スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めて「独りで」飛行機に乗ったのは。。。。。

昨日(10/31)は例のプロジェクト関連の出張者と飲みに行ったのですが、
今までは出張ビザで短期滞在の出張者しか居なかったのですが、今回は
半年という長期滞在を前提とした、「就労ビザ」で入国された方が1名
居られました。

その方は30代半ばですが、入社以来一度も海外出張をしたことなく、
英語もあまり得意ではないそうで、出張経験もないまま、半年とは言え
いきなり現場に赴任とは、なかなか厳しい人事だなと思いましたね。

電気関係の専門家(エンジニア)なので、仕事はキッチリやってくれると
思いますけどね。

海外自体が初めてかと聞いてみると、遊びでハワイに行ったことはあると。
人生初海外がハワイは普通ですが、人生2度目の海外が、スマトラ島の
現場に赴任とは。。。。。なかなかエキサイティングです(^_^;)

ふと、自分はどうだったかと思い出してみると。。。。

私は入社3年目の1989年11月に西アフリカに赴任しましたが、海外出張の
経験がないまま、いきなりアフリカ赴任だったので、これもこれで結構厳しい
人事ですよね。

出張以外の海外は、高校生の時に家族とジャカルタ・バリ・シンガポールに
行ったのと、大学卒業前にやはり家族とハワイに行っただけなので、そういう
意味では今回の彼と大差はない状況でした。

ふと、初めて「独りで飛行機に乗った」のっていつだろうと思いだしてみると。。。
これが意外と遅い。

初めて飛行機に乗ったのは1972年4月と古いですが、これは家族と一緒。
国内出張で飛行機乗ったことがありましたが、これもお客さんと一緒。

海外も学生時代は家族と一緒だったし、アフリカ赴任時も丁度同じ時期に赴任
だった所長さんと一緒でした。 その後の引継ぎ出張も前任者と一緒。

初めて「独りで」飛行機に乗ったのは、1990年2月に、西アフリカの
赴任地「アビジャン」から東に飛んで、ガーナの東に位置する「トーゴ
という国の首都「ロメ」に行ったのが最初でしたね。

実は引継ぎ出張でトーゴは行かなかったので、「初めて独りで飛行機に乗って、
今まで足を踏み入れたことのない国に行った
」という、当時としては画期的な
挑戦だったと思います。

なので、娘が中一の時に独りでカナダにホームステイに行った時は、本当に
心配でした。

私の場合、そんな「遅い」駆け出し時代でしたが、以来世界中を飛び回る
ようになり、飛行経験も1000本以上となりました。






スポンサーサイト

ジャカルタ「東京都民会」に参加

以前の記事でも少し触れましたが、昨夜は「東京都民会」というものに参加してきました。
参加資格は、以下のいずれかに該当する人。

1.東京生まれ
2.東京育ち
3.東京に本籍がある
4.東京に留守宅がある


ちなみに私は1・2・4に該当するので、立派な有資格者です(^_^;)
本籍だけは親の住んでいる横浜になってますが、私は横浜に住んだことはなく、小学校時代の
札幌4年間と、海外11年を除くと、人生48年の内、33年を東京で過ごしているので、生粋の
東京人と言っても過言ではないでしょう。

昨夜集まったのは20名強。
どうやら神奈川県人会は100名以上居るらしく、東京都民会も負けては居られませんね。

ジャカルタにはたくさんの県人会がありますが、東京都民会が結成されたのは先月のこと。
都民の日」である10月1日に初回の会合があり、じゃかるた新聞に紹介されていたので、
第2回目の会合に参加することになったもの。

出張や会食が多い中、奇跡的にこの日は都合を付けることができました。

参加者の最年少は大学4年生(23歳@平成生まれ)、最高齢は70歳弱という、幅広い
年齢層の参加者が集まりました。

さて、偶然というのは面白いもので、到着順に皆適当に座ったんですが、たまたま私の
隣に座った人と話をしていると、どうやら昭和39年辰年生まれの年男(私と同い年)だと
いうことが判明し、盛り上がっていると、さらにその隣に座っていた人も同級生だという
ことが分かり、にわかに「団子3兄弟」(昭和39年生まれ、48歳の同級生)が結成されました(^_^;)

斜め前に座っていた人が「小学校から大学まで新宿区」と自己紹介していたので、「もしかして。。。」
と聞いてみると、同じ大学の先輩だったりとか、同世代の自転車乗りの方が居たりと、20数名しか
居なかったのに、面白いものだと思いましたね。

さらに驚きだったのは、日本とは縁の薄い、フランス語圏西アフリカで仕事をしていた人が
小生含めて3人も居たこと。

フランス語圏ということもあり非常に小さな世界であり、全然違う会社の人たちなのに、共通の
知り合いが何人も居たりして、世界は狭いなぁと感じましたね。

2次会は女性2人を含む8人、3次会は「年男・団子3兄弟」+「ひとつ上のローディさん」と
4人でカラオケに行き、午前1時頃まで盛り上がってました。

さらに偶然は重なるもので、今朝の「じゃかるた新聞」に、「辰年ゆかりの会、結成」という記事が
乗っており、24歳・48歳・60歳・72歳の7人が集まったという記事があり、こちらにもさっそく
参加申し込みをしておきました。

昭和38年前後生まれの「38(サンバル)会」にも席を置いているのですが、こちらの会合には
残念ながら、いつも出張や来客とぶつかってしまい、しばらく参加できてません。。。。。

今月こそはと思っていたのですが、また来客とぶつかってしまいました(>_<)

●今週は全然ローラー台に乗れてません。。。。


DSCN4038.jpg


固定ローラー100km超と後輪のブレ

今気づきましたが、今日って文化の日でしたっけ?
週休2日で土日休みの人は、祝日が土曜日に重なると、損した気がしませんか?

インドネシアは何でもない日なので、関係ないんですけど(^_^;)

さて、今日は朝からローラー台と仕事を交互にこなし、仕事も結構はかどり
ましたが、ローラー台も100kmという新記録を達成しました。

固定ローラーなんで、テレビは当然のことなが、本も読めるし、雑誌も新聞も
読めるので、比較的飽きないものですが、さすがに50kmを超えると飽きて
きますね。

それでも、辛抱して100km超回しました。

ひとつ気になることがあって、ローラーに接している後輪がブレてるんですよね。
これってホイールの異常なのでしょうか?

このまま外を走ったら危ないのだろうか・・・・・

こういうのって、どうやって直したら良いのでしょうか。
メカに弱い私は、良いアイデアがありません(^_^;)

●今日のローラー台:  102km  (新記録!)
 消費カロリー:   2831kcal
 所要時間:     3時間50分
 今日の体重:    70.2kg




どうやらホイールのフレのようです

今日は、昨日の記事に対して頂いたコメントに従い、クイックを一旦外して
付け直して見ましたが、全く改善せず、フラフラとなってしまいます。

ちなみにひっくり返して動画で撮ってみましたが、こんな感じ。

こちらが動画


これってやっぱり、事故の衝撃でおかしくなったんですかね?
4ヶ月以上気づかなかったのですが。。。。(^_^;)

事故のような激しい衝撃以外の理由でも、ホイールのフレというのは起こるのでしょうか?

そう言えば、6月の事故以来、入院先のシンガポールから帰国した日(6/23)
に自転車をローラーにセットして以来、一度もローラー台から外したことが
ありませんでしたが、今日4ヶ月半ぶりに外してみました。

家の中で1mくらい乗ってみましたが、ひっくり返りそうになりました(>_<)
こりゃ、復活までの道のりは遠そうだぞ(^_^;)

というわけで、今日も日がなローラー台です。
さすがに2日連続100kmは漕がず、今日は80kmで打ち止めです。


●今日のローラー台:   81.46km
 カロリー消費量:    2188kcal


お買い物出張♪

今日は既に日本時間で午前零時を回っている時間から書き始めてます。
インドネシア(今はスマトラ島)も22時は過ぎており、もうすっかりほろ酔い気分でございます。

話せば超長くなるので、端折りますが、昔に比べて経理処理も制約が多くなり、以前ならできたことも
今はできないシステムになってます。

プロジェクトを行う工場には、当然事務所を併設するわけですが、そこの事務所設営費用がどこからも
出せない状況に(^_^;)

仕方ないので、ギリギリ規則違反にならない方法として、私個人が立替払いをして、オフィス機器を
購入することになりました。

こういうやり方は社内的には顰蹙を買ってます。
本社からも「なんでそこまでやるんだ?」と言われるし、現地法人の経理財務担当役員からも、
「君がそこまでやろうとする理由が理解できない」と苦言を呈されておりますが、このプロジェクトを
円滑に立ち上げるには、誰かが「責任以上のことを無理を承知でやらないと」上手く行かないんです

まあ、何をやったかというと、大したことではありません。
自分の個人のクレジットカードを使って、オフィス機器を買っただけ。
50万円くらい立替払いしただけです。

ただそれだけのことなんです。
プロジェクトをスムーズに立ち上げ、実際に現地で汗水たらして働く人たちが快適なオフィス環境で
仕事ができるように。。。。。 ただそれだけのことです。

オフィス用業務用エアコンを買いました♪
冷蔵庫、洗濯機、掃除機、冷水機も買いました(^_^;)

オフィスですから、デスクや椅子も買いましたよ。
各種掃除道具も買いました。

超偶然なんですがね。

私のクレジットカードの上限は40万円でした。
既に26万円ほど使っていたので、残りは14万円しかありません。

しかし50万円の買い物(立替え)をしなくてはなりません。
銀行に「上限を倍にしてくれ」とリクエストしましたが、「審査をするので必要書類を」という冷たい
対応。

たまたまその晩が「東京都民会」だったんですが、右隣の隣に座っていた人が、そのクレジット
カード発行銀行の役員として出向してきている人でした。

その方に、「上限を2倍にする申請を今日したんですが。。。」と言うと、「普通だと審査に1ヶ月
かかるかもしれないね」「僕に言ってもらえれば1日で承認するよ」ということだったので、さっそく
翌朝その役員さんにメールでリクエストすると、なんと3時間後に承認されました。

ということで、めでたく私はスマトラ島でクレジットカード切りまくりながら、買い物に明け暮れております(^_^;)



コンプライアンスぎりぎりだな(>_<)

ひとつも俺の得にはならない話なのに。。。。。。

日本人って真面目過ぎる? それが欠点???

誰かのためにリスクを取って何かをやる、プロジェクト成功のためにギリギリの橋を渡る。

これが全部コンプライアンス違反ですか。。。。。

住みにくい世の中になったものです。

当たり前の常識が、規則のために潰される。

規則を守るためにだけ生きている人が増えつつある。

間違っているとは言わない。 規則に従うことは重要。

ただ、それでは日本は活気が損なわれると思いませんか?

私はそう思う。。。。。















「初体験」と「ミッション遂行」

本題に入る前にひとつ。
今日は非常に珍しい体験をしました。 生まれて初めてのことです。
それは、搭乗口オープンと同時に、一番で搭乗口を通過し、一番で飛行機に乗り込んだこと

私は仕事柄飛行機に乗ることが多く、今まで1000回以上飛行機に乗っておりますが、いつも
空港到着がギリギリだったり、ギリギリまでラウンジや待合室に居ることが多く、最後の乗客になって
顰蹙を買ったことは何度もありますが、最初の乗客として飛行機に乗ったのは初めての経験でした。

ガラガラの機内を見るのも初めてなので、思わずシャッターを切ってしまいました(^_^;)

DSCN4137.jpg


さて本題です。

プロジェクト用の機材搬入の大半が完了したことは先々週の記事で書きましたが、電気関係は
まだ完成しておらず、ジャワ島で土日を潰しての検品作業が続いております。

一方、工場の組立を開始すべく、既に昨日から常駐のエンジニアが現場入りしてますが、まずは
オフィスの設営からということで、昨日は買い物三昧、今日は昨日購入した物品の納入と据付け
でした。

エアコン・冷蔵庫・デスクと言った、すぐに必要な大型用品の搬入は無事終了し、曲がりなりにも
事務所の体をなすレベルまで仕上げ、私は一旦ジャカルタに戻ります。

今回の出張で、やるべきことは予定通りでき、かつ搬入まで完了したのは、予想以上の出来でした。
ジャカルタの方が、選択肢も豊富で、かつスマトラ島よりも安いという意見もありましたが、私は
納入の速さを優先し、現場に近い場所での購入を決定しましたが、正解でしたね。

しかも下見調査をベースとした予算を大幅に下回る費用で、重要物資の調達を完了することが
できました。

当初の予定では、2日かけて購入だけを実施し、搬入は今週後半以降と予想してましたが、
思いのほか全てがスピーディーに終わり、「インドネシア人、なかなかやるなぁ」というのが
率直な感想ですね。

さて、今回は昨朝のフライトで、常駐者第一陣3名の内、ジャカルタで検品作業に終われ、
現場入りが遅れている1名を除く2名と共に現場入りをしたわけですが、その2名は10月の
機器搬入時にも現場入りしているので、現場近くの事情については私よりも良く知ってます。

昨夜は、彼らが、インドネシア人の業者から紹介してもらったというお店に連れて行って
もらいました。

なかなか洒落た店で、料理はつまみ系が中心ではありますが、十分腹いっぱいになります。
10月下旬に弊社で雇用した総務担当課長を含め4人で飲みに行き、ビールは4人で19本
(私が7本くらいは飲みましたかね)飲み、腹いっぱいになるまで食べて、さあお会計となる
わけですが、合計で5400円くらいでした。

ビールは1本170円くらい、食べ物も一品200-400円程度とお手頃。
買出しでキャッシュが不足していた私がカードで支払い、自分の部下である総務課長と
飲むのは初めてだったので、彼の分は私負担で、取引先のお二人から30万ルピア
(約2500円)回収しました。 いや、したつもりでした。
最近は接待費使えないので、割り勘にしてます

でもって、今朝になって改めて財布の中身を見てみると、回収した10万ルピア札
(約850円)3枚の内、なんと1枚が1万ルピア(約85円)に化けてました(^_^;)

実は新しい1万ルピア札は紫色をしているんですが、旧札は10万ルピア札と
同じ赤い色をしているので、間違っちゃったんですね(^_^;)

たぶん、慣れてない若者(10万ルピア払ったつもり)だと思います。
850円支払うところ、「85円」しか支払わなかったと(^_^;)

まあ、今更「昨日もらったのは1万ルピアだった」と言うのも大人気ないので、差額は私の
ゴチということで穏便に済ませておきました。

でもって、今まで現場近くに泊まるときは、4つ星のホテル(1泊7000円)を使っていたんですが、
長期滞在用にはレートが高いので、今回からは3つ星レベルのホテル(一泊4000円)を使う
ことになりました。

まあ、格落ちは格落ちなんですが、豪華ではないものの、十分に清潔であり、長期滞在も
全く問題のないホテルでした。

ホテルの格を落とした場合の最大のメリットは、ルームサービスやミニバーの飲み物の価格が
ぐっと安くなること。


4つ星ホテルだとビール1本500円以上取られますが、3つ星であれば「170円」とかです。
ソーダも、4つ星なら300円取られるところ、3つ星ならば「85円」♪

これは美味しいよね!

●今日のローラー台:      11km



プラント事務所設営

今日は写真中心で、文字は少しです。

まずは初日(一昨日)の昼飯。

DSCN4048.jpg

中華料理屋ですが、「チキン味噌ラーメン」に挑戦。
味噌が甘めでしたが、まずまずの味。

唐辛子の入った入れ物が妙に大きくビックリしました(^_^;)

DSCN4047.jpg

初日の購入活動のあと、4人で飲み食いし、部屋に戻って、ジャカルタから持参したウィスキーを
飲みながら、ブログ記事を書いてました。

DSCN4052.jpg

購入したグッズです。

DSCN4108.jpg

DSCN4112.jpg

延長コードも、製品買いではなく、長さやケーブルの太さを指定して作ってもらいました。
エアコンが稼動するまでの(稼動したあとも助力として使う)扇風機も購入。

DSCN4121.jpg

デスクと椅子も新たに購入します。

DSCN4128.jpg

DSCN4131.jpg

DSCN4133.jpg


上記の機器・用品は全て私が現金ないしはクレジットカードで立て替えているので、回収できないと
大変なことになります(^_^;)


オマケ画像
エアコン工事中に撮影したところ、急に作業員が振り返り、ダイレクトな目線をキャッチして
しまいました(^_^;)

DSCN4072.jpg







接待費。。。う~ん(>_<)

今朝の社内会議で、社長から社員や関係会社の出席者に対して、接待費の使い方
につき指導が入りました。

ビジネスの役に立つような接待は大いに結構、どんどんやって下さい」という
前置きから始まり、「但し、接待費を申請・使用する際には、忘れないでもらいたい
ことがあります
」と。

君たちが使った接待の領収書をベースに、秘書(アシスタント)が支払伝票を
起票し、経理担当に回り、多くの社員の目に触れて処理されているということを


そして彼らが、「この日本人は一晩で、あるいは一軒で、自分の月給か、それ以上の
金額を遊興費として散財しているのか
」と思っていることを。

う~ん。。。。。。盲点でした(^_^;)

年間の予算を作成し、交際費もちゃんと売上・利益に応じて適正な割合で予算化し、
その予算の中で接待を実施してきたし、毎回事前申請をキッチリやって、申請金額
の範囲内で、ちゃんと処理してきたので、やましい気持ちは全くありませんでした。

日本人の感覚からすると、それほど飛び抜けた金額でもないし、そういう接待を
することで、ビジネスや人間関係がスムーズになっていたのも事実。

しかし、伝票を回す人達の視点まで考えたことはありませんでした。。。orz

東京本社ですと、交際費の決裁権限は、課長クラスが「5万円」、部長クラスが
「15万円」と設定されてます。

ジャカルタでは「部長が出席していない宴席に限り」、部長権限が25,000円
くらいで、それ以外は社長決裁となってます。

私の場合、日本人ばかりで居酒屋に行くような接待に現地スタッフを連れて
行くのは却って辛いだろうと思い、お客さんの人数が少ない時以外は、日本人
だけで行くことが多いです。

人数が少ない方が、接待費の総額も節約できますしね(^_^;)

私が接待の目安としている金額は、一人「5000円」程度。
しかし、カラオケに行く場合、少し余裕を見て「10,000円」程度で申請します。

なので、人数が6人だとすると、一軒目で30,000円、二軒目で60,000円という
計算になり、一晩90,000円程度の申請を上げる訳です。

蓋を開けてみると、居酒屋で一人「2500-3000円」、カラオケに行っても、上手に
プロモーションボトルなど使えば、一人「5000円」程度で抑えることも可能です。

なので、参加人数にもよりますが、1軒の伝票は精々「2万円」前後、一晩でも
「4万円」を超えることは稀です。 日本であれば、課長決裁金額です。

でも油断して高級店に行ったり、カラオケで正価でボトルを入れたりしてしまうと、
一軒目でも一人「12,000円」とか、カラオケでは一人「20,000円」とか行って
しまうこともありました。

9-10月とちょっと油断していたせいか、「5人で6万円の高級鮨屋」とか、
2人で4万円のカラオケ」とか、ちょっと高額接待伝票を回してしまった
ことから、もしかすると「こいつ、管理が甘いぞ」と思われたのかもしれません(>_<)

それだけ価値のある接待ではあったのですが。。。。。

いずれにせよ、現地スタッフの視線というのを忘れていたのは落ち度です。

こんだけ遊興費に使ってるんだから、きっと我々の10倍くらいの給料を
もらっているのだろう
」「だったら、たかってやっても良いだろう」と思われても
仕方ありませんね(^_^;)

ちょっと考え直さないといけませんね。

まず、「高い店には行かないこと」。
そして、社内やプライベートな飲み会で、プロモーション期間を利用し、なるべく
たくさんのカラオケ屋さんに入れておき、そういうボトルを接待の時にも使う
ことで、総額を抑えなければなりませんね。

頻繁に来る取引先の方にも「今後は極力割り勘にしましょう」と説明してます。


●昨日のローラー台:  12km
●本日のローラー台:  13km


平日に3日連続飲みに行かなかったのは何ヶ月ぶりだろうか(^_^;)





怖い夢(>_<)

昨夜の夢は怖かったです。。。。

私は怪我の治療のため、鎖骨にプレートを入れておりますが、浮き上がってしまっているので、
これを除去する手術が必要です。

医者からは「全身麻酔でやる」と言われたのは、以前の記事にも書きましたが、医者からは
部分麻酔で手術するなんて有り得ない」というトーンでの説明を受けてました。

しかし昨夜の夢は、手術直前になって担当医が替わり、新しい担当医は「部分麻酔でやる」と
言い出したのです(>_<)

肩に注射され、部分麻酔を施されますが、まだ十分に感覚が残っているし、当然頭はすっきり
目も良く見える状態で、手術台に乗っけられ、医者がメスを手に持ったところで、目が覚めました(^_^;)

いやぁ。。。怖かった。


夢と言えば、10日ほど前に不思議な夢を見ました。

夢というのは、脳味噌の中の思考で見るものなので、基本的には「記憶」がベースになるはずです。
なので、夢に登場する人物は、それが誰だか覚えていなかったとしても、「見たことある顔」である
のが通常です。 そうですよね?

しかし先日の夢は、待ち合わせ場所に行くと、10人ほど全く見覚えのない顔の人達しか居ませんでした。
しかも、10人の内、3人は前日にも会っているはずなのに、顔が全く変わってました(^_^;)

記憶で見るはずの夢なのに、全く見たことがない顔の人間が大量に登場したのは、夢暦46年(2歳
から夢を記憶し始めた)の私にとっても初めてのこと。

非常に不思議な感じでしたね。

ちなみに昨夜の恐ろしい医者は、誰だか覚い出せませんが、以前会った事のある顔でした(^_^;)

●今日のローラー台:    会食のため不可。

今日はプロジェクト関連の「打ち上げ」兼「壮行会」ですが、昨日の今日で、接待伺い出す気にもなれず、
割り勘か自腹接待になりそうです(^_^;)







恐れていたものが遂に。。。。(>_<)

この年齢になると、殆ど例外なく皆さんに起こることなんですが、自分だけには
無縁なものと勝手に決め付けていたこと。。。。。それは「老眼」。。。。orz

私は強度の近視で、「7.0~7.5」という強い矯正度数のコンタクトレンズや眼鏡を
使っても、視力が「0.5~0.6」しか出ない状態だったので、矯正していても近眼
状態だったことから、細かい字が読めないということはありませんでした。

特に眼鏡を使用している時は、どんなに近い距離でも細かい文字がハッキリと
読めるので、「俺は50歳近いけど、老眼には無縁だなぁ」と勝手に思い込んで
いたのですが。。。。

やはり「0.5~0.6」という視力では若干不便、特に夜あまり見えないのが不満
だったので、今回ジャカルタの眼鏡屋で改めて視力を測定し、矯正強度が一段階
強いレンズ「7.5&8.0」を購入し、今日初めて着けてみました。

周り物もが従来よりハッキリ見えるし、夜間でも視界はクリアで、「こりゃええわ」
と思ってたんですが、ふと本を読もうとすると。。。。。。
字がボヤけて読めません。。。。orz

あちゃ~。。。。これって老眼??
近眼で矯正度数が不十分だったから今まで感じなかっただけで、やっぱり目の
機能はすっかり老化していたのですね(^_^;)

●今日のローラー台:   36km
 カロリー消費量:   1006kcal
 今日の体重:     68.9kg

久しぶりの60kg台、しかも一気に68kg台まで落ちました。
これも今週は会食が3回のみで、家で質素な食事に抑えた夜が4晩あったので、
その効果があったようです。

ちなみに会食3回は、いずれも取引先の出張者とでしたが、接待費が使いにくい
状況になっているので、3回とも割り勘にしてもらいました。
日本から焼酎とかたくさん持ってきてもらったので、気持ち多目には出させて
頂きましたが。。。






事故から5ヶ月

今日はバタバタしており、これから会食に出なければならないので、まともに記事が書けません。
明日は終日外出先で会議となります。

それでも今日は仕事の合間にローラー台を80km漕ぎました。

事故から5ヶ月、だいぶ左足の可動範囲は広がりましたが、なかなか痛みは引きません。

長期戦になりそうなので、焦らず治して行こうと思います。

●今日のローラー台:     80km
 消費カロリー:   2206kcal






世界最悪と言われているジャカルタの渋滞ですが。。。。

この日、ブログ記事を書けなかったのは、朝から晩まで外出だったからです。

出張者4名と7時半にホテル集合、8時半に余裕で取引先に到着する予定が、
大渋滞のため9時を大幅に回り、会議の開始は9時半過ぎとなってしまいました。

その日は終日会議で、終了したのは18時前。
それから市内に戻り、会食でした。

その取引先には毎月のように通っているのですが、朝であれば、普段なら45分
程度、多少混んでても1時間は掛からない場所です。

しかしながら、この日は工事の影響で大渋滞し、2時間弱掛かってしまいました。

帰りは18時出発だったので、この時間帯は渋滞するので、2時間覚悟で出発
した(実際良く知ってるその会社に人から、2時間は覚悟した方が良いと言われていた)
のですが、まずいつも相当渋滞している高速乗る前の一般道がガラガラです。

朝は通過するのに1時間近く掛かった場所を逆方向とは言え、2分で通過(^_^;)
高速も驚くほど空いていて、30分で目的地に到着。

私が、同乗していた部下(49歳)に、「俺は1年4ヶ月ジャカルタに住んでいて、
この方向の高速もしょっちゅう乗ってるけど、こんなに空いているは初めてだぞ

というと、ジャカルタに49年住んでいる彼も「私もこんなに空いているのは
初めてです!」
と(^_^;)

なぜかこの日は異常に空いていたようです。
ちなみに、Cakungから高速に乗って南下し、チカンペック高速に乗って
スマンギで下りて、プラザスナヤンまで、「18:00-18:30」という最高記録です。
普段なら早くても1時間は掛かる距離、下手すると2時間コースなんですが。。。。

ちなみにこの距離を自転車で走ると1時間弱です。 
20kmくらいなのですが、一般道はかなり渋滞するので。。。。



苦節9ヶ月の就労ビザ、やっと手続き完了。。。。。

例のプロジェクトなんですが、取引先のメーカーから半年程度常駐する方が3名居られるのですが、
予てより(今年の2月から)、「ビザはどうするんだ?」という議論がありました。

取引先と打合せを重ねながら、現地のコンサルタントや弁護士と何度も何度も打ち合わせを重ねた
結果、いわゆる出張者ビザで当該業務を行うのはリスクが高過ぎるという結論となり、駐在員と
同じような「就労ビザ」を取ることになりました。

しかしながら、うちの会社は製造業でも建設業でもないので、建設や製造に携わる「就労ビザ」を
発給することはできません。

今設立中の新会社は製造業なので、製造業としての就労ビザを発行することが出来るのですが、
ビザ発行が出来るのはまだ先であることから、このタイミングで長期滞在を開始するために、
建設段階で起用している請負業者にお願いして就労ビザを4人分(半年常駐の3名と、
数週間滞在の1名)取ってもらうことになりました。

今月から常駐している3名の内、1名分は確実だったのですが、2名分が「申請してみないと
分からない」という話で、「取れなかったら大変なことになる」と思っていたのですが、どうにか
ビザは取れました。

その後も手続きが色々あり、まずインドネシアで就労ビザが認可されると、移民局から在日
インドネシア大使館に「テレックス」が発信されます。

その発信テレックスのコピーを日本に送り、就労される方が、そのコピーを持って大使館に出頭して
初めて、パスポートに「就労を前提とする入国ビザ」がもらえます。

その「暫定入国ビザ」で入国し、当地の移民局にパスポートを預けると、10日くらいで出頭要請が
あり、指定の時間に出頭して、指紋押捺(10本全部)と署名をし、滞在許可証用の写真を撮られます。

3名の内、1名は一週間早く入国していたので、7日に手続きを終え、無事スマトラ島の現場へ
赴任されました。

後発の2名は、パスポートだけ預けて、先に現場入りしていたので、本日その手続きのためだけに
昨夜からジャカルタに戻ってきてもらい、本日手続きを行いました。

私にとっても初めての経験なので、上手く行くかとても不安でしたが、後発の2名も無事、手続きを
終了することができ、今夜の便で現場に戻りました。

9ヶ月前から議論していたビザの件が、紆余曲折有り、やっと本日3名分手続きを終えることができ
まずはホッとしております。

但し、プロジェクトが本格化するのは、これから。
まだまだ越えねばならぬハードルは多く、忙しい毎日が続きます。

昨日一昨日は取引先との会食、明日は同僚(ジョニ黒君)と飲む約束をしていたので、今日は真っ直ぐ
帰宅しようと思ってましたが、国外出張から戻り、空港に到着した社長からジョニ黒君に誘いが入り、
私もジョインすることになりました。 

ここんところ、社長も私も会食や出張続きで、社長と飲むのは久しぶりですね。

●今日もローラーはできず。




私はバナナが嫌いです(^_^;)

私はフルーツ全般大好きなんですが、どうもバナナだけが苦手です(^_^;)
フルーツって大抵「酸味」が強く、さっぱりしたものが多いじゃないですか。

でもバナナって酸味が弱く、ボリューム感があって、どうも好きになれない。

子供の頃から「出されたものは完食せねばならない」という教育を受けてきたので、
食べられない訳ではないのですが、生まれてこの方、自分でバナナを購入した
ことはありませんでした。

しかし、こないだ社長とランチしていたときに、バナナの栄養価が非常に高く、
バナナを食べ続けたことにより、病気だった人が治ったという話を聞き、こないだ
生まれて初めてバナナを購入してみました。

2日に1回くらいのペースで、朝食代わりに食べてるんですが。。。。やはり美味しい
とは思えない(^_^;)

うーむ。。。。我が社の主要取引商品なのに。。。。。

●今日もローラーはできません


昨夜は久しぶりに社長と飲みに行ったんですが、昨日提示した飲食屋3件の内、
選択されたのはイタリア料理屋だったんですが、もう1件の韓国料理屋も捨て
難かったという話になり、流れで今夜はマッコリの美味しい(値段は安い)韓国
料理屋に行くことになりました。

当地は明日が祝日ということもあり、今夜は遅くなりそうだなぁ。。。。。(^_^;)




今日はイスラム歴(ヒジュラ歴)の元旦です

今日はヒジュラ歴1434年の元旦のため、祭日でした。

続にイスラム歴と言われている「ヒジュラ歴」は陰暦であり、12月ある
ものの、月の満ち欠けのサイクルが29日ないしは30日であることから、
1年は「354日」しかありません。

従って、「365+1/4日」ある西暦(グレゴリオ暦)とは1年で「11日」ないしは
「12日」の差が生じてしまいます。

なので、今年のイスラム歴元旦は11/15ですが、来年(1435年)の元旦は
11/4になる予定です。

ヒジュラ歴「第9月」のラマダン(断食月)と、ラマダン明けのレバランが
イスラム教徒にとって最大のお祭りであり、インドネシアでは、レバラン休みに
帰郷するのが一般的であることから、レバランがイスラム歴の大晦日と元旦
であると勘違いされている方も少なくないようですが、本当の元旦は本日で
あります。

ちなみに私は西暦で1989年から中東イスラム国と縁があったことから、以来
23年間、西暦とヒジュラ歴のズレを感じております。

1989年はヒジュラ歴の「1409年」に始まりましたが、当時のラマダンは「4月」
でした。

それが、毎年(西暦)11-12日早まっていくので、気が付くとラマダンは冬に
なり、そして秋になり、そして23年後の今年は真夏のラマダンになっております。
あと10年ほどで一周して、また4月に戻るわけですが。

インドネシアは赤道に近いので、何月にラマダンがあってもあまり差はありませんが、
それなりに緯度のある中東(北緯20-40度)では、ラマダンが日照時間の短い
冬にあるか、日照時間の長い夏にあるかは大きな違いです。

夏は気温が50℃を超える中、朝4時から夜7時半まで何も飲食できないのと、
冬なら気温が20℃以下で、朝6時から断食して、夕方5時半くらいまで我慢
すれば良いので、ある意味楽勝なんですよね(^_^;)

●今日のローラー台:    72km
 消費カロリー:    2012kcal

キリの良いところで、2012kcalで止めておきました(^_^;)


プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。