スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の走行距離

皆様、明けましておめでとうございます。
旧年は色々とお世話になりました。
本年も拙いブログですが、よろしくお願い申し上げます。

本日は元旦なので、去年の走行距離をまとめてみたいと思います。

Muirwoods号(クロスバイク): 2481km
Cervelo号(ロードバイク):   4203km
CAAD10(ロードバイク):    3652km
---------------------------------------------
合計:              10,303km

ちなみに2010年はサイコンベースで「10,810km」+未計測分が「約1700km」あったので、推定ですが
合計で「約12,500km」走れていたのに対して、11年は2割ほど少なかったですね。

しかも、後半は1/3くらい(1000kmくらい)はローラー台なので、実走距離はもっと少なかったことに
なります。

今年は何キロ走れるかなぁ。。。。。

目標としては「最低10,000km」、できれば月1000kmで「年間12,000km」を目指したいものです。


さて、バリでの元旦は、のんびりとしたものでした。
9時近くまで寝ていて、朝食&食休みしている内に昼を過ぎ、午後からヌサドゥアのバリコレクションに
お土産を買いに行きました。 (私自身は何も買ってないのですが。。。)

でもって、その後、昨日同様ホテルのジムで汗を流し、これから夕食にでかけるという感じで、天気も
悪かったので、海やプールには行かずに終わりました。

海のアトラクション(ジェットスキーやパラセイリングとか)も全然やってないなぁ。。。。

まあ、バカンスはのんびりするのが本来の目的なので、それはそれで良いんですけどね。






スポンサーサイト

デンパサールでフライト遅延中(^_^;)

今、バリ島のデンパサール空港で原稿書いてます。
20:55発予定だったフライトが、1時間以上遅れて、現時点で「22:10」発となってます。

時間潰しに、しょうもないシャビーなラーメン屋に入って時間潰ししていたら、驚くことに、隣に例の
「○○家具」の社長さんが偶然現れました。

しかも、今気づいたんですが、今日の日中買い物をしていた「スミニャック」でも何度か顔を合わせた
奥様とお嬢さんだったことに気づき、ホテルと言い、買い物と言い、帰りのフライトと言い、実に偶然が
重なるものです。

さて、今日の記事は(も)とりとめはありません。 当然オチもありません(^_^;)

今朝は、妻娘がスパに行くというので、朝食後ホテルのスパまで送り、私はプールサイドで日光浴に。

バリ島到着日は、ホテルに14時に到着したのに、最終的に2部屋チェックインできたのは16時半過ぎ
であり、ホテルの施設を見て回るくらいしかできず、初日は終了。

2日目は、プールサイドには行ったものの、ずっと雨で、早々に退散。
3日目は、午前中はのんびり、午後は買い物。 この日も雨がちな曇り空。。。。

4日目(最終日)の今日は、最高の晴天だったんですが、プールに居たのは2時間弱で、あとは炎天下の
買い物という苦行でした(>_<)

それにしても、バリ島は日本人が多いですね。
片言の日本語を喋る観光業界従業員も多いし、年末年始ということもあり、どこに居ても、日本人で溢れてます。

ホテルのメニューや免税店の表記も日本語だし、なんだかあまり海外に居る気がしませんね。

もっとも、ジャカルタも日本人人口はとても多く(1万人くらい)、行動エリアも似通ってくるので、周りには
たくさんの日本人が居ます。

前回(2003年~2007年)に勤務していた中東の都市も、結構日本人(滞在・出張・観光)が多く、その前の
2つの勤務地と随分違うなぁと思ったものですが、インドネシアの日本人の多さ(プレゼンスの高さ)は中東の
比ではないですね。

下手に日本語で、悪口言えないっていう短所もありますけど(^_^;)

僕が最初に駐在したアフリカの小国は、日本人がたったの100人強しか住んでませんでした。
2度目の中東の都市(首都)も、日本人は200人ほど。

なので、「同じ都市に住んでいる日本人は全員知り合い」「日本人っぽい顔で、知らない人は、中国人か
韓国人」と言い切って良い状況でしたが、前回と今回は、「知り合いではない日本人」がたくさん居る状況
なので、慣れるのに少し時間がかかりましたね。

インドネシア語、頑張って勉強中ですが、難しいです。
英語との互換性が少ないのも、難解な要因なんですよね(^_^;)

●本日の走行距離:   0km

フライトが1時間以上遅れてます。。。。。。

ブログ記事の「起承転結」

ブログは公開されているとは言え、基本的に個人の日記でもあるので、管理人が自分の好きなように
書けば良いというのが基本ではあるが、人気のあるブログ、自分が読んで面白いなと感じるブログという
のは、やはり起承転結がハッキリとしていて、読者が「なるほど!」と感じるようなものではないかと思う。

以前より、「ブログとはエッセイに似たものだな」と感じていた。
短いエッセイの中に、読者に読ませる(納得させる)内容を盛り込むというのは、決して簡単なことでは
なく、やはり「文才」が必要となってくるだろう。

自分の過去の記事を読んでみたり、最近の記事の傾向を振り返ってみると、起承転結どころか、「起承」
くらいで終わっているものが大半で、下手すると「起」しかない酷い記事も散見される(^_^;)

毎日ブログ更新をしていて、ざっくりと、起承転結がある程度ある文章が書けるのは、精々月に3回程度。
つまり10%くらい。
「転」が抜けてて、「起承結」程度のものが、30%くらいだろうか。。。。。

比率分析してみると、以下のような感じ(^_^;)

① 起承転結: 10%
② 起承結:  30% (含む:「起承転」)
③ 起承:   50% 
④ 起:    10% 


小学生日記のように、単に時系列に文章を書いていると、精々③か、頑張って②くらいにしかならない。

やはり、面白い文章を書くには、まず「結」の部分が興味深い内容である必要があるのが難しいところでは
あるが、「結」(いわゆる「オチ」かな)の部分がそれほど面白くなくても、「今日は、これを結論とするぞ」と
ハッキリ決めて書き始めた方が、それなりの文章になるような気がする。

そして、その「結」に持って行く過程で、やはり「転」の部分がないと面白くないわけで、この「転」と「結」が
面白い内容ならば、「起」「承」の部分は自ずと書けるわけであり、まあまあまともな文章になるのではないか
と、ふとつらつらと考えている正月である。

そしてまた、起承転結のない文章をアップしてしまった(>_<)
文才のなさを嘆くしかないか(^_^;)

毎日面白いエッセイやブログを書ける人というのは、やはり文才があるのか、よほど波乱万丈の人生を
生きているということなのだろうか。。。。


●本日の走行距離:      32km (ローラー台)

走り始めは、現在の状況から、ローラー台となってしまいましたが、今年も頑張って、距離を稼ぎたいと
思います!!

さて、正月休みも今日で終わり。
明日から操業開始です。

仕事も頑張らないとね!

<追記>

ライド記事であれば、予想外のライダーと遭遇するとか、
パンクとか落車とかが「転」になりうるネタなわけですが、
ブログ記事のために、そうそうパンクや落車をする
わけにも行かず、なかなか「転」が思いつかない毎日でありんす。


年末調整 (悲喜こもごも)

正月休暇も昨日で終わり、今日から営業開始ですが、ちょっと驚いたのは、インドネシア人も日本人同様
「新年明けましておめでとうございます」の社内を回っての挨拶をするんだということ。
日系企業だからこその習慣なのかもしれませんが、ちょっと驚きました。

Selamat Tahun Baru! Semoga Sukses! と言い合うのが定型のようです。
意味は「新年明けましておめでとうございます。 今年も幸運でありますように。」と言ったところでしょうか。

さて、相変わらず自転車と無関係な記事が続きますが、この時期、年末調整絡みで悲喜こもごもな方も
少なくないと思い、過去のことを思い出しながら、ちょっと書いてみることにします。

日本の税制では、日本に居住している人(居住していた期間)に対してしか課税対象とならないため、
国外に在住していた期間は、課税対象から外れます。

そのため、年始から年末まで丸々国外に居た年度の収入については全く課税されないのは当然として、
年度の半分しか日本に居なかったというような場合には、日本に滞在していた期間の収入(みなし金額)
に対してのみ、課税されます。

ちなみに私は、昭和62年(1987年)に社会人になって以来、国内外での居住状況は以下となってます。

●年始から年末まで国内在住 (11年)

1987年~1988年
1993年
1998年~2002年
2008年~2010年

●内外の移動があった年 (7年)

1989年
1992年
1994年
1997年
2003年
2007年
2011年

●年始から年末まで国外在住 (7年)

1990年~1991年
1995年~1996年
2004年~2006年



所得税と住民税では、課税基準が少し異なりますが、まず所得税ですと、給与所得者の場合、月額所得から
一定率が課税(給与天引き)され、年末に各種控除証明書を提出することで、課税所得が確定し、みなしで
納税していた金額と、確定した税額との差を、「年末調整」という形で、1月の給与(等)で調整するのが
一般的かと思います。

私の場合、1992年は家族が減った(謎:死亡や独立ではない)ことから、扶養控除がなくなり、年末調整で
1ヶ月分以上もの金額を追加納税せねばならなくなり、スキーシーズンで金が入用な時期に、1月の給料
「ゼロ」、2月の給料は「半分」というツライ思いをした苦い経験がありまする(^_^;)

逆に、2007年は8月末に帰国したことから、4ヶ月分しか課税されず、年末調整で100万円以上戻って
きて、家計が大変助かったという経験もあります。

2010年は7月17日出国だったことから、6ヶ月半のみ課税対象期間だったことから、そこそこの金額が
1月給与時に返還されることが分かり、物欲に火が点きそうですが、そこはグッと我慢して、住宅ローン
返済や老後の生活費への貯金へ回そうと堅く心に誓いました(^_^;)

ちなみに、住民税の場合は所得税と若干システムが異なります。
それは課税対象者が「当該年度の1月1日に国内に居住していた人」に限られ、その前年度の収入に
対して課税されるからです。

なので、所得税の場合は、12月31日に出国した場合でも、364日分課税されるので、焦って出国する
メリットはないのですが、住民税の場合、11年12月31日に出国すれば、11年度の収入に対する課税は
「ゼロ」、それに対して12年1月1日出国の場合、1月1日に居住していたことになるので、11年度の
年収全額に対して課税されるので、1日の出国日の違いで、莫大な税額の差が生じてしまいます。

私の場合、年央の発令(異動)が多いことから、上記のような悩みや焦りはなかったですが、12月発令とか
1月辞令とかですと、皆さん必死で年内に出国しようと努力するわけです。

また、住民税は1月1日に居住していた年の6月から翌年の5月まで12分割で支払うことになっているので、
私の場合、去年出国したので、今年の5月まで住民税が課税(給与天引き)されます。

一方、帰国後は、翌年の5月まで住民税は「ゼロ」、かつ帰国翌年の6月から翌々年の5月までは、上述の
ように、課税対象期間が短くなることから、税額の低くて済みます。

なので、本格的に家計が苦しくなるのは、帰国後翌々年の5月からということになります。

●年始から年末まで国内在住 (11年)

1987年~1988年
1993年
1998年~2002年
2008年~2010年

●内外の移動があった年 (7年)

1989年  日本 → アフリカ
1992年  アフリカ → 日本
1994年  日本 → 中東
1997年  中東 → 日本
2003年  日本 → 中東2
2007年  中東2 → 日本
2011年  日本 → ジャカルタ


●年始から年末まで国外在住 (7年)

1990年~1991年
1995年~1996年
2004年~2006年

上記のような異動でしたので、帰国後翌々年に当たるのは、94年・99年・09年となりますが、94年の場合は
5月から2度目の国外勤務となったことから、重税感はなし。

99年6月は、住民税の増額がズシリと響きましたが、この年には住宅の買換損が多額に発生したことから、
99・00・01年の3年間は実質無税、02年から03年にかけてのみ、重税感がありました。
(実際には、住宅ローンの金額が3倍以上になったので、免税期間も借金による重圧感は半端ではありません
でしたが(^_^;)

しかし、直近の09年6月は、過去最大のマグニチュードで住民税が襲ってきました(>_<)
あまりにも生活が苦しくなり、「飲み会は最低限、2次会は行かない」「会社で有料の飲料は飲まない」
「昼食は370円以内、夕食は原則家で食べる」
という風に、ライフスタイルそのものが大きく変化する事態に
至りました。

以来、上司には「サウジでもアフリカでも、どこでも良いから海外に出してくれ!」と訴え続けた結果、耐乏生活
を継続すること約2年、やっと昨年7月に国外逃亡を果たせたわけです(^_^;)

89年の初海外以来09年のウルトラ重税感に押し潰されるまでの20年は、以下のいずれかのパターンで、
一部ないしは全額、日本の税金から逃れていたことになります。

1)所得税・住民税のいずれも払わず (海外滞在中の大半)
2)住民税のみ支払い (赴任後約1年)
3)所得税のみ支払い (帰任後約1年)
4)所得税+少額の住民税のみ (帰国後1年~2年)
5)損失控除による免税 (3年間)


そして、もし今回のインドネシア駐在が5年だとすると、次に重税感に悩まされるのは、16年に帰国の翌々年
2018年6月からなので、その頃には住宅ローンも完済し、上の娘は就職し、 下の息子も大学卒業間近という
状態になるので、会社をクビになっていない限りは、どうにかなりそうです。

こういうことになるのが、ほぼ分かっていたので、10年末にローン組んでフルカーボンのサーベロ君を購入
することができたんですよね。 って、ここんとこ全然乗れてませんけど(^_^;)

●本日の走行距離:   3km (朝ローラー) +  7km (夜ローラー)





バリ島のお酒事情?

年末年始はバリ島で3泊4日だったんですが、これと言った観光やアクティビティーもせず、昼間はのんびり、
夜はひたすら飲み続ける生活でしたね。

あ、なぜか大晦日と元旦に限って、ホテルのジムに行きましたが(^_^;)

ホテルのプールはこんな感じ。

P1140739.jpg

レストランでは、Bali-Hi というバリ・ブランドのビールをひたすら飲みます。
実はこれが一番安かったから(^_^;)

P1140761.jpg

大晦日は日本食レストランで、年越しそばを頂きます。

P1140774.jpg

バリ島はジャカルタ以上にお酒が高いと聞いていたので、ジャカルタからウィスキーを1本持参。
3晩なので足りる予定だったけど、足りずに3日目は現地のスーパーで安いウィスキーを調達しました。


P1140727.jpg

さすが観光地バリ、スーパーでも普通にウィスキー売ってますが、高い高い。
ジャカルタ闇ルートで、1本2500円くらいで調達できたジャックダニエルが、バリのスーパーでは
約8000円で売られてます(^_^;)

Kuta-20120101-00537.jpg

驚いたのは、インドネシア国内にもウィスキー・メーカーがあり、ウィスキーだのウォッカだのを製造している
ということが分かりました。

Kuta-20120101-00538.jpg

Kuta-20120101-00540.jpg

Kuta-20120101-00539.jpg

結局買ったのは、280円の一番安いウィスキー。

Kuta-20120101-00550.jpg

これがまた、不味い不味い(>_<)
工業用アルコールを飲んでいるような感じでした(^_^;)

最終日前日に飲み切らなかったので、不味いのは承知で、「アルコールの一滴は血の一滴」の信条で、
捨てずにジャカルタに持ち帰ります。

途中空港で水を買って、ウィスキーを入れて、水割りペットボトルの完成♪

Kuta-20120102-00562.jpg

このボトルを空港で飲み続け、機内ではアルコールのサービスはないので、ソーダを注文し、この安ウィスキー
を割って飲みました。 (ストレートやロックでは、不味過ぎて飲めない(>_<)

でもって、ジャカルタに戻って、スーパーにビールの買出しに行ったところ、Bali Hi が売っていたので、
思わず2ケース(24本x2)、ドラフトとプレミアムを購入してしまいました。

P1140828.jpg

いつも買ってるカールスバーグが、なぜかいつもより1割以上高くて、バリビールの方が安かったからという
のが本音なんですけどね(^_^;)

●本日の走行距離:   ??km  (ローラー台)






新年会が続きます

今日は、ちょっと〆切に間に合いそうにない業務(と言っても単にややこしいだけの予算策定作業なのですが)
に真剣に取り組まねばならないこと、及び今夜は新年会があることから、ブログを書く時間が確保できません
ので、今日は短い記事とします。

今夜の面子はスキー部関係。
学生時代のスキー部の後輩が2人、会社のスキー部の後輩が2人、同業他社のスキー部OB(私と
同期入社)、及び後輩の奥さん(彼女もスキー部OG)という面子です。

前回は盛り上がり過ぎて記憶をなくしてしまったので、今日はちょっと控え目に(スローペースで)
飲もうと思います。

でもって、明日は「ジャカルタ自転車部」として初の飲み会(新年会)の予定です。
Masatangoさん」「バークラさん」「Sea Hawkさん」と私の4名。
残念ながら、Bassoさんは帰国中にて出席できずです。

話は少し飛びますが、今まで20数年間避け続けてきたゴルフですが、ジャカルタではやらざるを得ないと
観念し、ゴルフ用具を購入し、持ってきたんですが、8月に3回練習に行って以来、ずっとサボってます。

自己流で練習し続けても上手くならないので、だれかプロにでも付かないとと思いつつ約半年が過ぎようと
していましたが、先日Masatangoさんより、良い先生が居るという話を聞きました。

さっそく「明日はどうですか?」とのお誘いを受けたのですが、今夜の飲み会は激しくなりそうなので、
ちょっと明日は遠慮させて頂くことに。

来週末は日本なので、再来週辺りから開始できれば良いなと思ってます。
今年は、「土曜日ゴルフ練習」「日曜日自転車」というパターンになるのかなぁ。。。。

●本日の走行距離:   3km (朝ローラー)



距離は短いけど、ave 30.6km/h

今日は久しぶりに自転車の記事です(^_^;)

なぜか画像がアップできません(>_<)
今夜遅くか、明日に再挑戦します。


今日は実走ベースでは走り初めです。
2週間ぶりに外を走りました。

2年前にクロスバイクを買って以来、2週間全く屋外を走らなかったのは初めてのことです。
オーストラリア出張中も週末はMTBやロードバイクを借りて乗っていたし。

今日は家を出る前は風がビュービュー吹いており、自転車に乗ったらどういうことになるかと
ちょっとビビッてましたが、意外に真向から吹き付けるような風ではなく、横風だったり、
「もしかして向かい風?」とか感じる程度でした。

「本日のコース①」

久しぶりの実走だったので、飛ばせる区間は飛ばしました。
途中渋滞や冠水地帯があり、ノロノロ運転を強いられましたが、40kmという短距離ではありますが、
ジャカルタに来て初めて「ave 30km/h超え」のライドとなりました。

スタートから20kmは快調にave 31km/h 超を維持し、途中渋滞や悪路でノロノロ運転区間があった
ので、ave は 29km/h まで落ちてしまいますが、最後の10kmで気合入れて走り、なんとか 30.6km/hまで戻しました。

特に最後の5kmは頑張って走りました。
この区間は鉄道をまたぐ上り坂や、スマンギの立体交差など、5%程度の坂も含みますが、登り坂でも
30km/h超を維持し、気合で漕いだところ、5kmのave が 37.0km/h となかなか嬉しい数字になってます。

最後の530mでave 38.5km/h を記録しているのも、気合を示してますね(^_^;)

一旦ライドを〆ますが、まだ走り足りなかったので、今度はクールダウンも兼ねて、ご近所探索です。
以前「ベンヒル」という楽しい場所があると聞いたことがあり、またここは COCA SUKI に行くときに
うちの運転手が好んで通る裏道から行けることも分かったので、初めて自転車で行ってみました。

「本日のコース②」


最初の数キロは ave 20km/h を切るほどのノロノロ運転でしたが、ベンヒルを抜けてスディルマン大通りに
出ると、漕がないつもりでも、やはりスピードが出てしまいます(^_^;)

ゆっくりクールダウンのポタリングのはずが、気が付くと後半の9kmは ave 31.8km/h になちゃって
ますね(^_^;)  14km走った結果はave28.4km/hでした(^_^;)

スディルマンをスナヤン方面に南下してるとき、気合入れず心拍上げず、ケイデンスも85くらいで、
疲れない漕ぎ方で走っていると、巡航速度は大体32-33km/h、まあこんなものかと思いUターンして
同じペースで同じ道を北上し始めると、あれれ? いきなり巡航速度が 37km/h に上がります。

ってことはさっき 32-33km/h で巡航していたときは、若干向かい風だったんだな。
追い風になると無理しない巡航速度が 37km/h になる。 無風だと 35km/h くらいってことかな。

頑張って走る時は 42-44km/h くらいで巡航するので、頑張らない時はやはり2割くらいは遅くなる
ってことですね。

疲れてくると30km/h を維持するのも辛くなってきますが、50km程度の短距離なら、35km/h超で
巡航し続けるのも苦にはならないですね。 

問題は持久力。 100km以下でハンガーノックになってちゃいけませんよね(>_<)

さて、今日遭遇した事故の画像を何枚か。
2台の大型トラックがぶつかったようで、片方は道路脇の網に突っ込んでます。

IMG-20120107-00571.jpg

IMG-20120107-00576.jpg


当初、野次馬が運転席に入り込んで、何か一生懸命やっていたので、運転手が座席とハンドルに
挟まれて死にそうになってるんじゃないかと心配しましたが、挟まっていたのは事実のようですが、
大怪我ではなかったようです。

IMG-20120107-00578.jpg

IMG-20120107-00580.jpg


こんな冠水している区間も(^_^;)

IMG-20120107-00589.jpg


裏通り「通称ベンヒル」の風景。

P1140846.jpg

P1140847.jpg



次に昨夜の新年会画像。

0106-00079.jpg


あれ? ズボン下ろしてる人が居るぞ(^_^;)

Kebayoran Baru-20120106-00077


昨夜のメンバーは学生時代のスキー部の後輩が2人居て、体育会系のノリのスキー部(正確には
体育会ではなくサークル)で、上下関係がとても厳しく、1年生にとっての3年生は神様のような
もので絶対に逆らえませんでした。

上級生(特に1年生のときの3年生幹部)には奴隷やゴミのように扱われ、命令には絶対服従です(>_<)
「脱げ!」と言われば、公衆の面前であろうと、マイナス15度のスキー場であろうと、全裸に
なるのは当たり前のノリでした(^_^;)

昨夜の後輩君は7学年下と10学年下なので、「俺がゴミ扱いしていたやつにゴミ扱いされたやつが
さらにゴミ扱いした世代だな」ってことになり、久しぶりに「脱げ!」の命令発動(^_^;)

ちょっとヤバ過ぎる写真は掲載しませんが、ノリはすっかり体育会系になってました。

●本日の走行距離:  54km


今夜はこれから、ジャカルタ自転車部の新年会です。
場所は「ここ」 http://sujakarta.exblog.jp/15652219/

メンバーは幹事役をして頂いた「masatangoさん」「バークラ部長」「Sea Hawkさん」「Muirwoods」
の4名です。

アパートから徒歩30秒の至近距離ですが、食べ物はリーズナブルですが、ワインは1本5,000円
近くしますね(^_^;) 
 
イタリア料理なので、ワインは欠かせませんが、飲み過ぎないように気を付けないと。。。。。

ジャカルタ自転車部「新年会」開催!

今日は朝から雨だったので、屋外走行は諦め、ローラー台を63km漕ぎました。

でもって昨夜は「ジャカルタ自転車部」の新年会でした。

P1140851.jpg


出席者は幹事役をして頂いた「masatangoさん」「バークラ部長」「Sea Hawkさん」MTB乗りの「NAKAさん」「Muirwoods」
の5名でした。

オヤジ5人でお洒落なイタリア料理や(^_^;)

P1140853.jpg


場所は「ここ」  
イタリア料理なので、ワインは欠かせず、結局4,000円弱のワインを赤白1本ずつ注文しました。
とっても美味しかったです♪

ナマモノ要注意のインドネシアですが、ここはオーナーが日本人ということで、カナダ産の
生ガキを注文します。 (バークラ部長は苦手らしいので、4人分)

P1140858.jpg


Masatangoさんは愛車を持参され、記念撮影もしました。

P1140872.jpg


この写真をジャカルタ新聞に掲載してもらうようリクエストするそうです(^_^;)

私のカメラは故障しているので、ピンボケになってしまうことから、masatangoさんのブログから
画像を拝借(^_^;)

img_736586_34037602_2.jpg


今年1年の爆走と安全を誓った夜でした。

最後はお店から、こんなサービスも!!

P1140873.jpg


●本日の走行距離:   63km (ローラー台のみ)

心拍計の装着位置&誤作動の理由

昨夜は独りでビール&ウィスキーを飲んでいたんですが、肉を中心にたんぱく質を十分に摂取したあと、最後は
チョコをつまみに飲んでいたところ、ソファーで眠ってしまい、気がついたら朝3時。
ベッドに入って寝なおしましたが、酒量が足りなかったのか熟睡できず、今日は寝不足で頭が痛いです(>_<)

お酒が残っていて朝つらいときでも、時間の経過とともにアルコールが抜け、遅くとも昼前くらいには調子全快
になるんですが、寝不足はダメですね。 1日中頭痛が消えません(>_<)

会社に来てから気がついたのですが、なぜか左手の甲に広範な内出血が認められます。 右にも少しだけ。
痛みは殆どないのですが、強く押すと少し痛みを感じる程度。
俺の毛細血管も弱くなったのかなぁ。。。。(>_<)

trim00594.jpg


昨日はジムに行って、70-80kgのバーベルを上げたので、もしかするとそれが原因かもしれませんが、バーベル
なんて、かれこれ10年以上続けているのに、こんな症状は初めてです。
変な病気でないと良いのですが(^_^;)

さて、本題です。

Garmin Edge800 を使ってますが、時々心拍を計測しなくなったり、異常に低い数値が表示されたりします。
マニュアルによると、乳首のすぐ下くらいにセンサーがくるように装着するよう書かれているのですが、その
通りにしても上手く行かないことが少なくありません。

試行錯誤を繰り返した結果、バンドを少しきつめにして、乳首の少し上くらいに装着すると、計測ミスが少ない
ように思います。

心臓の位置が、普通の人よりも上にあるのかな(^_^;)

ちなみに私は若干不整脈の傾向があるのか、暑い中頑張り過ぎてから、停止して何か食べると、心拍が200-
230まで上昇することがあります。
そうなると、さすがに危険なので、そうならないように休み休み走る(水も頻繁に飲む)よう気をつけており
ますが、心拍計が誤作動、というか変な数値を示すときというのは、たいてい実際よりも異常に低い数値に
なります。

心臓バクバクしていて、絶対140は超えてると感じるときに「70」を示していたりとか(^_^;)
これって、何が原因なんでしょうかね?

今日は体調今ひとつなので、記事も短めにし、早くローラー台を漕いで頭をスッキリさせたいと思います。
頭をスッキリさせてから、今度はアルコールで再度ぼんやりさせることになるのですが(^_^;)

●本日の走行距離:    ??km  (夜ローラーのみ)

寝不足(>_<)

昨日今日と寝不足です。

少し前の記事で、私は50歳近くなっても、昼近くまで熟睡できると書いたんですが、昨日今日はなぜか3時
過ぎとか,
4時過ぎとかに目が覚めてしまい、寝不足です。

一昨日はソファで寝てしまったので、変な時間に眼が覚めてしまったんですが、その後、二度寝は上手く行かず、
1日中かなりの不快感で過ごしました。

今朝も4時過ぎに目が覚めて、2日連続でイヤだなと思ったので、今朝はビールと頭痛薬(睡眠薬代わり)を
飲んで二度寝しましたが、それでも眠れませんでした。

酒量が減ってるってわけでもないんですよね。
以前は、3日で1本空いていたウィスキーが、ほぼ2日で空いてしまうようなペースになってます。

逆にアルコール量が多くて熟睡できないのか?
悩むところです。

●本日の走行距離:    4km (朝ローラー) +  12km (夜ローラー)

今週末、日本に帰ります!

昨夜から出張者が来ていて、今日は朝から晩までアテンドです。
従って、この記事は予約投稿になります。

明日(12日)の晩にジャカルタを発って、13日朝に帰国予定。
13日は日中会社に出て、夕方から神奈川自転車会の新年会にお邪魔する予定です。

詳細は「Ebizouさん」のブログをご参照下さい。

場所は川崎駅から近くの「月山」、開始時間は「18:30」です。

月山と言えば、去年の5月に宴会(三浦半島一周反省会だったかな)やって、飲み過ぎて椅子から転げ落ち、
肋骨を折った上に、意識を失い動けなくなり、近くのホテルに担ぎ込まれ、気がついたら朝という、50歳近い
オッサンがするような行動とはとても思えない醜態を晒してしまったので、今回は酔い潰れないように気をつけ
なければなりません(>_<)

7月に大和の鳥清でやって頂いた送別会のように、ちゃんとペースを抑えて飲めば大丈夫なんですけどね(^_^;)

<追記>

●本日の走行距離:  10km (朝ローラー) 

なんと、先日の「ジャカルタ自転車部・新年会」の写真と記事が本日の「じゃかるた新聞」に掲載されました!

地元の方は、もし良かったら是非見てみて下さいね!


じゃかるた新聞に載りました!!

先週末に「ジャカルタ自転車部」の新年会を開催致しましたが、「masatangoさん」の計らいにより、
記念写真が昨日付の「じゃかるた新聞」に掲載されました!

物欲党」のジャージ着てるんですが、肝心の部分が隠れちゃってますね(^_^;)


JKT 630


いやぁ、ローカル紙とは言え、生まれてこの方47年超で、新聞に載ったのは初めてです。
(ちなみにマーケティング関連の雑誌に載ったことはあります)

あ、そう言えば、自分の顔は写ってませんでしたが、スキー場の近くで後輩4人を全裸にして私の車に箱乗り
させていたところを「フライデー」に激写されて、全国公開された過去もあります(^_^;)

学生スキー部、乱痴気騒ぎ」みたいなタイトルで。。。。もちろん、運転手は私でしたが。。。。


さて、今夜ジャカルタを発ち、日本に向かいます。
「寒い場所」に行くのは、去年の冬以来約1年ぶりなので、30度超のジャカルタとの温度差で風邪引きそう
です。  7月赴任ということもあり、冬物1枚も持ってきてないし。。。。。


●本日の走行距離:   0km

一時帰国しました!

先般の年末年始は家族(1名欠員)とインドネシア国内で過ごしましたが、今回父の一周忌を執り行うために
帰国しました。 法要は15日(日)で、翌日にはジャカルタに戻ります。

さて、私はJALのグローバルクラブに入会しているので、JALかワンワールド系のフライトを使う際は、エコノミー
クラスだろうと、マイルを使って飛ぶ場合でも、空港ではビジネスクラスのラウンジが使えます。

前回出張で帰国したとき(10月末)に、ジャカルタ空港で案内されたラウンジは非常にシャビーで
「さすが倒産した会社=JAL」と思いましたが、今回は前回と異なり、少しマシなラウンジを使わせてもらえました。

前回のシャビーラウンジと異なり、広々としてPCも10台くらい設置されており、自分のPCも使えるデスクが
あるなど、ハード面は結構しっかりとしてましたが、お酒が置いてないことにショック。。。orz

前回のシャビーラウンジですら、ビールだけはちゃんと冷蔵庫に入っていたのに。。。。。

バーカウンターのようなところ(お酒は視界にはない)に行って、「ビールすらないのか?」と聞くと、
「ありますよ」と生ビールの蛇口を指し、ビールを注いでくれました。

次に「ビールしかないのか?」と聞くと、「ウィスキー(但しジョニ赤。。。。orz)、ウォッカ、ジンもあります」と。

ワインはないのか? と聞くと、ゴミ箱のワインを取り出してきました。
神聖なワインをゴミ箱の横に保管するなよ(^_^;)

ということで、ラウンジではビールをジョッキで5杯ほど、ワインをグラスで6杯、ジンをコップ1杯ストレートで
もらってきて飲んだので、搭乗時には結構酔ってました(^_^;)

金曜日のこの便はとても混んでいて、いつも満席らしいんですが、木曜日だから空いていたら、座席を3席
独占して、水平に寝て行こうと企んでおりました。

しかし、実際乗ってみると、結構混んでます。 ほぼ満席に近い状態。
クルーに「今日は満席なんですか?」と聞くと、「満席ではありませんが混んでます」との回答。

私「3席連続で確保したいんですが、無理でしょうか?」
クルー「混んでいるので、なんとも言えませんが、空きがあればご案内します」

私は一番後ろに近いほうが空いているだろうと、初めから後ろの方の席(51C)を確保しており、隣の51Bが
空席であることを搭乗直前に調べていたんですが。。。。。。

隣(51B)にもしっかり人が乗ってきてしまいました(^_^;)

ほぼ全員が乗り込んだ状態で、空席は3人掛けの真ん中が何席か空いている程度だったんですが、53ABCが
空いているのを発見! そこに移動し、3席確保を目論見ます。

もう誰も乗ってこないだろうと思っていたら。。。。。。
最後の客が3人組で、僕のシートに向かってずかずかと進んできます(^_^;)

観念し、席を譲り、自分の元の席に戻り離陸。
仕方ないので、直立姿勢に近い状態で寝始めようと思ったところで、クルーが現れます。

「お客様、46ABCが空きました」と。
なんとラッキーな!

多分このフライトで3席確保できた乗客は僕一人だったかもしれません。
日頃の行いが良いからだろうか。。。。

気を良くしてワインボトル(小さい奴)を3本ほど飲んでしまいました(^_^;)

成田に着いたのは、ジャカルタ時間で早朝5時(日本時間7時)でしたので、さすがにまだお酒が残ってましたね。

成田は氷点下2度で、ジャカルタとの温度差は30度以上ですが、不思議とそれほど寒さは感じませんでした。
JKTから着てきた薄手のシャツ1枚で、問題なく帰宅。
TCATでタクシーを屋外で15分ほど待たされたときは、ちょっと寒いかなと思ったけど、家の中は暖房なし
でもTシャツ&短パンで大丈夫。

むしろこの「涼しさ」がとっても快適です。 JKTにはありませんからね。


というわけで、今日は午後は仕事、夜は川崎の月山で宴会です!


懐かしい自転車メンバーとの新年会

昨日は、神奈川県を中心とした自転車仲間が僕の帰国に合わせて新年会を開催してくれたので、
ありがたく出席させて頂きました。

メンバーは以下の通り。 (写真の加工が間に合わず、画像は後日アップします)

Ebizouさん
スターチャンネルさん
「fuji-san」
「はるさん」
湘南浜童さん
kumaさん
pentaさん
KIKUさん
まるおさん
ケントさん
tacoさん
こまちゃん
「xmantokuさん」
「toropekoさん」
「Muirwoods」

の総勢15名(誰か漏れてます??)

赴任以来半年振りの再会でしたが、会を大いに盛り上がり、「スターチャンネルさん」「fuji-san」「はるさん」
の「物欲党」関係者は二次会で、物欲党「masakingさん」の経営する赤坂の「Moonshiner」にお邪魔しました。

1次会で相当飲んだ(また濃い焼酎をたくさん作って頂いた(^_^;)ので、2次会に移動するときにはもうすっかり
酔っ払い。

いつものごとく「Moonshiner」で酔い潰れてしまった私は、スタさんにタクシーに押し込めてもらい無事帰宅。
今朝は10時まで寝てましたが、相当お酒が残っている状態、いや今でもまだ残っている感じで、久しぶりに
楽しい楽しい飲み会となりました。

なんだかすっかりご馳走になってしまい、大変ありがとうございました!!

何と、私以外の「お三方」は朝までコースだったとか(^_^;)

画像等の詳細は後日掲載予定です。

●本日の走行距離:   0km


神奈川自転車会 新年会(画像編)

昨日の記事と重複しますが、本日は画像編です。
まず、13日(金)の新年会メンバーは以下の通り。 

Ebizouさん
スターチャンネルさん
「fuji-san」
「はるさん」
湘南浜童さん
kumaさん
pentaさん
KIKUさん
まるおさん
ケントさん
tacoさん
こまちゃん
「xmantokuさん」
「toropekoさん」
「Muirwoods」

の総勢15名(誰か漏れてます??)

続々と到着するメンバー達。

P1140894.jpg

KIKUさんがお酒を飲むのを生まれて初めて拝見しました(^_^;)

P1140897.jpg

P1140898a.jpg

P1140906.jpg

P1140908.jpg

あれ、また変なオジサンが。。。。。
ちなみに、以下の画像は、私がカメラを置いて席を外していたときに撮影されたもので、特に2枚目は
本人が私のカメラで撮影されたものと推定されます(^_^;)

P1140918.jpg

P1140919.jpg


●本日の走行距離:  約20km (半年振りのサーベロ号です!)




プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。