FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦節9ヶ月の就労ビザ、やっと手続き完了。。。。。

例のプロジェクトなんですが、取引先のメーカーから半年程度常駐する方が3名居られるのですが、
予てより(今年の2月から)、「ビザはどうするんだ?」という議論がありました。

取引先と打合せを重ねながら、現地のコンサルタントや弁護士と何度も何度も打ち合わせを重ねた
結果、いわゆる出張者ビザで当該業務を行うのはリスクが高過ぎるという結論となり、駐在員と
同じような「就労ビザ」を取ることになりました。

しかしながら、うちの会社は製造業でも建設業でもないので、建設や製造に携わる「就労ビザ」を
発給することはできません。

今設立中の新会社は製造業なので、製造業としての就労ビザを発行することが出来るのですが、
ビザ発行が出来るのはまだ先であることから、このタイミングで長期滞在を開始するために、
建設段階で起用している請負業者にお願いして就労ビザを4人分(半年常駐の3名と、
数週間滞在の1名)取ってもらうことになりました。

今月から常駐している3名の内、1名分は確実だったのですが、2名分が「申請してみないと
分からない」という話で、「取れなかったら大変なことになる」と思っていたのですが、どうにか
ビザは取れました。

その後も手続きが色々あり、まずインドネシアで就労ビザが認可されると、移民局から在日
インドネシア大使館に「テレックス」が発信されます。

その発信テレックスのコピーを日本に送り、就労される方が、そのコピーを持って大使館に出頭して
初めて、パスポートに「就労を前提とする入国ビザ」がもらえます。

その「暫定入国ビザ」で入国し、当地の移民局にパスポートを預けると、10日くらいで出頭要請が
あり、指定の時間に出頭して、指紋押捺(10本全部)と署名をし、滞在許可証用の写真を撮られます。

3名の内、1名は一週間早く入国していたので、7日に手続きを終え、無事スマトラ島の現場へ
赴任されました。

後発の2名は、パスポートだけ預けて、先に現場入りしていたので、本日その手続きのためだけに
昨夜からジャカルタに戻ってきてもらい、本日手続きを行いました。

私にとっても初めての経験なので、上手く行くかとても不安でしたが、後発の2名も無事、手続きを
終了することができ、今夜の便で現場に戻りました。

9ヶ月前から議論していたビザの件が、紆余曲折有り、やっと本日3名分手続きを終えることができ
まずはホッとしております。

但し、プロジェクトが本格化するのは、これから。
まだまだ越えねばならぬハードルは多く、忙しい毎日が続きます。

昨日一昨日は取引先との会食、明日は同僚(ジョニ黒君)と飲む約束をしていたので、今日は真っ直ぐ
帰宅しようと思ってましたが、国外出張から戻り、空港に到着した社長からジョニ黒君に誘いが入り、
私もジョインすることになりました。 

ここんところ、社長も私も会食や出張続きで、社長と飲むのは久しぶりですね。

●今日もローラーはできず。




スポンサーサイト
プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。