スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Misty Rainな1日、濡れ濡れライド。。。。そして痛恨の落車②

昨日アップした分の続きです。

スリップして衆人環視の中、すっ転ぶという、かなり恥ずかしいことをやった後、
すごすごと元居た場所に戻り、雨が止むのを待ちます。

これが落車の原因の前輪です。

P1030914.jpg

グロープというか100円で買った軍手なんですが、左手の手の平部分に大きな
穴が空いてしまったことから、どうしたものやら。

ところで、このグローブ、先日(10/17)に、お嬢生誕16周年を祝って敢行した
200km(10時間制限)ライドで、出だしに満タンボトルがチェーンを攻撃
して、外れたチェーンを直す際に、グローブ(こちらは100円で2セットの軍手)を
油で汚してしまったことから、急遽せんげん台のダイソーで購入した代物。

自宅の近くの百円均一ショップでは、ゴムの滑り止め付軍手が2セットで100円、
滑り止めなしのタイプは「5セットで百円!」(こちらは輪行用に購入)と安価ですが、
ダイソーさんには、2セットで100円のものは置いておらず、その代わり別の
選択肢が。

まっ黒で軍手っぽくないやつと、手の平と甲の両方に滑り止めが付いている、リバーシブル
(左右交換可能)タイプがあり、結構悩んだ。
結局、「黒だと視認性が悪いから、少しでも白っぽいのに」ということで、リバーシブルを
購入。 正直、ちょっと後悔していた。

しかぁ~し!! 今回は本領発揮です!!
手の平部分に大きな穴が空いた軍手を右手で使用。 これなら穴は甲の部分になるので、
支障は少ない。 初めてリバーシブルの有難さを痛感しました。

P1030933.jpg


さて、落車後さらに15分くらい待機していると、やっと雨が止んだ模様。
悔しいことに、晴れ間まで出てきました。(あと20分早く晴れてくれれば、落車せずに
済んだのに。。。。。)

ま、雨が降り続いて、ゴミ袋&ガムテープ輪行を余儀なくされるよりはマシかと、気持ちを
入れ替えて、再出発です!

すると驚くことに、避難場所から霞ケ浦までの距離はなんと50mちょっと。
あと一歩のところで、挫折し、落車までしてしまう始末。。。。何ともついてない。

肺炎リスクを冒し、怪我までしてやっと辿り着いた霞ケ浦。

P1030904.jpg

P1030905.jpg

こんなサイクリングロードみたいなのもありました。

P1030911.jpg

P1030910.jpg

雨は上がったものの、路面はビショビショです。
なので、泥水を跳ね上げ、顔面から体にビショビショかけながら進みます。

また雨になっては嫌なので、長居は無用と帰途につきます。
まだ75kmあるので、いつ雨につかまるか分かりませんが、行けるところまで行くしか
ありません。

往路の最後は凍え死ぬんじゃないかと思う寒さ(汗が体温を奪う)も、太陽が出てくると、
気温が急上昇し、汗がダラダラと出てきます。
堪らずウィンドブレーカーを脱ぎ、半袖Tシャツの上に、薄手の長袖Tシャツという格好で
しばらく走ります。 

往路は向かい風を覚悟していたのに、利根川の少し手前くらいまでは、それほど向かい風を
感じずに、30km/h超で巡航できる区間もありましたが、利根川辺りから強烈な向かい風
(+雨)にさらされ、登り坂になると時速20キロも出せませんでした。

その分、茨城県内の復路は、道が空いていることもあり、路面が濡れていてるのが不快なれど、
スピードは面白いほどガンガン出ます。
平地で37-38km/h、下りなら40km/hを超えます。
まるで峠のダウンヒルのようでした。

利根川も往路は22-23km/hでひぃひぃ言って漕いでいたのに、復路は楽勝で
38km/h、やはり風の力は偉大ですよね。

でも、追い風ライドも利根川を渡ってしばらくするとおしまい。
往路が比較的楽だった区間は、復路はそんなに追い風ではなく、巡航速度も落ちてきます。
さらに悪いことに渋滞が始まり、思うように進めません。

丁度利根川を渡る辺りから、また空が今にも泣きそうな感じになり、実際ぽつぽつと降って
きたりしましたが、どうにかこうにか復路は殆ど降られずに済みました。
都内に入ってから、ちょっとだけパラつきましたけど、被害は微少です。

途中、恐る恐る地面と接触した左腕(肘下くらい)を確認すると、やはり擦り傷が。
さもありなんと納得しました。(帰宅後絆創膏を貼り、今も貼ったままです)

昨日は、天気予報に騙されて、走りに行った方は他にも居たと思いますが、天気予報って
本当に当てにならないですよね。。。。。

霞ヶ浦から千葉県柏市まで一気に走り、柏駅そばで最後の栄養補給。
ここでも、持参したお菓子を食べます。

P1030930.jpg

次のストップは浅草橋付近のコンビニで烏龍茶を購入。
メインの目的はトイレでした(苦笑)

P1030934.jpg

今回の栄養補給は、すき家の焼き鳥丼@380円と持参したお菓子。
水分補給は持参したボトルの麦茶と、最後の烏龍茶@84円のみ。
合計出費は「464円@150km」なので、なかなかエコですね。
先週の「ゼロ円@100km」には負けますが(笑)

というわけで、色々ありましたが、無事帰還しました。
手の平が痛かったのは、打撲と内出血。 流血はしなかったものの、それなりの衝撃
だったってことですね。

骨に異常がなかったのも、衝撃の方向性が、ベンチプレスで最高強度の出る角度だった
(バーベルを持ち上げるときに使う位置で手を着いた)ことから、内出血しながらも、
僕の体重を支えることができたんだと思います。

ちなみに昨日の服装はこんな感じ。
ジーンズに自転車用ではない普通のウィンドブレーカー。

P1030936a.jpg

P1030937.jpg

とても、自転車乗りとは思えないルックスですよね(苦笑)
ウェアにお金掛ける余裕ないんだよなー


さて、今朝家を出るとき、雨は止んでいたのだが、まだまだ雨雲が広がっていたので、
昨日の教訓を生かして、じてつうは諦め大人しく電車で通勤。

でも昼から思いっ切り晴れましたね!
やっと台風一過という感じで、夕方には気温も20度を超え、久しぶりの暑さに。

なので、帰宅後の夜ポタは短パンで十分でした。

本日の走行距離:   20.9km
サイコン累計: 8,032.4km



スポンサーサイト

8000kmまでの道のり

まず、本題に入る前に、10月の走行についてのまとめから。

●10月単月走行距離: 1,252,5km

50km以上のライドをピックアップすると、

2日:   68km 板橋→ 戸田→ 荒川CR(kenさんと会う)
3日:   88km ただいまっ!(おかえりっ!)ポタリング、三郷往復
10日:  64km 雨上がりの近所ポタ
11日: 192km ひろさん、らんぼぅさん、おたけびさんと江戸川・利根川・見沼用水
16日:  56km 荒サイを軽く(恐怖のフラペ爺さん)
17日: 207km お嬢生誕16周年記念ライド(茨城・埼玉方面)
23日: 104km 酔い醒まし羽村堰ゼロ円エコライド
31日: 153km 雨にも負けず、落車にも負けず、霞ケ浦攻め

4泊5日の出張があったものの、ほぼ毎週末走れた感じですね。
最終日だけが修行・荒行で参りましたが(汗;)

さて、本題の8000kmです。
まず、自転車を購入したのが本年1月17日、サイコンを装着したのが、2ヶ月ちょっと
経過した3月24日。 サイコン装着前に多分1000kmくらい走ってると思うので、
マイナス1000kmからのカウントです(笑)

以下、切番達成日と1000km毎の所要日数です。

メーター     達成日   所要日数(1000km毎)
-------------- ------- --------
▲1000km  1/17
0km      3/24   66日 (約3週間出張不在)
1000km   5/01   38日 (1週間不在)
2000km   5/22   21日 (不在なし)
3000km   6/19   28日 (1週間不在)
4000km   7/31   42日 (4週間不在)
5000km   8/28   28日 (1週間不在)
6000km   9/18   21日 (不在なし)
7000km  10/07   19日 (不在なし)
8000km  10/31   24日 (5日間不在) 

改めて見ると、不在期間を除くと大体20日前後で1000km走っているペースですな。
月1000kmノルマを課しているだけに、不在期間を補うためには、これくらいのペースで
走らないとノルマ達成が難しくなる。

もっとも、雨もあれば飲み会もある訳で、走れない日もそれなりにあるので、走れる日に
貯金しておかないと、なかなかノルマ達成が難しい。

月単位で実績を列挙すると、

~3月 1,000km (推定)
4月    782km
5月  1,151km
6月  1,304km
7月    672km
8月  1,059km
9月  1,605km (過去最高記録の1600km超)
10月  1,253km 


まだそれほどロングをやってなかった4月は1000km行ってないですね。
出張で殆ど日本に居なかった7月も同様です(海外ライド分も合わせれば1000km
超えていたはずですが)。
5・6・8・9・10月の5ヶ月はノルマ達成しましたね。

これからは、日が短くなりますが、引き続き月間1000kmノルマ達成に向け精進して
行きたいと思います。

あ、なぜそんなノルマを課してるのか?
ノルマ達成のために走るのはつまらなくないか?

雨の中を走るのは辛いだけで楽しくありませんが、基本的に自転車に乗っている瞬間が
楽しい(特にスピード出しているとき)ので、「月1000km分遊び倒す」って感覚
でしょうか(笑)

人一倍飲み食いするので、その分の運動量を確保したいという意味合いもあります。
5万円ちょっとで買ったクロスバイクですが、自分としては、ロードに乗り換える前に
「2万km」くらいは乗りたいなという気持ちもあります。

ロード購入を来年の今頃と設定すると、あと12ケ月。
月1000kmペースを維持すれば、サイコンベースで2万キロに達成する予定です。
これもひとつの目安ですね。

---------------------------------

さて、話題を変えますが、昨夜の食卓での談話。
昨夜は、中2の息子は好きな歌手(YUI)の武道館ライブに友達と行っていたので、
夕食時は不在でした。

この息子、お年玉や小遣いをこつこつ貯めて、Shopping List を作り、次は何を
いくらで買うとか細かく計画して、それを忠実に実行するという性格の持ち主。
今回のライブも、コツコツ貯めてきた小遣いをはたいてチケットを購入した模様。

ちなみに我が家の家族構成と血液型は。

息子(中2) A型
娘(高1)  B型
母親     B型
父親     A型

ここで、娘が面白いコメントをします。

「Kちゃん(息子)は、キチンと(購入)計画を立てて、それを実行するよね」
「パパは(購入)計画は立てるけど、実行しない(買わない)よね」

「ママは細かい計画は立てず、予定以上に購入する傾向が強いよね」
「でもって、あたしは計画も立てないし、お金も使わないから、お小遣いが余っちゃう」

「計画を立てる」という几帳面さはA型の血液と共に息子に遺伝した模様。
でもって「物欲の低さ」は娘に遺伝した模様(苦笑)

血液型人間学ってあんまり信じてないし、むしろ後天的な思い込みの方が多いかなって
思ってるけど、男性の方が計画立てるのが好きなのかな?
でもって、女性の方が感覚的(=衝動買いが多い)なんでしょうね。

僕の場合、よく飲んでる時には家でも「よーし、今月中に○○(ロードバイクだったりする)
を買うぞー!」と息巻いていても、翌朝しらふに戻ると、冷静に財布の中身と今後の収入・
支出(逃げられないローンや学費等)を分析すると、「俺が諦めれば済む話か」と、購買意欲は
一気に冷めてしまう。

そんな父親のことも冷静に分析してるんだなーって思いました。




6日のロングライド(250km)予行演習

今日は天気の良い祝日ですが、家の用事があったので、遠出はできず。
昨夜は会社の駐輪場に自転車を置いて飲み会に行った(当然電車で帰宅)ので、今朝はまず
会社まで自転車を取りに帰り、それから家の用事に取り掛かります。

それも15時頃には終わったので、夕暮れ間近ですが、ちょっと乗ってみることに。
さて、今週末は土曜日(6日)に、懸案の250kmライドを敢行する予定。

300kmもいずれとは思ってますが、日も短くなってきているこの季節に、220km
選手(過去最高)が、いきなり300kmは無謀なので、まずは250kmをやってから、
日の長くなる来年6月を目標に300kmまでチャレンジしてみたいと考えてます。

今週末は日曜日(7日)にはまた家の用事があってライドができないのですが、先日の
「おかえり!飲み会」で知り合いになった「ゴードンさん」から、その飲み会で話題に
なった「箱根越えライド」を7日にどうですか、とのお誘いがあったのですが、残念ながらお断り
せざるを得ないことに(涙)

もし万が一、6日に変更可能ということになった場合は、急遽「箱根越え」に変更する
可能性もありますが、そうならなかった場合は、250kmに挑戦です。

色々考えた結果、250kmは下記ルートが最終案として残っております。



可能な限り朝早くスタートするつもりですが、今までそう思って、一番早く自宅を出られた
のが「6:50」なので、過大な期待はせず、7時に出ても大丈夫なルート設定です。
15時間かかったとしても、22時には帰宅できる予定。

7時に出ても大丈夫なルート設定と書きましたが、実際には「22時に帰宅しても大丈夫
な日」を選んだというのが実態。 この日は家内が会合で夜遅くなることから、僕も遠慮
なく深夜帰宅ができるというわけ。

250kmを志してから初めてのチャンスです!!

実は今夜も家内は仕事で遅くなることから、帰宅は20時過ぎでも大丈夫。
ということは15時にスタートしても、そこそこの距離は走れるかなと。

でもって、今日は夕方から冷え込む予報なので、6日の250kmの後半の寒さ対策
(服装準備)の予行編ということで、日暮れから夜にかけて、どれくらいの寒さになり、
どのような服装を準備しておけば良いのかを実感する意味もありました。

今日は強い北風が吹いています。 夜も同様の予報。
なので、北に向かうしかありません。

4号線でも北上してみるかな。 いや17号にしようかな。
結局、17号を北上(北西方面)し、上尾で16号を右折し、岩槻経由春日部に出て、
春日部から4号線を南下して東京に戻るというルートで走ってみました。



本日15時時点では18度と暖かい気候ですが、冬の晴れ日のように、空気が乾燥していること
から夜にかけての冷え込みがキツくなることが予想される。

出発する服装は、ユニクロのヒートテック半袖Tシャツに、普通の(自転車用でない)
ジャージの上とジーンズ。 でもって、予備の装備として、ユニクロのタートルネック長袖シャツと、
先週も着ていた「視認性の高い」蛍光色ウィンドブレーカー。

蛍光色ブレーカーは日が暮れてからは、寒さに関わらず、視認性確保のため必須アイテムです。
(蛍光色たすきが100均に売っていたら、6日に備えて買おうかな)

16時を越えた辺りで太陽は見えなくなり、気温が急に下がったので、蛍光色のウインドブレーカー
を着しました。 その後もどんどん寒くなってきたので、いよいよタートルネックかと思い
ましたが、休憩なしでずっと走り続けていたこともあり、結局タートルネックは着用せずに終わり
ました。

都内に入ると、結構気温が上がるんですね。 驚きました。


本日の走行距離: 113.00km
平均時速:     24.20km/h
最高時速:     46.80km/h
サイコン累計:  8,156.2km
今月累計:     144.7km

上記は会社からチンタラ自転車持って帰ってきた「9km」も含む記録ですが、夕方&夜ライド
部分だけだと「104km」、所要時間は「4時間40分」でした。
移動の平均時間は「22.3km/h」になります。 結構頑張ったな。

今日は休憩は殆どなしで、右足クリートはずして両足で地面に立ったのは1回だけ、ほんの
2分程度です。 あとはコンビニにも寄らず、自販機で買い物もせず、それこそトイレも行かずに
ひたすら走り続けました。

結果、また「エコライド?」の「ゼロ円支出」です。
もっとも、家から持参したお菓子を2個と、ボトルの麦茶は、信号待ち等で補給しましたが。

ここまでアホみたいに走るのは、「限られた時間で可能な限り走りたい!」という欲求が
あるからですが、とにかく自転車の上で動いている(スピードが出ている)という状態が
楽しいんですよね。

ヒルクライムの達成感も理解できるんですが、登り坂でスピードが出ないのが難点。
観光もせず、写真も撮らずにひたすら走り続けるのを楽しむという意味では、意外にローラー台
の上でも楽しめちゃうかな? と思う今日この頃です。



死神からの攻撃と、250km走行計画

今日の夜ポタでのこと。
いつもの国道を快調に走っていると、忌々しい右側逆走自転車が。
こういう逆走自転車が来ると、事故を避けるため、後方に車が居なければ、
若干右に膨らんで逆走自転車を交わします。

しかし今日の逆走自転車は全速力で右に膨らんでいる僕に突進してくる。
こ、こいつ何者!? と思いながら、更に右に膨らみます。
それでも、逆走自転車は更に速度を増して右へ右へと。

こちらも30キロくらい出てるし、相手もそれに近い速度。
つまり合計で60キロの速度で近づいている状態で危険極まりない。
しかも相手は俺に気づいてるかどうかも不明。

もうちょっとでぶつかるところまで来たところで、さすがに危ないので
「おい!!」と怒鳴り、相手に自分の存在を気づかせます。

ようやくギリギリのところで正面衝突事故を避けられましたが、既にこちらは
左から二車線目まで右に寄った状態。

この逆走自転車男、どうやら片道3車線の道路を逆走しながら全速で斜め横断
しようとしていた模様。 とんでもないやつだ。

でもって、すれ違いざまに顔を見ると、ヘルメットのようなものを被っているのだが、
顔の正面で黒いベルトだか防御バーなのか、顔の真ん中で十字を描くように交差している。
要は顔の前に黒い十字架がある状態。

こいつ「死神」としか思えない。 自殺願望か!?
死神が俺に突進してきたってわけだ。 思い出すだけで恐ろしいことである。

もっとも、僕がギリギリ青で通過した信号が赤に変わっており、僕の背後には
既に車はおらず、そいつにとっても、対向車線とは言え、前方には車がなく、
左に渡る歩行者用信号が青という状況だったから、斜め横断したんだと思うが、
そんな動きは、まともに走ってる自転車からは想像もできない。

こんなことやってたら、いつか死ぬぞ! 死神君よ!!

----------------------------

さて、話は変わって、明後日のライド計画。
初めての250kmであり、無理はできない。
補給と休憩は慎重に行おう。 というわけで、今計画しているのは。

1時間で約20キロ進む。
休憩は50キロに2回。
30分の食事休憩を2回入れる。
安全を見て、7:30発の計画とする。

パターンとしては、30キロ走って5分の小休止、その後20キロ走って15分の
中休止。 1セット2時間50分となります。
後半(夜部門)は20キロ毎に15分の中休止を入れる予定。





 7:30  0km  自宅発
 9:00 30km  小休止
 9:05       出発
10:05 50km  中休止
10:20       出発
11:50 80km  昼飯休憩
12:20       出発
13:50 110km 小休止
13:55       出発
14:55 130km 中休止
15:10       出発
16:40 160km 小休止
16:45       出発
17:45 180km 夕飯休憩
18:15       出発
19:45 210km 中休止
20:00       出発
21:00 230km 中休止
21:15       出発
22:15 250km 自宅帰還

こんな感じで、250km走ろうと計画してます。

50km地点が東金手前くらい。 50m程度の丘を登ったところ。
100km地点が九十九里浜の海岸沿い。
150kmは利根川沿いだな。 この辺で日が暮れる予定。
200km地点もまだ利根川沿いだ。 光源確保が課題だな。

九十九里浜で昼飯、利根川沿いで夕飯って感じだろうか。
多少冷え込むのは構わないが、雨だけは降らないでくれ!!
頼む!!



遠足前日。。。。眠れないかも(苦笑)

明日は関東は晴れの予報。 全国的にも雨の予報はなさそうですね。
東西南北、明日はロングライドにでかける自転車乗りは大勢居ると思いますが、
僕もその一人であります。

いよいよ明日は、かねてから目標としていた250kmライドに挑戦です。
200kmを達成したのが6月末なので、実に4ヶ月以上経過した時点で
次の50kmの壁を破ろうという企画です。

100kmから150kmまでは2ヶ月ちょっと、150キロから200kmは
ほんの2週間。
にも関わらず、200kmから250kmまで4ヶ月以上かかったのは、それだけ
250km超は大変な世界だってこと。 でも頑張りますよ。

補給と休憩には十分過ぎるほど気をつけて。
250kmは夜間走行が不可欠ですので。

今日は朝から浮き浮きしていて、仕事も今ひとつ手につきません。
(もちろん、それなりにはやりましたが。。。。)

既にお酒という名のカーボローディングも開始してますが、興奮して眠れないかも(苦笑)
もっとも、朝早く起きちゃったら、予定より早く出発しますが、得てして2時3時に目が
覚めても、2度寝すると6時とかになっちゃうんですよね(苦笑)

さて、先週のライドで雨で滑って落車した話は書きましたが、その原因が
前輪のスリップであり、このままこの前輪タイヤで良いのだろうかという疑問が。

磨耗しているというわけではないのだが、さすがに9000km以上走っている
(前輪はパンクなし)ので、そろそろ取り替えても良いかなと。

さらにショップの人に聞くと「致命傷ではないですね、まだ使えますよ」とは
言われたものの、こんな傷がついている。(貫通はしてなかった)


201011051243000.jpg

オリジナル装着は前後ともにスリックだったんだけど、9月のパンクで後輪タイヤに
穴開けちゃったので、後輪タイヤはパターン付のパナレーサーに交換。

今回も大事を取って、前輪も同じパナレーサー(パターン付)に交換することに。
さっき取り替えてきました。

でもって、今回は夜間走行が長くなることから、ライト用の電池を購入。
百円ショップで8個x2セット@210円を購入しました。

幸い、普段の行いが良いのか(笑)、明日は晴天の予報です。
ま、予報は予報ですから、当たらないこともあるんですけどね(苦笑)

250kmは、ブルベとかで1000kmとか1日400kmとか走る人達の
足元にも及びませんし、明日琵琶湖一周+自走往復「370km」を敢行される
スキンヘッドさん」や「イマキューさん」に比べると、小さな小さな目標ですが、
僕にとっては、越えねばならぬひとつの壁ですので、安全第一で頑張って走ってくる
つもりです。

それと、九十九里浜も銚子も犬吠崎も初めてなので、観光気分も満々です。
明日は多少は写真撮りますよ(笑) 下手くそだけど(苦笑)

明日の夜は記事アップできないかもしれませんが、コメント等でつぶやきは入れる
予定ですので、お暇な方はご覧下さい(笑)

遠足中のつぶやき、そして。。。。。。。300km走破!!

1045 九十九里浜なう!
走行距離 86km
ave24.9km/h
右膝に違和感、速度落とす。

100km なう! 尻が痛い。
先が思いやられるなぁ。

120kmなう! 調子良くない。やっと昼飯。 もっとも、途中でサンドイッチと、どら焼食べたけど(笑)

1307 再出発なう!

1410 犬吠埼なう!
139km
ave23.9km/h

1554 利根水郷ラインを爆走中なう!
173km
ave24.1km/h まで回復

1645 空腹に耐え切れず、早くも夕飯なう!

187km
ave24.3km/h まで気合いで回復! 27‐30km/h巡航。
1808恐怖の真っ暗闇バイバス

210km
ave24.6km/mまで回復
夜間高速怖いぜ!
なんか、250kmでは、自宅まで着かない感じ。まだ成田国際近く。

1920 手が沼越えた
232km
ave24.7km/h
もう限界

2015 やったね!
250km達成!!
ave24.8km/h
所要時間13時間05分。
頑張りました!
しかしまだ自宅まで20キロ以上あり。疲れたよ。

------------------------------

やりました! 300km走破! やっと帰宅しました。



Ave は、なんとか 24.8km/h をキープ。
所要時間は「15時間42分」です。
所要時間換算では、19.1km/h です。
頑張ったと思います。

これから、風呂入って、「勝利の美酒」(自分との戦い)に酔おうと思います。
それでは、また後ほど。

1日 300kmを走り終えて ①

さすがに、全く初めてのところに繰り出して、しかも初の210km越え、
でもって、勢いで300km走ってしまうと、書きたいことが山ほどあり、
何から書いていったものやらと思案中ですが、まずは計画と実態との比較検証
でもしてみたいと思います。

自己分析と、後日参照するための備忘録という側面が強く、数字の羅列と
なっておりますので、適宜読み飛ばして下さい。

スタート後のライド状況等については、後段に記しておきました。


    <計画>             <実際>                     

 7:30  0km  自宅発    7:10 出発
 9:00 30km  小休止
 9:05       出発
10:05 50km  中休止   
10:20       出発     9:35 小休止
11:50 80km  昼飯休憩
12:20       出発
13:50 110km 小休止   12:40 120km 昼食
13:55       出発
14:55 130km 中休止
15:10       出発    14:10 139km 犬吠崎 
16:40 160km 小休止
16:45       出発    15:54 173km 利根水郷ライン
17:45 180km 夕飯休憩  16:45 187km すき家で夕飯 
18:15       出発
19:45 210km 中休止   18:08 210km 真っ暗バイパス
20:00       出発
21:00 230km 中休止   19:20 232km 手賀沼
21:15       出発
22:15 250km 自宅帰還  20:15 250km 松戸
(-----計画なし-----)  22:52 300km 達成!


出発時点で計画より20分早く、犬吠崎・利根水郷に入った辺りまでは概ね1時間
早かったです。
でもって、あとから地図を見直して改めて感慨に耽ったが、利根川沿いの真っ暗闇
バイパスをひたすら爆走(巡航速度:30km/hくらい)し、距離とタイムを
稼いで、250km達成時には、計画より2時間早まってました。

結局、昼飯・夕飯以外の休憩は、最低限(各5分ほど)に抑えた効果もありました。
「15時間42分」で300km(移動平均時速:19.1km/h)は、かなり
頑張ったと思います。(当初計画では、15時間で250kmでしたから)

---------------------------------
さて、次は補給です。(自分用メモなので、ブログ的にはつまらなくてすみません)

 9:30 サンドイッチ(持参)   @53km@東金街道
11:00 どら焼き(持参)    @100km@九十九里ビーチライン
12:40 サーファー定食@600円@120km@銚子のちょい手前
14:20 コーラ    @120円@139km@犬吠崎
15:55 巨峰水    @105円@173km@利根水郷ライン(香取市)
      &持参したお菓子
16:45 すき家(牛丼並)@280円@187km@佐原市(バイパス手前)
18:08 持参したお菓子      @210km@真っ暗闇バイパス
19:20 持参したお菓子      @232km@手賀沼そば
21:09 ソーセージパン@105円@268km@都内
      梨水     @105円@  同
----------------------------------------------------
食べ物合計         985円(+持参したお菓子&サンドイッチ)
飲み物合計         330円(+持参した麦茶)

100kmまでは持参した飲料とお菓子で済みますが、さすがに100kmを超えると
有料補給が不可欠となりますねぇ。。。

-----------------------------
さて、スタートから順を追って振り返ってみることに。
ルートは最終的にこうなりました。
8000点超えてしまったで、途中まで。



今回こそ、長丁場なので、夜明け前とは言わないものの、せめて6時半くらいには
出発したいと思い、前日は22時頃に就寝したにも関わらず、起床は6時過ぎでした。。。。orz

でもって、朝飯食ったり準備したりとで、結局家を出たのは「7:10」
世のサイクリスト(ロングライダー)が皆、家族が起き出す前にコソコソと準備して出て行く
のに対し、僕は家族全員に見送られ、意気揚々(?)と出発です。

服装は前回同様、下はジーンズ、上は半袖Tシャツに厚めのジャージ、さらに上から視認性の
高い蛍光色のウィンドブレーカーを着込みます。 朝の気温は12度程度だったので、これで
丁度良い感じ。

P1040074.jpg

さて、体調は悪くなかったんだけど、何となく少し体が重い。
前日はじてつう(14キロ)のみに抑えておいたのに、おかしいな。

まさか、3日前の100kmライド(休憩なし)が響いてる!?
絶好調を100とすると、70~80くらいの感覚でした。

湾岸通り(国道357号)を行くのが一番スピードが出るし、最短距離だってのは分かって
いたんですが、前回「東京湾一周」をやったとき、確かにave27km/h出たけど、大型車両に
押し潰されそうになりながら、実に不快感とストレスの高い区間であったことから、今回は
ここはパスすることに。

永代通りから葛西橋通りを通り、浦安駅前を左折し市川に北上。
浦安から市川への北上区間がもろに向かい風で、いきなり減速。 疲れました。

でも、国道14号に出てからは、南東方向への進行なので、追い風基調で快調に進みます。
区間によっては結構細い道だったり信号が多かったりとかして、すごく走りやすいという感じでは
ないけど、まあ357の恐怖よりはマシかと割り切って、タラタラ進みます。

途中、357号と合流するところからは、大型車両が増えて、ちょっと嫌な感じに。
それでも、路肩が結構確保されているので助かります。

東京湾一周のときは、あまり感じなかったけど、やっぱり千葉って遠いね!
市川→船橋→津田沼→習志野→幕張と過ぎていきますが、なかなか千葉(駅)に着かない。
やっとの思い(?)で千葉駅に着いた頃にはメーターは既に50キロ弱。

ここで暑いので、ジャージを脱いで、Tシャツにウインドブレーカーのみとします。
しかし、これだとまだちょっと寒い。 でも我慢して走ります。

千葉駅のそばから国道126号(東金街道:至銚子)に入ります。
この区間は、下調べの段階では、今日のルートの中で最も標高の高い箇所(70m)を
通過することから、最難関(?)と覚悟してました。

なので、登り坂に備え第1回目の休憩。
駐車場で持参したサンドイッチを食べますが、この看板どう思います?
地方経済の弱体化を感じさせる看板でした。

P1030950.jpg

P1030952.jpg

さて、東金街道。
確かに長い登り坂が2-3箇所ありましたが、思ったほどアップダウンはなく、
結果としてその後の犬吠崎前よりは楽でした。

さて、今日の失敗第一弾。
先週は中東のスーパーで600円で買ったジーンズを履いてたんですが、今日は洗濯中
だったので、ダイエット前に履いていたゆるゆるジーンズででかけます。(3日の100km
もこれだった)

あまりにもゆるゆるなので、ベルトで締めて出発。 これがNGでしたね(苦笑)
ベルトで固定しているので、どうもあの部分が締め付けられて、というか擦れて痛い(汗;)

「3日はこのジーンズで100km走って、何ともなかったのに、今日は50kmで、
どうして痛むんだ!?」と不思議に思ったが、「何が違うんだろう」と考えた結果、
違いは「ベルト」。 速攻で外しました(苦笑)

でも、これが後に尾を引きます。 このとき擦れた尻と局部の痛みが続きます。

さて、東金から九十九里に向かうわけですが、東金九十九里有料道路は通れると思って
なかったのですが、「軽車両通行可、通行料金20円」とあります。
というわけで、有料道路を走ります。 なんだか不思議な感じ。

P1030965.jpg

P1030968.jpg

九十九里浜に到着です。
記憶にある限り、車でも来たことなかったはず。
人生初の九十九里です。

せっかくなので海岸に。
砂の少ないところを選んで入ろうとしますが、ここでスタック!
立ちゴケ寸前でしたが、右足を振りほどき、何とかギリギリで着地。
ここでタイヤをとられました。

P1030980.jpg

海と Muirwoods号。

P1030974.jpg

さて、ここから犬吠崎に向け、56キロ北上(北東)します。
この区間が本日の一番キツかった区間でした。
九十九里ビーチライン、ひたすら向かい風で、速度も20-23km/hしか出せず。

まずいきなり100kmに達する前に爆弾抱えた右膝に違和感が。
そして、滅多に痛くならない尻まで痛くなります。(これはベルトによる被害か)

「まだ全工程の3割しか来てないのに、こりゃやばいぞ」と真剣に落ち込みます。
ところが、ランチ休憩でたっぷり栄養を取り、20分強の休憩を取ることで、かなり
回復しました。

但し昼飯後、犬吠崎まではアップダウンの繰り返しで辛かったなぁ。。。
事前調査では、東金街道が本日最高標高だと思ってましたが、それより少し低い
犬吠崎前は、アップダウンの繰り返しで、こっちの方がよっぽどキツかった。

本当は昼飯は「すき家」か「吉野家」で280円で済ます(最悪、松屋で320円)
つもりでしたが、ビーチラインには、これらの系列店は全く存在せず。

どら焼き等でつないで、なんとか格安店を探しますが、尻は痛いし、右膝どころか
左膝まで違和感出てきて、もうギブアップ。 。
(値段的には)不本意ながら、地元の食堂に入ることに。
一応500円からメニューはあるみたい。 

こんな感じのお店。

P1030988.jpg

550円の丼モノとかあったけど、その中で「サーファー定食@600円」ってのに目が
惹かれます。

P1030985.jpg

なんだかお得な雰囲気を漂わせていたので、お店の人に内容を聞いてみると、「目玉焼きと、
焼肉と、納豆が付いてます」と。
海沿いなのに、海鮮物はないようだが、ガッツリ食いたかったこともあり(もともと牛丼で
良いと思っていたこともあり)、こちらを注文。

出てきたのは。。。。。

P1030986.jpg

なぁーんと、目玉焼きが二つも付いてるじゃないですか!
ま、系列店でなく、これだけの内容なら、600円は納得価格かな。

居場所を確認すると、犬吠崎まであと20キロあるかないか。
ここまでの距離は120km。 ほぼルートラボ通りです。
この店で、30分ほど休憩し、再出発です。(13時過ぎ)

本日初めての、まともな休憩と栄養補給をしたせいか、かなり元気が出てきます。
ガシガシ漕ぐと、26km/h超も出ます。
不思議なもので、スピードが出てくると、尻の痛みも膝の痛みも和らいできます。
特に30km/hを超えると、嘘のように痛みは感じない。

これってアドレナリンが出てくるからですかね?
アドレナリンが尻にも膝にも回って、陣痛剤の役割を果たす??

あー、やはり全然書き切れないですねー。
今回は3回くらいになってしまうかもです。
取り合えず走行記録を下記します。

続きは明日以降に。


●11月6日の走行距離: 301.73km
 平均時速        24.80km/h
最高時速         45.60km/h
 走行時間        12:09:50
 所要時間        15:47:00

●11月累計       495.8km 
●サイコン累計     8,507.3km (2010/3/24-11/6)


11/6(土) 1日 300kmを走り終えて ②

前回の続きです。

ちなみに、300kmライド前日に、9000km走って一度もパンクした
ことない前輪(スリック)を、「moumouさん」からのアドバイスもあり
交換することに。 9月に交換した後輪と同じ、パターン付のパナレーサーに
換えました。 画像は300km走った後のものです。

201011081248001.jpg

201011081247001.jpg

タイヤ幅「1.5インチ」ですよ! x25.4mm=38mm(38c)ですよー!!
しかも滑り止め付きパターンありでっせー(笑)

さて、「サーファー定食」なるガッツリとした昼飯と休憩で、体力を取り戻した
Muirwoodsは、往路最後の20km(箱根駅伝の5区みたいだな)の山岳区間に
向けて走り始めます。



飯岡から犬吠崎までの区間は最高標高が60mであり、東金街道の70mを
下回っていたことから、大したことないだろうと思ってましたが、実際に
行ってみると、細かいアップダウンの繰り返し(ルートラボを良く見ると、
やはりちゃんとそうなってる)で、予想以上の苦戦となりました。

昼飯で元気は回復したものの、尻の痛みは相変わらずであり、かつなぜか
痛みが少しずつ前の方にずれてくる感じで、ちょっとヤバイ感じに(汗;)

仕方ないので、登り坂はダンシングです。
ダンシングは尻には優しいが、膝には結構堪える。
立ったり座ったり、痛みと闘いながら、協調しながら、騙し騙しアップダウン
です。

初めて犬吠崎の表示が!

P1030998.jpg

アップダウンが続きますが、やっと犬吠崎到着。
この時点で139kmでした。 往路完走。
観光名所ですが、生まれて初めて来ました。
うろうろと写真撮ります。

P1040003.jpg

P1040006.jpg

喉が渇いたので、コークゼロを飲み干します。
ここから海岸沿いを下り、利根川の河口に到着。
さすが利根川、広大です。 もう川って感じじゃないっすよね。

P1040025.jpg

さて、そろそろ15時、ここから復路開始です。
往路は向かい風と体の各所の痛みに泣かされましたが、利根川沿いは
ほぼ無風状態でしたので、快適な速度で巡航できます。

ここで、とあることに気付きます。
速度が26km/h未満だと、尻も痛いし、膝(今日は両膝)にも違和感。
しかし、26km/hを超えると痛みは和らぎ、30km/h超えると、全然痛みを
感じません。

アドレナリン効果かな?
とにかく、痛みは嫌なので、ひたすらスピードを維持して走ります。
国道356号線、この頃はまだ快適でした。。。。。

16時少し前、173km地点で休憩、水分補給とお菓子を食べます。
にも関わらず、16時半過ぎには猛烈な空腹に襲われます。

夕飯は「200km、もしくは18時」のどちらか遅い方、と考えていた
ので、ペースとしては、恐らく18時(距離的には210-220km
地点くらい)になるだろうと考えながら走っていたが、えらく腹が減った
ところに、タイミング良く「すき家」が現れたので、予定をだいぶ前倒しに
して、早目の夕食を摂ることに。

丁度夕暮れ時であり、ライトを装着するタイミングとも重なったので、
まあいっかという感じですき家に入ります。
注文は当然「牛丼並」@280円。

P1040048.jpg

このタイミングでの早目の夕飯は、結果として大正解でした。
いつもは、マーフィーの法則で、食べたい時にはお店がなく、下手すると
延々とお店がなくて、ハンガーノック寸前なんてことも過去何度もあった
んですが、早目に腹が減ってくれたおかげで、この先実に56キロ続く
暗闇バイパスを走り切ることができたわけです。

夕食時までの走行距離は「187km」。
柏で国道6号にぶつかるところから自宅まで「約40km」と見ていたので、
すき家のある「佐原」から柏までは、「20kmちょっとかなぁ」って思って
ました。 「187+23+40=250km」ですからね。

すき家までの「利根水郷ライン」は普通の国道(356号)でした。
信号も普通にあり、交通量もそこそこあり、という感じでした。

ところが、すき家を過ぎると、すぐにバイパス区間に入ります。
飯食ってる間にすっかり日は暮れて真っ暗になり、ライトを点灯します。

それにしても、バイパスは真っ暗闇でした!!
しかも交通量も多いとは言えないので、自動車のライトに照らされている
時間も限られており、漆黒の闇の中に自転車1台という状態です。

ライトはちっぽけなヘッドライト2つと、さらに頼りない(百均で買った)
テールランプのみです。

実は今まで、ヘッドライトはちっちゃいの1個だけでした。
でも、今回は夜間走行が長くなることを覚悟して、前日に安いライトを1個
追加購入(2000円ちょっと)したんです。

これ1個追加しただけでも、光源が2倍ですから、大正解と言えば大正解
なんですが、いかんせん絶対的に光源の量が少な過ぎる。

まっくろくろすけさん」が300kmライドの前に、光源関係に相当投資し、
前後左右バッチリ装着されていたのを思い出し、「こんなちっちゃならライト
2個じゃ、焼け石に水だな。。。。」って痛感しました。

とにかく真っ暗なんですよ!!
今まで自転車のライトと言えば、何かを照らす目的に使ったことはなく、
あくまでも自動車等から見えるように、視認性だけを考えて付けていたんですが、
真剣に角度調整して、路面を照らすような角度に調整しました。

それでも、全然路面は見えない。
路肩には何が落ちているか分からない。 実際、ホイールカバーとか、踏んづけ
たら、絶対パンクしそうな金属製の落し物がたくさん落ちていた。

仕方ないので、車が来ない時は、路肩との仕切りの白線より内側、つまり車の
走る部分を走行し、後ろから車が来て、車のヘッドライトで路肩が見えるように
なったら初めて路肩(白線の外側)に移動するという対策を取らずには居られ
ませんでした。

でもって、次に驚愕したのが、「柏までは20kmちょい」と思っていたのが、
いきなり「柏56km」との表示が!!!!
嘘でしょーーーーーー(泣)

ってことは、「187+56+40=283km」!!!
ちょっとちょっと、250kmじゃなかったのかい!?
ルートラボに誤りあり!?

260kmくらいは覚悟してましたが、280km超えはないっしょ。
しかも、この真っ暗闇を56kmも走り続けなきゃならないの??
ありえないっす。。。。。。(涙)

でも、この時点で、仕方なく「280km」は覚悟しました。
「自宅までの距離が70kmを切るまでは、慎重に抑えて走り、70kmを
切ったら思いっ切り漕ごう」と決めていたので、210kmまではセーブ
して走ります。 でも、暗闇が怖くて、ついスピードが出てしまう(苦笑)

さすがに走行中に写真撮影できないので、走行中の暗闇画像はありませんが、
途中休憩したコンビニから撮影した画像をいくつか。


P1040053.jpg

P1040052.jpg

でもって、このバイパス(バイパスなので当然と言えば当然ですが)、殆ど
信号がない! たまにあっても殆ど青信号で、止まる必要なし。
つまり、下手すると20kmくらいノンストップで走れる。

これが昼間なら最高だったんだろうけど、恐怖の真っ暗闇ですので、快適どころか
恐怖のみです。
その恐怖から1分でも早く逃げ出したいので、必死で漕ぎ続けます。
サイコンは当然見えませんが、感覚的には30km/h超の巡航速度でひた走って
いたと思います。 怖かったー!!

210km地点(18時過ぎ)で、コンビニ休憩。
と言っても、コンビニ(ミニストップ)では何も買わず、店の外にあるベンチに
座って、持参したお菓子と、ボトルに入ってる巨峰水を飲みます。

さて、自宅まで70km地点まで来たので、そろそろ飛ばすかな。
あ、皆さんが期待していた、尻と玉と棒の痛みですが、暗闇の恐怖に慄きながら
30km/hで逃げるように飛ばしている内に、痛みも吹っ飛んでいっちゃい
ました(笑)

速度が下がると痛みが復活し、速度が上がると(特に30km/h以上)痛みを
感じなくなります。 なぜだろう。 アドレナリンのせいか、単なる精神的な
ものか。 あるいは「心頭滅却すれば火もまた涼し」ということなのか。

以前(確か「ramuさん」の記事だったはず、違ったらごめんなさい)、ご友人から
「長距離(但し100km未満)乗ると尻が痛くなる」という苦情を聞いて、
「乗り続ければ痛くなくなる」とアドバイスされた、というような記事があった
のを思い出しました。

これからは「100km乗って痛ければ200km乗れ!」「200km乗っても
まだ痛ければ300km乗れ!」とアドバイスしてはいかがでしょうか?(笑)
あるいは、「痛くなくなるまでスピードを上げろ!」でも良いかも(爆)

冗談はさておき、次の休憩は232km地点(19:20)です。
既にバイパスは終わっているんですが、相変わらず真っ暗闇で、かつ道幅が
細くなっているので、バイパス以上に怖い。 しかもセンターラインがなかったり
する。

本当は国道356号を我孫子・柏まで行く予定だったのが、途中で間違って
コースを外れ、手賀沼のすぐ北を走る細い道に入り込んでしまった。
コンビニ(ここでも何も買わない)の駐車場に自転車を入れると、MTB乗りが
タバコ吸いながら休憩してます。

同じ自転車乗りということで話しかけられます。
「東京から」「犬吠崎を周ってきた」と言うと、「2日掛かりですか?」と言われ
たけど、「いえ日帰りで」というと、ちょっと驚いてました。
普通の人(変態じゃない人)は1日300km走らないでしょうからね(苦笑)

187kmの「すき家」以降の休憩は、原則1回5分とします。
早く帰宅したいからね♪
240km地点で、やっと国道6号にぶつかります。

今日は北風なので、ここからは「追い風びゅんびゅん」です♪
6号は走り慣れた道でもあり、自宅まであと40kmということもあり、
ガンガン漕ぎまくります! 40km/h超えることも。

250km丁度で停止し、ブログにつぶやきを入れます。
そして都内に入り、267kmで、最後の補給をしているときにブログ・コメント
チェックをすると。。。。。。。

めばるさん」から以下のコメントが。。。。。

(引用)
て、ことは270kmオーバー。
是非プラス30kmで300kmオーバーをww

というのは冗談です。
250kmお疲れ様でした。
300kmは次回にとっておきましょうw

僕も去年から取っておいてありますよww
2010-11-06(20:52) : めばる君 URL : 編集
(引用終わり)

実際には、あとプラス20キロちょいです。
これは行かない手はないな。
300kmを次回に取っておいても、また辛い250kmを走らないと300
にはならないわけで、今日あと20キロちょい頑張れば、来年6月を目標として
いた300kmも同時に達成できてしまうではないか!

心が決まりました。
めばるさん、背中を押して頂いて、ありがとうございます。
みゅあうっずは、最後の気力を振り絞って、300kmに挑みます!

ランナーズハイに近い感覚でしょうか。 不思議と疲労感はない。
脚もまだ残ってる。 気合いだ!!

というわけで、自宅までの道のりを遠回りして、そこから35km爆走し、無事
302km達成です。 やったね!! 万歳!! 嬉しいな♪

P1040083.jpg

P1040062.jpg

P1040093.jpg

でもって、今回トラブルを抱えながらも、300km走破できた理由は、ひとえに
皆様からの励ましコメントのおかげです。 ありがとうございました!

ツイッターというものの使い方を知らないオジサンなので、ブログにつぶやき続けて
いましたが、何人もの方から励ましのコメントを頂けたからこそ、300km完走
できたんだと思います。

あと、偶然と言えば偶然なんですが、ブログで以前より仲良くさせて頂いている、
関西のロングライダーの雄である、お二人「スキンヘッドさん」と「イマキューさん」が
同じ日に琵琶湖一周(350km)を敢行されるとのことでした。

僕は土曜日はロンリーライダーでしたが、関西では夜明け前から翌朝にかけて、僕より
長い距離を爆走している仲間が居るって思うだけで、あの恐怖の真っ暗闇バイパスも
めげずに走れたんだと思います。

皆様、本当にありがとうございました!!
そして、ビワイチ完走のお二方、本当にお疲れ様でした!!

最後にオマケ。
僕の携帯には歩数計が付いてるんですが、過去最高は200キロ走ったときの
40,000歩でしたが、先日の300kmライドでは、大幅記録更新です。


P1040100.jpg

91,210歩って、どんだけクルクル回してたんだろう(爆)
闇の恐怖と、下半身の痛みからひたすら逃げようとしていたからだろうか。
消費カロリーは「8,251kcal」だそうです。

でも、帰宅後に暴飲暴食したので、体重は全く減ってません(苦笑)
でも、300kmライド自体では、脂肪が1kg以上燃えたようです(笑)

ちゃんちゃん♪


●本日の走行距離:  32.64km
 11月の走行距離: 533.40km
 サイコン累計: 8,545.00km (2010/3/24-11/8)


サイコンの電池寿命と、交換のタイミング

すっかり秋になったと思っていたら、今日の東京地方は23度まで気温が上がり、上着なしの
半袖でも外出できるくらいの陽気でしたね。 もっとも風が強かったですが。

ところで、皆さんはサイコンの電池寿命にどのように対応されてますでしょうか?
僕は安価で人気のある猫目の「MC100W」を使用中ですが、電池寿命については
以下のように記載されてます。

(引用)
電池寿命 メインユニット:約1年(バックライトを使用せず、1日1時間使用した場合)
スピードセンサー: 積算距離で約10,000km
※バックライトを多用した場合は極端に短くなります
(引用終わり)

僕が今年の1月に Muirwoods号を購入した理由は「じてつう」目的で、長距離を
走ることなど想像してなかったんですが、3月下旬頃からロングの魅力に目覚めて
しまい、サイコンを購入することに。

元々データ管理好きの僕にとって、走行記録が数字で残るのは非常に励みになり、
かつとても面白いものとなっており、ロングライドの大きな動機付けになっております。

メーカーの公式スペックでは積算1万キロとあるものの、得てしてこういうものは
公式発表通りには行かないもので、「精々5000kmくらいでは」とか、「1年は持たない
のでは」とのご意見もあり、積算8500kmを超えた今、そろそろ心配になってきて
おります。

前兆として、「液晶が薄くなる」という現象もあるやに聞いてますが、前兆が出てから
逝ってしまうまで、何キロくらい走れるものなのでしょうか?
皆さんはどのようなタイミングで電池交換をされてますでしょうか?

積算距離は電池交換後も再入力できるようですが、電池を外した瞬間、それまでの
血と涙と汗と泥と痛みと疲労の積み重ねであるデータが全部消えちゃうんですよね(涙)

これはとても辛いことですが、そんなことが記録狙いのロングライドの最中にでも
起こってしまった日には、泣くに泣けません。

なので、そのような悲惨なことになる前に、データをしっかりと記録して、心を鬼に
して電池を抜き、新たな電池を入れて、積算距離を手入力しなきゃいけないなって
思ってます。

ちなみに、既に電池は100円ショップで購入済み。 常にサドルバックに入れて
あります。

さて、「サイコンデータおたく」の小生としては、他人が見ても全然面白くない以下の
ようなデータもアップしてしまいます(苦笑)

今回ブログ記事にツイッター的にメモを残しておいたことから、区間記録の
分析が可能となりました。(ちょうど10区あって、箱根駅伝みたい:笑)

僕のサイコンでは区間毎の記録は残らないので、あとから手計算してます。
11月6日に走行記録(区間別平均時速)です。

累積距離  累積平均  区間距離 区間平均
--------- ---------- --------- ---------
 83km    24.9km/h   83km  24.9km/h
139km    23.9km/h   56km  22.6km/h
145km    23.6km/h    6km  18.3km/h ●
173km    24.1km/h   28km  27.1km/h ☆
187km    24.3km/h   14km  27.1km/h ☆
210km    24.6km/h   23km  27.3km/h ☆
232km    24.7km/h   22km  25.7km/h
250km    24.8km/h   18km  26.2km/h
267km    24.9km/h   17km  26.5km/h
300km    24.8km/h   35km  24.1km/h

犬吠崎から利根川河口までの区間(6km)は、ちょろちょろ止まりながら、
写真撮影してたので、極端にaveが遅いのはご愛敬として、やはり九十九里
ビーチラインを尻玉棒痛の状態で向かい風と抗っていた区間が「22.6km/h」と
最も苦戦していることがデータ上でも明らかになってます。

意外なのは、追い風でぶっ飛んでたはずの250km付近の ave が26km/h
程度しか出ていないこと。 やはり信号があるとダメなんだね。

でもって、利根水郷ラインから恐怖の暗闇バイパス区間(145km~240km)
の大半はave 27km/h を上回ってます! 余程恐怖から逃げたかったのか、単に
信号が少なかったからだけか。 いずれにせよ、頑張りましたね。

さらに、データ分析好きな小生は、昨日画像でアップした歩数計のデータまで、しつこく
再記載しちゃいます(苦笑) 302km走った、11月6日の記録です。

歩数        91,210 steps
キッチリ歩数 34,304 steps
移動距離   63,847 m
所要時間   9:30:21
消費カロリー 8,251 kcal
脂肪燃焼    1,178 g

自転車に乗り始める前は、散歩(ウォーキング)が趣味でした。
ひたすらテクテク歩く。 会社まで1時間かけて徒歩通勤する。
徒歩45分以内で行けるところは、原則歩いて行く。

1分で100歩くらいのペースですので、1時間で6000歩くらい。
1日3時間半くらい歩くと20000歩ですが、当時はこれを目指してました。

自転車だと一漕ぎで進む距離が長いものの、時間当たりの歩数は稼げません。
1時間乗って、精々3000-4000歩といったところでしょうか。

徒歩であれば、15分くらい継続して歩くと「きっちり歩数」としてカウントされますが、
自転車だとまずカウントされません。
自転車に200km乗っても「ゼロ」ということが珍しくなかったです。
ところが今回「34,304歩」という、徒歩時代も合わせての記録更新です。

よっぽどしゃかりきに漕いでたんでしょうね(苦笑)
きっと真っ暗闇バイパスの区間だと思います。 かなり一生懸命漕いだので。

本当は色々なデータが取れる Garmin Edge とかの高級サイコン(ナビ?)とか
付けたいところですが、ビックリするくらい高いので、当面購入予定はありません。
まずは1年後のロード購入に向けて、コツコツと貯金を積み上げて行くことが先決
ですね。


●本日の走行距離:  33.53km
 11月の走行距離: 567.10km
 サイコン累計: 8,578.60km (2010/3/24-11/9)


すわ! 衝突事故か!!

東京は、今日も日中は暖かい1日でした。
でも、朝晩の冷え込みは日に日に強まってきてますね。

さて、昨日の「じてつう」中のこと。
幹線道路を横断すべく、横断歩道の手前で停車し、歩道の信号が青に変わったところで
横断歩道を渡り始めました。

すると、車道(幹線道路)を坂の上から爆走してくるママチャリが横断歩道に横から
突っ込んできて、危うく小生と大衝突事故を起こすところでした。

お互い急ブレーキをかけたので、ギリギリで事故は回避。
それでも、最後にコツンとぶつかりました。
怪我やマシンへのダメージはありません。

ママチャリに乗っていたのは30代くらいの女性。
彼女の弁解。。。。「直進方向も青だったんです!」

え? と直進方向の歩道信号を見ると、確かに青になっている。
しかし、貴女が走っていたのは車道でしょうに(汗;)
車道を走っている以上、車道の信号を守ってもらわないと、大事故になります。

事故は回避できたし、小生も急いでいたので、彼女を説教し、道交法を説いている
時間もなかったので、そのまま立ち去りましたが、やはりちゃんと教育すべき
でしたかねぇ。。。。。

横断する歩道が青信号になるわけですから、横断歩道と交差する車道は赤信号に
なるに決まってるじゃないですか。(そうでないと歩行者は全員車に轢き殺される:汗)

車道と並行した歩道(小生が渡ろうとした歩道とは直角の関係)が青だからと
行って、車道を爆走している貴女にとっては、車道の赤信号しかないでしょ。

貴女がそんな屁理屈行って横断歩道を青信号で渡る歩行者や自転車に突っ込んで
事故起こしたら、貴女が100%加害者ですよ。

全く、そんな基本的なこと(法律知らなくても、常識で分かること)も分からず、
自転車で爆走しているママチャリが居るのは本当に恐怖ですよね。

-------------------------
さらにもう一つ。
これは6日の300kmロングライドの最中のこと。

前にも書いた通り、利根川沿いの真っ暗闇バイパスを30km/h超のペースで
恐怖に引き攣りながら必死で路肩を走っていたときのことです。

前方は殆ど見えない状態ですが、幸い後方から車が近付いていたことから、5-6m
ほど先まではどうにか視野に入ってました。

突然視野(5m先)に飛び込んできたのは、無灯火の逆走ママチャリ(多分高校生)!
反射的に車道に大きくそれ、正面衝突を回避します。
スピードが出てますから、ホンっとぶつかる寸前での回避です(怒)

でもって、すぐに路肩に戻りましたが、その直後に大型トラックが派手なクラクションと
轟音を立てて、すぐ右横を高速で通過して行きます(激汗;)

あと5秒遅かったら、俺は大型トラックに轢き殺されてミンチになるところでした(汗汗;)

この無灯火ママチャリ高校生は、間違いなく死神の放った刺客に間違いありません!
それにしても無茶苦茶です。

対向車線(左側)を走るのが嫌だったら、広くてガラガラで歩道を走れば良いじゃないですか! 
それを何が面白くて、無灯火で逆走してんだよ!!(怒)

間違いなく、自殺願望者か死神(黒十字仮面)からの刺客以外に考えられません!!
どいつもこいつも、ルール無視、本当に危険です。

-------------------------
さて、話はがらりと変わって、我が家では、以下の(暗黙の)合意事項が成立しております。

1.土曜日は朝から晩まで自転車に乗っても良い。 
 但し(原則)、夕食に間に合うように帰宅すること。

2.日曜日は家の些事等に最大限時間を割くこと。

3.土曜日が雨で、日曜日が晴れの場合は、協議の上、土日の予定をひっくり返すことも可。


この原則に従うと、天気次第ではあるものの、「13日」「20日」「27日」の
3日間はロングができそうです。
祝日についての規定はないので、「23日」は微妙ですが、23日は既に、「らんぼぅさん」、
「ひろさん」との「越生ポタリング」の予定が入っていることから、丸1日遊ばせて
もらえるよう交渉予定です。(その結果、20日か27日のどちらかを放棄せねば
ならない可能性もあり)

さて、水曜日くらいになると、週末どこに行こうかとワクワクし始めてしまいます。
候補はいくつかあって、

1.伊豆下田まで南下し、輪行で帰ってくる
2.久しぶりに三浦半島一周をする
3.帰りが楽になるように、埼玉方面に北上し、戻ってくる
4.行ったことのないところを物色する

どなたか、関東近辺で、11月の土曜日にライドを企画されてる方居られますか?
もし居られて、時間的に折り合いが付きそうなら、ご一緒させてもらうかな。

関東地方は週末の天気は大丈夫みたいです。
気温もいい感じに冷えてきて、まだまだサイクリング日和ですよね。

皆さんの週末ライドの予定もお聞かせ下さい。


●本日の走行距離:  36.80km
11月の走行距離:   603.90km
サイコン累計:    8,615.40km (2010/3/24-11/10)



旧モデルは本当にお買い得なのだろうか!?

(東京は)今日も小春日和であり、暑くもなく寒くもなく気持良い天気が続いてますね。
今夜は飲み会なので、じてつうはお休みです。
40分歩いて6分電車乗って会社に来ました。(自転車なら20分)

先週の300kmライドでは、100kmも走る前から右膝に違和感を覚えましたが、
その後のスピードアップにより、アドレナリン効果なのか、痛みが消えました。

その後、月火水と「じてつう+夜ポタ」で1日30km超乗っても何ともなかったのに、
なんと今朝久しぶりに30分以上歩いたら、右膝に違和感が。。。。。

やはり300km走行は、それなりに体にダメージを与えたんですねぇ。
今週末のライドでは、少し抑えめに走ることにします。

さて、本題に入りますが、今日は仕事が終わってから飲み会までの合間に書いている
ことから、内容は少なく、記事も短くなること、ご容赦下さい。
(長けりゃ良いってもんでもないとは思いますが:汗)

来年秋を目処にロードバイクを購入したいと考えているのですが、小生が購読して
いるブログの記事で、同じモデルの105仕様とアルテグラ仕様の2グレードを、
コンポ・ホイールの単体価格も調査比較し、どちらがお買い得かという詳細調査を
されていた方が居られました。

結果、105仕様のものを安価で購入し、高級ホイールに取り換えるのが得策という
結論に至ったようです。(この比較検討と結論は非常に参考になりました!)

限られた予算で最新モデルを買おうとすると、どうしてもグレードは、ある程度
抑えざるを得ないのは経済原則ですが、一方で、型落ちモデルは20-25%引きで販売
されているという事実もありますよね。

一時期のIT関連機器のように、日進月歩の進化を遂げ、1年前のモデルはすっかり
陳腐化してしまうような製品であれば、間違いなく最新モデルを買いたいです。

一方で、自転車界(ロードバイク)の性能進化の速さは、どんなもんなのでしょうか?
1年前のコンポやフレームと、最新のものとでは、相当性能が異なるんでしょうか?

もちろん、フレームメーカーもコンポ(他パーツ)メーカーも、性能アップの為の
投資は惜しんでいないと思いますが、ある程度技術が成熟している業界では、結果
として商品化される製品の性能は1年くらいでは大して変わらないというケースも
あろうかと思います。

例えば20万円の予算では、最新モデルの105仕様は買えず、TIAGRAで我慢せねば
ならないが、2012年モデルが登場し、2011年モデルが型落ちになれば、予算の範囲に
入ってくるかもしれません。

僕は車も新車を買ったことがないというくらい、「おニュー」への拘りはない人間なので、
来年秋には型落ちになっている2011年モデルを狙おうかと考えています。
(尤も、旧モデルは在庫に限りがあるので、好きな色やサイズが手に入るかは別問題
ではありますが)

突き詰めると、2011年モノの「105」と、2012年モノの「TIAGRA」では、どちらが性能が
良いのかということ。 2012年モノは未発表なので、今比べられる比較としては
「2010年モノの105」と「2011年モノのTIAGRA」ではどちらが性能が良いか?

勿論、コンポに見合ったフレームやホイールが付いている前提で、型落ちモデルを
20-25%引きで買うのが性能面で得かどうかという素朴な疑問です。

この辺りの事情をご存じの方、是非アドバイスよろしくお願いします!!
あと、旧モデルを買う際の「意外な落とし穴」等もあれば、知りたいところです。

まだまだ26インチクロスで頑張る予定ですが、いつかロードという夢を見つつ、色々と
妄想している今日この頃です。



明日の遠足予定(他)

東京の気候ですが、朝(晩)の冷え込みは強くなり、秋の深まりを感じますが、今日も日中は
暖かかったですね。 でもって、今夜は妙に暑いっすね(苦笑)

さて、明日は8:30に「ひろさん」と荒川CRの岩淵水門で待ち合わせをし、
八丁湖に遊びに行ってきます。 全行程で160kmくらいでしょうか。

相も変わらず、スーパーウルトラ平地です(汗;)
関東平野、偉大なり♪



荒川CRを河口から27km地点より上流に行ったことは一度しかなく、かつその時は
道に迷って、ダートを走ったり、工事区間があったり、一般道を大回りしたりと大変
でしたが、今回は荒サイをホームコースとする「ひろさん」先導なので、くっついて
行けば良いだけの楽ちんライドになりそうです。

岩淵水門と八丁湖の往復は120kmと聞いているので、自宅と岩淵水門との往復約
40kmを加えると、大体160kmになる予定。

休憩を含めた移動の平均時速を18km/hくらいとすれば、9時間弱で帰ってこられる
はずです。(7時出発→ 18時帰宅くらいかな)

前回「ひろさん」と走ったのは4人で「地獄列車」をやった10/11でしたが、今回は
二人ということもあり、地獄列車はやりません(爆)

4人であれば、自分が牽くのは1/4ですが、半分牽くとなるとキツイですからね。
それに、右膝もちょっと痛いし、今回こそはポタリングに徹する予定です。

ひろさんは年齢的には大先輩に当たりますが、脚力は抜群。
本気出されるとついていけません(涙)

休憩地点には、美味しいうどんと和菓子があるようなので、楽しみです。
まあでも、何か途中で補給できるように、お菓子くらいは持参しないとね。

というわけで、こんなものを購入してみました。

(画像)P1040104.jpg

カロリーメートは400kcalあるものの160円しますが、こちらは330kcalで100円と
お得感がありますので、2つ購入してみました。

パサパサして食べにくいかもしれませんが、ドリンクと一緒なら大丈夫でしょう。
往路で1箱、復路で1箱くらいのペースになるかな。

メインは昼食のうどんと、デザートの和菓子になる予定。
このカロリーメートもどきは、あくまでも途中の補給用です。

いつもは食費は極端に抑えてますが、明日は輪行の電車代が掛からないことになった
ので、ちょっとだけ奮発しようかな(笑)

さっき自転車屋さんに行ったら、こんなパンフレットをもらいました。
店員さんが、先週末しなみみに行ってきたそうです。

P1040106.jpg

僕もいつか行きたいなぁ。。。。 来年は色んなことをしよう。
取り合えず、区切りの300kmはやったし、来年こそは自走で行けないところまで遠征
したいところです。

瀬戸内海、北海道、九州、四国、琵琶湖、淡路島、行ってみたいところはたくさんありますね。
もっとも遠征はお金が掛かるので、そう易々とは実行できないんですけど(涙)

-------------------------
さて、話題は180度変わりますが、僕は46歳なので、「中年オヤジ」の認識は
10年以上前からありますが、僕と同い年のブロガーさん(スキンヘッドさん)が
頻繁に、ご自分のことを「初老」と言われるので、初老とはいったいどういう年齢の
人を指すのか調べてみると、こんな記事が(汗;)

(引用)

初老(しょろう)とは、人の一生で、老化を意識し始めるとされる年代である。かつて男性の大厄である
数え年42歳(満40歳)に「初老の賀」で祝ったことから、40歳の異称とされる。
この年齢には、体力の衰えを、目に見えて感じる。脱毛症の顕在化や、老眼の進行で、眼鏡なしの生活が
困難になることなどである。また、生活習慣病や、心不全の危険性も高まる。

(引用終わり)

僕はまだ、老眼鏡は要りませんが、若い頃と比べると、細かい文字は読みにくいし、
特に暗いところで細かい文字を読むのは相当辛くなってきていることもあり、やっぱり
立派な「初老」だったんですね(苦笑)

「中年」って言葉は、普通は40歳以上に対して使われるようですが、僕はいわゆる
「アラフォー」となる35歳が中年の始まりと昔から考えており、かれこれ11年前、
めでたく35歳になった時、「俺も今日から中年オヤジだ!」と胸を張って威張ったものです。

さて、年齢的なものとしては、こんな表現もありますよね。

<引用>
        年代          論語
① 青春 : 16歳~30代前半    学を志す
② 朱夏前半: 30代前半~40代後半    身を立てる / 惑わず
     後半: 40代後半~50代後半    天命を知る
③ 白秋 : 50代後半~60代後半     耳に従う
④ 玄冬 : 60代後半~       矩を超えず

*孔子の論語 ( 巻1 第二 為政の四)
16歳 志学 学を志す
30 立身 身を立てる(独立する)
40 不惑 惑わず
50 知天命 天命を知る(天命をわきまえる)
60 従耳 耳に従う(人の言葉を素直に聞く)
70 不超矩 矩を超えず
(思うままにふるまっていて道を外れない)
<引用終わり>

僕は朱夏の後半に入ってるんだなー。。。。。そろそろ「天命を知らないと」ですよね(汗;)
僕の天命は「ロードバイクに買い替えて、さらに爆走スピードを増すこと」かな(あり得ん:汗)

「朱夏(前後半)」がほぼ「中年」に該当するでしょうか。

一方、「オヤジ」って表現も、「中年オヤジ」って言葉そのもので、やはり中年くらいの
男性を指すんでしょうね。 60歳超えてると「爺さん」ですからね(苦笑)

でも、30代後半の女性に「おばさん」などと言おうものなら、大変な反発を食らい
ますよね(汗;) 女性は下手すると「40代」になっても、自分のこと「お姉さん」
だと思っている人が居るので驚きを隠せません(笑)

まあ、芸能界とかでは、40前後でも綺麗な女性はたくさん居ますが、一般社会では
オヤジと同様、

くだらない記事で失礼しました。

明日もいい感じに冷え、いい感じに暖かくなる、ライド日和の気候になりそうです。
あー、インナーパンツ買ってない(汗;) またジーンズで尻を擦り切れさすか。。。。。


●本日の走行距離:  16.22km(笑)
 11月の走行距離: 620.10km
 サイコン累計: 8,631.6km(2010/3/24-11/12)



荒サイで吉見・八丁湖。。。。。。。地獄列車よ再び ①

さて、行ってきました。 荒サイで八丁湖。
往復で160kmでしたね。 トラブルもありましたが、楽しいライドでした。

午前中は北風、午後はどちらかと言うと南風(南東風?)で、行きも帰りも終始「向かい風」
基調で、結構大変でした。 (というか、ひろさんを風除けに、ずっと後ろで楽させてもらい
ましたけど、汗;)



出発7時半、帰宅17時過ぎでしたが、帰宅後荷物を置いて、着替えとジム用グローブだけ
持って、着替えも休憩もせず、ジムに行き、ペンチプレス(6回x10セット)と腹筋
(15回x4セット)、背筋(30回x1セット)やって来ました。

本当は明日ゆっくりジムに行く予定だったんですが、ライド終盤で「もうちょっと走ろう
かな」と考えてたときに、「あ、ヤベ。明日はジムの定休日じゃん」と思い出し、急遽
帰宅し、ジムに行くことに。

4月に初めて100kmを走ったときは、帰宅後、口も利けないくらい疲労困憊し、
ジムに行く予定もキャンセルし、晩酌に突入したのを覚えてます。

あれから、半年強。 やはり自転車に慣れてきた(疲れ難くなってきた)、自転車で使う
筋力もアップしたんでしょうか。 疲労度合いは当時と比べるとだいぶ減ってきたようです。

頑張ってるぞ、初老!!(笑)
そして、まだまだ頑張るぞ! 70歳まで。

ライドの詳細に入る前に、昨夜のカーボローディングから。
「早く食べたい」というリクエストに応えてもらい、僕の分だけ、先に1食分(たっぷり)
出してもらい、家族に先行して食べ始めます。

お酒は毎晩と同じく、「ハイボール5-6杯」+「赤ワインボトル1本@720ml」+
「Top Value の酎ハイ@1000ml」と規定量を摂取します。
自分の食事が終わったあと、子供たちの食事(パスタ)が始まりますが、飲みながら横目で
見ていると、なんだかとっても美味しそう。

わがまま言って、1.5人分ほど分けてもらい、頂きます。
全員の食事が終わったあとは、お菓子ローディングです(苦笑)

「家中のお菓子がなくなる!」と文句言われながらも、賞味期限が短いものから中心に
バクバク頂きました。 カロリー的には食事とお菓子合計で、普通の夕食の3-4人前は食べた
んじゃないかな。(お酒は何人分だろう、汗;)

朝起きたときは、前夜の食べ過ぎで、ちょっと胃がムカムカしてましたが、しっかりと
朝食は食べ、出発です!

さて、今朝は「8:30@岩淵水門」集合であり、自宅より20km、しかも普段通らない
ルートで行く予定だったので、安全を見て7時には出たかったんですが、若干寝坊したのと
なんやかんやで、結局出発は7時半近くに。

ちょっと焦りましたが、間に合わないなら「ゴメンナサイ」の電話を入れようと、ひろさんの
携帯番号を確認し出発。
迷うことなく予定していたルートで走れ、結局8:15くらいには到着できたんじゃないかな。
ギリギリでひろさんよりちょっとだけ早い到着となりました。 

大先輩のひろさんを待たせる結果にならなくて良かった。

朝食はしっかり摂ったのですが、それなりの長丁場、ちょっと何か腹に入れておこうと、
持参したバームクーヘンを一口食べたところで、ひろさん登場。
バームクーヘンの残りは後回しにし、すぐに出発します。

荒サイ右岸を8キロほど走って、左岸に渡ります。
途中砂利道を700mくらい通過して、ひろさんお気に入りのコースで、彩湖を右に見ながら
秋ヶ瀬公園に入ります。

この先しばらくトイレがない、とのことで、トイレ休憩。
ここで、さっき食べそびれたバームクーヘンの残りを頂きます。

ひろさんから「朝食べてこなかったの?」と聞かれますが、「いや、ちゃんと食べましたが、
やはりまめな栄養補給が必要かと」とお答えしましたが、ひろさんは昼飯まで全く補給なし
でした。 すごいなぁ。。。  ひろさんエンジン、燃費が良いみたい(笑)

しばらく左岸を走りますが、この辺りというか、この先は、田んぼの中をクネクネ走るコースで
以前にも一度迷い込んでCRを見失ったことがありますが、さすがホームコースとして毎週の
ように走っているひろさん、迷わず先導してくれます。

16号にぶつかったところで、上江橋を右岸に渡ります。
上江橋を渡るひろさんと、パンク修理中のローディさん。(1時間後は我が身:泣)

P1040112.jpg

入間川と荒川が分離するところを荒川に沿って上流に向かいます。

しばらく走ると「ホンダエアポート」に到着。
記念撮影です。

P1040122moz.jpg

P1040123moz.jpg

ここではスカイダイビングをやってるようです。

P1040130.jpg

P1040135.jpg


飛行機も着陸します。

P1040136.jpg

ホンダエアポートで休憩後、高尾さくら公園の桜並木を通過します。

P1040141.jpg

桜の時期に来たら、さぞかし綺麗なんだろうなぁ。。。。
もっとも花見客の子供や酔客がCR上にはみ出してきて危険極まりないのかもしれないけど。

さて、夕食の準備ができたようなので、今日はここまで。
さわりの部分で終わっちゃいましたね。

明日、もうちょっとまともに書く予定です。

さぁぁぁてぇぇぇ!! 今夜も飲むぞーーーーーーー!!
サイクリング後(特にロング)のあとの酒は最高に上手いっす♪


●本日の走行距離:  164.04km
 11月の走行距離: 784.20km
 サイコン累計:  8,795.7km (2010/3/24-11/13)

●本日の歩数:  52,167 steps
キッチリ歩数: 10,855 steps
消費カロリー:  4,661kcal
 脂肪燃焼量:    665g

荒サイで吉見・八丁湖。。。。。。。地獄列車よ再び ②

おはようございます。(記事アップは夜なので、ちょっと変ですが)

昨夜、2週間ぶりにジムに行き、ベンチプレスをやったので、筋肉痛の Muirwoodsでございます。

昨夜は不思議な(ちょっと悲しい)夢を見ました。
Muirwoods号でロングライドに出かけるのですが、目的地に着いて、引き返そうとした所で、
何とハンドルが折れてしまいます。
正確に言うと、真ん中から左側の部分が、先端と真ん中の中間くらいでボキっと折れてしまい、
左ハンドルが半分くらいになってしまい、リアブレーキも使えません。

折れた部分をバッグに入れ、よたよたと帰りますが、「どうやって接続しようか」ということ
ばかり考え、「アロンアルファって金属も付けられたかなぁ。。」とか考えながら朝を迎えました。

もう、夢も自転車に支配されている今日この頃です。

さて、昨日のライドの続きです。

さくら公園を過ぎ、吉見町に入ったところで、荒川を抜け、県道27号を吉見百穴を目指し
左折します。
荒川を離れ数分もしない内に、後輪から異音が。。。。。。
しばらく無視して走ってましたが、一向に異音が止まないので、交差点の赤信号で停止した
際に、後輪をチェックしてみると。。。。。。。

ぶっすりと、金属片がタイヤに突き刺さってます。。。。。orz
空気は漏れてませでしたが、金属片を抜くと、シューー。。。。。空気が抜けます。

「すいません、ひろさん、パンクしちゃいました!!」

さっそくチューブ交換作業の開始です。
パンク修理は2ヶ月ぶり3回目(走行中は2度目)なので、勿論自分でもできますが、今回は
ひろさんに手伝ってもらったことから、チャチャっと短時間で作業完了しました。

P1040143.jpg

僕が新しいチューブを装填している間に、古いチューブのパッチ貼りまでやって頂き、本当に
助かりました。 

ひろさん持参の道具は「ドラえもんのポケット」のように色んなものが出てきます。
タイヤの裏側にビニールテープも貼ってもらいました。

ひろさんはボンベも持っていたのですが、僕のバルブは米式なので、仏式ボンベは残念ながら
使用できず。 でも僕のタイヤは38c(1.5インチ)なので、携帯式ポンプでも十分に
空気充填が可能です。

ちなみに、Muirwoods号を購入したのは今年の1月ですが、購入後半年強、距離にして約
5000kmは、ノーパンクでした。 さすが太いタイヤは丈夫だと喜んでましたが、
7月末にスローパンクをして以来、コンスタントに2ヶ月に1回、約2500kmに1回
程度のペースでパンクしてます。 今回が3回目。

さて、短時間でチューブ交換作業を終えて再出発!
吉見百穴に到着です。 記念写真。

P1040149moz.jpg

P1040148moz.jpg

このあと、近道で八丁湖へ向かうべく、案内板の地図通りに進みますが、いきなり細い
激坂に遭遇。 10%くらいはあったかな。

ひろさんがちょっと違う道を行きかけて戻る形になったので、僕が先に登ります。
きつー!! でもどうにか途中の踊り場まで登り、ひろさんを待ちます。

登っている最中に後方で「ジャリ!」という不吉な音が。
踊り場で待っていると、ひろさんが登ってきますが、いきなり急な上り坂でビンディングを
はめるのにてこずったようで、辛そうに登ってきます。

踊り場に2台は滞在できないので、砂利道を先に進み、舗装道路に出たところで待ちます。
ひろさんもほどなくして到着。

どうやら、激坂の登り口にあった砂利にタイヤを取られ転倒してしまったと。
殆どスピードは出てなかったので、立ちゴケに近い状況で、大した怪我はないと。
(後刻、昼飯のときに確認したら、少々擦り剥いてました:痛!)

八丁湖での記念撮影です。 オートで撮りましたが、本日のツーショットはこの1枚のみ。

P1040170moz.jpg

P1040168.jpg

さて、この後、昼飯やデザートの話題があるんですが、これを写真つきで書いていると
今日中に「地獄列車」まで行き着けないので、これはちょいと後回しにし、復路の地獄列車
関連を先に少々。

吉見・八丁湖・吉見観音で、噂の特盛りうどんと厄除だんごを堪能したあと(画像は後日)、
荒サイに戻り、榎本牧場を目指します。

ひろさんに前を牽いてもらい走っていると、ジャージを着たアンカー乗りが我々を抜いて
行きます。 そのときは、特に追い抜き返そうという気には二人ともならなかったんですが、
アンカー君は脚をクルクル回している割には、それほどスピードが出てません。

僕とひろさんは、「高ケイデンスのトレーニングでもしてるんですかね」と話し、こちらは
こちらのペースで進みます。 5分以上経った頃だったでしょうか。 100mくらい前を
走っているアンカー君が妙に気になります。

ちょっとスピード出したい気分でもあり、ひろさんに「ちょっと追いかけてみますね」と
声をかけると、「俺も行くよ」ということで、2人でアンカー君を追いかけることに。

まずは切り込み隊長(先鋒)Muirwoods、時速37-38km/hで猛追します。
100mあった距離が、あっと言う間に30mくらいまで縮まりますが、敵も背後の気配に
気が付いたのか、速度を速めます。

先鋒 Muirwoods号、最初は勢い良く37-38km/hで猛追したのに、さすがにその速度を
維持し続けるのは難しい。 35、33、31km/hと減速し、アンカー君との距離も
殆ど縮まらなくなってしまいました。。。。 もう限界です。

今日は「次鋒 中堅 副将」は不在なので、ここで「大将」ひろさんの登場です!
「woods、お前の仇は討ってやる! あとは俺に任せとけ!」と大将ひろさんが爆走を開始します。

力尽きた先鋒Muirwoodsも大将ひろさんの後にくっついて頑張ります。
大将は、あっさりとアンカー君(大将もアンカー乗りなんですが)を抜き去り、同時に僕も
抜かせてもらいます。 抜きざまに「アッカンベー!」と言ったかどうかは不明ですが(笑)

これが本日最初の地獄列車でした。 アンカー君は追ってきませんでした。

しばらくして、榎本牧場に到着です。
ここでジェラートを堪能しながら、ロード談義に花を咲かせます。(画像は後日)

いきなり冷たいアイスを食べた Muirwoods は、少々腹具合が悪くなります。
「う、やばいかな」と思いつつも、それほど深刻ではなかったし、これ以上休んでいると
寒くて堪らなかったので、再出発です!

しばらく走っていると、バリバリにジャージを着こなした若者2人が我々をパスします。
その瞬間、ひろ大将が「ニヤリ」とこちらに合図を送ります。
「woods先鋒、突撃開始~~!!」の合図です。

先鋒突撃隊長、本日2度目の爆走です。
幸い距離はまだ20mあるかないかなので、パスするのは比較的簡単でした。
パスした直後に、ひろ大将が後ろからやってきて、「先鋒隊長、お役目ご苦労さん」「あとは
おいらに任せとけ」と、本日2度目の地獄列車を牽き始めます。

この地獄列車はキツかったーーー!!
2番目の僕ですらキツかったんですから、機関車の大将ひろさんはもっときつかったはず。
33km/hくらいで、約10キロ走り通しました。

敵2人はピタリと後ろに着いてきます。 地獄列車4人編成です。
先頭は最初から最後まで「大将ひろさん」です。 とてもとても、僕が先頭を交代する余裕は
ありませんでした。 10キロ全部お任せしちゃいました。

僕は登りが全然ダメなので、登りのときは、抜かれるんじゃないかと死にそうになりながら、
大将にくっついて行きましたが、どうにか後続列車には最後まで抜かれずに済みました!

10キロ走って秋ヶ瀬公園到着です。
先頭を牽きながら大将から「トイレ休憩する?」と聞かれます。
最初は「あ、どちらでも」と答えますが、この地獄列車に終止符を打つ必要もあり、「休憩
しましょう」ということになり、最後の最後だけ僕が先頭に出て、トイレに駆け込みます。

その直後、後続列車が「ゴーッ」という轟音のもと、過ぎ去って行きました。

33km/h平均で10キロ機関車役を務めてくれた大将のひとこと。
「いい汗かいたね♪」 余裕の爆走オヤジでした。

秋ヶ瀬で小休止のあと、岩淵を目指して荒サイ右岸を走ります。
荒川右岸の27キロ地点辺りだったでしょうか。
スーっと2人を抜いていくローディさんが。

大将また「ニヤリ」と笑います。
今度の「ニヤリ」は少し意味が異なり、僕も「良い列車(機関車)が来ましたね」と反応し、
さっそく3人列車の開始です。 ちなみに向かい風基調の荒サイです。

始めは30km/h程度でしたが、段々速度が上がります。
32・34・36km/h。。。。。 千切れないようにくっついて行くのに必死です。
ほんのちょっとでも、ストリームラインから外れると、リカバリーするのが超大変。
何キロ走ったでしょうか? 4キロ? 5キロ? 

本日2度目の10キロには負けるとは言え、スピードがスピードなので、しんどかったぁ。

死に物狂いでついて行きますが、列車が37km/hを超えたところで断念。。。。。
Muirwoods は海の底に沈んでいきます。。。。。orz

ストリームラインを外れた瞬間、気合の糸も切れ、すぐに25km/hくらいまで減速します。
しかし私は見てしまった!!

最後に大将ひろさんが、先頭を牽くローディをぶち抜くところを!!
のろのろと大将に追い付く先鋒(今回は先鋒の役目を果たしてない)Muirwoods。

M:「いやぁ。。。速かったっすねー」
大将:「僕より相当年齢上だったよ」
M:「えー!? ってことは60歳くらいってことっすかー??」
大将:「多分そうだと思う」
  「抜かすとき、ありがとうございましたって言ったら、余裕でニコニコ笑ってたよ」
M:「ひぇーー!! やっぱり脚と年齢は必ずしも一致しないんですねー」
大将:「ああいう60歳になりたいもんだね」
M:「僕も目指しますぅー」

ということで、地獄列車の先頭機関車は60歳、最後まで食らいついてパスした大将@54歳、
でもって千切られた最後尾列車は、まだまだ初老の Muirwoods@46歳。

まだまだ鍛えないといけないなー!!
でも、60歳であの速度は憧れるなー!!
「恐怖のスピード爺さん」でした♪

<食べ物編>

さて、昼飯等、堪能したご馳走につき、書けるところまで書きます。
(またもや、夕食の時間が迫ってきて、食卓でPC開けてブログ書いてる小生に対する厳しい
眼差しが強まってきております)

まずは「名物うどん」です。
腹ペコだったこともあり、「大」でも注文しようかなー、と思っていたところ、ひろさんから、
「並にしといた方が良いよ」との忠告が。

ということで、無難に並を注文しましたが、出てきたのはこれです!!

P1040158.jpg

P1040157.jpg

メニューを良く見ると、それぞれの分量が赤字で記載されてます。
並で「630g」あります!
「鬼盛」はなんと、「1.8kg」あります!!

P1040154.jpg

でもって、「富士山」なんていう恐怖のメニューが!!

P1040163.jpg

これを完食できるのは、相撲取りだけでしょう。
我々は、無事「並」を完食。 お腹いっぱいです!!

P1040164.jpg

メニューにある注意書きにも、こんなことが書かれてます!

P1040161.jpg

さて、順番から言うと、この特大(但し:並)うどんを食した後に、八丁湖を観光し、
吉見観音を参拝し、厄年の誰かさんのために、ひろ大将が大枚のお賽銭を寄付し、厄除け
祈願を致します。

P1040175.jpg

P1040176.jpg

さらに念を入れ、厄除け団子も頂きます。

P1040178.jpg

P1040182.jpg
P1040183.jpg

P1040179.jpg


特大うどんと厄除け団子でお腹を膨らませ、地獄列車をひとつこなし、榎本牧場へ到着です。

P1040187.jpg

お決まりの、ジェラートを頂きます。

P1040189.jpg

P1040190.jpg


うどんと団子とジェラートで溜め込んだエネルギーを、地獄列車2・3で消費します。

無事荒川CRを抜け、ひろさんとさようならし、帰途に着きます。
喉が渇いたのと、腹具合が悪かったのとで、セブンイレブンでトイレ休憩&水分補給です。

P1040191.jpg


まっすぐ帰宅すると、150kmちょいだったので、折角なのでセンチュリーにしたかった
こともあり、遠回りして帰宅し「164km」達成です。

このあとは、昨日も書いた通り、ジムで規定メニューをこなした後、ブログ記事を書いてアップ、
それからは、ライドの余韻に浸り、美味しくお酒と料理を頂きました♪

(完)

なんとか、最後まで書き切れました♪


●本日(11/14)の走行距離: 53.10km
 11月の走行距離:    837.30km (1,000kmまであと163km!)
サイコン累計:    8,848.80km


「幻坂」と自転車ショップ(+α)

今日の東京は午後から生憎の雨ですね。
こういう自転車乗れない日に飲み会があったりすると、ラッキー♪って思っちゃいます。

もっともお酒は好きなので、飲み会の日は天気に関わらず「休足日」ってことで
割り切ってはいますが、予定のない日が雨で、飲み会の日が晴れだったりするパターン
が続いたりすると、イライラしますよね!

さて、昨日は家の用事もあり、長距離は走れませんでした。
合間を縫って50kmくらい走れれば良いかなぁ。。。という感じで家を出ます。

土曜日に一緒に走ったひろさん情報で、五反田から八ツ山橋方面に向かう途中に
良さそうなショップがあるというお話でしたので、五反田方面に向かいます。

ショップは見つかりましたが、まだ開店前でした。

P1040199.jpg


久しぶりの五反田界隈だったので、このあと何気なく五反田の繁華街を視察。
怪しげな店が多いですな(苦笑)

P1040198.jpg


こんな「悪い店」には行きませんが、年に数回(接待等で)バニーガールの居るような店には
行かないこともありません(爆)

以前(13年ほど前)、中東の禁酒国勤務から帰国した直後に、割とよく、この五反田に
あるバニーちゃんのお店に通っていたのを懐かしく思い出しました。

禁酒国に3年超勤務していたんですが、お酒が飲めないので、月に使う小遣いは数千円。
そんな状態ですから、帰国時にはちょいとだけ貯金がありました。

今なら間違いなくロードバイク貯金の一部に回すところですが、当時はまだ33歳、
禁酒国での積み上げたストレスと鬱憤を晴らすべく、くだらないことにお金を使って
しまったものです(苦笑)

さて、こういう目に毒な界隈は早々と抜け出し、久しぶりにこっち方面に来たことから
都内でも有数な「激坂」である「幻坂」に久々に挑戦することに。
ちなみに今日は回復走なので、SPDシューズは履いておらず、フラペです。

このクラスの激坂は、引き足を使った方が登りやすいんでしょうけど、足付きのリスク
が高いこと、足付きした場合の危険度を考慮し、敢えてフラペで臨みます。

初めて登ったときは、前輪が浮き、ひっくり返りそうになりましたが、今回はハンドル
を上から押さえつけるようにして慎重に登ります。

さすがに30%の激坂ですから、スーパーインナーの登場です。
F28-R32のウルトラスーパーローを駆使して登頂に成功。

こんな勾配です。

P1040202.jpg

P1040207.jpg

P1040208.jpg

P1040220.jpg

P1040221.jpg

P1040224.jpg

P1040223.jpg

P1040222.jpg


この幻坂は、激坂ハンターには有名な坂であるので、取り上げた記事や動画も多く
ありますので、ランダムに列挙しておきますね。

http://esprit-de-nord.cocolog-nifty.com/blog/maboroshi.html

http://www.ne.jp/asahi/mim/tdr/saka/tokyo/tokyo23_shinagawa_minato.htm

http://www.youtube.com/watch?v=Yiysr7jAt_Y

http://www.youtube.com/watch?v=AFcynuU1_A8

http://d.hatena.ne.jp/Blue-Period/20100222/1266840571

http://blog.goo.ne.jp/mtbfullsusslick/e/ec6622f30389bf0f82d4472d6c437cd9

http://www.tutbox.com/video.yKq720Tq9Js.html

http://movie1.search.biglobe.ne.jp/video/watch/665f884337b3481e

http://www.caletavip.net/videos/--2MONs8ab0cqApN0.html

http://www.bnadm4.com/youtube/--tNedmNOYudt2s9k.html


幻坂のあとは、神宮前にある「なるしまフレンド@神宮店」に行ってきました。
ロードバイクがたくさん展示されており、1台ずつ適正身長も書いてあり分かりやすかったです。

http://www.nalsimafrend.jp/shop/jingu.html

当たり前ですが、良いものは高いですね(泣)
旧モデルとかも結構置いてあって、目をひかれるものがありました。
本体の値段は高いのか安いのか、まだ選球眼がないので判断できず。

でも、小物系は、他のお店より1-2割安い感じでした。
持ってなくて欲しいアイテムとして、パンク修理キット(パッチと糊)が200円で
売っていたので、買いたかったんですが、1時間近くかけて店内の売り物をガン見した
あとに、購入するのが200円のパンク修理キットのみってのもどうかと思い、何も
買わずに店を出ました。(この店は都心にも関わらず、駐輪場も充実してます)

ロード購入はまだまだ先ですが、会社から近いセオサイクルにするか、品揃えの
多い「なるしまフレンド」にするか、それによって、今後小物とかを買うことで
ショップの人達と顔見知りになっておくのに、どっちが良いか悩み始めてます。

なるしまは休日にしか行けないのが難点ですね。
その点、セオサイクルは仕事中の息抜き(?)でも行けるメリットがあります。

五反田にある「PROTECH」って評判どうなんでしょうか?
ご存じの方、いらっしゃいましたらコメント下さい。

「なるしま」と「セオサイクル」についても、何かご存じ(評判等)の方おられれば、
教えて下さい!









プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。