅田川沿いを走り始めた。 走りにくいブロック路面を300mほど走ったら、川沿い道はなくなり、一般道へ降りたところ、川とは別の方向へ進んでいる。 何とか川沿いに戻ろうと必死で道を探すが全て駄目。 隅田川は川沿いを走るようにはなっていない模様。

やむなく再度携帯マップで確認したところ、不愉快な行き方だが荒川まで辿り着けるルートを発見。 何とか荒川に辿り着いた。 CRに入り埼玉方面に走るとすぐに「15キロ」標識があり。 取りあえず向かい風っぽいので、20キロを目指して走る。 しかし路面かかなりの部分濡れており(というか水溜りになっており)少し走ると全身ビショビショになってきた。

ローディの数も少なく、皆雨が上がった直後の荒サイの状況は知っているらしく、今日は避けたのであろう。 こちらは意地になってビショビショになりながらも20キロ地点まで走り、そこから20キロ耐久(?)タイムトライアルを開始。 時速20キロ平均なら1時間というコース。
ストップウォッチも使い、20キロ地点のラインからスタート!

初めは予想通りの追い風であり、平均時速30キロくらいで飛ばせたので、1キロ2分ペース。
3キロで6:20くらいだったかな。 しかし4キロでは既に9分を上回っており、かつ風向きも変わってきて30キロ維持は不可能に。 その後もまさかの向かい風や、どうしようもない水溜りの連続、さらに悪いことには車止めで停止せざるを得ない部分もあり、気持ち的にかなり
萎えてきた。

最初の2-3キロでは、「30キロ平均で40分か!」と勇んだが、最悪地点では時速17キロくらいまで落ちてきて、しかも風がなくなった平坦な場所でも20キロくらいしか出ず、ギアも有り得なく低速であり、足が回らないので、まさかのハンガーノックが頭によぎったが、朝飯もキッチリ食ったし、総走行距離で30キロを超えた程度でなるわけないだろと否定したい気持ちでいっぱい。 しかし同じルートを通勤しなれている人でさえ、体調次第ではハンガーノックになり得るわけで、先々週100キロ走れたから、今日は30-40キロでダウンするわけないとは言い切れないと思い、不安を抱えつつ上がらないスピードにイライラしながらタイムはとっくに諦め、ダラダラと走行する。 それにしてもびしょ濡れのジーンズは重いし冷たいし不快だし、もう二度と雨上がりの荒サイは来るのを止めようと心に決めた。

それにしてもあまりに遅いので、12キロ地点(8キロ走行後)で、まさかの途中停止し、10秒ほど体をほぐした後、いちかばちかの加速。 25キロくらいまでは上がったが、やはりキツイ。 仕方ない、1時間切れればいいか。 あるいは前半の貯金を使って、後半は25キロをキープして50分を狙うか、ま最初から頑張り過ぎると、次に抜かねばならない目標が高くなり過ぎるので、次回コンディションの良い時に楽勝に抜けるよう、初回の参考タイムは悪い方がいいやと開き直り、売り切れてもいいやと投げやりに加速したりしてた。

そうこうしている内に、坂で10キロに落ちることもあれば、コンスタントに30キロを維持できる場所も。 やぱーり、さっきのは向かい風が原因だったんだと納得。 足はやばかったけど、こうなったらもうやれる限りやるしかないとスパート。 意地でも50分は切ってやると、基本30キロペースで最後の5キロは走ったと思う。 1キロ毎にタイムチェックしていたが、残り2キロで43分台。 お、これは48分台でゴールできるかな(実は頭の中には47分台という文字があったが、敢えて無視して48分を目標として設定)。 ラスト1キロ、46分直前の45分台終わりあたり。 ラスト1キロで失敗しなければ、48分台は行けるなと思ったが、さすがにラスト1キロ、スプリントでダッシュしまくり、ゴール! タイムはなんと」「47分38秒!」。 やった47分台だ。 この記録が今後の参考タイムとなる。
さあ、頑張ってタイムを縮めるぞ!

荒サイの0キロ地点というのは、河口でもなんでもなく、0キロを越えてもまだCRは続く。
なんだよ、海の中走ってんのかよ。 ありえねぇよとか思いつつ、荒サイが終了する地点(新砂船着場)までそのまま走り(ウィニングランっぽい気分で)、休憩。 ドロドロになっていたので、ウェットティッシュで背中とかばんと自転車を清掃、あまり綺麗にはならなかったが、ティッシュのドロドロに。

橋まで戻り、どうしたものか考えたが、帰路につくとすぐに木場であり、30-40分もすれば十分に帰宅できるが、帰宅リミット時間にはまだ2時間近く余裕あり。
江戸サイ行きましたよ、がしかし旧江戸川ね。 まったりしてました、川見えないし。
葛西臨海公園につながっていて快適なロードでした。 葛西から辰巳を経由して、晴海通りにぶつかりまして、なじみの豊洲を経由して、いつもの通勤経路へ。

そこで、出会いました。 パッと見、普通のミニベロライダー。  ロードには負けてもミニベロには負けないだろと軽く抜いたところ、しばらくして抜き返された。 良く見ると、レーパン履いて、しかもビンディングペダルである。 ミニベロに騙された。 プロのバイクライダーであった。 さりとて、こっちは26インチ、小径には負けられません。 基本リードです。
しかし、こっちはフラットペダルですから、プロには負ける、5キロくらいデッドヒートを繰り返しましたが、敢え無く抜き去られることに。 ミニベロ対決、初の完敗です。 やはり、マシンより脚と技術とペダルの勝利でしたね。 俺もビンディングペダルにしてやる!

仕事サボってペダル購入してやる! でもって70キロ。 疲労度は大したことなし。 一休みしてジムへ行く。
スポンサーサイト
プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。