FC2ブログ

9/25 山梨初見参(大垂水峠、笹子峠を越えて) =その弐=

前回の記事からの続きです。
明日kanokaさんとのライドがあるから、ちゃんと脚を残しておかなければいけないのに、無謀にも甲州街道最大の難所と言われていた笹子峠(1100m級)に挑んでしまうことに。

再度ルートをアップします。



笹子峠は、昭和33年に「新笹子トンネル」が完成したことから、国道20号線(甲州街道)は新トンネル側となり、笹子峠越えのルート(笹子隧道経由)は「山梨県道212号日影笹子線」となったらしい。

詳しくはこちらを。

笹子峠 wikipedia

峠に向かう林道の入り口です。
今からこんな山登るのかよ~(涙)

P1030240.jpg

峠とトンネル(国道)の分かれ道のところに、「矢作の杉」まで4キロという表示がある。
てっきり俺は峠まで4キロと誤解してしまった。

急勾配ではあるが、4キロなら頑張れる。
必死で4キロ漕いで登ったが。。。。。

P1030243.jpg

P1030244.jpg


矢作の杉はあるようだ。
しかし、一向に峠には到達しない。

こんな暗い道をノロノロと進む。

P1030241.jpg

P1030256.jpg


矢作の杉から4キロほど更に登っただろうか。
頂上っぽい雰囲気を漂わす標識。

P1030250.jpg


が、まだまだ峠には達さない。
「トンネルまで2キロ」とかいう表示が。

更に必死で漕ぎ続ける。
やっとトンネルに到達!!

P1030259.jpg

さすが、標高1100m近くまで登るのは大変だ。
急勾配を延々と10キロ登った。

汗だくなんだが、妙に寒い。
でもって、もう吐く息が白い。
甲斐路の峠を登ること1時間。

やっと「笹子隧道」という峠のトンネルに到着します。
走ってる時は、寒いんだか暑いんだか分からないような状態ですが、
恐らく10度を大きく下回っている気温なので、止まるとすぐに体が冷え
凍えそうになりますが、「笹子隧道」は登録有形文化財に指定されている
とのことなので、案内板をカメラに収めます。

笹子隧道 wikipedia

P1030257.jpg

怖いほど真っ暗である。

トンネルの写真を撮っていると、一台の軽トラックが坂を登って来ます。
そして、小生に向かって話しかけてきます。

おじさん: このトンネルはね、お化けが出るって有名なんだよ。
    俺も若い頃はよく肝試しに来たもんだ。
小生: ちょっとオジサン、怖いこと言わないで下さいよ。
    怖くて通れなくなっちゃうじゃないですか!
おじさん: じゃ、お化けに食われないように気をつけてな。

と言い残し、軽トラックで去って行ってしまいます。

改めてトンネルの中を見ると、全長240メートル、照明は一切なし。
既に夕暮れ近い時間でもあり、本当にお化けがでそう。

しかも汗で濡れたからだが深々と冷えていく。
お化けが怖かったけど、ここまで来て引き返すわけにも行かず、
エイヤ! とトンネルに入ります。

マジ怖いっす。 真っ暗です。 自転車のライトなんて何の役にも立ちません。
遠くに見える出口の光だけを頼りに走り続けます。

途中お化けが出ました!(恐怖)

P1030262.jpg



一瞬ブルっと寒気が襲います。
お化けに水をかけられたようです。

このトンネルは大月市と甲州市との境に位置しており、トンネルを抜けると
甲州市です。
ダウンヒル開始ですが、とにかく寒い!!

路面は前日からの雨で濡れており、濡れ落ち葉がたくさん落ちており
滑りやすくなっている。 なので、スピードはあまり出せない。

途中こんな素晴らしい景色もあり、峠を登った甲斐ありというものです。

P1030268.jpg

P1030270.jpg

途中から道も乾いてきて、また幅も広くなってきたのでスピードが出ます。
一台車を抜きました。 でも、寒い寒い。。。。

あまりに寒いので、歌でも大声で歌わないとやってられません。
で、思いついた歌が、クイーンの「We are the Champions」、歳がばれますね(苦笑)

峠を制覇した昂ぶりから、「We are the Champions」を大声で熱唱しながら、時速
40キロ超で坂を爆走DHします。

長い長い林道のような道を下り、国道20号へ再合流します。
ほんの3キロのトンネルを避けたがために、10キロの峠を登ることになるとは。。。。

ま、でも暗闇で大型トラックがびゅんびゅん走るトンネルよりは、凍える寒さ
(お化けのせいか?)の1100m峠の方がマシだったのかなぁ。。。。

その後も甲府まで下り基調で、売り切れた脚には嬉しかったです。
念願の甲府市に到着!

P1030275.jpg

自分は国道を離れて、峠を走ったので、この標識よりも、もっと走ってますが、一応甲府に入ったところで、東京から130キロの地点となるようです。

P1030281.jpg


甲府駅まで行こうかとも思ったのですが、有料列車には乗らない主義(というか
予算的な問題で乗れないというのが事実)であり、かつ夕食に間に合うように
帰宅したかったので、ひとつ手前の「酒折」という駅から輪行です。

P1030282.jpg

箱根駅伝で有名な山梨学院大学が、この駅のすぐそばにありました。

P1030285.jpg

P1030291.jpg

P1030294.jpg


なんとか21時過ぎには帰宅できたんですが、いきなり買い物を命令され、
近所のスーパーまで買出しです。

もっとも、買ってきたものは氷と炭酸であり、主に僕が消費するもんなので、
文句は言えませんが、疲れた体に鞭を打って買い物してきました。
(水分なので、結構重い)

シャワーを浴びて、夕食にありつき、お酒を飲みだしたのは、そろそろ22時に
なろうという時刻。

明日は早起きして関戸橋まで行かねばならないので、今日の疲れを癒し
ゆっくりと熟睡したかったのですが、なんやかんや酔っ払った状態でブログに
書き込みしたり、コメントしたり、コメント返信したりと、山登りで疲労困憊した
体に大量のアルコールを短時間で吸収させたので、脳味噌はアップアップで
思考力はゼロに近かったです。

P1030209.jpg


9/25時点のサイコン記録

走行距離: 145.87km
獲得標高: 1,605m
最高地点: 1,096m  (笹子峠)
平均時速: 21.40km/h (さすが遅い:涙)
最高時速: 51.20km/h (We are the champions♪)
累積距離: 6,552.2km (2010/3/24-2010/9/25)
走行時間: 6:47:51
月間累積: 1,398km (翌日のライドを前に 1,500kmに大手!!)

-------------------

<追記>

やっぱり、笹子峠のトンネルでお化けに水かけられちゃって、その後の極寒DHで、風邪引いちゃったようです(涙)

翌日は kanokaさんとのライドだったので、「こんなとこで絶対風邪引けない!」と思ってたんですが。。。。

ライド当日である昨日の朝も、起きたら頭痛がしたので「アレ?」とは思ったんだけど、飲み過ぎたり遅い時間まで飲んでいたりすると翌朝頭痛がすることも珍しくないので、「まあ、自転車に乗ってる内に痛くなくなるだろう」と漕ぎ始めました。

が、kanokaさんとの待ち合わせ場所である関戸橋に着く前あたりから、今度は鼻水が。。。。 
「ありゃ、花粉症かな?」と思いつつも、結構止まらない。

でもって今日は完全アウト、頭痛と大量も鼻水で、完璧風邪の症状です。

今日は朝から雨でもあり、じてつうはできず。
久しぶりに1kmも乗らない完全休養日でした。

昨日 kanokaさんに連れて行ってもらた「130キロライド」のおかげで、無事9月の月間走行距離が目標としていた「1500km」を達成できたので、残りの4日はのんびりペースで体を休めようと思います。(天気だったら、1600kmも行けたかもしれないけど。。。)

さて、我が家の風呂場はここ数ヶ月単なるシャワー室となってましたが、今日は今シーズン初の風呂を炊き、さっきゆっくり浸かってきました。

そして、風邪のときの特効薬!!
もちろん、お酒です(笑)
そして早めの就寝。 これでだいぶ症状は和らぐはず。

さて、明日はいよいよ昨日(9/26)のkanokaさんとの「江ノ島往復ライド」の記事をアップしますので、乞うご期待!!
スポンサーサイト



プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR