スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3770628.jpeg
スポンサーサイト

昨年の走行記録等

明けましておめでとうございます!!
今年もよろしくお願いします。

今日は両親の住む横浜へと里帰りしています。
ちなみに、僕は横浜生まれではないんですが、両親が20数年前に横浜へ引っ越したので、
正月は毎年横浜で過ごしてます。

高速を使って車で行くと、30分強で着くんですが、車の運転が嫌いな僕には苦痛の30分です。
自転車なら1時間半近く掛かりますが、「楽しいなぁ」と思っている内に到着しちゃいます。

今年は自転車での里帰りを希望していたんですが、家族との関係もあり、結局車で来ることに。
なので、今日は朝一で「走り初め」をほんのちょっと走っただけです。

でも、元旦の朝から少しでも走れて良かった。
大晦日も60km以上走れたし、贅沢は言えませんね。

明日は箱根駅伝の往路です。
本当は自転車で追っかけやりたかったんですが、ここはグッと我慢し、年老いた両親と共に貴重な
時間を費やすことにします。 駅伝はテレビで見ますけど。

三連覇が掛かる東洋大学と、今シーズン3冠を狙う早稲田大学と、どちらが勝利を手に入れるか。
そして、伏兵(強豪)駒澤大学、日体大あたりがどこまで迫ってくるか。

そもそも2年前の東洋大は、優勝候補に入ってなかったのに、新人柏原の人間離れした5区の箱根山
登りで、初優勝を手に。

去年は駅伝コースをフルに自転車で走り、5区の山登りがいかにキツイか実感しただけに、今年の
箱根駅伝は楽しみです。 自転車で見慣れた景色を走りますしね。

そもそも、自転車に興味を持ったきっかけが、1年前の箱根駅伝(ママチャリ小径車で10区後半の
追っかけ)ですから、これだけは見逃せません。

さて、新年早々旧年の話で恐縮ながら、走行記録をまとめます。

<2010年・月単位の走行実績>

1~3月  1,200km (推定+海外ライド:約200km)
4月     782km
5月   1,151km
6月   1,304km (過去3番目)
7月     672km (+海外ライド:約500km)
8月   1,059km
9月   1,605km (過去2番目)
10月    1,253km 
11月    1,715km (過去最高)
12月   1,083km
--------------------------------------
合計: 11,824km (+海外ライド:約700km)

一部推定距離となりますが、「12,500km」くらいは走れたと思います。
月1000kmは、忘年会に明け暮れた12月も、ギリギリではありますが、無事クリアでき、
5ヶ月連続(海外分の入れると8ヶ月連続)となりました。

さて、怒涛の忘年会が続いた12月の飲酒代記録も一緒に載せときます(笑)
(これは、「めばるさん」からのリクエストです:笑)

3日: 10,000円
4日: 11,000
6日:   6,500
7日:  3,000
9日: 公用にて負担なし
10日: 15,000
13日:   7,000
14日:  8,500
16日:公用にて負担なし
27日:  6,000
28日:  8,000
-------------------
合計:  75,000円(11回)

いやぁ。。。散財しましたねー
普段の月の3倍くらい使ってる(汗;)
その分、家飲み代は、月「約2万円→1万円強」とセーブできましたけど(笑) 

さて、サーベロ君の保管状況をアップしときます。
これが最終形ではないんですが、取り合えずの保管場所(方法)として、部屋の一角を使い、こんな
感じで置いてます。

P1050408.jpg

お酒専用の冷蔵庫を壁から離し、スペースを作ってます。
大好きなお酒達との共存です(笑)

P1050409.jpg

P1050410.jpg

この絨緞は、長かった中東勤務&担当時代(計14年)に、お客さんから頂いたもので、古くなったものを
転用し、壁に傷がつかないように(自転車にも傷がつかないように)貼り付けてみました。

P1050414.jpg

P1050415.jpg

ワインに酎ハイ、そしてもらいもののビールです。

なんか新年早々、訳分からない文章になりましたが、今年も何卒よろしくお願いします。

●本日の走行距離: 13km by (鉄下駄) Muirwoods号

やば。。。。坂が好きになりつつある(汗;)

今日は横浜の実家で箱根駅伝を見てから帰宅したので、自転車に乗れる時間はわずか。

10年来の箱根駅伝ファンでもあり、毎年観戦してますが、今年は去年同じコースを
鉄下駄号で走り切ったこともあり、特に山登り区間の5区は「ここから勾配がキツクなるんだ」
とか「そろそろ一旦下りになるはず」とか解説しながら見てました。

そして、猛烈にまた箱根の山に(もちろん自転車で)登りたくなりました(爆)

さて、今日は帰宅後は時間がなく、遠出は出来ないので、鉄下駄Muirwoods号で走るか、
サーベロ君を持ち出すかちょっと悩んだが、結局サーベロ君をお供にでかけてきました。

時間もないので、近所の坂を登ったり下りたり(笑)
やっぱ軽いわー
約1年間「鉄下駄」で鍛えただけに、サーベロ君の軽いこと軽いこと。

こんな坂も登ってみました。(道路が途中から急降下して画像に写っていない)

NEC_0644.jpg

NEC_0643.jpg

20%の勾配ですが、フロントはインナー(39T)、リアは3速(21T)で
登れました。 「39-21T」はクロスの「フロントミドル&リア4速」(38-21T)
に相当します。

鉄下駄号で、この坂を登ったときは、確かスーパーインナー(28T)も使ったはず。
やっぱロードは軽いですねー  スイスイ登れてしまいます。

このあとはこんな坂も。
夕暮れ後に通るとちょっと薄気味悪い坂でした(汗;)

NEC_0640.jpg

15%程度の勾配でしたが、リアは5速(39-17T)で登れました。

よし、これなら、まだ使っていないリアの1速(25T)&2速(23T)も動員すれば、
ほぼどこでも登れそうだな。

ロードに乗り換えたらノーマルクランクにしたいと思っていたので、鉄下駄号で走る時も
スーパーインナーは殆ど使わず、フロントミドルでも、リア1&2速は基本的に封印していた
ことから、実際にノーマルクランクを使ってみても、ギア比の少なさを重量の軽さ等で十分に
カバーしており、全然問題なさそうです。

でもって、アウターの「53T」はパワフルですねー
リア5速でも余裕で「40km/h巡航」が可能です。
「50km/h」までの加速も早い。

1台目から。。。。という戸惑いもありましたが、ノーマルクランクで正解でした♪

何だか本格的な峠に挑んでみたくなってきたぞ(笑)
表ヤビツの舗装工事、早く終らないかな。

天気の良い日に、箱根とか行っちゃおうかな(笑)

明日は「箱根駅伝出迎え&追っかけ」で、さすがに箱根(芦ノ湖)まで出迎えはできないので、
基本平地を走る予定。

でもって、駅伝は13時半には終るので、終点大手町から、明日初めての「三浦半島一周」、かつ初の
200kmライドに臨む「おたけびさん」を横浜辺りまで出迎えに行く予定です。

●本日の走行距離: 27km
 1月の走行距離: 40km
 サイコン:   10,850km

箱根駅伝出迎え&逃げ、そしておたけびさんの東京湾一周

今日は平塚は無理としても8区の途中の「平塚~戸塚」くらいまで出迎えに行こうかと思っていた
ものの、6区・7区は目が離せず、結局テレビ観戦してしまい、8区に襷がつながったのを確認
してからのスタートとなったことから、横浜までしか出迎えはできませんでした。

選手にあまりにも近いところで走ると交通規制に引っ掛かってしまい、それ以上走れなくなる恐れが
あることから、主催の読売新聞社の宣伝車両(まもなく選手が来ます、応援の旗は選手にぶつからない
よう頭の上で振って下さい等の注意事項をスピーカーで言い続けている関係者車両)や、技術支援者
という関係車両と一緒に、先頭選手より10分くらい前を、横浜から大手町まで約30km走って
来ました。

例年は応援するがわの沿道の人だったんですが、今日は沿道に詰めかけた数千人(1万人以上?)の
応援の観衆に注視されながら、30km強走ってきました。

P1050497.jpg

P1050496.jpg

選手が来るのを今か今かと待っている観客は、他に見るべきものもなく、自然と単独でガシガシ
走っている小生が注目を浴びてしまう結果に(^^ゞ

当然自分は駅伝選手ではないのですが、何やらレースのトップを走っているランナー(ライダー)
のような気分で、絶え間なくいる応援の方々に励まされているかのような錯覚に陥りながら
走って来ました。 

「自転車がんばれー」って応援ももらいましたよ(^^ゞ
結構「旗」も振ってもらえましたし♪

ちょっと恥ずかしいけど、なかなかできない体験だったな(笑)

さて、出迎えライドは、自宅から横浜まで一般道を、ちゃんと信号を守って走って出した ave が
途中20kmくらい走ったところで、なんと未踏の「30.3km」が出ちゃいました。


P1050489.jpg

P1050495.jpg

自宅から横浜まで走り、横浜から大手町まで走り、そして「おたけびさん」を迎えに横浜・磯子まで
行ってきました。

おたけびさんは「300km」を目指して、まだ走行中だと思います。

大手町から横浜に行きますが、ご一行はまだ横浜まで距離があるとのことで、磯子で待ち合わせすることに。
磯子@16時で丁度良く出会えました。

そこから、約40kmご一緒させて頂きました。
写真は明日載せます。

(今日は事情あり、夕食が早かったので、画像処理が間に合わない内によっぱらっちゃいました(^^ゞ)

●本日の走行距離: 139km (サーベロ君で150km超がまだない(^^ゞ)
 

詳細は明日以降アップしますね。

1/3 箱根駅伝から逃げろ@自転車 & おたけびさん「313kmライド」

昨日は、帰宅後すぐに夕食となってしまったことから、酔っ払った頭で、さわりだけを
簡単に書くことしかできませんでしたので、改めて昨日のライドの詳細を書いてみたいと
思います。

まず、前の晩、寝る前は、「駅伝もさることながら、早起きして「おたけびさん」組の
東京湾一周に飛び入り参加しちゃおうかな?」とか考えていたのですが、起きた時間は
既に7時半。。。orz

荒サイ「さくら」(レストラン)を6時半に出発した一行は、恐らくもう習志野辺りまで
達しているはずで、とても今から追いかけても間に合わない。

そして駅伝の6区山下りは見たかったので、飛び入り参加は諦め、8時スタートの駅伝を
テレビ観戦することに。

当初の予定では、起きてすぐに箱根に向けて走り出し、平塚か茅ヶ崎辺りで出迎えようと
思っていたのが、ついつい6区・7区と見てしまい、自宅に居る状態で、平塚中継所での
襷渡しまで確認してしまったので、9区真ん中辺りの横浜(高島交差点)まで出迎えることに
しました。

街中を抜け国道15号に出た時点では、ave 27km/h 程度でした。
その後、15号を横浜に向け南下していく内に、追い風だったこともあり、信号でストップ
してからの発進は、発進後10秒程度で 30km/h まで持って行き、基本 35km/h で巡航、
車が少なく比較的スピードが出せる地点では、40km/h巡航を心がけるようにして走っていると
Ave はどんどん上昇し、10km走らない内に「28km/h」を超え、15km地点辺りで「29km/h」
を超え、20km過ぎた辺りは「29.7km/h」で持続。

横浜市に入ってから、気合入れて踏んだところ、27kmちょい前で「30.3km/h」の自己新記録
を達成することができました。

さて、メインディッシュの箱根駅伝です(笑)

横浜(高島)から大手町のゴールまでは「32km」あります。
選手と併走するのがベストなんですが、これだと一定区間しか併走できず、信号等に引っ掛かって
しまって置いてきぼりにされてしまうことから、今回は選手より先にゴールに到着していた
かったという希望もあり、読売新聞社の先導車と一緒に走ることに。

沿道の観衆は大勢居ます。 数千人、下手すると、この32kmだけで1万人以上居たかも
しれません。

選手が来ないかと、今か今かと待ち焦がれている(去年まではいつもこちらの側に居た)観衆に
対し、読売新聞の車両が「まもなく選手が来ます」とアナウンスしながら走っている前後を
自転車で走っていました。

交通規制が入っていて、一番右側の車線だけが自動車に開放されていますが、そこに自転車が
入ると危険であること、また、まだ選手が来るまで10分程度あることから、警護の警官に
確認したところ、このタイミングなら、選手のために確保されている車線内を自転車で走っても
良いとのお墨付きを頂きました。

つまり、あたかも関係車両の一部であるかのように自転車で走っていた状態。
なので、沿道の観衆から見たら、「あの自転車は読売新聞関係者なのでは」と勘違いされた
可能性も十分にあります。

P1050506.jpg

P1050496.jpg

P1050497.jpg

10分前だと、車線規制は入ってるんですが、信号は普段通り。
当然全ての信号はキッチリと守るわけですから、先導車両についていくのも楽ではありません。

日比谷を過ぎて、ゴールが近づくと、一般車両は通行禁止になっており、駅伝関係車両しか
走れない区間になってましたが、警備の警官に確認したところ、「今なら関係車両の邪魔に
ならないよう、規制車線内を走っても良い」とのことでしたので、お言葉に甘えで、ゴール
地点まで規制車線内を走らせてもらいます。

ゴールの直前(50mくらい?)のところで、シードギリギリの10位に飛び込んだ、
国学院の最終走者が、先導車と一緒に間違って右折してしまった事件(?)がありましたが、
僕はまさにその、右折したところまで先導車と一緒に走り、あとはゴール付近で最後の応援を
してました。

ジャージにレーパンでその場に居たのは僕一人だけだったので、かなり浮いていたと思います(苦笑)

ゴール地点に到着したのが、先頭選手がゴールする10分前だったことから、ゴール付近の
場所には近づけず(自転車もあるので、そばまで行けない)、応援と勝利の歓声だけ聞いて、
裏に回り、ゴール地点の撮影を試みます。

P1050512.jpg

P1050513.jpg

P1050515.jpg

ゴール地点から少し戻り、日比谷交差点へ。
17位以降の選手達が走ってきますが、この辺からカメラの調子が悪く、結局この人しかまともに撮影でき
ませんでしたが、下位の選手も全力で疾走しています。 見ていて気持ち良いですね!

P1050529.jpg

この後、東京湾一周をやっている「おたけびさん」ご一行と合流すべく、この日二度目の横浜行きです。
途中すき家で補給@280円(「めばるさん」お奨めの「松屋牛丼@味噌汁付@280円」を探したのですが、
見つからず、涙を飲んで割引が終ってしまったすき家へ。

いつもの牛丼です。
 
P1050531.jpg

New Road Bike と留めての単独飲食は初めてなので、緊張します。
店内から見える位置に留めておきます。

P1050532.jpg

さて、おたけびさんご一向と相談の結果、「磯子@16時」がミーティングポイントとして丁度良いことが
分かり、磯子で合流しました。

僕が到着したのが、「15:58」くらい。 ご一行が到着したのが「16:02」くらい。
バッチリの場所選択でしたね。 15時時点でのお互いの位置から「磯子」と割り出しましたが、双方から
丁度良い距離の場所となりました。

既に160km以上走っていたにも関わらず、解散後更に100km走って(早朝6時発、翌朝2時帰宅)
313km走破してしまった、変態的「おたけびさん」のポーズです。

P1050536.jpg

こちらは「すんださん」。 頭ごなしに逆撮りしましたが、丁度モザイクが不要な角度に。

P1050535.jpg

カメラが壊れてしまい、集合写真がちゃんと撮れてませんが、すんださんかおたけびさんから、もっと良い
画像が頂けたら差し替える予定ですが、取り合えず。

左から「ひろさん」「おたけびさん」「すんださん」「OGAさん」です。
当日は「白系」のウェアの方が多かったですね。 僕も上は白(OGAさんと全く同じお揃いジャージ)でした。

P1050541.jpg

こちらは「みなとみらい」での信号待ち。 左から「ひろさん」「OGAさん」「おたけびさん」です。

P1050537.jpg

今日もこの辺までかな。

●本日の走行距離: 20.5km
 1月の走行距離:  200km
 サイコン累計:   11,010km

1/3 おたけびさん「313km」ロングライド & 自転車2台体制

1月3日に、今まで200kmも童●貞だった「おたけびさん」が、いきなり「313km」の
ロングライドを敢行するという暴挙に出た訳ですが、当初は「初の200km&初の東京湾
一周」というのがお題目でした。

僕はちょっと駅伝から目が離せなかったので、駅伝のゴールを見守った後、横浜方面に
駆け付けます。

磯子で16時に落ち合い、都内までご一緒させて頂きます。
僕が離脱した時点で撮影した写真を掲載します。

けびさんはまだ40代入りしたばかりですが、他は皆50歳前後の「オジサマ」達ですが、
ご覧の通り、子供のようにはしゃいでます(^^ゞ

(暗いので、モザイク省略)

DSC00577.jpg

DSC00578.jpg

IMG_5990.jpg

IMG_5991.jpg

IMG_5992.jpg


この時点で「おたけびさん」のサイコンはまだ190kmちょいで、時間は18時半。
彼はここから夜中の2時までかけて120km走った訳です。
まだ若い(40歳)とは言え、凄いパワーと気力ですねー

僕の今年の目標である「400km」ライドにお付き合い頂けるよう強く要請中です。
但し、僕は早起き苦手のクセに早く帰宅して飲み始めたいので、しわ寄せは全て休憩に来ます。

明るくなってからのスタートで、休まずガンガン漕いで、帰宅後風呂入ってゆっくり(たくさん)
飲めるようなライドを企画中です。

300kmをMTB系クロスで15時間台で走れたので、ロードでの400kmは16-17時間を目指したいなと。
少し余裕見て18時間くらいかなぁ。。。。 全然見当付かないや(爆)
パンクしたら終わりだな。。。。orz

すんださん」も解散後、東京タワーに戻って、「240km」ライドになったそうです。
皆様、元気ですなー

--------------------
さて、話は変わりますが、年末にロードバイク「Cervelo RS」が納入されたことから、
晴れて「ロード&クロス」の2台体制となりました。

「鉄下駄号」の愛称をOGAさんからあやかった「Muirwoods号」は、じてつうや買い物
等の足として活躍を続ける予定であり、ロングは「Cervelo号」が中心となる予定です。

つまり、平日の「じてつう+夜ポタ」はMuirwoods号の担当となり、Cervelo号は休日に
しか登場しない予定。

2台を乗り分けていると、色々と感じるところがあります。

<「鉄下駄君」ことMuirwoods号>

2010年の自転車ライフの「98.4%」(12300km/12500km)を担ってくれた Muirwoods号は、
さすが乗り慣れた「良く出来た相棒」であり、慣れた乗り心地には、今でも満足感が
ありますね。

向かい風と登り坂の辛さは、サーベロ号に乗るようになってから、より強く感じるように
なりましたが、クロモリ独特のしなやかさは、街乗りレベルでは快適な乗り物です。

スタンドも付いてるし、気兼ねなく駐車できるという意味では、使い勝手の良い相棒です。

<新たな相棒Cervelo号>

まだ400kmくらいしか乗ってないので、緊張感がありますね。

軽快にスピードを出してくれるところは最高ですが、まだ気を使いながら乗っているのと、
前傾姿勢がキツクて慣れないせいか、同じ距離を走った感じでは、こちらの方が疲労感が
残ります。

Muirwoods号で、バックパック背負って300km走ったときにも肩の凝りは感じません
でしたが、サーベロ号だと150km未満でも、肩が凝ります。
やはり、乗車姿勢に慣れてないのか、ポジションに問題があるのか。。。。。

BGFITとか受けてみたくなりますね(笑)

●本日の走行距離:  7km(じてつう往路のみ)
 1月の走行距離: 207km
 サイコン累計: 11,017km

死亡事故(自転車)

新年早々残念なことが起きてしまいました。
親しくしていた人ではないのですが、以前同じ会社に勤務していた知人が自転車事故で
亡くなったという話を聞きました。

その方は自転車(ママチャリ)で走っていたところ、後方から車に追突され、
自転車はガードレールに挟まれ、本人は道路に叩きつけられ心肺停止となり、
搬送された病院で死亡が確認されたとのことでした。 以下記事にもなってます。

「東京・立川市で、乗用車が前方を走っていた自転車に衝突し、自転車に乗っていた男性が死亡した。
○日午後2時半すぎ、立川市曙町の一方通行の市道を走行中の乗用車が、前方を走っていた自転車に
衝突した。自転車は乗用車とガードレールに挟まれ、自転車に乗っていた男性は搬送先の病院で
死亡した。」

突然後ろから乗用車にはねられたら驚きますよね。
ヘルメットを被っていたら助かった事故なのかどうかは分かりません。
お通夜に行かれた方の話を聞いても、事故の詳細は良く分からないそうです。

乗用車側の不注意なのか、自転車がふらりと車の前に出てきたのかも分かりませんが、
自転車がガードレールに挟まれたというところから想像するに、乗用車側の異常な
幅寄せがあった可能性が高そうです。

親しくさせて頂いているブロガーさんの中にも、事故に遭われた方は少なからず
いらっしゃいますが、知人が自転車事故で亡くなるとは非常にショックでした。

歩行者でも事故に巻き込まれることは多いので、あながち自転車が危険な乗り物とは
言えませんが、少なくとも車道を走っている以上、このような深刻な事故も起こり得る
ことを十分に認識し、ヘルメットの着用、安全確認等、従来以上に気を付けたいと
思いました。

暗い話題で申し訳ありません。

この事故自体、非常に残念で悲しい事故なわけですが、会社関係でこういう事故が起きて
しまうと、「自転車=危険な乗り物」と認識され、「じてつうの解禁」が遠のいてしまう
という懸念もあります。 残念です。

---------------------------
さて、暗い話はこれくらいにして、400kmのコースにつき、検討を開始しました。
6月初をターゲットにしてますが、4月に転勤があるかもしれないので、場合によっては
3月末に決行するかもしれませんし、諦めるかもしれません。(3月末じゃ、まだ寒いし
昼が短いですからね。。。)

他にも色々とルートの候補を考える予定ですが、まずは第一弾。



詳細はこちら

後半に145mの山がありますが、これがルートの最高地点という、基本平地な設定です。
他にも色々と考え、妄想に耽ろうと思います。

●本日は新年会にて自転車走行はなし

ブレーキなしピスト

ブレーキなし自転車、危険も加速 若者のファッションに(1/2ページ)2011年1月6日20時0分

<僕自身は「ふざけんな!」って思います。昨夜酔ってアップしちゃったみたい(苦笑)、改めてトリミングして
アップしました。 ストリート系。。。。ごめんなさい。 好きになれません。 もっと安全に走って欲しい>


ブレーキをつけていないアクロバット用の自転車。乗っていた男性は「危ないので、もうすぐブレーキをつける予定」と言った=大阪市内、青田写す
 「見た目がオシャレ」だと、ブレーキをつけない違法な自転車が若者らに流行し、公道を走っている。

 昨年12月中旬、若者でにぎわう大阪市のアメリカ村。男性(23)はブレーキのない競輪用自転車で兵庫県西宮市の自宅から約45分かけて走ってきた。購入して2年になる。

 競輪用自転車はペダルと後輪の動きが一致する。止まるときは、競輪選手と同様に、ペダルを止めたり、後輪を浮かせたりして減速する。相当な脚力が必要で、うまくいかないことも多く、車や人の通りが多いところでは時速10キロ以下を心がけている。

 「違法だとは知っているけど、警察に注意されたことはない。ブレーキが付いていても危険な運転をしている人は大勢いる」と言った。

 大阪市中心部のブティックで働く男性(26)もアクロバット用自転車のブレーキを1年前に外した。「外観がシンプルでスマート」という理由だが、危険を感じ、近くブレーキをつける予定という。

 業界関係者によると、「ピスト」と呼ばれる競輪用自転車のブームが20代前半を中心に起き、4~5年前から東京でブレーキを外した自転車が広がり始めた。販売店はブレーキなしでは原則売らないが、インターネットで購入したり、購入者が自ら外したりしているとみられるという。大阪でも2年ほど前から見かけるようになったという。

 大阪市西区でサイクルショップを経営する男性(32)は「危険で違法だと知ったうえで、若者はストリート文化のひとつとして楽しんでいるようだ」と言う。だが、インターネット上の掲示板などで危険性が話題になり、最近は沈静化に向かっているという。

 警察庁によると、前後輪へのブレーキの設置は道路交通法で義務付けられ、時速10キロで走行中に3メートル以内で停止できる性能を求めている。違反した場合は5万円以下の罰金だ。

東京都渋谷区では昨年5月、20代の男性のブレーキのない競輪用自転車が、90代の女性に衝突。女性は肩を骨折するけがを負い、警視庁は同10月半ば、男性を重過失傷害容疑で書類送検した。

 自転車メーカーなどでつくる自転車協会(同港区)にはこの1~2年、ノーブレーキ自転車への苦情の電話が頻繁に寄せられるという。広報担当者は「ノーブレーキは人命にかかわる。絶対にやめてほしい」と訴えている。(青田貴光)

東京湾一周(2回目)

遅ればせながら、先週の「おたけびさん」東京湾一周にご一緒できなかった悔しさを
バネに、極寒の明日、2度目の東京湾一周に臨みたいと思います。

「初めての東京湾一周」



「ルート詳細」

●しんたろうさん、日曜日に設定できなくてごめんなさい。
 3回目もやりますので、その際には是非ご一緒下さい!

さて明日は18時半から新年会があることから、自転車片付けて風呂入って、ブログアップ
してと逆算すると、17時には帰宅している必要があります。

でもって早起きが苦手な僕が出発できるのは、恐らく7時半以降。
となると。。。。。速く走る(休憩は最低限)しかなさそうです(^^ゞ

久里浜からは向かい風となる可能性も高いので、3時間は見ておく必要がある。
ということは金谷13:20発→ 久里浜14時着のフェリーに間に合わせなければ
なりません。

余裕を見て8時に出発すると仮定しましょう。
でもって、112km先の金谷港に13時に到着していたい。
5時間で112kmは、信号待ち&休憩を含む平均移動速度として「22.4km/h」を
確保する必要がある。

休憩を最低限に抑え、巡航速度「30km/h」を維持できれば大丈夫かな。
目安の通過時間は以下と設定します。

8:00am 自宅発(0km)
10:15 千葉にて小休止(50km)
10:20 出発
11:45 木更津にて小休止(80km)
11:50 出発
12:30 君津市と富津市の境を通過(93km)
13:00 金谷到着 (112km)

木更津から金谷まではアップダウンが多いので速度が落ちると思うが、その分、信号が
少ないので、まあ同じペースで進めるだろう。

前回は酷暑真っ最中で思ったが、鉄下駄Muirwoods号で「9:50発」で「15:10着」
(ave 25.7km/h、所要時間5時間20分)だったことから、パンクさえなければ、サーベロ号
での5時間は無理な設定ではないはず。

久里浜に無事14時に到着後、3時間あれば、まあどうにか(パンクさえなければ)
なるかなー という予想です。
到着が遅れたら、ブログアップできる文章が短くなっちゃいますが(^^ゞ


●本日の走行距離:  14km
 1月の走行距離:  221km
 サイコン累計: 11,031km


東京湾一周(無事帰還!)

詳細は後ほどアップしますが、無事「パンクもなく(笑)」帰還しました。

(その前に、昨夜以降頂いたコメントへの返信をさせて頂きます!!)

走行距離: 183km
所要時間: 8時間10分(内フェリー前後で約1時間) 
NET走行時間: 7時間
平均時速: 31.2km/h (自己最高記録です!)

感想: 後半がしんどかった!

<前半(自宅~浜金谷フェリー乗り場>

走行距離: 118km
所要時間: 4時間10分 (7:50~12:00)
平均速度: 31.7km/h

<後半(久里浜~自宅)>

走行距離: 65km
所要時間: 2時間50分 (13:10~16:00)
平均速度: 30.3km/h

(注)横浜市内が混んでいたことから、aveが急落し、「31.1km/h」まで落ちたが、
横浜を抜けてから自宅まで、で「0.1km/h」とは言え回復していることから、
横浜からの30km今日は「平均31.2~31・3km/h」で走ったことになる。

我ながら、真面目に信号を守りながら、よく頑張ったものだ。

でもって、もっと驚きなのは、僕が本気で走っているのに、クロスの「OGAさん」がピッタリと
着いてきてくれたこと。 OGAさんに参加してもらって、元気をもらいました。

実は、フェリーの中で、「僕は今日はちょっと真剣に自己記録(ロングの平均時速)更新を狙っているし、
新年会もあるので、早く帰宅する必要あり、マイペースで行かせてもらうので、同じ青信号で渡れなかったら、
そのまま失礼させてもらいます」などと生意気なこと言ってお断りしてたんですが。。。。。

こちらが本気(ave 30km/h超)の走りをしているのに、ピタっと着いてこられます。
さすが、剛客。。。。この人にロード乗らせたら怖いわぁ。。。。

さすが地獄列車に飛び入り参加されただけの脚あるわぁ。。。
バイク取り替えたら、絶対について行けないと思う。。。。

OGAさん、前言撤回です。 全くの杞憂でした。 おみそれいたしやした!!
でもって、後半お付き合い頂きありがとうございました!
そろそろご帰宅されてるころですね。

(これから風呂入るんで、また続編書きます)

あ、ゴメンナサイ、時間切れです。明日改めて詳細記事アップします。

<以下は走行中のつぶやきです>

-----------------
鶴見なう!
OGAさんから、羊羮支給あり。

磯子なう!
146km
ave31.4km/h


浜金谷着!
なんと驚きの、OGAさん登場!

ここまで、走行距離118km
ave31.7km/h
所要時間4時間10分

100km地点でのave 31.9km/h

君津なう!
90km ave 32.3km/h

木更津なう!
80km ave 32.4km/h

千葉なう!
52km走って、ave 32.5km/h

さすがサーベロパワー。
機材スポーツだね♪

1/8  ロードバイクで東京湾一周 ①

酔っ払いの告知です! (電話番号訂正しました)

今やっと、奥様より「明日の自転車」につき許可が出ました!!
ベロベロ号で出陣予定です。

明日は、今日よりグッと寒く、しかも北西の風ということで、埼玉方面を攻めるには最悪のコンディションですが
。。。。 Mの Muirwoods は江戸川を関宿まで走ります!!

飲んべぇなんで、何時に起きられるか分かりませんが、多分8時にはスタートできるでしょう。
というわけで、江戸川@柴又は9時過ぎくらいかな。

柴又(というか国道6号と交差する場所): 9時(ちょっと過ぎそう)
流山橋: 9時40分
しんざかや?: 10時10分

あーあとわかんねー

超寝坊するかもしんないんで、約束なしってことで。

連絡先は下記:

●kenさん、アドバイスありがとうございます。
 TRYしたんですが、転送メール設定できず。 素で行きます(笑)

誰からも連絡なくとも、独りで突っ走ってまーーーーす♪
昨夜と今夜の食い過ぎ分を消費せねば。

補給しませんよ。 休憩ないですよ。 Mな人歓迎♪

よぱらいでした。 ひつれい。

みゅうあうっず。

--------------------------------------


(ここから本題)

昨日は走行中のつぶやき+αしか書けませんでしたが、今日は時系列的に少しまとめて
みようと思います。

さて、前日は早い時間からカーボローディングを開始し、早めの就寝だったので、夜明け前に
出発しようかな、って気持ちも半分くらいあり、実際4時過ぎに起きたんですが、調子に乗って
カーボローディング(by酒)し過ぎてしまったせいか、まだアルコールが体内に残っていて
スタートは不可。 寝なおしました(笑)

改めて6時過ぎに起床。 7時過ぎには出るつもりが、結局家を出たのは「7:40」。
走り始めますが、後輪から異音がします。 でもって、サイコンが動きません(汗;)

後輪をチェックすると、サイコンのセンサーがスポークに当たって異音を発していると同時に
センサーのスポーク側のチップがありません(大汗;)

走ってきた道(100mくらい)を、目を皿のようにして路面を見ながら、ゆっくりと自宅に
戻ります。 かなり焦りました。

すると、自宅の玄関の前、排水溝の2cmくらい横にチップは落ちてました。
危うく排水溝に落ちるところでした(滝汗;)

今回は、「俺チャレ」的に「ロードで長距離走って、どれだけの Ave が出せるか」の挑戦で
あったこともあり、サイコンが動かないでは話になりません。

チップを付け直して再スタート。 結局スタートは「7:50」になってしまいました。
その後もセンサーが反応しなくなって、位置調整をしたりとか、ダメダメなスタート(涙)

気を入れなおして、東雲から国道357号を千葉方面に走ります。
信号が少ない道路なので、巡航速度は38km/hくらい。 下り基調では45km/hとか出ます。
自宅から20kmくらい走ったところで、ave を確認すると「29.9km/h」となって
ました。

信号の少ない357号をガシガシ漕いでいると、ave が30.0km/h→30.2→30.5km/h と上がって
きます。 今までの最高が1月3日に記録した「30.3km/h」ですが、さすが357号、あっと
言う間に記録更新です。

この調子で「32.5km/h」までaveを上げますが、信号の多くなる千葉市内に入ってもキープ。
さらに木更津までの約80km地点まで、どうにか「32.5km/h」維持できました。

P1050570.jpg

P1050579.jpg

さて、若干時計の針を戻しますが、自宅出発後50kmは無休憩で突っ走り、50km地点@千葉で、第1回目の
小休止を取ります。

カロリーメイトもどき(1パック4本で100円)を2本食べ、さて水筒に入れた麦茶を飲もうとすると。。。。
あるはずのボトルがありません。。。orz

おかしいな。。。確か出発前に(忘れないように、部屋から出す前に)ボトルをケージに装着したはずだが。。。
家にメールして、「水筒忘れてない?」と聞きますが、「ない」との返信。

となると、どこかにボトルを落っことしてきたとしか考えられません。
前回(Muirwoods号)でボトルを落としたときは、低速で、かつチェーンの上に落っこちたので、チェーンが外れて
しまいましたが、ボトルが落ちる衝撃って、感じないはずないんですが。。。。。

そういえば、思い出してみると、357号を40km/hで突っ走っているときに、段差で結構な衝撃を感じた
ことがあった。 あのときにボトルがケージから外れて落っこちてしまったが、バイク自体は高速で走っていた
ことから、バイクにはぶつからず、そのまま道に落ちた可能性あり。

1700円も投資したボトルなのに。。。。 しかも出発後まだ一口も飲んでないのに。。。orz
結構ショックでした。

仕方ないので、近くのコンビニで900ml@105円のPBスポドリを購入します。

千葉から木更津、君津、富津と歩を進めます。
木更津以降は向かい風区間が多くなり、かつ信号、アップダウンが増え、ave は 32.4km/h、32.3km/hとジリジリ
と落ちて行きます。

何とか100km地点まで「32km/h」を維持したかったんですが、残念ながら結果は以下。

P1050587.jpg

P1050583.jpg

惜しくも「0.1km/h」足りずの「31.9km/h」です。。。。orz
ま、上出来でしょ。 「30km/h」狙っての「31.9」ですからね。

佐貫で道を間違えて(佐貫駅前を左折せねばならぬところ、右折して海岸線に出てしまった)、漁村の付近を
ウロウロと。。。。 ここでも残念ながら ave を落としてしまいます。

127号(さざなみライン)に戻ってからは結構飛ばしましたが、アップダウンが多いので、なかなか ave が
上がらず、結局「浜金谷フェリー乗り場」に到着した時点での記録は以下の通り。

走行距離: 117.95km
走行時間: 3時間42分37秒
所要時間: 4時間10分
平均速度: 31.7km/h

P1050593.jpg

P1050592.jpg

P1050589.jpg

ここで、今日一番のサプライズ!!
フェリー乗り場の切符売り場から出てきたサイクリストが何故か僕に手を振ります。
最初は、同じサイクリストとして挨拶かなと思いましたが、近寄って顔を確認すると。。。。。

P1050594moz.jpg

なんと!! TREK使いの剛脚「OGAさん」ではありませんか!!
OGAさんは5日前に東京湾一周やってきたばかりで、まさか今日飛び入り参加されるとは想像もしてませんでした。

仲良く自転車を船内に留め、デッキに上がります。(TREK半分しか写らず失礼!)

P1050596.jpg

ちなみにジャージは僕とお揃いなので、思いっ切り「チームウエア」です。
フェリー内でくつろぐ「OGAさん」

P1050598moz.jpg

食べかけで失礼しますが、「米」をガッツリ補給します。

P1050601.jpg

海上ですれ違う豪華客船。
東京湾から清水港まで1泊クルーズする、大型客船です。
クルーズなんて、贅沢だなぁ。。。。。(遠くを見る目)

なお、この辺りからカメラの操作が上手くできず、ズームもままなりません(汗;)

P1050605.jpg

久里浜で下船し、出発前に1枚。

P1050607.jpg

さて、フェリー内での会話ですが、僕はOGAさんに大変失礼なことを言ってしまいました。
上にも書いた通り、今日は「俺チャレ」の「Max Ave」を狙っていたこと、新年会もある(その前にブログアップも
可能な限りしたい)ことから、自分の限界で走りたかったことから、OGAさんに「もし信号待ちとかで離れてしまっても、そのまま失礼させてもらいます」と。

大人のOGAさんは、「全然おっけーですよ」と笑顔で快諾。
ところが蓋を空けてみると。。。。。。。

ロードバイクで、ど本気の全力疾走だった僕に、60数キロ、ピタリと付いたまま、全く遅れることがありません。
何とか千切ってみようかなと(苦笑)、全力で漕ぎますが、びくともしません(驚)

軽量クロスとは言え、こっちは一応ロードですよ(汗;)
今回のライドで、機材の良さは十分に実感しましたが、クロスでピタリとついてくるOGAさんの剛脚には、改めて
驚かされました。 OGAさん、お疲れ様でした!

鶴見でのショットです。
一瞬何をしているのかなと思いましたが、羊羹を探しているところ。

P1050613.jpg

食べかけで失礼ですが、羊羹を頂きます。 この羊羹パワーでゴールまで持ちました♪
OGAさん、ありがとうございました!!

P1050615.jpg

羊羹を頂く前に、カロリーメイトもどきを1本補給。

P1050614.jpg

小休止後出発前のOGAさん。

P1050617.jpg

とりあえず、今日はここまでかな。
続きは明日書きますね!

●昨日の走行距離: 183km
 1月の走行距離: 404km
 サイコン累計:  11,214km

お揃いのOGAさんと僕。 (僕の短足が目立つなぁ。。)

201101081557000moz.jpg

201101081557001moz.jpg


なんかさー 改めて見ると、OGAちゃんのスタイルの良さ(8頭身)と、俺のスタイルの悪さ(短足5頭身)が
際立つなぁ。。。。 
ショップの人から、「54の方が合うと思いますが」と言われ、「でも足の長さ的には?」と聞くと、即答で
「あ、間違いなく51です!」と断言され、ちょっとめげた muirwoods です。

短足でもええやんけ! その分、速く回せばええねん。
しっかし、OGAちゃん、足長いし、羨ましいなぁぁぁぁ。。。。

1/8  ロードバイクで東京湾一周 ②

さて、昨日は復路の鶴見まで書きましたが、鶴見以降の最後をまとめます。

横浜市内は非常に混んでおり信号も多く、折角稼いだ ave が激落してしまいましたが、
走行距離150kmを超えてからの最後の区間(横浜~自宅)は必死で漕ぎました。

横浜を出た時点での ave は「31.1km/h」、このままでは31km/h切りは確実、
下手すると30km/hも維持できないかもしれない。

比較的信号に引っかからない国道15号とは言え、それなりに信号はあります。
信号で止まる度に、疲れた脚に鞭を打って、必死のスタートダッシュ!
数秒で30km/hを回復させます。

そして巡航は極力35km/h以上、行けるところは頑張って40km/h超で頑張ります。
そんなペースで頑張っていると、嬉しいことに ave が「31.2km/h」に上がります。

つまり疲労し信号も多い区間でも、「ave 31.2-31.3km/h」が維持できている
ということだ。 ピタリと付いてくるOGAさんの存在も疲れた体には励みになります。

国道15号を離れてから自宅まで、通常だと ave が「0.2-0.3km/h」落ちて
しまうのだが、住宅街も安全優先で最大限のスピードを維持し、自宅へゴール!!
どうにか、「31.2km/h」を維持できました♪

DSC00267.jpg

DSC00266.jpg

DSC00265.jpg

さて、走行記録は以上です。

以降は、ロードバイクに乗るようになってから、痛くなる場所の話。

12/29 のライド中、及びその後、肩凝りが酷かったことから、ライドの途中からビブタイツの肩掛け部分を
はずして乗ってました。 1/3 のライドも同様。
しかしながら、相変わらず肩が凝る。

やはり前傾姿勢に慣れていないからだろうか?
しかし、ビブタイツの肩掛け部分をはずしていると、パッドがずれてしまって、折角レーパンを履いている
意味がなくなってしまう。

タイツの肩掛けはあまり関係なさそうなので、東京湾「183km」は、ちゃんと肩掛けもして走った。
結果、全然肩は凝らなかった♪ 前傾姿勢に慣れたのだろうか?
まめにハンドルを持つ位置を変えていたことが良かったのだろうか。

上半身の痛みという意味では、首の後ろに疲労感が残った程度。
それ以外に、下半身も含め、筋肉痛は一切なし。

しかしながら、左膝に強烈な痛みが残ってしまいました。。。。orz
膝の丸い部分の、上から見て左上辺りです。

僕は元々「右膝」に爆弾を抱えており、雑な乗り方をするとすぐに痛くなります。
しかし、今回は「左膝」。

主たる原因は慣れないクリート(SL)の脱着であることは間違いありません。
ライド後半にはかなり痛くなり、昨日などは階段の上り下りすらまともに出来ないほどでした。

今朝はだいぶ良くなってましたが、ちょっと(30km程度)走っただけで、痛みが再発します。
今日も140km超走ったので、今も非常に痛いです。

今日は向かい風の強風、いや「突風」の中を走ったので、肩もちょっと疲れてますね。

というわけで、ショップに行き、左のビンディングだけ緩くしてもらい、サドルを「5mm」上げてもらい
ました。

これで少しは痛みが和らぐと良いのですが。。。。。

他にも何か良い解決策はあるでしょうか?

●本日の走行距離:  149km
 1月の走行距離:   553km
 サイコン累計:   11,362km

今日のライドの詳細報告は明日以降アップしますが、強烈な向かい風に挑んだ(60km以上)ので、かなり
疲れましたが、それでも、ライド後に、ちゃんとジム行って、ベンチプレス・腹筋等やってきましたよ!!

自転車では、なかなか上半身が鍛えられませんからね。





1/10   突風の向かい風に挑み関宿往復!

さて、昨日は、一昨日の夜にやっと「自転車で終日出掛けても良い」ことが確認できたので、風向きをチェック
したところ、北・北西・西だったことから、元気な内に北上して、帰りは楽ちん追い風で帰って来られるルートを
検討し、「そういえば、ロード買ってからまだ江戸サイ行ってない」と思い、「江戸サイで関宿城」に行くことに
しました。

いい加減酔っ払った状態で、前日のブログ記事に「関宿行くぞー!」とアップしたわけです。

さて、当日の朝ですが、7時前に目を覚ますと、「ザーーー、ザーーー」と大雨が降っているかのような
風が木の枝を鳴らすほどの強風です。

窓から外を見ると、非常に暗くて、路面が濡れているようにも見えました。
本当に雨が降っているのではないかと、外に出て確かめると、極寒と強風ではあったが、雨が降った形跡は
なさそう。 雨後の極寒・強風だと路面凍結が心配されますが、路面は問題なさそう。

出発準備開始です。
家内からは「こんな強風なのに自転車乗るの??」と訝られますが、「ブログに書いちゃったからね」
「まあ、あまりに酷かったら途中で引き返してくるから」と言い残し出掛けます

その前に。。。
kenさんよりアドバイスのあった、携帯アドレスをネット上に晒さず、フリーメール
からの転送設定をしようと試みますが、30分くらいやっても上手く行かず断念。
出発時間が遅れてしまいました。(ネットリテラシー低いですな。。。orz)

自宅から国道6号と江戸サイと交差する地点までの距離は20km強。
通常であれば、Muirwoods号でも1時間で行ける距離ですが、向かい風が予想以上に
強く、かつボトルを紛失したことから、江戸サイに入る前に飲料調達(ついでにトイレ)
が必要だったことから、結局江戸サイに入れたのは「9:20」と、予定より20分
遅れてしまいました。(もっとも、どなたも居られませんでしたが:苦笑)

6号で荒川を超えた後の最初のコンビニに入ろうと考えてましたが、あの近辺って
国道沿いにコンビニが1軒もないですね。 改めて驚きました。
地域特性なんでしょうか。

ただ、以前も同じ状況で、京成金町駅前にファミマがあるのは知っていた(但しここは
トイレがない)ので、そちらに向かいますが、途中スーパーが開いているのに気付き、
こちらで用を足そうと駐輪場に向かいます。

従来であれば、普通に駐輪場に駐められるのですが、スタンドがないので、警備員に
「これ、どうやって駐めたら良いですか?」と尋ねると、「あちらの壁を使って下さい」
とのことで、少し離れた場所にある壁に立てかけて駐輪。

その後、トイレで用を足し、スーパーで「DAKARA@500ml@100円」を購入し、自転車に
戻り再出発。 トイレがなかなか見つからず、ここで15分くらいロスしてしまいます。
江戸サイに直行すれば、ギリギリ「9:05」くらいには間に合ったと思うんですが。

予想通り、誰も居ません(苦笑)
いや、20分遅刻したことから、先に行ってしまったか?
いずれにせよ、次の集合場所(?)である流山橋に「9:40」までに到着せねば
なりません。 先を急ぎます。

ここでとあることに気付きます。 「耳あてがない!!」
100円ショップで買った耳あてがありません。
バッグの中も見ますがありません。 スーパーのトイレか、スーパーの中で落として
しまったようです。。。orz

先日のボトルに続き、最近「紛失」が続いております(涙)

「まあ、時間もないし、いずれ暖かくなるだろう」と諦め、江戸サイを北上開始です。
風は冷たく、耳が冷たく、100円とは言え、なくしたのは痛手です。
向かい風の中をもがきながら走り(この辺りはそれでも25kmhくらいは出てました)
流山橋に到着したのは「9:49」、9分の遅れです。

残念ながらこちらにもどなたも居られません。
冷静に考えてみると、前夜の書き込みは極めていい加減なもので、「寝坊してDNSかも」
なんて書いてたから、天候も天候であり、予定時間に現われる稀有な方は居られない
のでしょう(苦笑)

流山橋もスルーして北上を続けます。
段々風が強くなってきました。 思いっ切り向かい風です。
真向かいというよりは、斜め左前方から叩きつけられるような強風です。

いくら向かい風に強いロードバイクとは言え、さすがに20km/hくらいまで速度が下がって
きました。 でもって時折吹き荒れる横からの突風に、バランスを崩し落車しそうになります。

かなり危ない状況です。 バランスを保つべく風の吹いてくる方向(左)に車体を傾け
必死で走行を続けます。

それにしても、以下スターチャンネルさんのコメント返信を引用させて頂きますが、
江戸サイの気温は2-3℃(百葉箱)だったはずなので、体感温度は「マイナス14℃」以下
だったと思います。

(引用)
今日の最高気温は7度と発表されていましたが、それは百葉箱の中の話。
この気温の場合には、風速3mで0度。風速5mでマイナス3度、風速8mでマイナス9度くらいの体感温度だと朝の天気予報で報じられていましたが、それを実体験してきました。
帰ってきて夜の天気予報を見ていたら、この冬一番の冷え込みだったとか。そりゃぁ寒いわけですね。
(引用終わり)

僕は元来スキーヤーなので、マイナス10℃くらいまでは苦痛を感じることはありません。
マイナス5℃を下回ると耳はカバーしますが、顔が痛いと感じるのはマイナス20℃くらい
まで下がった場合のみ。

しかし、昨日の江戸サイ(野田・関宿付近)での体感温度は、マイナス20℃レベル
と言っても過言ではないでしょう。 顔がマジで痛かったです。

ということで、CR上の走行継続が余りにも苦痛(スポーツ自転車は殆ど走ってない)
だったので、すぐ脇の一般道におります。
一般道から玉葉橋を千葉方面に渡り、一般道を江戸川に沿って北上しますが、猛烈な
向かい風であり、耳と顔の痛さからは全く解放されません。

100円耳あてを紛失したことを今更ながら真剣に後悔しました。
近くに100均でもあれば良かったんですが、県道沿いにそのような店は見当たらず。

そうこうしている内に「衣料品店」があり「冬物一掃セール」みたいのをやっていたので
入店しますが、ネックウォーマーは1500円とか2400円とかしているのでパス。

しばらく走ってコンビニに入ると。。。。 780円でそこそこ良さげなネックウォーマーを
発見。 780円は昼飯代の3倍近い値段ですが、この寒さには換え難いものがあり購入。
高かったけど、正解でしたね。

これです!

P1050623.jpg

かぶると完全に銀行強盗っぽくなります(笑)

P1050631.jpg

話が若干逸れますが、足先の保温はバッチリでした。
僕はシューズカバーを持っていないので、SPD-SLシューズ(買ったまま、何の加工も
施してないので、通風性抜群:苦笑)だとかなり寒いので、靴下を2枚重ねにし、1枚目と
2枚目の間に足用ホカロンを入れてます。

最初の1時間くらいはホカロンの効きが悪く、足先が冷たいのですが、1時間以上すると
ホカロンが効いてきて、8時間くらいは大丈夫です。
あの寒さ(体感温度マイナス20℃)でも、足はシューズカバーなしでも、全く冷たくあり
ませんでした。

そう言えば学生時代、アルペン(競技)スキーで、ラングの競技用ブーツ履いてましたが、
皆は「雪が間から入り込み足が凍る」と言ってガムテープとか貼ってましたが、僕は何の
加工もせぬまま雪が入り放題。

でも、練習後ブーツを脱ぐと、湯気が立ってました(爆)。
要はブーツ内に入り込んだ雪が水になり、足の温度でお湯になってたんですね。

スキーと自転車では足(foot)の使い方が全然違うので、自転車ではそれなりに冷たく
なりますが、ホカロンと2重靴下があれば、シューズカバーは不要であることを昨日の
極寒ライドで確認することができました。

さて、覆面も買ったことですし、江戸サイに戻ります。
国道16号(7日前には神奈川区間を、2日前も房総区間を走った)にぶつかったので、
江戸サイに向かうと、吉野家があります。

寒いのでラーメンでも食べようと思っていたのですが、吉野家の魅力に負けました。
で、初の挑戦で「キムチクッパ@280円」を頂きます。(食べかけで失礼(^^ゞ)

P1050624.jpg

量的にはちょっと物足りなかったかな。
紅生姜もかけられないし(笑)

さて、16号から江戸サイに戻ります。
左岸を走りたかったのですが、上手くエントリーできず、右岸を北上します。

吹き荒れる突風になんどバランスを崩し転びそうになったか。
速度も20km/hを切り始めました。

それでも根性でしばらく北上すると宝珠花橋って言うんですかね。
右岸CRが一般道路を横断する橋です。
千葉県側に渡ると「マルヤ関宿店」がある橋です。

これを渡って左岸に移動です。
そこから何キロ北上したでしょうか。

マルヤ関宿店から北方向は、今まで体験したことないような突風(烈風)の真正面からの
向かい風です!! 立ち止まっていても吹き飛ばされそうな烈風です。

風って立ち止まっていたら感じない程度でも、向かい風だと結構スピードに影響しますよね。
それが、立っていても吹っ飛ばされそうな烈風だったんですよ!!

体感温度はマイナス20℃以下?  銀行強盗マスク大活躍!
この真正面からの烈風に対処すべく、初めてインナーロー(ノーマルなので「39-25T」)を
使いました。 それでも出る速度は「15km/h」です。

Muirwoods号で箱根峠(10%勾配くらい?)を登ったときに「38-24T」をメインに使い
ましたが、ほぼ箱根の勾配に匹敵する烈風でした。

真正面の烈風と闘いながら何キロ走ったでしょうか。

「河口から53km」という標識を過ぎて150mほど走ったところで、「関宿城は行きたい
けど、これ以上の走行は落車(怪我とバイク故障)の危険が高過ぎる」と判断し、撤退
の決断をします。(僕の辞書にはあまり見かけない「撤退」なんですが、このときばかりは、
「危険」との見合いで勇断?します)

53km地点まで戻り記念撮影!

P1050626.jpg


引き返すと、当然のことながら、今度は怖いくらいの追い風です。
漕がなくても40km/h巡航できるくらい(笑)
思わず笑っちゃいましたよ。

でも、世の中そう甘くなく、完全な追い風区間はそれほど長くなく、追い風基調だけど
横風も厳しいみたいな感じが30kmくらい続きます。

実は、江戸サイはいつも右岸(埼玉側)をメインに走っていたので、左岸(千葉側)を
長距離走るのは初めてでした。

右岸ですと、途中で「新江戸川」と「旧江戸川」に別れ、「新」に行くとすぐにCR終了、
「旧」に行くと、ところどころ切れている走りにくいCRが葛西臨海公園まで続きます。

初めての左岸ですが、右岸より細い区間(真ん中の車線もない)が多いですが、河口に
近づくと結構綺麗に整備されてます。(市川市が頑張ってるのかな?)

河口に近づくにつれ、真後ろからの追い風に変わり、気持ち良く走れました。
途中一般道を通る個所もありますが、江戸川のすぐ脇を通る区間が多く、なかなか
良かったです。

下は「河口から10-14km」くらいの地点で、景色が気に入ったので撮影しました。
ここは一般道で、このあと細くてちょっと荒れた路面がありますが、その先は走り易い
区間でした。

P1050627.jpg

P1050635.jpg


「河口から0.75km」の場所で記念撮影。


P1050649.jpg


一番海に近い高速道路と国道357号です。


P1050654.jpg


次はなんと「0.25km」地点。 殆ど河口です。


P1050656.jpg


でもって、河口に到達します。


P1050658.jpg


ローアングルにチャレンジです(笑)


P1050666.jpg

P1050664.jpg


川沿いを離れ、工業地帯を更に南下すると、海に出ます。


P1050675.jpg

P1050678.jpg

ここで、着信メールを確認すると、「スターチャンネルさん」から着信が2件あり、1件目は「どの辺ですか?」
2件目は「とりあえず出発します」とのことで、電話番号も記載されていたので、電話すると、荒川の河口から少し上流に居られるとのこと。

でもって、葛西臨海公園のホテル前で待ち合わせすることに。
自分の居場所も伝えたんですが、スタさんからは「そこからなら10分くらいで来られ
ますよ」とのアドバイス。

実際走ってみると「13km以上」ありましたよ(^^ゞ
いくら爆走オヤジでも、一般道13kmを10分では走れませんよ(苦笑)
それって、時速78km/hですよ。 速度違反で捕まります(^^ゞ

南下してきた道を向かい風に晒されながら北上し、2日前に逆方向に爆走した357号を
東京方面に再爆走します。 しばらく走ると「東京まで11km」という表示が。
「東京までって要は県境までってことだから葛西までだよな」「あと5分ではどうあがいて
も到着しないわな」と焦ります。

爆走再開です。 CRは全く人がいない区間以外は、歩行者や他の自転車もあるので、
基本30km/h未満(25-27km/h)で走るようにしてますが、国道は大型トラックとの勝負
ですから、待ち合わせ時間に間に合わせるべくガシガシ漕いで40km/h程度で巡航します。
(風は味方してくれませんでしたが)

そして13kmの行程を20分強で走り切り、葛西臨海公園ホテルに到着です。
気温は6℃と表示されてましたが、40km/hの爆走で汗だくです。
ちなみにヒートテックは着てませんでしたので、汗が乾くとメチャ寒かったです。

この区間だけなら、ave 35km/h くらい出てたんじゃないかな。
到着後2分ほどで「スタさん」も到着。 何とか間に合いました!

2日前に新車(キャノンデール・スーパーシックス)が納車された、スターチャンネルさん登場です!

P1050681moz.jpg


新車を激写!!  ピッカピカです♪


P1050683.jpg

P1050685.jpg


清砂大橋まで2人で北上し、橋を江東区側に渡ったところで、お別れです。
最後のショット。


P1050686moz.jpg

このショットの直後、またカメラが壊れます。
折角スタさんから、「撮りますよ」(ブログタイトル?)と仰って頂いたのに、壊れたカメラではいかんとも
できず、お別れすることに。

スタさん、お付き合いありがとうございました!

●本日の走行距離:    0km (新年会のため)
 1月の走行距離:   553km
 サイコン累計:   11,362km


5日振りのじてつうと、22日振りの夜ポタ、そしてどうでも良い雑記。

年末年始の休暇中は原則昼間に走ってましたし、休み前&休み明けは忘年会や新年会や
国外に居たりとかで、夜ポタは12月21日を最後にご無沙汰しておりました。

Cervelo号の納車が12月26日だったことから、今日はCervelo号納車後初めての鉄下駄号
ことMuirwoods号での夜ポタとなりました。

新車購入後もじてつうはMuirwoods号なので、Muirwoods号自体は全然ご無沙汰では
ないのですが、いかんせんじてつうが往復14kmしかないので、「ちょっとした距離」を
M号で走るのは久しぶりです。

乗り慣れた面白い乗り物ですが、やはり10km以上向かい風だとキツイですね。
良い筋トレになりました。

さて、今日は夜ポタの前に、ちょっとお使いをしてきました。
自転車とは関係ありませんが、作朝、髭剃り(by電気シェーバー)をしていると、
部分的な激痛が走りました。 何かと思うと、刃を覆ってる部分(肌に触れる部分)に
亀裂が生じておりました。

ちなみに僕は昔からシェーバーには金を掛けない(何にも掛けない?笑)方なので、
2000円くらいの安いシェーバー(但し電圧の違う海外でも使えるやつ)を使い続けて
おりますが、今のシェーバーも同じモデルの4代目くらい。

前の3台も同じトラブルでお釈迦になってます。(2-3年に1回のペース)
亀裂が入った部分だけ交換することもできるんですが、交換パーツが1500円くらいする
ので、アホらしいので、毎回同じモデルの新品に買い替えて、かれこれ10年が経ちます。

今日も同じモデルを家電量販店で購入するつもりだったのですが、残念ながら売っておらず、
別の安いやつ(240V対応)を買ってきました。

--------------------------------
さて、話題は自転車から逸れる一方で、かつ全く脈絡もありませんが、缶ジュースの話。

缶ジュースと言えば、コーラとかの350ml缶が一般的で、普通は120円で売られてますよね。
僕が物心付いた頃(1960年代)は、まだ自動販売機が普及しておらず、缶ジュースも
珍しかったように記憶してます。

でもって少年時代(1970年代前半)は缶ジュースと言えば、細身の250mlが一般的で、
価格は70円だったはず。(国鉄初乗り料金が大人30円、子供10円の時代です)

コカコーラ・ホームサイズ(500ml入りの瓶)が発売されたのも1970年代初頭でしたよね。
確か価格は110円。 今なら500mlは缶で150円が基本ですよね。
「3杯注いでもまだ余る」ってのが当時のキャッチフレーズだったような(笑)

70年代半ばに4年ほど父親の転勤で札幌に住んでいたんですが、その頃(74年くらい)に初めて
350ml缶が発売された記憶があります。
北海道限定だったのかもしれませんが、「ファンタ・ゴールデングレープ」という金色っぽい
パッケージのファンタが売られていて、結構気に入って飲んでました。 これが90円でしたね。

残念ながら350mlの画像は見つからず、代わりに500ml缶の画像です。

626148078.jpg


一方、瓶ジュースは40円~60円くらいで売ってたはず。
コーラの190ml瓶が60円だったかなぁ。。。

70年代・80年代の日本はインフレ基調が続いてましたが、缶ジュースの値上がりは
比較的穏やかでしたよね。 250ml缶が減り、350ml缶が中心になってからも、
90円が100円になったのが、80年代に入ってすぐくらいでしたが、100円の壁は厚く
110円になったのは90年代に入ってからだったように記憶してます。

でもって、今現在まだ120円ですからね。
350ml缶が90円から120円になった間に、JR初乗り料金は30円から130円になって
ますよね(笑) 都内でも自販機選べば今でも100円で買えます。

オチも何もなく、しょーもない話題ですみませんm(_ _)m

あとで何か自転車関係のネタを思い出したら、追記しますね。
今週末(土曜日)はどこに行こうかなぁ。。。
風が強くないと良いのだけれど。


●本日の走行距離:   38km(by Muirwoods号)
 1月の走行距離:   591km
 サイコン累計:   11,400km(2010/3/24-2011/1/12)






「ポタ飯」の変遷

日本全国、寒い日が続きますね。 東京はまだマシなんでしょうけど、結構寒いです。

さて、昨夜の「らんぼぅさん」のコメントにヒントを得、今日はこのネタで書きます。

自転車に乗り始めた頃というか、100-140km程度のロングライドを始めた頃は、「ポタ飯」
と言えば「持参食」+「コンビニパン」と決まっておりました。 去年の4-5月の頃です。

自宅から荷物にならない程度の食糧を持ち出し、足りない分はコンビニで100円程度の
パンとかで済ませてました。 100km未満ライドはコンビニすら寄らない感じ。

ところが、150km超ライドに挑んだ昨年6月。 うだるような暑さと向かい風で心が
折れそうになった時、右手にコンビニ、左手に「山田うどん」を見て悩みます。

初の150km超ライド

「パンと飲み物を買ったら200円はするし、立ち食いするしかないよな」
「でも、山田うどんなら300円のメニューで、水は飲み放題、冷房の利いた場所で
ゆっくりと休憩できるよな」と考え、5分悩んだ結果、山田うどんに入ったのが、ポタ
(ロングライドとも言う)中、初めての「店内食」でした。

その後「山田うどん」は「マイぷちブーム」だったんですが、ブームは1ヶ月程で終了。
なぜなら店舗数が少ないのと、あの量では今一つ腹もちが悪いこと。

6月末に初の「200kmライド@三浦半島」をやりましたが、生憎ルート上に「山田うどん」
がなかったことから、コンビニ補給のみで200km走り切りました。

しかし7月に二度目の200kmライド(小田原往復)をやった際には、暑さもピークを迎えていたこともあり、「しっかり栄養補給しないとぶっ倒れるぞ」との危機感から、初めて
牛丼屋「吉野家」に入ります。

もっとも、若い頃は普通に吉野家等の牛丼食べてましたが、30代になった頃から、健康
志向もあり、殆ど行かなくなって15年という感じで、久々の牛丼屋さんでした。

水分はともかくとして、1回のライドでの固形物への出費は100-150円程度(+持参品)
が常態化していたこともあり、当時の吉野家(並盛)@380円は、非常に高く感じましたね。

しかしこの補給作戦は大成功で、35℃を超える猛暑日に200km走った後、5分でシャワーを
浴びて居酒屋に直行し、深酒したにも関わらず、疲れは殆ど残りませんでした。
(翌日から南半球出張に楽々行けましたから(^^ゞ)

そう言えば、初の200kmライドの翌日も南半球行きましたね。
出張前日にロングライドをする習性があったようです(笑)

この頃から「ポタ飯=牛丼」がマイブームになり現在に至ります。
松屋は320円、すき家は280円と知り、一時期「吉野家」から足が遠ざかりますが、
「牛鍋丼@280円」投入後はは、また仲良しになりました(^^ゞ
こないだ(10日)は初めて吉野家の「キムチクッパ@280円」も食べてみました。

今も各社値引き合戦の真っ最中ですよね。250円くらいで食べられるのかな。
思えば安くなったものですよね。 社員食堂の定食ですら300円台なのに。

周りの人に付き合って、1食700-1000円もするようなランチを食べていた頃が嘘のようです。

話は戻り牛丼屋ですが、地域によっては「これでもか!」というくらい牛丼屋が目白押し
な場所もあるのに、三浦半島のように「半島に1軒しかないのか!?」くらいな地域も
あります。

なので、牛丼屋を求めるがゆえにハンガーノックになってしまうのも本末転倒である
ことから、最近はカロリーメイト(但し、もどきで100円で買えるヤツ)の持参も
マイブームになってます。

カロメ(もどき含む)のメリットは手軽にカロリー補給ができることですが、難点は
水分がないと飲み込みにくいことですよね。 

その意味では「一本満足」とかの方が食べやすいんですけど、カロリー当たりのコスト
比較をすると、どうしてもカロメ(もどき)になってしまいます(^^ゞ

もちろん上記は「単独走行」の場合であり、複数ライドの場合は、皆様のお好みに合わせ
もう少し上等なもの(武蔵野うどんとか♪)を頂きますが、独り寂しく食べるポタ食は
「kcal/\」な感じでやってます。

皆様はどのような「ポタ飯」「ポタ補給」をされておられるでしょうか?

●本日の走行距離:     0km (飲み会にてじてつうせず)
 1月の走行距離:    591km
 サイコン累計:   11,400km(2010/3/24-2011/1/12)

オマケ画像(懐かしいファンタゴールデングレープ)

626148078.jpg

プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。