スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月間走行距離(2010年1月~2011年11月)

<2010年1月~ / 月単位の走行実績>

1~3月  1,200km (推定+海外ライド:約200km)
4月     782km
5月   1,151km
6月   1,304km (過去3番目)
7月     672km (+海外ライド:約500km)=計「約1,172km」
8月   1,059km
9月   1,605km (過去2番目)
10月    1,253km 
11月    1,715km (過去最高)
12月   1,083km
--------------------------------------
合計: 11,824km (+海外ライド:約700km)

1月   1,207km
2月   1,049km
3月   1,231km
4月   1,245km
5月   1,027km(13ヶ月連続1000km超え)
6月     649km
7月     321km (内、ローラー台: 89km)
8月     662km (内、ローラー台:136km)
9月     661km (内、ローラー台:185km)
10月    840km (内、ローラー台:188km)
11月    775km (内、ローラー台:331km
--------------------------------------------
1-11月計: 9,667km

累計距離:  22,191km (22ヶ月強)

11月は出張や出張者アテンド、さらに体調不良もあり、1000kmどころか、800kmにすら
達してないですね。。。。。

それにしても、ローラー台で稼いだ距離数が大幅に伸びている。
月間総距離の4割を超えちゃってますね(^_^;)

この記事は記録用として昨夜書いたものですが、これとは別に、今日は珍しく、もう1本アップします。
スポンサーサイト

アジア投資コスト比較

この記事は自転車の話題ではありません。

三井住友銀行が「アジア投資コスト比較資料」なるものを作ってくれまして、アジア各都市の各種
コストをはじき出してくれました。

以下、抜粋です。 単位は米ドル(1米ドル=約78円相当)
工場用地の賃料や、水道・ガス・電気代も当然比較されてますが、身近なものだけピックアップしてみました。

●一人当たりGDP

中国:       4,382 ドル
インドネシア:   3,015
ベトナム:     1,174
日本:      42,820

●製造業ワーカー月額賃金

中国:       227 ドル(瀋陽)~364ドル(北京)
インドネシア:  186
ベトナム:      96(ハノイ)~114(ホーチミン)
横浜:      3,098 (約24万円)

●携帯電話基本通話料(月額)

中国:       7.59 ドル
インドネシア:   5.00
ベトナム:     2.51
横浜:      41.50

●携帯電話加入料

中国:      7.59 ドル
インドネシア:  不要
ベトナム:   2564ドル (20万円!!
横浜:       不要

●インターネット接続料金(ブロードバンド)

中国:       18.00 ドル(北京)~425ドル(瀋陽) 33千円!!
インドネシア:  84.30
ベトナム:    169.23 (13千円!
横浜:       73.77

●ガソリン(レギュラー、1リットル)

中国:       1.00 ドル 前後
インドネシア:   0.50
ベトナム:     0.84
横浜:       1.36

------------------------------------

上記の通り、GDPは日本がダントツで、中国は日本の約1/10、インドネシア・ベトナムはさらに
ぐっと低い。
ワーカーの給料もほぼGDPに比例していて、日本・中国・インドネシア・ベトナムの順番。

携帯電話の基本料もほぼGDP比例なれど、携帯電話加入料となると、ベトナムが信じなれないくらい高い!
加入だけで20万円ってどういうこと? 2年分の給料相当ではないですか!
インターネットもベトナムが一番高いし、インドネシアも日本よりは高いです(^_^;)
但し、ガソリンはインドネシアがベトナムよりも安くて、今回対象となった「24都市」の中で最低です。
これは、政府の補助金のおかげなんですが。

ウィスキーやビールの値段は残念ながら比較対象にはなってませんでした(^_^;)











ローラー台はふくらはぎに来る?

本題に入る前に今朝の出来事について。

今日は通常勤務日なんですが、驚くほど寝坊してしまいました(>_<)
ジャカルタでは8:30業務開始なので、毎朝6:45頃に起きて7:50くらいに家を出ているのですが、
今朝ふと目が覚めたら何と9時。。。orz   

大遅刻だったわけですが、幸い会議は10時開始だったので、ギリギリ間に合いました(^_^;)

東京勤務時代に4年間は、前夜どんなに遅くとも、遅刻なんか1回もしたことないし、どんなに寝坊しても、
遅くとも7時半には起きてましたし、9時半始業でしたが、9時過ぎに出社することはごく稀でした。
(大体8時前後には出社していた)

その前の中東勤務時代は、日本人が1人で上司不在だったこともあり、出社時間は自由(中身で勝負!)
でしたが、会社生活25年で、寝坊による遅刻って、20代の頃に2-3回あった以来のことです。

ジャカルタでは目覚まし(ブラックベリーだが、かなりウルサイ)を「6:45」にセットしており、今朝も
目覚ましが2時間以上鳴り続けていたんですが、熟睡し続けてしまいました(^_^;)

普段であれば居間に置いていても十分覚醒できるほどの音量で鳴り響くので、問題なく起きられるのですが、
今朝は4時のお祈り(正確に言うと、モスクから大音量で響き渡る、「アザーン」という、アラビア語の
お祈りへの呼びかけ)がうるさかったので、寝ぼけながら無意識で耳栓をしてしまったのが敗因でした。。。orz

それにしても、昨夜深酒した訳じゃないんですよ。 23時頃には就寝してるんです。
つまり、10時間も熟睡し続けたわけですよね(^_^;)

「お酒を相当量飲んで寝ると睡眠が浅くなりすぐに目が覚める」という説もありますが、私の場合は、
少なくとも自覚症状的には、とっても熟睡できてしまいます。

40歳前後の頃は、「加齢による早起き現象」が明らかにあり、ジャカルタに来てからも、アルコール
不足で早く目が覚めてしまうことはありましたが、最近は「ちゃんと」飲んで寝ると、とっても長時間
熟睡できるんですね(^_^;)

「歳を取ると早く目が覚めてしまう」のが一般的なようですが、80歳で亡くなった父も、死ぬまで早起きが
苦手な人で、休日などは10時頃まで寝ている人でした。 なので、これは遺伝なのだろうか?

さて本題です。

僕は自転車で走行中に脚が攣った経験はありません。
300km走っても、ヒルクライムしても脚は攣りません。
強いて言えば、脚を酷使したあとに、就寝中に攣ったことは何度かあります。

先週末も水分不足だったせいか、105km走った直後は腿の裏の筋肉が攣りそうになりましたが、
すぐに治りました。

月曜日は休足日にしたこともあり、ライドによる筋肉痛はなし。
但し、火・水・木とちょっといつもよりたくさんローラーを漕いだところ、昨日の朝起きる時、両足のふくらはぎが
攣ってビックリしましたし、今日も右足のふくらはぎが筋肉痛(攣りの後遺症?)になってます。

僕はローラー台を漕ぎ始めた頃は、真面目にビンディングシューズを履いていたんですが、最近は面倒に
なってきて、休日に長時間(50km超とか)乗る時以外は、25km程度であれば、室内用のサンダル履き
のままローラーを漕いでます。

クロスバイクをフラペで160km走ったこともありますが、特にふくらはぎに筋肉痛が出た記憶はありません。
でもなぜか、ローラー台(ビンディングシューズ使用せず)だと、ふくらはぎに来るんですよね。
なぜなのだろう。。。。。 ポジションがおかしいのかな。。。。

さて、以下は余談です。

インドネシアの清潔度、100位に上昇=世界汚職番付

 【ジャカルタ時事】世界の汚職や腐敗を監視するNGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」(本部
ベルリン)が1日発表した2011年の「汚職番付」で、インドネシアは183カ国・地域中100位となり、昨年の
110位から順位を上げた。

 調査では、対象国・地域の公的部門の腐敗を検証し、「清潔度」を指数(最高10)で表した。インドネシアは3.0
で、昨年の2.8から上昇した。

 1位はニュージーランドで9.5、2位はデンマークとフィンランドで9.4だった。日本は8.0で14位とな
り、昨年の17位から順位を上げた。東南アジアではシンガポールが9.2で5位に入ったのが最高。最下位の
182位は北朝鮮とソマリアが1.0で並んだ。

 同組織は「ユーロ圏債務危機は政府が賄賂や脱税の阻止に取り組まなかったのが一因」と指摘。「債務危
機に直面している欧州でも、新たな政治の時代を迎えたアラブ諸国でも、指導者はより良い政府を求める声
に留意すべきだ」と訴えた。
(引用終わり)



インドネシアが汚職大国で、汚職撲滅に躍起になっているのは有名なんですが、以外に日本は清潔なんですね。
北朝鮮を順位に入れること自体、無理があるようにも思いますが。。。。(^_^;)


●本日の走行距離:   0km  (寝坊+飲み会のため)


クラパ・ガティンへ

さて今日は、ジャカルタ市内をポタリングしてきました。
昨夜は昼から夜までずっと雨だったこともあり、最高気温は34℃と、先週の日曜日
よりは随分と涼しく、走りやすかったです。

本日のコース

スディルマン大通りを真っ直ぐ北上すると、コタで渋滞するので、それを避けるため
にモナスを右折し、少し東方面から北の海沿いを目指します。

アンチョルの東側くらいから海沿いとなりますが、ここに至るまでの道は広くて空い
ていて走りやすかったです。 また行ってみたいものですね。

アンチョルから東方面に海と並行して走りましたが、以前はそのままずっと東に行っ
て、大回りしてブカシ経由帰ってきましたが、今日は途中で南下することにしました。

すると、ふと近代的な街にぶつかります。
どこだろうと、看板等を眺めると、「クラパ・ガディン」とあります。
あ、ここが有名な「クラパ・ガディン」か。

クラパ・ガディンの街中をたらたらと流し、KFCで休憩します。
ジャカルタのKFCは結構ボリュームのある胸肉のクリスピーが約100円と嬉しい価
格なんですが、コンビニなら500mlを10円で買える水が、300mlなのに52円くらいするので、水は
水筒の水を飲むことにし、クリスピーを単品@100円で購入しました。

サンバルを付けて、美味しく頂きます。

P1140254.jpg


ちなみに自転車ですが、よく行くスディルマンのKFCでは、席のすぐわきのガラスご
しに監視できる位置に自転車を置くんですが、今日の店はそういう作りになっていません。

店先でちょっと悩んでいると、駐車場の入口のお兄ちゃんから、「ここに駐めれば、
見ててやるよ!」と言われますが、ちょっと心配だったので、店のビルの中に持ち込みました。

P1140259.jpg

P1140257.jpg


クラパ・ガディンからブカシ方面に向かいますが、幹線道路が異常に混んでいたの
で、途中で引き返してジャカルタに戻ることにしました。

アパートに戻り、エレベーターホールでエレベーターを待っていると、隣に住んでい
る日本人駐在員ご夫婦の奥様と一緒になったので、「どこまで自転車で行かれたんですか?」
とか世間話をしてましたが、どうやら奥様も自転車に乗るそうです。

しばらく前から、ドアの外にMTBが置いてあるなと思ってたんですが、旦那が乗るの
かと勝手に思っていたら、乗るのは奥さんの方だそうです。

室内に置いておくと、タイヤのゴムの匂いが充満してイヤなので、当初はベランダに
置いていたらしいんですが、雨に濡れてしまうので、やむなく廊下に置いているとのこと
でした。

さて、夕方、近くのコンビニに買い物に行くと、その店でかかっていた音楽が、どう
やら「自転車ソング」らしく、インドネシア語では自転車のこと「スペダ」って言うんですが、
「スペダ」「スペダ」と連呼している歌が流れてました。

ジャカルタでは毎週日曜日、家の前のスディルマン通りと、それに続くタムリン通り
が車両通行禁止となるので、自転車&歩行者天国となります。 
午前中だけですが、普段はどこに居たんだろうというほどの台数の自転車が集まって
きます。

明日は車が使えないので、また近場をポタリングしようと思います。

走行中の画像を数枚。

P1140261.jpg

インドネシア国内で9秒に1台生産されているという、新車のバイクを満載したトラックが横切ります。

P1140260.jpg


●本日の走行距離:  57km





今日はブカシまで

(ネットの調子が悪く、URLも画像もアップできませんが、治り次第、追加でアップします)

改めて、ジャカルタのネット事情の悪さにはウンザリとさせられます。

私用のPCは固定ラインなのに、文字しかアップできず、色すら付けられない(^_^;)

<会社のPCを無線で繋ぐと、昨日は上手く行ったのに、今日はブログサイトにすらアクセスできない。

一体どういうこと??
日本のネット環境がいかに恵まれていたか改めて痛感しますね。

さて、12月に入って今日で4日目、日本ならすっかり街はクリスマスムードになり、忘年会のシーズンに
突入、という感じなんでしょうが、こちらは35℃前後の真夏の日差しを浴びながら、短距離ですが、
自転車に乗ってきました。

今日のコース

データ上では57kmですが、ボタン押し忘れによりタイマー計測できなかった区間が10km
ほどあるので、合計で67kmくらい走ったでしょうか。

2日合計で125km、日本国内なら楽勝で1日で走る距離ですよね(^_^;)

夏場は50℃を超える酷暑のアラビア半島でも、冬は結構気温が下がり、内陸部では霜が降りるほど
(気温も一桁)ですし、海岸沿いでも、12-14℃くらいまで気温が下がるので、冬はそれなりに
「冬だなぁ」と感じる気候となります。

しかし、北緯5℃のアフリカや、南緯6℃のジャカルタは、雨季はあるものの常夏で、12月でも
平気で40℃近くまで温度が上がります。

一昨日が雨だったので、昨日は比較的涼しかったんですが、今日は暑かった。。。。
でも、最高気温は36℃ですので、先週日曜日の105km(最高気温41℃)がいかに過酷だった
かが分かります。

今日は、昨日偶然走った(8月にも来たことあったかも)クマヨランからアンチョルの東に向かう
道(Jalan Benyamin Suaeb)が気持ち良く走れたので、今日もここに行ってみようと向かいますが、
今日は昨日と比べてどうにも暑いので、1往復しただけで、別の道に逸れることに。

すると偶然その道はブカシに向かう道だったので、そのままブカシ(チャクン)まで行ってきました。

P1140271.jpg

帰り際に裏から見ると。。。

P1140272.jpg


ブカシでコンビニ休憩しようと思ってたんですが、コンビニがないまま(アルファマートはあったが
ここにはコークゼロが売ってないのでパス)、ジャカルタ市内まで戻ってきてしまい、やっとみつけた
Indomaret で、コークゼロとアイスを補給。 既に50km走行後でした。

P1140273.jpg


「Rainbow Power」と書いてあるアイスを初めて買ってみました。
どんな中身なんだろう。。。。。

・・・

・・・・・

こんなんでした(^_^;)

P1140274.jpg


シャーベット系を期待してたんですが、クリーミーなアイス。
まあ30円もしない値段なので良しとしましょう。
この店はなぜかコークゼロも他の店より安く50円しませんでした。

両方合わせて80円弱。 今日の補給経費総額です(^_^;)

ちなみに昨日はKFCで100円でしたので、2日合計125km走って、補給総額は180円弱と
なかなか安く押さえられました。

帰宅すると、今日はエレベーターホールで、お隣のご主人に出くわし、これまた雑談しながら、
上まで上がってきました。

お隣のご夫婦には、2ヶ月ほど前、偶然エレベーターでご夫婦一緒の時にお会いして挨拶したきり
行動時間が合わないせいか、ずっと見かけなかったんですが、なぜか昨日は奥様、今日はご主人に
自転車帰りに会うという偶然。 ま、驚くようなことでもありませんが(^_^;)

さて、今日は夕方にマッサージ(オイルマッサージ・90分@1500円)に行って、疲れを癒して
きましたよ。

●本日の走行距離:    約67km

今日は珍しく、カールスバーグを瓶で飲んでおります(^_^;)


P1140264.jpg

ロンボク島経由スンバワ島へ

今日は、久しぶり(8月以来)に、バリ島の東方にあるスンバワ島の鉱山まで出張です。
会議は明日の午後なんですが、今日はギリギリまでジャカルタで仕事をせねばならないので、夜の
フライトで、バリ島の東隣にあるロンボク島まで行き、明朝のフライト(水陸両用セスナ)で、スンバワ島に
飛ぶ予定。

従って、この記事は、ロンボク島から発信される予定です。
→ジャカルタ空港で登場前に書き終えたので、飛行機乗る前に投稿します。


ロンボク島


ロンボク島は日本での知名度は分からないのですが、「バリ島よりも良い」という評価の高い観光地であり、
本来ならば、ゆっくり観光に来たいところなんですが、フライト到着21時、翌朝出発10時という、とても
観光ができるスケジュールではありません。(ホテル滞在は22時~翌朝8時)

今回宿泊するホテル


本当は自分で撮影した画像をアップしたいんですが、到着は22時前後になり、翌日も朝早いので、
サイトから拝借した画像をいくつか載せます。

xxx.jpg

exteriorx.jpg

ro008.jpg

M03181_x.jpg

こんなリゾート地なので、仕事の経由地(寝るだけ)ではなく、いつかゆっくり訪問したいものです(^_^;)


話は変わりますが、僕はREM(レム)睡眠時間が比較的長いのか、レム睡眠中に覚醒することが多いのか、
夢の内容を結構ハッキリと覚えていることが多いです。

中学生くらいの頃、「夢はカラーか白黒か」という議論になったことがありますが、友人の半数以上が「白黒」
と回答したのに対し、僕は幼稚園に上がる前から、一貫して「カラー」の夢を見続けております。

同じ夢を複数回見ることもありますね。

金土日と3連続で熟睡できたのですが、今朝は4時前に目が覚めてしまい、実際に起床した6時半くらい
までベッドの中で熟睡できないまま、うつらうつらとしてました。

こういう状況で見る夢(幻?)って、普通に見る夢と違って、自分はベッドに横たわっているという意識がある
まま、恐らく薄目が開いたような状態で見る「幻想」みたいなものなので、疲れる夢が多いです(^_^;)

今朝は耳栓をして寝てたんですが、妙な音楽が(聴いたことのない歌詞付の違う曲が、2フレーズ程度で切れ
ながら、何曲も
)流れ続けていて、「なんで俺は耳栓しているのに、こんなにハッキリと歌声が聞こえるんだ?」
と訝しく思い、枕の下を見ると、なんとラジオが鳴ってるではないですか。

「そう言えば、このラジカセは、寝ている間にインドネシア語を覚えようとセットしたんだっけかな」なんて
思いつつ、スイッチをオフにして寝直した訳ですが、これは全部幻想(夢)の中のできごとで、実際には
ラジカセなんて持ってないし、ましてや枕の下にセットなんかしてないんですよね(^_^;)

聴き覚えのない歌のフレーズも、なんでこんな歌が連続して聴こえる(聞き覚えのない曲なのに、なんで
自分の脳が何曲も作曲できる)のか本当に不思議です。

夢というのは、眠っている間に、脳が勝手に「視覚」や「聴覚」、時には「嗅覚」や「触覚」まで感じてしまい、
実際には起きてない世界に完全に入ってしまうわけですが、これを起きているときに見てしまうと、白昼夢
(白日夢)であり、完全に「幻覚」「幻聴」、精神病の世界です。

しかし、熟睡できないままベッドで悶々としているときに見る「夢?」って殆ど「幻覚」「幻聴」の世界に
近いので不気味ですよね(^_^;)

しかも、そういう時って、意外と「見たい夢」が見れたりもする。。。。

但し、夢って、その時の精神状態とか、過去の印象的な経験とかが再現されることが多いので、夢の内容を
良く覚えていると、自分がどういう精神状態で、潜在的に何を求めていて、何を恐れているのかってのが、
割と良く分かる(分析できる)ので面白いですよね。

僕は学生時代、フロイトの夢分析に凝っていたことがあり、臨床心理学や精神分析を専門的に勉強しようと
真剣に考えていたこともあるんですが、金になりそうにないんで止めた経緯があります(^_^;)

自分が自分の夢分析をしょっちゅうやっているだけに、他人の夢分析にも興味あり、たまに他人の夢の話を
聴くと「それは、潜在的にきっと何を求めている、何を恐れているんだ」などと余計なことを言いたくなります。

なんだか、取り留めのない文章になってきたので、今日はこの辺で(^_^;)

●本日の走行距離:   0km 


ロンボク島からスンバワ島へ

10時発の予定の水陸両用飛行機が、10時過ぎてもやってこないので、空港の待合室で記事を書き始めて
おります。

昨夜は、ジャカルタからロンボクまでガルーダ航空(もちろん国内線)で来たんですあ、18時過ぎに出発し
到着は現地時間の21時近くだったので、丁度夕食の時間に該当します。

国内線のエコノミークラスなんて、お酒がでるわけないよなぁ。。。と思いつつ、昼食時に事務所の先輩方に
聞いて見ると、2説あって、「ビジネスや国際線ならお酒が出るので、頼めば有料で売ってくれるのでは?」
という意見と、「いや、エコノミーじゃ出ないよ」という意見が。

「乗る前にガバガバ飲んでおけばいいじゃないか」という変化球もありましたが、僕は日が暮れる前に飲み
始めるのがあまり好きでなく、夕食を始めるその瞬間から飲みたい人間なので、機内でトライしてみる
ことにしました。

結果は×。。。。。orz
有料も無料も泣く、エコノミークラスには現地産のビールすらありませんでした(>_<)

しかなたいので、出された食事を半分くらい(肉と野菜だけ食べて、ライスとデザートは残す)食べて、
ロンボク島に到着。

ホテルでチェックインを終えて部屋に入ったのは既に22時。
スタッフに聞くと、レストランは22:30までしか開いてないと。
部屋の冷蔵庫を見ると、ビールが2本入っているだけで、ワインもウィスキーもない。

しかたないので、レストランに行き、ビーフバーガー(800円)とビール大(500円)、マティーニドライ
(600円)を注文します。 追加でシーバスリーガルのダブル(1100円)とソーダ(230円)も。

夜の注文は、昼間のライドと大違いです(^_^;)

独り寂しく、見えない海のビーチ沿いで、波の音を聴きながら、リゾートディナーとしました。
結局お店は23時までやっていたんですが、既に機内で少しとは食べていたので、あまりお酒が進みません。

通常ですと、ある程度飲んで酔った状態で食べ始めると、お酒も食事も良く進むのですが、先に食べてしまい
あとから飲み始めると、どうにもよろしくありません。

結局部屋に戻ってビール1本飲んで寝たんですが、全く寝付けず、まともに眠れたのは2時間くらいで、
午前2時頃から朝まで、前日同様、うつらうつら状態で過ごしたので、今日も寝不足でつらいです。

昨日は借り物画像のみでしたが、本日は自分で撮影した画像を載せることにします。

まずは昨夜のバー(レストラン)

P1140290.jpg

P1140292.jpg

P1140296.jpg

P1140299.jpg


部屋も広くて豪華です。
これで、1泊9000円未満ですからね。



P1140303.jpg

P1140310.jpg


以下は今朝ホテル内(ビーチ含む)で撮影した写真です。

P1140314.jpg

P1140322.jpg

P1140324.jpg

P1140325.jpg

P1140331.jpg

P1140348.jpg

ロンボクからスンバワへ飛ぶ、セスナの水陸両用機です。
パイロットのすぐ後ろに座りました。
混んでいるときは、コーパイの席(パイロットの横の助手席)に座ることもあるんですよ(^_^;)

P1140356.jpg

P1140358.jpg

最後の画像は今夜泊まる予定のホテルです。
空港から会議場への途中にあるホテルなので、会議の前にチェックインしておきました。

こちらも、ロンボク島のノボテルほどゴージャスではありませんが、基本的にリゾート風コテージです。
サーファーに人気がある場所みたいですね。

P1140360.jpg

●本日の走行距離:   0km

今日のスンバワ島は豪雨に見舞われておりますが、飲み会は実施です。


スンバワ島→ロンボク島→バリ島→ジャワ島

今日は移動日で、飛行機に3回乗り降りして、島々を渡り歩いて戻ってきたので、簡単な記事と写真のみ
載せることにします。

昨日は年に3回ほど定期的に開催される、重要な会議が、鉱山の現場で行われたのですが、会議出席者は
20名近く予定されており、13時から開始する会議に先立ち、12~13時に軽食を用意しているという
連絡があったので、12時に食事の場所と指定されていた会議室にやってきました。

すると、20名分はなさそうですが、まあ10人くらいなら腹一杯になるような料理が準備されています。

P1140365.jpg

ところが、待てど暮らせど、誰も現れない。。。orz
いよいよ会議開始時間が迫ってきたので、給仕係に「これって、13時から始まる会議に出席する人達用に
準備してくれた食事だよね?」と確認の上、仕方ないので独りで食べることにします。

P1140366.jpg

うーん。。。。10名分以上ある感じですね(^_^;)

さて、会議は無事終わり、夜の会食です。
料理は撮影してませんが、レストランは海沿いのホテル(宿泊したホテルとは別)です。

P1140371.jpg

2次会は宿泊しているホテルのバーで。

P1140374.jpg

2次会と言っても、飲み足りなかった私が独りで来ただけなんですけど(^_^;)
「飲めば飲むほど何か食べたくなる」人間なので、軽めに「サラダとスープ」を注文すると。。。。

P1140378.jpg

結構なボリュームです。
1次会はビールを10本くらいしか飲まなかったので、2次会では「ウォッカを8杯」と「ウィスキー5杯」
飲んで、気持ち良く酔って就寝。


前夜と前々夜とアルコール不足で睡眠不足が続いてましたが、昨夜は大量の蚊に刺されながらも、アルコール
の力で熟睡することができました(^_^;)

P1140380.jpg

今朝まで滞在していたホテルは、1泊5500円程度でしたが、こちらもリゾート系です。

P1140390.jpg

そして、水陸両用セスナで、スンバワ島→ロンボク島→バリ島と飛びます。


P1140398.jpg


ここで問題発覚、私の持っていた航空券は、ロンボクまでとなっており、バリ島に飛ぶ航空券がないことが
発覚(>_<)

焦りますが、係員から「ロンボクで係の人間が代金を徴収に来るから」とのことで、とりあえず飛行機に乗る
ことに。

実は、前日から借り切っていたタクシーの代金が予想以上に掛かってしまい、手持ち現金が底を尽きかけて
いたんですが、追加購入航空券代は、どうにかギリギリで支払うことができました。

もし、現金が足りなかったら、帰って来れなかったかも(^_^;)

飛行機の計器をアップで撮影してみる。

P1140407.jpg

機内から見える、バリ島の神聖なる山「アグン山」です。
標高は3000m以上あり、「バリ富士」との別称も。


P1140418.jpg


さすが、世界の観光地「バリ島」、世界各地から航空会社が飛んできています。
ついこないだは、米国大統領専用機「エアフォース・ワン」も来ており、他の飛行機の発着にだいぶ
シワ寄せがきたそうです。

P1140428.jpg

P1140430.jpg

P1140432.jpg


最後の写真は、最近話題の「ライオン・エア

ライオンエアは、インドネシア最大である国営ガルーダ航空と異なる、所謂「格安航空会社」(LCC)で、
驚くような料金体系で、旅客数を急増させている会社なんですが。。。。。

何が話題かと言うと、米国最強のセールスマンである、オバマ大統領が、先般バリでの国際会議に
出席した際、自国ボーイング社の機体の売り込みを行い、何と一発の商談で「230機」、実にその
金額は「約2兆円」という、航空史上世界最大の契約を締結してしまったのです!!

そう言えば、今を遡ること5-6年前、私の駐在していた国の航空会社(これも微妙だが国営ではない)
エミレーツ航空」が確か当時の航空史上世界最大の契約を交わしたんじゃなかったかな。

発展途上国、しかもその発展度合いが急激で大規模な国(都市)での勤務が続いてますが、急発展している
国はビジネスのチャンスも大きいものの、インフラの整備が不十分で、耐えられないレベルの渋滞や
未熟な制度等も漏れなく付いてくるので、そういう国で生活するのも、それはそれで大変なんです
けどね(^_^;)

あと、コケた時も、一気に世界に迷惑を掛けることになりますし(>_<)
「インドネシア・ショック」が起きないことを祈るばかり。。。。


●本日の走行距離:       夜ローラー


2時間の会議(これは重要会議なので、欠席は許されない)に出席するため、往路21時間、復路8時間かけ、
リゾート系ホテルに2泊してきた「みゅあうっず」でした(^_^;)




ビンディングシューズの効果を改めて

私が初代のクロスバイクにSPDを導入したのは、去年の4月ですが、ビンディング導入前に
100km以上走ったのは1回だけ。

その後、今年の3月に1回だけ、敢えてフラペでライドイベントに参加し、結果として160km
のセンチュリーを走ったということはありましたが、フラペを使うのは日本に居た頃の通勤と
夜ポタくらいで、それ以外のライドは全てビンディングシューズを使ってきました。

ところが、ローラー台を漕ぐ際には、SPD-SLペダルであっても、サンダルで問題なく漕げる
ことが分かって、最近はもっぱらサンダルでローラーを漕いでおりました。

しかし、なんか変な膝の痛みを感じるようになって、これは普通にビンディングシューズを履いて
ライドに行く際には痛まないので、フラペ・ローラーが原因かと思い、かつ折角ローラー台を
漕ぐのに引き足のトレーニングができないのは勿体ないというご指摘もあったので、昨日から
再び、ローラー台を漕ぐ際にも、面倒臭がらずにビンディングシューズを履くことにしました。

すると、やっぱり全然違いますね(^_^;)
フラペ(というかサンダル)と比べて全然楽に回せます。
サンダルだと、30km/hを維持するのが結構大変なんですが、SPD-SLであれば、楽に30km/hで
走れました。

今更ながら、改めてビンディングシューズの効果を再確認できました。

●昨日の走行距離:   16km
 本日の走行距離:   12km (いずれもローラー台)

でも、距離の割には疲れない(楽)だから、運動量としては、少なくなっちゃうのかな(^_^;)


ナポレオンを食す!

今日は(も?)自転車とは関係ない記事です(^_^;)

ジャカルタでは2週間に1回くらいのペースで買出し(ビール&ソーダ、及び食材等)に出かける、というか
会社帰りにスーパーに寄って買い物をしてるんですが、昨日は珍しいものを買いました。

それは「ナポレオン・フィッシュ

別名というか、正式和名は「メガネモチノウオ」と言うらしいですね。
大きいものは相当な大きさです!


Napoleon.jpg

目付きがグロテスクで、食欲が沸かないですね(^_^;)


PHOT0000000000020EBA.jpg

napo.jpg

スーパーの魚売り場で、見たことのない青というか青緑色の肌をした魚の切り身が置いてあったので、
ナポレオンフィッシュとは知らずに、試しに一枚買ってみることに。

切り身でも、こんな感じで結構強烈な色目をしております。


P1140444.jpg

P1140445.jpg


しかし、裏返してみると、普通の白身魚ですな。


P1140446.jpg


お値段は、キロ当たり「96900ルピア」、約840円ほどです。
買ったのは338グラム。


P1140449.jpg

全体の1/3くらい焼いてみます。
フライパンに乗せても、まだ色が結構強烈(^_^;)


P1140451.jpg


焼き上がってくると、普通の魚に見えてきます(^_^;)


P1140452.jpg


健康のため、野菜も添えて、頂きます。

P1140453.jpg


味はマイルドで、普通の白身魚でございました(^_^;)


●本日の走行距離:   1km (忘年会のため)





雨ニモマケズ。。。 50km

今日はブログ記事書く前に飲み始めてしまったので、まともな記事は書けそうにありません。
簡単な記事だけ書くことにします。

明日はジャカルタ自転車部の活動に参加することから、今日は軽く足慣らしの50kmです。

本日のコース


インドネシアの雨季は、夕方にスコールが降ることが多いんですが、今日は出発後30分くらいから
パラパラと雨が降ってきました。

強い雨にはならなかったんですが、路面はすっかり濡れて(というかドロドロになっており)、
スリップの危険や、ブレーキが全然利かないという安全上の問題もさることながら、後輪が
はねる泥水で、背中からサドルにかけてドロドロになってしまいました(>_<)

自転車も当然ドロドロであり、明日の自転車部活動に備え、今日はジムに行く予定だったのを変更し、
自転車の清掃と、チェーンとスプロケのメンテを実施します。

メンテ不足で自転車部に参加すると、「バークラ部長」に「光るべき部分は光ってないといけません!」
怒られるからです(^_^;)

今日のメンテで、チェーンルブがなくなってしまいました。
900円で購入したものですが、5回くらい使えたかな。
1回あたり180円か。 まあ、そんなものでしょう。

追加で購入せねばなりません。
またSTCにでも買い物に行こうかな。

さて、明日は「バークラ部長」からお誘いがあり、「プンチャック峠でもどうですか?」と打診して
みたんですが、「プンチャックは部員が揃ったときまで取っておこう」ということで、明日はSentul
ヒルクライム
となります。

私的には、Sentulは約2ヶ月ぶりになるかな。
砂利道が舗装されたと聞いているので、峠の茶屋まで快適に登れることでしょう。
今夜も雨が降っているので、明日は涼しくなることを期待したい。

40℃でのヒルクライムは、結構厳しいからね(^_^;)

●本日の走行距離:  51km


明日はハンガーノックにならないよう、今からアルコールローディング開始です(^_^;)
〆のラーメンもしっかり食って、夜中にチョコレートとかがしがし食おう。

そして、明日の朝食もラーメンだぜい♪

あー、酔っ払ってきた(^_^;)





久しぶりのSentulヒルクライム!

今日は色々あって、ブログ記事を書き始める時間が遅くなってしまったので、触りだけ。
今夜から出張者があり、今週は出張者が2組あることから、月~金までずっとアテンドと
会食が続きます。

なので、詳細記事がいつ書けるか疑問ですが、頑張って少しずつアップして行こうと
思います。

まずは「今日のコース

間違って帰宅後にスタートボタンを押してしまったので、車で移動した部分が、直線で表示
されてしまっており、肝心の走行ルートが小さくなってしまっているので、詳細をご覧になりたい
際は地図のクローズアップして下さいね(^_^;)

メンバーはジャカルタ自転車部の幹部、「バークラ部長」と「バッソ会長」、そして「みゅあうっず
部員」の3名です。  
さて、獲得標高は1000m強でした。
19%の激坂もあり、なかなか脚に応えるコースでしたよ(^_^;)

さて、今日は時系列的に書けるところまで。

前日と当日朝のカーボローディングですが、ガッツリ食いだめするはずが、アルコールばかり
進んでしまい、固形物は今一つローディングできず。

深夜の〆ラーメンも食べられなかったし、寝坊したので、朝ラーメンもなし。
ローディング不足で出発しますが、車の中でちょいと補給します。

P1140471.jpg

P1140472.jpg

P1140473.jpg

これ、3つ入って、お値段は30円。
1個10円ですが、月餅を小さくしたようなもの(味はチョコ味の餡子)で、小さい割にはカロリーが
高そうであり、実際、今日は補給面では問題なかったですね。

デポ地に到着。 

P1140476.jpg


既にお二人は到着済みですが、私は既に車内で準備完了していたので、そのまま
走り出せる状態という意味では、一番準備が出来てましたね(^_^;)

「バークラ部長」と「バッソ会長」
バッソ会長は、いつものトレードマーク「赤ジャージ」でなく、今日はブルーです。

P1140485.jpg

P1140486.jpg


山頂にて。 

P1140499.jpg

こんな看板がありますねぇ。。。。「Sentul」「Sepeda」が重なって表示されてますが、「Sentul」
(「スントゥール」と読みます)は地名、「Sepeda」(スペダ)は自転車のことです。
自転車のメッカなんですよね。

到着するお二人。

P1140495.jpg

P1140496.jpg

P1140512.jpg


ここの峠で休憩のあと、激坂19%を含むコースに移動です。

激坂を登る、バッソ会長

P1140520.jpg


苦しむバッソ会長を撮影するバークラ部長(^_^;)

P1140526.jpg


激坂をクリアし、息も絶え絶えなバッソ会長。

P1140528.jpg


中途半端ですが、本日はここまで(^_^;)

夜8時、腹減ってきたし、ビールも飲みたいので、続きは後日(^_^;)

●本日の走行距離:   44km  
●本日の獲得標高: 1048m


久しぶりのSentulヒルクライム!(続き)

昨日の記事の続きです。

昨日のコース

昨日のヒルクライムは、最初の目的地が「峠の茶屋」、二つ目の目的地が、「Gunung Geolisのバナナ屋さん
です。

峠の茶屋から、バナナ屋さんに向かうには、一旦山を半分くらい降りて、途中の曲がり角を左折し、Gunung
Geolis に向けて、ゴルフ場内の激坂を登り降りしたあと、更に19%の激坂を含む登りをやっつけないと
いけません。

バナナ屋さんにたどり着きました。

P1140542.jpg

P1140532.jpg

しかし今回はバナナは買いませんでした。
代わりに買ったのが、この「TAHU」。

P1140530.jpg

P1140537.jpg


これ、語源は「とうふ」らしいんですが、まさに揚げ豆腐で、おつまみに最適。
1個5円未満で、2個で9円弱というお手軽なお値段。
唐辛子と一緒に食べるのが習慣」と「バークラ部長」に教わります。

P1140538.jpg


深く考えずにTAHU2個と一緒に、唐辛子3本とも根元まで完食したんですが、歯ざわり喉越しは
美味しかったんですが、食べ終わったあとに口の中が猛烈に痺れてきました(>_<)

P1140540.jpg


普通は先っぽをちょっとカジる程度らしんですが、さすがに根元は強烈だった(^_^;)

さて、11時近くなってきたので、帰途につきます。
途中までは下り基調であり、前回後輪が連続スリップして、あわや大事故となった地点も通過する
ことから、僕はゆっくりと走ります。

途中の景色。

P1140544.jpg

ここから間の谷まで一旦下り、写真に写っているクラブハウスまで激坂を登ります。

P1140546.jpg


ライド終了後は、プールで汗を流します。
カメラの調子がおかしく、フォーカスできないので、自然モザイクです(^_^;)

P1140551.jpg

P1140554.jpg


以降、一切カメラは使えなくなりました(>_<)
買い換えなくてはならないかもしれません。。。。orz

●本日の走行距離:   0km  (来客中にて)

自転車乗りは確実に増えてますね

昨日から出張者が来ており、現在カリマンタンで仕事中。
私は別件の出張者があるので、ジャカルタで待機です。
昨夜も接待、今夜も接待会食。 まあ、会社の金で飲み食いできるのは良いんですが、毎晩だと疲れますね。

さて、昨日来ていた出張者(取引先の担当者)は何度かジャカルタに来ているんですが、昨日車に乗った
直後にいきなり、「○○さん、こちらでロードバイク乗ってらっしゃるんですって?」と聞かれたので、
「そうなんです、本社の担当から聞きましたか」みたいな話になったんですが、どうやら彼(僕と同世代)も
メタボ対策として、今年の5月にアンカーのクロモリ・ロードバイクを購入したそうです。

横浜に住んでいるらしく、湘南をよく走っているそうです。
最初のスポーツ自転車がロードだったようで、まだ自転車歴半年くらいのようなんですが、最初はフラペで
女性や老人に抜かれたのが悔しくてビンディングに換えたと言ってました(^_^;)

「小田原往復でヘロヘロになった」とか、「箱根登りかけてギブアップした」とか、白髪(長髪)の御仁に
スーッと抜かれたと思ったら岩城滉一だったとか、ジャカルタの渋滞に巻き込まれて2時間くらいずっと
自転車の話で盛り上がりました。

「1日100km走るのが当面の目標」とか、「すぐ脚が攣るんですよねぇ」とか仰るので、慣れると「200km
くらい走れますよ」とか、「1日300km以上走る変態的な方も居ますよ」とか色々と説明しておきました(^_^;)

やはり、自転車人口は確実に増えてますね。

私も日本をあとにしてから、そろそろ5ヶ月になることから、最近の状況は良く分からないのですが、彼いわく
女性ローディーがとても増えてきた」と。

自転車に長距離乗ると脚が細くなる」と言われているらしく、シェイプアップのために自転車に乗る女性が
増えていると聞きました。

僕は自転車に乗るようになって、確実に太腿が太くなりましたが、軽い負荷でクルクル回すようなペダリングで
月500km程度の走行なら、脚は逆に細くなるのかな?

●本日の走行距離:    0km

インドネシアの自転車レース

今日の新聞(Jakarta Post)で、こんな記事をみつけました。

Tour de Lombok

内容としては、私が何度か出張で泊まったことのある「ロンボク島」「スンバワ島」で400kmの
ロードレース(「ツール・ド・ロンボク・スンバワ」)が12/13-12/15で開催中という話。

確かにロンボク島を車で走ったとき、「ここを自転車で走ったら気持ち良いだろうなぁ」と思ったんですが、
やはりここではレースが行われるんですね。

しかも関係者は、「このレースは来年、UCI(International Cycling Union)の公式レースに認定される
だろう
」などと発言しているそうです。

インドネシア国内のレースで、既にUCIカレンダーにリストアップされているレースとしては、以下が
あるとのこと。

●スピーディ・ツール・ド・インドネシア (ジャカルタ→バリ)

 先日アパートの前の大通りで初日のレースが開催中だったのを目撃、日本人選手の「福島晋一」選手
 (40歳)が 複数のステージで優勝してたはず。

●ツールド・シンカラ (スマトラ島)

●ツールド・東ジャワ

●ポリゴン・ツールド・ジャカルタ


<本日の走行距離>  7.5km (朝ローラーのみ)
プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。