スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物色々

一昨日の土曜日は、前日までの5連荘午前様に加え、昼夜のダブルヘッダーで飲んだことから、胃と肝臓が
悲鳴を上げ、SOSを送ってきたので、夜中の飲み直しは控えて早目に寝たわけですが、昨日は屋外で自転車に
乗れたこと、夜は比較的軽めに終えたことから、ダメージを受けていた体(内臓)もすっかり回復しました。

しかしながら、ほぼ同じペースで飲み続けていた、バリバリ体育会系の前任者君は、本日ついに体調に
異変をきたし(腸がおかしくなった模様)、昼飯も食えずに苦しんでました。

ちなみに昨夜は一緒に飲んでおり、どちらかというと僕の方が量は飲んでたんですが。。。。。
やはり早朝からゴルフやってた分、彼の方が疲れが溜まってたみたいです。

よって、今夜の飲み会はなしとなった次第です。
僕は彼ほど「うわばみ」ではないですが、インターバル(20時間程度)さえ空け、睡眠時間を確保して
いさえすれば、割と長期戦には耐えられる体のようですね。

そう言えば私、かれこれ3-4年、腹を下した経験がありません。
前任者は赴任後1週間でやられたそうですし、ジャカルタ赴任者の大半は1ヶ月以内に腹下しになるそうです。

僕はまだ2週間ちょっとしか経過してないので、まだ油断できませんが、20年前のアフリカや、中東僻地
出張時代に、かなりヤバイものも口にしてきたので、腸内に免疫ができてるのかもしれませんね(^^ゞ

さて、

昨日は午前中2時間ほど自転車に乗れたんですが、その後はランチを兼ねて日用品等の買い物に行き、
午後はジムで約2ヶ月ぶりのベンチプレスをやりました。

さて買い物ですが、まずは通勤カバンが必要です。
着任後2週間は、本社時代に海外出張で使っていた大き目のカバンと、通勤で使っていたメッセンジャー
バッグを併用していたんですが、A4程度の書類を持っていく際に、大きなカバンだと大き過ぎ、
メッセンジャーバッグでは小さ過ぎて不便であることから、中くらいのカバンを購入。

P1110491.jpg

何の変哲もないカバンですが、収納場所が割りとたくさんあり、拡張もできることから、これに決定。
お値段は。。。。1900円くらいです。 日本よりは安いですよね?

次に購入したのが小物色々。 コンタクト用目薬、電源アダプター、ヘアジェルなどです。
ひとつ当たりの金額は「85円~280円」くらいです。
さすがに目薬が一番高いけど、日本で買うよりは少し安いですかね。

P1110493.jpg

こちらの電気は「240V」で、コンセントの形も全く違うので、アダプターが不可欠。

P1110495.jpg

電化製品そのものは「240V」対応なんですが、アダプターがないと充電できません。

P1110496.jpg

こんな感じで電気シェーバーの充電をしてます。
(これ買うまでは、PCの電源を共有してました)

P1110494.jpg

PC周りの電源はこんな感じ。
この蛸足も先日買ったものです。
edge800はアダプターなしで使用可能です。

P1110498.jpg

さらにもうひとつ、日本製品を充電できるようアダプターを増設。
1個100円前後なんですけどね(^^ゞ

P1110499.jpg

ヘアジェルも必需品ですが、GATSBYは現地生産してます。
真ん中の奥が日本で買ってきたもの、手前の二つが現地製です。
左の黄色が「Super Hold」右のピンクが「Extra Solid」なんですが、どちらが強力なのかは、使ってみても
良く分かりません(^^ゞ

P1110501.jpg

食料品も購入しました。 ま、大半が麦酒なんですがね(笑)
13円と14円の即席麺も追加購入しましたよ(^^ゞ

P1110502.jpg

やっと私らしい冷蔵庫の中身になりつつあります。

●本日の走行距離:  朝6km (ローラー台)

 今日は赴任以来初めての「夜ローラー」を実施する予定です!

<追記> 夜ローラーは「10km」やりました。
   漕いでる内に、飲みたくて我慢できなくなり、10kmで中断なり(^_^;)

スポンサーサイト

タイヤ内圧による乗り心地

さて昨夜は、ジャカルタ着任後11日目にして、初めて会社帰りに飲みに行かず、アパートに直帰し、
飲む前にローラー台を漕ぐことができました。

土日も入れると、着任後16日目にして、しらふで帰宅したのはまだ2回目です(^_^;)
しかし、一昨日やっと自転車に乗れたので、なんか段々マイペースになりつつあります。

明日はスマトラ島まで日帰り出張しなくてはならないんですが。。。。。

さて、本題です。

私が日本で乗っていたサーベロRSに着いていたタイヤは、特に高性能というわけでなく普通のタイヤ
だったんですが、空気圧の上限下限が「100-120psi」(7~8.5bar)という設定でした
ので、フロアポンプを買うまでのいい加減な時期は除き、結構上限に近い「120psi」を入れて
走ることが多かったです。

硬い感じが耐パンク性能を高めているような感じがして、ちょっとゴツゴツとした感覚ながら、「カーボン
バイクなんだから、これでいいだろう」という感じで、乗ってました。

雨の鈴鹿耐久レースの際も、本来なら接地面を確保するために空気圧を落とすものとレース後に聞きましたが、
僕は単純に「雨だからパンクしやすいので、最高空気圧までパンパンに膨らまして行こう!」と考え、
120psiでレースに臨みました。

幸い、細心の注意を払って走ったせいか、落車祭りの中、最高気圧でも転ばずに済みましたが、あとから
考えると無謀なことをしたものです。

でもって、今回の「キャノ君」なんですが、タイヤは「SCHWALBE LUGANO」が着いてるんですが、設定内圧が
「85~110psi」(6~7.5bar)となってます。

なので、当然「120psi」は入れられない訳で、「110psi」で昨日走りに行ったんですが、
タイヤが柔らかい分、乗り心地が良いんですねぇ~

なんだか柔らかいはずのフルカーボンバイク(サーベロ君)が硬い印象で、ある程度硬いはずのアルミバイク
(キャノ君)が柔らかいなんて、「ちょっと逆じゃないの?」って気もしますが、タイヤだけでこれだけ
印象が異なるものなんですねぇ。。。。

ちなみにホイールは、サーベロ君が「RACING 5」、キャノ君は「SHIMANO RS10」を履いております。

P1110514.jpg

P1110517.jpg

昨夜は初めてカールスバーグをジャカルタで飲みました。
初めに行った店では、普通のビールの3倍くらいの値段で売られてたんですが、「Golden Lucky」という
スーパーではハイネッケンより安く売っていてびっくり。

P1110518.jpg

流通構造と価格設定は良くわかりませんねぇ。。。

●本日の走行距離:      3km (ローラー台)

昨夜ローラー台漕げたので、今朝はサボってしまいました(^_^;)

今夜も飲み会です♪
というか、重要取引先に歓送迎会をしてもらいます。



クリーニング

今日はスマトラ島北西部の「パダン」というところに出張なので、この記事は予約投稿です。

今や「地震&津波」と言えば、東北東日本大震災があまりに記憶に新しい被害でしたが、比較的最近で
甚大な被害をもたらしたのが、2004年12月に起きた「スマトラ島沖大地震」で、これは東日本を
上回る「マグニチュード9.1」というもので、スマトラ島の東部(今日行く「パダン」も東部)を
壊滅的に破壊した、恐ろしい地震でした。

パダンの様子については、明日の記事にでもしようと思いますが、インドネシアも日本に負けず劣らず
地震の多い国ですので、色々と気をつけなくてはいけませんよね。

さて、本題です。

僕は、去年まで、同じ南半球で、インドネシアより南にあるオーストラリアにしょっちゅう出張に
行ってたんですが、オーストラリアのホテルのクリーニング代って滅茶苦茶高くて、ワイシャツとか
平気で「2000円」とか取るし、下着ですら、800円くらい取るので、馬鹿らしいので、いつも
自分で手洗いして、部屋に干してました(^_^;)

ところがどっこいジャカルタなんですが、ワイシャツこそ日本と変わらない「150円」とか取りますが、
下着は「40円」とかなので、忙しい中、自分で手間かけるよりも「40円で済むならいっか~」って
感じで、パンツも靴下も「40円」でクリーニングに出してます。

でもって、朝出した洗濯物はキッチリ夜には返ってきているので、まずまず快適ですね。

P1110504.jpg

インドネシアルピアは「100ルピア」=「1円」くらいなので、「15,000ルピア」は「150円」弱、
「4000ルピア」は「40円」弱という感じです。

P1110508.jpg

P1110509.jpg

まだインドネシア(ジャカルタ)の物価事情を語るほど知りませんが、人件費がまだまだ安い(中国よりも
安い)ことから、労働集約的な仕事に対する対価は安く、それだけで済むようなものは、かなり安いんですが、
それ以外の付加価値が付いているものは結構高いですね。

例えば昼飯。
僕は本社勤務時代、社員食堂で昼食をとってましたが、370円あれば、ご飯と味噌汁におかず2品くらい
付けられましたし、麺類で済まそうと思えば、230円~300円程度で十分でした。

ところが、今入居しているビル(日系企業が保有しているビル)の下にある日本食レストラン(2軒ある(
で食べると、高いほうの店では1000円くらい、安いほうの店でも750円くらい取られます。
結構まともな日本食が食べられるんですが。

ショッピングセンターのフードコートでは300-400円くらいですかね。

ふと思い出したんですが、新入社員時代、月給の額面が13万円ちょっとだったにも関わらず、部の先輩と
一緒に食事に行くと、コーヒー付で「1100円」なんてランチを食べてましたので、随分とエンゲル指数の
高い生活をしてましたね。

もっとも、飲みに行くと、新人割引が利きますから出費は少なかったですが。

昼飯だけ比較すると、24年前の新人時代と、先月までの本社時代では、先月の方が「1/3」の値段と
いう驚くべき事実。

でも、やっぱり、ジャカルタで昼飯に1000円近く使うのは、なんだかなぁ。。。。とは思ってます。
もっとも、現地飯なら100円以下なんでしょうが、さすがの私でも腹を下しそうで怖いですね(^_^;)


●本日の走行距離:  予約投稿なんで不明です(^_^;)

<追記> 結局、昨夜飲み過ぎた(午前様)ので、今朝はローラー漕げず、出張から帰ってきたのも
  21時過ぎだったので、ビールを飲み始めたい欲求に勝てず、シャワー浴びて即ビール(^_^;)
  
  というわけで、本日の走行距離は「0km」でした(>_<)





スマトラ島

昨日は初めてスマトラ島のパダンという場所に行ってきました。
スマトラ島と言うと、比較的モダンなジャワ島と比べ、物凄いジャングルみたいな場所を想像しますが、
ある意味「外れ」、ある意味「当たり」な場所でした。

P1110565.jpg

P1110562.jpg

インドネシアは有数な食用油(パームオイル:椰子の実から採れる油)が取れる国ですが、その中でも
スマトラ島は他の島と比べて圧倒的な生産量を誇る土地であり、椰子の木の多さに圧倒されました。

でもって、何故スマトラ島に行ってきたのかと言いますと(あまり細かく話すと企業秘密に触れ、
競合企業に情報リークすることにもなりかねないので、気を付けて記述しますが)、以前から注目
されており、3月の震災でさらに注目度が高まった「バイオマスエネルギー」の関係なんですね。

椰子の実は絞って油を採ってしまうと、その絞りカス(種の殻)をエネルギーとして利用することが
できるんですが、原子力への風当たりが強くなっている現状、日本の電力会社や自家発電をしている業者が、
そのようなバイオマスエネルギーに多大な興味を抱き、ミッションを送ってくるのです。

椰子殻の山(在庫)

P1110537.jpg

拡大してみると。。。。

P1110541.jpg

この手の商品は1回数千トン~数万トン単位での出荷となるため、船積み(船が着いてから荷物の積み込みが
終わるまでの日数)や港の混雑状況がコストにダイレクトに響いてくることから、港の視察も重要業務です。

P1110554.jpg

原発の要否については、私も私なりに意見はありますが、それはそれとして、やはりバイオマスエネルギーは
今後の日本には欠かせないものかと思いますね。

ちなみにヨーロッパではかようなエネルギー源を使っての発電は日本より先行しているため、欧州向けにも
椰子殻を出荷してます。(ボリューム的には日本向けより大きなロットとなりますが、その分価格も厳しく
なるし、遠いので運賃も高い)

こういうところに駐在していると、まさに「何でも屋さん」の世界になりますね(^^ゞ


●本日の走行距離:  10km (朝のローラー台)


そして今夜もお客さんが日本から来るので接待です。
明日は最後の送別会。

その後は飲み会のペースは落ちて行きますが、今月は毎週出張(国内&国外)が入っており、バタバタして
いる内に、ラマダン(断食)明け休暇(レバラン休暇)に突入しそうです。



ジャカルタ自転車部!

さて、本題に入る前に、ラマダン(断食)月の話を少し。

ご存知の方も多いと思いますが、イスラム教徒が行わなければならない重要事項のひとつとして
ラマダン(断食)があります。

この間は、日の出から日没まで、食べ物は当然のこと、水も飲んではいけないし、タバコも吸っては
いけません。 厳しい人は、「唾液」すら飲まずに吐き捨てるそうです。

なので、日の長い夏場のラマダンは非常に過酷になりますが、年月の経過と共に、断食月の季節は
少しずつ変わってきます。

イスラム暦は1ヶ月が29日ないしは30日で、12ヶ月で1年となりますが、1年は「354日」
であり、太陽暦より11日短くなってます。

それゆえ、毎年11日ずつ太陽暦とずれてくるわけですが、私が初めて中東を担当した1989年の
ラマダンは4月でしたが、年を重ねるごとに冬になり秋になり、ついに今年のラマダンは暑い最中の
8月1日から開始となりました。

私は今回で海外は4回目ですが、最初のアフリカも、駐在していた国もイスラム教徒率は40%と
低かったものの、出張ベースでカバーしていた周辺国はイスラム教が最大宗教の国も多かったし、
2回目と3回目はアラビア半島のイスラム教が国教としてどっぷり浸透している国でしたので、
断食月の経験は結構長いです。

このインドネシアもイスラム教徒が90%以上ですので、当然皆断食をするんですが、アラビア半島の
国とは違って、事務所に居ても普通にコーヒーとかサーブされますし、取引先に行っても普通に
飲み物が出てきます。

勿論、断食しているイスラム教徒の従業員は一切手を付けないわけですが。

ちなみに、2回目駐在地では、ラマダン時は事務所のスタッフの前では一切飲食はせず、事務所の
一番奥にある普段は使わない部屋で、こそこそとジュースを飲んだり、昼飯を食ったりしてました。

3回目の駐在地は、社員60人中イスラム教徒が55人(日本人は自分ひとりだけ)という状況
だったので、飲食できる隠れ部屋もなく、仕方ないので、自分も断食してました(^_^;)

もっとも、アラビア半島の場合、ラマダン中は「勤務時間は最長6時間」と決まっているので、
「朝8時~14時」とかの勤務時間となります。
もっとも、彼らは日没後食事をとってから、仕事再開ですので、取引先とのアポイントが夜9時とか
10時は当たり前、一番遅い時で「深夜零時スタート」なんてのもありましたね(^_^;)

さて、前置きが長くなりましたが、遂に明後日(7日)に「ジャカルタ自転車部」に入部することが
できそうです。

2年前からジャカルタに駐在されている「バークラさん」が自転車部部長(?)のようなのですが、
今般、先週末にロードバイクを購入されたばかりの「Sea Hawkさん」と僕とで、「来週末(14日)
に一緒に走ろう」という話をしていたんですが、それとは別に「バークラさん」と「Seahawkさん」が
明後日(7日)に走りにでかけるという情報を得たので、そちらにジョインさせてもらうことに
なりました。

実は7日は当初「引越し」の予定だったのですが、今日の午後、日程が変更になり、引越しは一週間先に
なったことから、急遽7日がフリーになったという、非常にタイミングの良い話。

「Sentul」という場所に行くらしいのですが、どこにあるかも見当付かず、とりあえず、車で行くのか
自走で行くのか確認しているところです。

●本日の走行距離:  11km (ローラー台)










再びジャカルタ市内へ!

今日は昼前から夕方にかけて用事があったのですが、朝1時間くらいなら走れるかなと思い
最初は無難にローラー台でも漕ぐかと思ったんですが、やはり近場であっても、風を切る快適さ
には代えられないと思い、外に出かけることに。

当初はアパートの周りの地理を把握するために、すぐ近くをグルグル回ろうかと思っていたんですが、
バイクにまたがってしまうと、もうスピードを出さないと居られなくなってしまうので、結局15km
くらい先の港の近くまで行ってきました。

今日は大通り(スディルマン通り)も「チャリ天」にはなってないんですが、市内は比較的空いていて
まったりと「35km/h」程度で流してみたり、ちょっと気合入れて漕いで「42km/h」で巡航してみたり。

面白かったのは、10台くらいのバイク(125ccが中心)に囲まれ、バイクに負けないよう集団で
走ったときは、「47-48km/h」での巡航となり、トレーニングみたいで面白かったです。

オートバイの連中も「あいつエンジンないくせに、何やってんだ??」と思ったことでしょう(^_^;)

P1110585.jpg


さて、私はインドネシアの道交法も理解しないまま、周りの動きを見ながら感覚で走ってるんですが、
当社は「インドネシア」での車の(当然二輪も)運転は禁止です。 理由は危ないから。

危ないから車を運転していけないのに、より「生身」に近い自転車は運転しても良いのか? という
素朴な疑問があります。

スポーツバイクを良く知らない人は「自転車とは、15km/hくらいでゆっくり歩道を走るもの」と思って
いる可能性が強く、まさかロードバイクで左から3車線目を四輪を抜きながら、自動二輪と一緒に
50km/h近い速度で走っている(ヘルメットは被っているが、半袖半ズボンという軽装)とは想像して
ないだろうから、バレたら禁止されそうです(^_^;)

都心部は休日ということもあり、比較的空いていたんですが、港に近づくにつれ、下町っぽくなって
きてえらく混雑してきました。

路肩の悪い道路が車やバスやトラックで渋滞しているところを、四輪の隙間を縫うように大量のバイクが
すり抜けていきます。
僕も負けじとバイクと一緒になって車線を全部使いながら渋滞を避けますが、いよいよ止まってしまうほどの
渋滞にはまってしまいました。

P1110589.jpg


ちょっとやそっとの渋滞なら、東京都内の幹線道路(特に高速かつ大型トラックの多いR357)で訓練を
積んできたので、道交法の分かってないジャカルタでも、かってにインドネシア人車両と「あうんの呼吸」で
ぶつからず、轢かれずに走ることができるのですが、低速になるとSPD-SLでもあり、止まってしまう前に
ちゃんとビンディングを外しておかないと立ちゴケしてしまいます。

でもギリギリまでペダルを外さず、何とか乗り切ってきました。

ラマダン中なので、ボトルの水を飲むのも憚られます(^_^;)

ジャカルタ駅まで行ってきました。
鉄道があるなんて、帰宅するまで知りませんでしたが、地図で確認すると、確かに鉄道がある。
鉄ファンの方、画像撮れずにごめんなさい。

せめて駅だけでもアップしますね。

P1110591.jpg

帰宅後、ランチを兼ねて買い出しに出ます。
とりあえず、ランチは現地のものを食べてみます。
ラマダンなのに、フードコートはしっかり開いてました。
中東では考えられない事態です(^_^;)

P1110593.jpg

鳥(165円)、ライス(50円)、コーラ(65円)で、しめて「280円」。
おや、これだけあれば、すき家の牛丼(並)が食べられるぞ(^_^;)

上の階には、もっと綺麗はフードコートがありましたが、250-400円くらいあれば、ランチは食べられ
ます。

ちなみにマクドナルドもあるですが、ビッグマックが単品で「210円」、ポテトと飲み物とのセットで
「330円」くらいでした。 日本よりかなり安いですね。

それにしても、レストランで昼間っから食事をしている現地人が多いことにビックリ!
おいおい、ラマダン中じゃないのかよ!?  いい加減なイスラム教徒だなぁ。。。。

中東だったら、そもそも昼間はレストランもフードコートも閉まったままで、夕方日の入り10分前くらいに
やっと開く(但し夜明け前まで開いている)というのに。。。。。 インドネシアは戒律が緩いなぁ。。。

というわけで、本日の走行距離:   32km (ジャカルタ市内)

明日はいよいよ、「ジャカルタ自転車部(2期生)入部式」が行われる予定。
車で1時間弱のところに「朝7時集合」なので、5時半には起きて、6時には出発せねばなりません。

というわけで、着任後3週間「ワイン」は我慢してきたんですが、ついにさっきワインを買ってきてしまい
ました。  免税店で一番安いワインが「1850円」、これって日本で買えば1000円しないやつなのに。。。

なぜ「早起き=ワイン」かって? それは早く寝るためです(^_^;)
日本に居たころは、自宅で毎晩ワインを1本空けてましたが、ワイン自体は30分もかからず空いちゃうんですが、
他にチャンポンしている内に、2時間あれば眠くなるわけです。

明日は5時半起きなので、できれば22時過ぎには就寝したいところ。
そこで「ワイン」の登場なんですね♪

さてと、今日は前任者が離任なので、今から見送りに行ってきます!!

●本日の走行距離:  32km (ジャカルタ市内)
 本日の最高速度:  52km/h

インドネシアでの初ヒルクライム(1)

今日はジャカルタ自転車部を率いる「バークラ部長」さんに引率してもらい、ジャカルタから50kmほど
南方にあるボゴールちかくの、Sentul にある Rainbow Hills に行ってきました。

<追記> Seahawkさんが、昨日ブログを開設されました!!
   
URLはこちらです

参加者は「バークラ部長」「Sea Hawkさん」「Muirwoods」の3人です。
Sea Hawkさん」と僕は自転車部参加は初めてなので、本日は「入部式」も兼ねてました。

まだ、Edge 800 のPCへの取り込み方が分かってないんですが、獲得標高で1400m強だったようです。

今日は久しぶりの屋外活動だったので、ちょっと熱中症っぽくなってしまい、帰宅後から頭痛が消えない
ので、まずはジムでベンチプレスをし、熱いシャワーも浴びてみたんですが、まだ頭痛が治らないので、
取り敢えずビールを飲むことに。 (頭痛薬は持ってません(^_^;)

でもって、ビール飲み始めながら、記事作成開始したので、恐らく途中で記事作成能力がなくなると
思われるため、続きは明日以降とし、今日は書けるところまで書こうと思います。

さて、

普段は休日でも朝6時より前に起きることが滅多にない僕ですが、今日はアパートから1時間近くかかる
場所に「朝7時」集合でしたので、6時にはアパートを出ようと、目覚ましを5時半にセット。
実際には5時20分には自然に目が覚めました。

車載(運転は会社のドライバー)で、目的地に向かいます。
南国の朝日は幻想的です。

P1110621.jpg

途中ガソリンを入れたり、コーラを買ったりしていたので、待ち合わせ場所に着いたのは「6:52」くらい。
既にお二人は来ております。 僕が最後でした(^_^;)  さすが日本人、10分以上前集合が常識でしたね。

集合場所は高速道路の料金所を出たところでしたので、ヒルクライムのデポ地へと移動します。
デポ地(断食中のドライバーも快適に休める場所をバークラさんが選んでくれました)で、それぞれ自転車を
組み立てます。

先月購入した僕の「CAAD 10」(通称「キャノ君」)と、なんと先週末にジャカルタで購入したという
フルカーボンの TREK Madone で山に挑む「Sea Hawkさん」の愛車。

P1110622.jpg

この TREK は、チェーンステイにセンサーが内臓されているという最新モデルです。

P1110623.jpg

P1110629.jpg

そして、バークラ部長の「TIME」。

P1110625.jpg

図らずも、昨年末からずっとフルカーボンの「サーベロRS」に乗っていた僕だけが、アルミバイクのキャノ君で、
他のお二方はフルカーボンバイクです。

まずは平地を10kmほど走ってウォーミングアップし、それからいよいよ Rainbow Hill に登ります。
こちらの後姿は「バークラ部長」

P1110649.jpg

続いて「Sea Hawkさん」
Seahawkさんは、ロードデビューが先週の日曜日で、SPD-SLも初とのこと。

P1110639.jpg

途中、劇坂を登り終えたところで、バークラ部長と休憩しながら、Seahawkさんを待ちます。
TIME と Cannondale。

P1110658.jpg

山頂手前で再度休憩を取りますが、MTB集団はいい加減なもので、トラックにつかまって登っている不届きな
輩も居ます(^_^;)

P1110673.jpg


山頂に到着し、お二人を待ちながら、茶店の子供たちと「キャノ君」を撮影。

P1110694.jpg

今日はラマダン中なので、バイカーはいつもよりずっと少ないとのことですが、僕ら以外はほぼMTB。

P1110695.jpg

P1110719.jpg

ほどなくして、お二方到着。

P1110707.jpg

P1110710.jpg

そろそろ酔っ払ってきたので、変なこと書く前に、今日はこの辺で終わりにしときます。

ひとつだけ補足。

久しぶりに郊外でまともに自転車に乗れたことから、すごく嬉しくて、ウォーミングアップの時から
「53.1km/h」とか出してたので、前半はともかく後半はバテバテ(>_<)

バークラ部長を何度も待たせてしまいましたし、挙句の果ては待っていて頂いたバークラ部長を追い抜かして
1kmくらい坂を下ってしまい、電話で呼び戻されることに(^_^;)

おかげで、1kmくらい余計に坂を登る羽目になり、後半の疲労に追い打ちをかける結果に。

「バークラさん」「Seahawkさん」、本日はありがとうございました。

また是非お誘いくださいね!
ジャカルタ自転車部、盛り上げましょう♪

●本日の走行距離:   61.2km
 本日の獲得標高:  1409m
 本日の最高時速:  61.5km/h(下り)  53.1km/h(平地)

インドネシアでの初ヒルクライム(2)

昨日の記事の続きです。

なお、昨日のメンバー3人の内、「バークラ部長」と僕は既にブロガーでしたが、「Sea Hawkさん」も
昨日のライドをきっかけに、昨日ブログを立ち上げたので、是非「こちら」もご覧下さいね。

まずは、ヤビツのようなコースを頂上まで登りますが、頂上手前の数百メートルはアスファルト舗装が
完全に壊れた状態となっており、尖ったアスファルト片がゴロゴロ転がっている怖い道。

パンクしないかとヒヤヒヤでしたが、どうにか3人とも無事パンクせず登頂成功。

下りは別のルートで降りますが、こちらの方が傾斜がキツク、登るもの大変そう。
途中景色の良いところがあったので、記念撮影しますが、画像にすると、ボヤケていて今ひとつですね(^_^;)

P1110723.jpg

いくつかの集落を通過しながら降りたのですが、集落を通過する際には道路に「△」(速度を抑えるために
路面を加工し隆起物としている)が設置されており、スピード出したまま通過すると衝撃でパンクしそうなので、
10km/h程度まで減速して通過してました。

これが結構ストレスになるんですよね~

さて、無事下り終えたところで、「バークラ部長」より、「これからどうしますか?」との問いかけが。
オプションとしては、

1.同じコースをもう一周する。
2.同じコースを逆周りする。
3.同じコースの途中を右折し、新たなコースに挑む。

「Sea Hawkさん」は初めてのロードヒルクライムだったので、少々お疲れとのことで、山登りはパスされる
とのことでしたので、僕の希望を取り入れてもらうことになり、「1」では面白みに欠けるし、頂上付近の
そそり立つアスファルトが嫌だったのでパス。

「2」は登り部分(激坂多し)は興味あったんですが、やはり「そそり立つアスファルト」を通ることに
なりそうだったので、新たなコースに挑む「3」を希望しました。

コースの前半、蓑毛の坂(ヤビツ)ばりの10%ストレート激坂を登り切り右折するところ(新たなコースに
入る手前)までは体力的にも何とか持ちこたえ、「バークラ部長」をお待ちすることができました。

到着するバークラ部長。

P1110732.jpg

しかし、ここまでが限界(^_^;)
このあと、いくつもの激坂が待ち構えているんですが、このあとは部長にずっと千切られっ放し(>_<)
何度も何度もお待たせしてしまいました(^_^;)

廃墟となったクラブハウス(今は新しい場所に移転した模様)まで登り、これで登りは終わりかとホッと
したのもつかの間、部長は山を越えて下って行きます。

このルートは同じ道を行って帰って来るルートと聞いていたので、「往路で下る」=「復路は登る」ことを
意味し、直前の激坂も「これを登れば、あとは下って帰るだけ」と思っていたので、どうにか頑張れましたが
(部長の背中は見える距離)、そこから先の登りでは、姿を見失いかけました。

しばらく走ったところで休憩。
僕はガス欠状態だったので、手持ちのオニギリと25円のペットボトル水を補給。
部長は水のみ補給でした。

P1110734.jpg

部長いわく「この店がやってなかったら、ここで引き返そうと思ってたんだけど。。。。」と。
え? まだ行くんですか!?

さらに先まで行くそうです。。。。orz
この直後に、15%超の激坂出現。 速度は4km/h台まで落ち込み、今にも止まりそうでした(>_<)
帰りに写真に撮ったんですが、写真で撮ると激坂ぶりが分かりにくいので掲載はカット(^_^;)

ここでも完全に置いていかれ、一人旅の開始です。
途中のバナナ屋さんで、部長が待機していたのにも気が付かず、そのまま1kmくらい坂を下ってしまった
ことから、引き返すときに1km(いや2kmくらいあったかも)無駄に山を登ることに(^_^;)

やっと戻ってきたバナナ屋さん。

P1110738.jpg

ここで、部長よりバナナ2本の配給を受けます。
スタミナが切れていたところに、絶妙なタイミングで補給できました。

バナナを食べる「バークラ部長」。

P1110737moz.jpg

ここまで既に4本分の山登りをしてます。
ここから一旦谷間に下り、そして最後の登りでまた千切られ、やっと下り区間に戻ります。

約3時間のヒルクライム(獲得標高1400m強@60km)のあとは、ゴルフ場に併設されたプールで
汗を流します。

P1110751.jpg

部長と僕は水着を持参していたのですが、「Sea Hawkさん」は水着を持参していないとうことから、3人とも
レーパンのままプールに飛び込みます。

ま、レーパンも素人が見れば海パンみたいなものですからね(^_^;)

プールサイドで歓談し、軽食を取り、プールサイドで着替えて撤収。

楽しい1日となりました♪

●本日の走行距離:   10km (ローラー台)


オマケですが、最初に登った山の頂上には売店があり、水は「25円」くらいだったようですが、僕は
ポカリスウェットを買ったので「70円」。
ちなみに大塚製薬はポカリスウェットを現地生産しており、インドネシアではとても人気ドリンクとなって
おりまする。

P1110714.jpg

他にもレモンウォーターとか、日本語表記付のドリンクが結構たくさんあり。
ポカリを初めとするドリンクの印刷部分を製造しているメーカーも当社の取引先のひとつだったりします。




久しぶりのライド前夜(&お酒の話)

一昨日の日曜日は、1ヶ月半ぶりのライド(ヒルクライム)でしたので、前夜は少し興奮気味でしたが、
朝6時には家を出ないと行けないので、遅くとも5時半には起きる必要がありました。

一方、できれば睡眠時間を7時間は確保したい管理人としては、夜22時半には寝ないと行けません。
しかし、土曜日は寝坊してしまい、起きたのが9時近くだったので、普通にしていては、22時には
眠れません。

そこで、ついに最終兵器の投入です(^-^;)

P1110602.jpg

P1110603.jpg

ご記憶にある方も居られると思いますが、僕は日本に居たとき、家で飲むお酒のパターンは以下と決まって
ました。

1.食前にウィスキーのソーダ割りを5-6杯  (所要時間:5分)
2.食中に赤ワイン(720ml)をボトル一本  (同: 30分)
3.缶酎ハイ(500ml)を2本か3本(1~1.5リットル) (同:1時間+α)


「1」でまず中枢神経を麻痺させ、「2」で眠気を増幅させ、「3」で止めを刺すというか、最後に
ウィスキーを持ってくると、酔っ払って濃いヤツをカパカパ空けてしまい、翌日に酒が残ってしまう
リスクがあるので、酔っ払ってから飲むお酒は度数の弱い缶酎ハイと決めてました。

いずれも消費量が多いので、安いお酒で済ませてました。
ウィスキーは1000円くらいのボトル(バランタインとかカティーサークも買える)、ワインは1本
780円とか、缶酎ハイも1本@125円くらいのものです。

しかし、ジャカルタでは、普通のお店ででは一番安いワインが「4000円」もするので、当然毎晩飲む
などという贅沢はできません。

しかし土曜日はどうしてもワインが飲みたかった(寝るためには不可欠かと)ので、4000円ワインも
考えたんですが、まずは試しに免税店に行ってみることに。

ホテルの中に免税店があるんですが、普通免税店でものを買うには、出国を証明する航空券の提示が
求められるのが普通です。 そうでないと(国内で消費してしまうと)脱税になってしまいますからね(^-^;)

ところが、前任者によると「俺は顔見知りになってたから、居住者だってバレてたけど買えたよ」とのこと。
なので、どうなるか不安でしたが、免税店に行ってみることに。

この国では、ワインには値段が付いておらず、お店の人に聞かないと分かりません。
「一番安いワインはどれか?」と聞くと、「1850円」(これが上の画像のワイン)ということで、
「次に安いのは?」と聞くと、「2000円」とのこと。

日本で買うより「2倍」する計算ですが、免税でないお店で買うよりは半額で済みます。
なので、1850円のワインを3本、2000円のワインを1本、合計4本の購入を試みます。

「航空券を見せて下さい」と言われるかと思いきや、それはパス。
しかし、クレジットカードが使えないとのことで、手持ちの現金がスッカラカンになってしまった(^-^;)
ちょっと多めに現金持ってきて良かったです。

買ったワインはオーストラリアものなんですが、オーストラリアのワインは普通スクリューボトルで、
ワイン抜きは必要ないんですが、ここで売っていたやつはワイン抜きが必要なボトル。

会計を済ませたあとにわざと「ワイン抜き売ってます?」(国内で飲むのがチョンバレやん(^-^;)と
聞きますが、残念ながら売ってないと。

しかたないので、ダイソーに行ってみました。
ダイソーはドバイにもありましたが、ジャカルタにもあります。
ドバイでは「150円均一」でしたが、ジャカルタは「220円均一」、高いなぁ。。。。

でも、ワイン抜きはありました!

P1110605.jpg

これでやっとワインが飲めます♪

P1110609.jpg

つまみで、以前に買っていたツナ缶を開けましたが、当然のごとく味が付いてないので、先月の送別会に
akiさん」からお餞別で頂いた減塩醤油をつけて頂きました。
akiさん、ありがとうね♪

P1110758.jpg

あれ、なんか余計なヤツまで食卓に。。。。。(^-^;)

P1110761.jpg

ダイソーではついでにサンダルも買いました。

P1110762.jpg

ここからは、ライド当日の夜の画像に飛びますが、前任者の最後の送別会でみんなに飲んでもらおうと、以前
シンガポール出張時に買ってきた、ジョニーウォーカーのゴールドラベル(1リットル)を送別会では
開けなかったので、僕がもらい受けてきたものを開けてしまいます(^-^;)

P1110764.jpg

うーん、やっぱりウィスキーは美味しいな♪

P1110767.jpg

そして、〆はお決まりのラーメンです(^-^;)

P1110769.jpg

今回、スーパーで「12円」「13円」「14円」「16円」の4種類のインスタントラーメンを購入
しましたが、酔って気が大きくなっていたのか、一番高い「16円」のラーメンを開けてしまいました!

さすが16円!  12円のラーメンより、随分と美味しいぞ♪
これからは、「4円」をケチらず、16円のラーメンを購入することにしようかな(笑)


●本日の走行距離:   ?? (朝サボったので、これからローラー台漕ぎます)

2011年7月までの走行距離

今日からまたスマトラ島に出張なので、今日明日の記事は予約投稿となります。

遅くなりましたが、先月までの走行距離をまとめます。

<2010年1月~ / 月単位の走行実績>

1~3月  1,200km (推定+海外ライド:約200km)
4月     782km
5月   1,151km
6月   1,304km (過去3番目)
7月     672km (+海外ライド:約500km)=計「約1,172km」
8月   1,059km
9月   1,605km (過去2番目)
10月    1,253km 
11月    1,715km (過去最高)
12月   1,083km
--------------------------------------
合計: 11,824km (+海外ライド:約700km)

1月   1,207km
2月   1,049km
3月   1,231km
4月   1,245km
5月   1,027km(13ヶ月連続1000km超え)
6月     649km
7月     321km (内、ローラー台:89km)
--------------------------------------------
1-6月計: 6,429km

累計距離:  18,953km (16ヶ月強)

予想通り「7月」は過去最低記録を更新してしまいました(>_<)

5月迄は「13ヶ月連続1000km超え」を記録したのに、6・7月の2ヶ月合計しても、
1000kmに達しませんでした。

海外赴任という非常事態なので仕方ないとは思いますが、乗れてませんねぇ。。。。

ちなみに7月の「321km」の内訳は以下の通り。

日本国内(屋外のみ ): 182km
ジャカルタ@ローラー台:  89km
ジャカルタ(屋外)  :  50km (31日の1日のみ)

今後は諸条件考えるに月1000kmは難しい(バークラ部長も1000kmは無理と仰ってました)
ので、今後は距離を追わずに、獲得標高で頑張りたいと思います。

しかし、1日200kmのロングライドはちょっとできそうにないですが、やはり1日100km程度の
中距離は走ってみたいもの。 コースの選定が必要となりますね。

事故対策として、ドライバーには10km以内に居てもらうことが必要かもしれません。

そうこうしている内に「Muirwoods号」が到着するので、街乗りはMTB系の「Muirwoods号」になると
思います。

●本日の走行距離:  予約投稿につき不明  (朝少しは漕ぎたいな)


CAAD 10 (アルミ&コンパクトクランク) インプレ

今日も予約投稿記事となります。

私は去年1月にクロモリのクロスバイク(但し、タイヤは26インチ径で、幅も38cなので、サスは
付いていないものの、限りなくMTBに近いモデル)を購入し、1日最高300kmとか乗っていた
訳ですが、昨年末にフルカーボンの「Cervelo RS」を購入し、6月までに4500kmほど走りました。

サーベロはフルカーボンでも比較的「剛性」を重視した設計となっていることから、コンフォート用の
「RS」であっても、「凄く柔らかい」と言った印象はありませんでした。

もっとも、それまでクロモリクロスだったので、あまりそう感じなかったのかもしれません。
でも、「軽くて剛性があり、かつ長距離乗っても体に負担はないなぁ」とは感じてました。

でもって、一般的に「硬い」と言われているアルミバイクをジャカルタで乗り始めたわけですが、全く
「硬い」という印象はありません。

タイヤのせい(空気圧が低めに設定されているタイヤである)もあるのかもしれませんが、サーベロより
むしろ「柔らかい」印象すらあります。

もっとも、アルミの硬さが体に響いてくるのは、200km以上乗ったときと言われているので、最長で
1日60kmしか乗ってない状況で、インプレするのは時期尚早とも言えるんですが。。。(^-^;)

ただ、今までアルミに抱いていた印象とは全く違うものだったので、驚きました。

そして、次にノーマルクランクとコンパクトクランクの違い。

サーベロはノーマルクランク(53/39T)で、リアは「12-25T」でしたので、ファイナルローは
「39-25T」(ギア比:1.56)であるのに対し、「キャノ君」は「34-27T」がファイナル
なので、ギア比は「1.26」となり、サーベロに対して「24%」ものハンデがあります。

ノーマルでも、7%くらいまでの坂ならどうにかなるんですが、10%を超えるととにかくキツイ。
しかし、「34-27T」まで使えると、10%クラスの勾配がかなり楽になりますね。

ノーマルでは絶対無理な「15%超」の激坂も、どうにか登れます。

でもって、インナーもさることながら、アウターで平地を走るときの違いも顕著でしたね。

僕はノーマルでは、漕ぎ出しで「53-19T(4速)」(ギア比:2.79)で、35km/hを
超えると「17T(5速)」、40km/h超えると「16~14T」くらいを使ってました。
下りや追い風以外で「9速(13T)・10速(12T)」を使うことはまずなかったです。

ところが、コンパクトクランクですと、漕ぎ出しが「50-17T(5速)」で、ポンポンとスピードが
上がるので、平地でもトップギア(50-12T)まで持って行けます。

但し[50-12T」ですと、ケイデンス100でやっと「55km/h」なので、それ以上の高速は
ちょっと辛いものがありますね。 ノーマルですと、60km/hくらいまでOKです。

とまあ、こんな感じのインプレなんですが、もう少し乗り込んでから、また改めてインプレしますね。

●本日の走行距離:  0km (出張中にて)

インドネシア語レッスン開始!

今日はあまり時間がないので、記事は短めに。(後刻追記するかもしれませんが)

まず、本題に入る前に、「ガーミン・エッジ800」のトラブルの話。

赴任前にウィグルで購入し、喜んで持ってきて、約3週間前から使っており、先日の初ヒルクライムも
含め合計250kmくらいは順調に作動していたのですが、数日前から故障っぽい感じに(>_<)

最初は電源を入れると「バッテリー残量少なし」と出てスイッチオフになってしまったので、5分くらい
充電して使おうとすると、また「残量少なし」の表示が出てスイッチオフ。

仕方ないので諦めて丸1日充電し、100%充電されたことを確認してスイッチを入れたんですが、
なぜか数秒後に勝手にスイッチオフになってしまう。
何度も何度も繰り返した(充電したままも試してみた)のですが、症状は治らず(>_<)

これじゃあ、大枚払って購入した意味がないじゃないですか!!
というわけで、どなたか、そういう症状を経験されたことある方、治す方法をご存知あれば、是非是非
教えて下さい!!


さて本題です。

私は先月ジャカルタに赴任する前は、自転車だの飲み会だの引越し準備だのに忙殺されていたことから、
事前にインドネシア語の勉強が殆どできませんでした。

なので、ジャカルタに到着した時点で知っている単語は、「1~3」の数字と、「ありがとう」と
「トイレ」くらいでした(^-^;)

なので、到着してしばらくは、英語を話さないスタッフ(運転手とか)と全くコミュニケーションが
とれず、その中で日本から来るお客さんのアテンド等もこなさねばならなかったので、苦労しました。

先週末に前任者からの引継ぎを終えることができたので、今週からインドネシア語のレッスンを受ける
ことになり、一昨日初めて授業を受けました。

先生は40代後半くらいの女性で、うちの事務所の日本人も多く彼女に習っていることから、会社まで
来てもらうことができます。

時間設定は、朝「6:45~7:45」「12:00~13:00」「17:00~18:00」の
三択ですが、夕方の時間帯は人気があるので、朝か昼休みしか空いておらず、昼休みをレッスンに当てる
ことになりました。

授業料は1時間1500円、20回セットで3万円ですが、会社補助があるので、全額自己負担では
ありません。

さて、私は仕事上、英語は普通に話すのですが、かつて駐在した場所で、英語が全く通じず、フランス語
しか通じなかった国があったので、フランス語は少し知ってます。
といっても、そこに住んでいたのは20年前までなので、もう殆ど忘れかけているのですが。。。。

でもって、直近2回は中東だったので、アラビア語が基本なんですが、英語が通じるので、7年半も
アラビア半島に住んでいた割には、アラビア語は挨拶程度(+数字くらい)しか分かりません。

なので、ジャカルタ赴任直後の外国語能力を感覚的に数値化すると。。。。

英語:   100
仏語:    20
アラビア語:  8
インドネシア語: 0.1

と、こんな感じです。

英語を話すときは、頭が英語モードになる(思考回路が英語になる)ので、母国語の日本語とゴチャゴチャに
なることはないのですが、第2外国語となると、そうは行きません。

引継ぎ中も多少は覚えました(何とか数と挨拶くらいはできるようになった)し、水曜日にレッスンを開始
してからは、昨日一昨日の出張中の待ち時間や飛行機の中で一生懸命自習(予習復習)したので、ネシア語の
レベルが、一気に上記数値レベルの「5」くらいに上がりました。

そうなってくるとややこしいのは、低いレベルで脳内に残っているアラビア語やフランス語とゴチャゴチャに
なってくる点。

英語以外の外国語を話す場合、脳内がちゃんと切り替わらないので、ちょっとだけかじった3ヶ国語が
ごちゃ混ぜになってしまいます(^-^;)

また、同じイスラム教ということだからなのか、アラビア語とインドネシア語はちょっと共通点があったり
するのも、ややこしいところ。

まあ、とにかく一生懸命勉強するして、中途半端に頭に残っているフランス語(レベル20)を超える
くらい、インドネシア語をマスターするしかないんですがね。

●本日の走行距離:  ガーミンないので不明なれど、30分くらいローラー漕ぐ予定。
          (朝練は二日酔いのため、実行できず(>_<))










Edge800トラブルと、ネットトラブル

まずはお騒がせしていたエッジのトラブルですが、以下の方法で解決することができました。

まず、「カードを抜き取ってみては?」とのアドバイスをもらったのですが、カードは
刺さってませんでした(^_^;)

「出荷前の状態に戻しては?」とのアドバイスも頂いてましたが、そこまで操作を進める
前にオフになってしまうので、いかんともしがたいものがありました。

何度もオンオフを繰り返している内に、ふと思いついて、一瞬だけオンになっている瞬間に
リセットボタンを押してみました。

お、すると何か反応があります。
リセットされました(^_^;)
ある意味当たり前ですが、それまでいかなる操作も受け付けなかったので、ちょっと感動。

リセットされたあとは、一旦電源が切れたんですが、再度スイッチを入れると、今度は
ちゃんと作動しました。

良かったぁぁ~。。。。

高い金払って買ったエッジがたった3週間で使い物にならなくなったのかと焦りましたが、
無事治りました。  皆様、ご心配おかけしました。

さて、次はネット接続のトラブルです。

本日引っ越しをし、前任者が住んでいたホテルが経営しているアパートに移ってきたのですが、
部屋からのネット接続ができません。

水曜日にチェックインした際に、ホテルのスタッフから色々と説明を受け、インターネットの
申し込みもスタッフの言うままに行い、「無線にしたい」と言ったら、「それならルータを
入れる必要があります」と言われたけれど、「遅くとも土曜日からは使えるようにして下さいね」
と念押ししたところ、「大丈夫です」と回答されました。

それでも不安だったので、昨日(仕事の合間に)本当に接続できるか確認に行ったところ、
電波は受信するんですが、ブラウザーもメールソフトも使えません。

すぐにフロントに苦情の電話をすると、「入会金を払わないと接続できない」と。
だったら、水曜日にそう言ってくれれば、ちゃんとやったのに!

昨日はクレジットカードは持っていなかったのですが、入会金(1万円強)は現金でなければ
いけないとのことで、「それでは、明日朝10時に来て、金を払うから、すぐにセッティングを
してくれ」とリクエストしました。

ホテルのスタッフは、「了解です。セッティングができる人間を10時に来させるので、
その人間に現金を渡せば大丈夫です」と言われ、「まあしかたないか」と思い会社に戻り
ました。

すると会社に着く直前にプロバイダーから電話があり、「セッティングは平日しかできません」
とのこと。 でもって、「今日は既に営業時間終了です」と。

土日に支払ってくれれば、月曜日にはセッティング可能とのことだったんですが、生憎
私は月曜日の朝から火曜日の夜中までシンガポールに出張の予定が。

でもって悪いことに、17日は独立記念日で祭日です。
なんて不便なんだ!  18日まで接続できないのか。 しかも18日は忙しいのに、
会社を抜け出してアパートに戻ってこないといけないのかよ!

さすがにイラっと来ましたね。

アパートの日本人スタッフ経由、プロバイダーの日本人社員を紹介してもらい、彼と交渉
したところ、「セッティングマニュアルを送ります」とのこと。 

なかなか送られてこないので、イライラしながら待っていると、システムが変わって、
お金を払ってからでないと、何もできない(フレキシブルな対応はできない)とのこと。

「では、土曜日の朝一で支払いをするので、その直後にセッティングしてもらえるよう
手配してもらいたい」とリクエストして電話を切りました。

しかしその後、プロバイダーの現地スタッフから電話があり、「土曜日に払ってもらっても
作業は平日のみなので、早くて月曜日になる」とのこと。

結局同じじゃん。。。。orz

彼女曰く、「17日は祭日ですが、10時で良ければスタッフを送ります」と言ってましたが、
「平日しか作業ができない」と言いながら、祭日に本当に作業をしてもらえるのか、非常に
不安であります。

この投稿は、部屋から10分くらい離れたところに、Hot Spot でネット接続できる場所が
あるので、そこまで移動して送ってる状態です。

しばらく飲みながらのネットはできない状況です。

さて、明日は先週と同じメンバーで同じ場所に行きます。
この一週間も、あまり漕げてなく、食生活もいい加減だったので、明日はどれくらい
走れるだろうか。。。。。。

●昨日の走行距離:  16km (ローラー台)
 本日の走行距離:  14km ( 同 )

今夜もワインだな(笑)

1リットルのウィスキーを4日で空けてしまった(1日250ml、ビールも毎晩6本くらい飲んでいる)
ので、酒屋に買い出しに行ったら、まだ18時半なのに閉まってる(>_<)

今日はワインとビールだけで大人しく寝よう。

インドネシア 2度目のヒルクライム!

本日は、ジャカルタから45分くらい南に車で行ったところにある「Sentul City」にある、Rainbo
Hills に先週に続き行ってまいりました。

メンバーも前回同様「ジャカルタ自転車部・バークラ部長」「Sea Hawkさん」「Muirwoods」の
3名です。

P1120024.jpg


まだラマダン(断食月)中なので、普段よりはだいぶ人数が少ないそうですが、前回よりは
MTBの数も多く集まってました。 白人さんの集団が数名。

P1120019.jpg

僕は今日、初の「キャノンデール・ピンクジャージ」で臨みます。

P1120025.jpg

10kmほどウォーミングアップをしたあとヒルクライム開始ですが、バークラ部長と僕は、前回
1本目のヒルクライム後に下ってきたルートを登ることになりました。

一方「Sea Hawkさん」は、2本はキツイとのことで、比較的勾配の緩い前回のコースを登ることに
なりました。

部長と僕は、勾配がキツイ裏からの登りを1本登ったあとに、下って2本目は比較的勾配の緩い
表コースを登って、頂上で3人で落ち合おうということに。

裏コースは前回下っているので、勾配がキツイのは分かっていましたが、実際に登ってみると、
10%以上の坂が延々と続き、一番キツイ場所は「13-16%」の坂が数百メートル続く箇所。

日本に居た時に登った山は、箱根旧道や富士スカイラインでも、最大12%くらいだったと
記憶しているので、13%超は未知の世界です。

あ、今回数字が正確なのは、やっとガーミン・エッジの使い方を少し覚え、勾配を表記させる
ことができるようになったからです(^_^;)

「13-16%」が当たり前の坂を登っていると、勾配が一桁(8-9%)になっても、「ああ、楽になった」
と感じますし、「4-5%」なら平地感覚、3%以下だと下っているんじゃないかと思うくらい(苦笑)

何とか登り切りましたが、辛かった。。。。。
1本目の裏ルートは、バークラ部長が僕のペースに合わせてくれたので、一緒にゴール。

P1120026.jpg


頂上で水分補給し、今登ってきた坂を下りますが、この下りが怖い怖い。
すぐにオーバースピードになるし、クネクネとした見通しの悪い曲がり道であり、一方、下からは
かなりのスピードで車やバイクが登ってくる。

何度かバイクと接触(正面衝突に近い状態)しそうになり焦りました。
「あぁ。。。。ぶつかる(>_<)」と思ったけど、5mmくらいの差でかわしたりとか、トラックに
正面衝突しそうになったり、怖い思いをしました。

下りは完全にバークラ部長に置いてかれました(>_<)

さて、2本目です。
2本目の本格的な登り坂が始まる前に70mくらいのちょっとした坂があるんですが、これ実は
13%もの勾配だったんですね。 前回もここは2回通ったのに、さほど感じなかったんですが、
今回13%という数字を見た瞬間気が抜けて、本格的なヒルクライム開始前に、既にバークラ部長
には千切られてしまいました。

本格的なヒルクライムに突入する頃には背中も見えません(>_<)

表コースは前半に蓑毛の坂を彷彿とさせる長い直線コースがあるんですが、ここの勾配を測定して
みると、平均で10%くらい、最大で12%ありました。
比較的楽な表コースですらこんな感じです。

10%の長い登り坂を必死で登っている最中に、車の中から声をかけてくる現地人が居ます。
その時は道を聞かれているのかと思い、覚えたてのインドネシア語で、「Saya tidak tahu !!」
(=「I don’t know」の意味)と言い放って振り切りました。

が、実はこの人は「Sea Hawkさん」のドライバーで、後で知ったのですが、コースの途中で
パンクした「Sea Hawkさん」を救助に向かう途中で、仲間らしい僕に居場所を尋ねた模様。

事情を分からない僕は、救助されている「Sea Hawkさん」にも気づかずに登り切ってしまい
ました。

頂上付近は6-8%程度ですが、急勾配の裏をやってからの「6-8%」は、コンパクトクランク
ということもあり、だいぶ楽ですね。

さて、バークラ部長に何分遅れたか分かりませんが、無事頂上に到着。

2度目の登頂後、僕はポカリを飲みますが、部長は何やら怪しいドリンクに手を出します。

P1120036.jpg

P1120037.jpg


味はリポビタンDのようだと、部長の言。

また恐怖の下り坂(裏コース)を降り、本日のヒルクライム(2本)は終了。

予備チューブを持参していなかった「Sea Hawkさん」は、ショップまでチューブを買いに
行っていたので、伝言を残して先週同様プールに向かいます。

プールに自転車ごと現れた「Sea Hawkさん」

P1120039.jpg


表コースの最後にある尖ったアスファルトが突き出た悪路でパンクしてしまったので、タイヤにも
穴が開いてしまいました。

P1120043.jpg


我々はすっかりプールでくつろいでいたのですが、Sea Hawkさんは、「走り足りない」とのことで、
そのまま自転車を押してプールを去ってしまいました。

P1120045.jpg


皆さん、今日もお疲れ様でした!
また、遊んで下さいね。

●本日の走行距離:   48kmくらい (またガーミンがおかしくなった(>_<))
    獲得標高: 1061m


オマケ(補給食)

P1120029.jpg

毎日更新

15・16日は出張不在なので、この記事は予約投稿です。

さて、ネットにつながらない状況って、飛行機に乗ってるときくらいかと思ってましたが、
思わぬところに伏兵が(^_^;)

この記事を書き始めたのは、13日(土)の夜8時前くらいからなんですが、14日は
ヒルクライムの記事を書く予定なので、今の内に、出張不在となる、月曜日と火曜日の分の
予約投稿記事でも書くことにします。(日曜日にホットスポットでアップ予定)

テレビで何か分からないけど、ヨーロッパの自転車レースを放映しているのが嬉しい。
たまにはオフラインで楽しみますかね。
ここんところ、若干「オンライン中毒」になっていたきらいもあることですし(^_^;)

今、スーパーで190円で売っていた「カレーツナ」というものを食べてます。
缶詰なんですが、ジャガイモが入っていて驚き!
でも味は悪くないです。 ジャガイモは今一つですが(^_^;)

今日食べるかどうか分からないけど、「トマトチリ・ツナ」も190円で買っておき
ました。

こうやってくだらない記事を書いているのも理由があるんですよね。
実は僕は去年の8月22日以来、ブログの「毎日更新」というものを続けています。

ブログ自体を始めたのは、去年の6月なんですが、他の方のブログで、毎日更新されている
方のブログは毎日見に行くのに、2-3日更新が途絶えると、つい見に行かなくなって
しまうことがあった(今は当時とは比較にならないほどブログ友達が増えたので、必ずしも
そうではないですが)ので、「よし! 俺も皆に忘れられないように、毎日更新を目指そう!」
と思ったのが、去年の8月22日。

そして、今年の5月までは、比較的海外出張も少なかった(9月・10月・2月の3回のみ)
ので、無事継続できました。

さすがに海外勤務発令後赴任前の6月も、急に多忙となったため、毎日更新の危機でしたが、
赴任月の7月は、予約投稿する余裕もなく、もっと危機的でした(^_^;)
しかし、赴任日の7月17日も、成田空港で数分数行の記事をアップできたので、どうにか
首の皮一枚で「毎日更新」が続いたんですね。。。。。

こうなったら意地です。 あと8日で記念すべき1年です。
365日毎日更新は、海外出張や海外転勤とかあって、ネット環境が安定しない中で、
なかなか至難の業です。

それでも、357日まで漕ぎつけたわけですから、予約投稿を駆使してでも、何とか
したいですよね。

というわけで、くだらない記事の投稿失礼しました

一応、個人の日記ってことで(^_^;)

この記事がアップされる頃は、シンガポール駐在の後輩君達と飲んでいる予定です。

ちなみに今回のシンガポール出張は、インドネシアの就労ビザの取得と、アジア子会社の
ヘッドであるシンガポールで、上司や同僚と業務打ち合わせを行うためです。

シンガポールに行くのは、多分10年ぶりくらいです。
アジアとは縁の薄い会社生活でしたが、シンガポール1回、香港3回くらい、パキスタンに
1回行ったことあります。 パキスタンはほぼ中東に近い文化ですけどね(^_^;)

●本日の走行距離:   0km (出張のため)



プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。