スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物欲の乏しい私が珍しく買い物など

いよいよ今日から師走ですね~
今年の日本は例年より寒いとか?
こちらは一応雨季ですが、今日は雨も降らず、暑い1日でした。

2度目の駐在だった中東の内陸都市(一番近い海から300km以上離れている)は、
砂漠気候で夏は50℃を超えますが、冬の朝晩は10℃を切り、霜が下りるほど
だったので、それなりに冬を感じることができました。

3度目の駐在は緯度的にはあまり変わらない中東の湾岸都市でしたが、こちらは
海が近いせいか、冬でも10℃を切ることはなく、記憶にある最低気温は12℃
でしたね。

でも、夏は50℃を超えますので、朝晩は15℃を切るような季節はやはり
「冬が来たな」という感覚はありました。

しかし1回目のアフリカ(北緯5度)と今回4回目のジャカルタ(南緯6℃)は
乾季と雨季しか季節がない赤道直下の常夏ですので、師走になっても、年末感は
薄いですね。  クリスマスツリーも見かけませんし(^_^;)

--------------------------
さて、私は非常に物欲が乏しく、「買い物する時間があるなら、運動するか飲んで
いるか、寝ていた方が良い
」と常々考えているので、買うものと言えば、生きていく
上で最低限必要なビールや、ウィスキーを割る用のソーダなどを、仕方なく買い出しに
行く程度で、今あるもので足りる衣類は家具などを買うことは殆どありません。

1年5ヶ月になるジャカルタでも、入院先のシンガポールで急遽出社する必要に
迫られ、もの凄く嫌々ユニクロで最低限のシャツとズボンを買った以外、飲食物
以外購入した記憶がありません(^_^;)

しかしながら、来週月曜日から鉱山現場に出張せねばならないのですが、生憎
前回の出張時に前任者から譲ってもらった安全靴が壊れてしまい(靴底のゴムが
劣化して剥がれてしまった)、やむなく新規に安全靴を購入しなければならない状況に
陥ってしまったことから、これも嫌々仕方なく、本日ACE(大手のホームセンター)に
買い物に出かけました。

安全靴は無事2000円ほどで購入しましたが、以前から「有ったら便利かな」と
思っていたライトも購入しました。

なぜこのライトが必要かと言うと、今住んでいる部屋の照明は蛍光灯ではないので
全体的に暗く、夕方以降、ローラー台を漕ぎながら本を読もうとすると、文字が
良く見えないという問題に直面しておりました。

今までは仕方なく、自転車用のライトを本に当てて読んでましたが、これだと
両手が塞がれるし不便なので、自転車の高さより高いライトスタンドがあったら
便利だなと思っていたので、同じホームセンターで探したところ、ちょっと高い
けど手頃なものがあったので、4000円強で購入。

さらに、以前から欲しいなと思っていたにも関わらず、2000円という値段に
手が届かず諦めていた体重計が、今日は700円を切る格安モデルが展示されて
いたので、これも合わせて購入。(もちろん中国製)

「安全靴」「ライトスタンド」「体重計」と3つものアイテムを購入したのは
何年ぶりのことでしょう(^_^;)

生きていく上で必要不可欠な飲み会で3000円とか、たまに行く自腹カラオケで
8000円くらい払うのは、必要経費と割り切れるのですが、「無くても死なない」
というか「有るもので事足りる」、衣類や家具類に100円でも使うのは、もの凄く
抵抗を感じる価値観で48年間生きております(^_^;)

かつて自転車に乗っていた頃も、ライド中に飲食費は日本でも100km当たり300円、
ジャカルタなら100km当たり100円くらいに抑えてましたからね。

●本日のローラー台:   50km

6日ぶりのローラー台です。
自宅で飲み始めるのも先週の土曜日以来一週間ぶりですね。



スポンサーサイト

インドネシア「就労ビザ」の盲点

今日(12/2)は私が前回駐在していた、「アラブ首長国連邦」の独立記念日です。
独立したのは1971年という若い国で、今年でやっと41歳になりました。
私より7歳若いですね(^_^;)

さて、話をインドネシアに戻します。

我々のように事務所をメインに勤務する駐在員は、発令後短い期間で赴任する
ことを求められることが多いので、必要赴任日までに就労ビザを取得することが
難しいケースが多く、仕方なく「出張ビザ」で赴任し、赴任後改めて「就労ビザ」
を取得するのが一般的です。

ですので、就労ビザを取得するまでの期間は「不法労働」となりますし、就労ビザが
取れたあとでも、滞在許可証や労働許可証が出るまで3週間ほど待たねばならない
ので、その期間も、グレーな期間となります。

工場は役人がやってくる確率が高いことから、今回工場で働いてもらう日本人の
方々は、「出張ビザ」のリスクは避け、初めからちゃんと「就労ビザ」を日本で
取得してもらってから、赴任してもらいました。

それでも、滞在許可証等の取得手続きのためには、パスポートを当局に預け、
パスポートも滞在許可証もない状態で仕事をしてもらわねばなりません。

出張ビザで仕事するよりは遥かにリスクは低いだろうと思っていたんですが、
先日、労働局の人間が工場を訪れ、「外国人(日本人)が働いているようだが、
ちゃんと許可証はもっているのか
」とのチェックを受けました。

事情を説明し、「手続き中」ということで納得してもらい、お引取り頂きましたが、
どうもその後、色々な人に確認してみたところ、「労働省はともかく、移民局の
査察が入ると、トラブルになる可能性が高い」と。

ついては、しばらく出社は控えてもらい、11/30に許可証が取れたので、今週から
改めて仕事を再開してもらうことになりました。

インドネシアは、法律がちゃんとしてないので、こういうグレーな期間がどうしても
発生してしまいます。

今回も勉強になりましたが、工場経営は色々と面倒ですね。

●本日のローラー台:   50km



不思議な雨の境界線

12/3-5はスンバワ島に出張です。

月曜日は「11:25」発のフライトだったので、自宅から直接空港に行こうかなとも考えてましたが、
やはりちょっと出発前に片付けておいた方が良い仕事があったので、会社で1時間ほど仕事を
してから空港へ向かいました。

バリ島のデンパサールからは、いつもの水陸両用セスナに乗ってスンバワ島へ向かったのですが、
デンパサール空港内を車で移動中、途中までは全く雨は降っておらず路面も乾いていたのに、
途中「線を引いたかのような境目」があり、そこから先は豪雨になってました(^_^;)

クッキリと境界線があり、手前は乾いていて、境界線の先は豪雨が叩き付けているという、極めて
珍しい状況で、写真に撮りたかったのですが、間に合いませんでした。

激しい豪雨だったので、フライトがキャンセルになるのではと不安でしたが、豪雨の中飛び立つと、
しばらくして雨は止みましたので、無事スンバワ到着です。


虫も寝る時間

出張中のスンバワ島でのことです。

前日の夜、鉱山の現場に出張中のエンジニアの方々と会食だったのですが、
6時半に開始した際には、テーブルの周りに50匹くらいの蠅(?)がたかって
いて、顔の周りをブンブン飛ぶは、服の中に入ってくるは、長ズボンの裾から
入り込んで、局部近くまで登ってくる蠅(?)も居て、食事どころではない
状況に(^_^;)

その内、「これは蠅ではない!」という意見が出て、確かにまだ食べ物が出てきて
ないのに異様に大量発生しており、どうも人間の汗がお好みのようで、食べ物では
なく人にたかってくる虫のよう。

これは羽アリだ!」ということになり、羽アリって、ちょっと叩くだけで、
羽が取れてしまい、普通の蟻になるので面白い(^_^;)

しかし、モグラたたきそのもので、5人で叩いて叩いて叩きまくっても、一向に
減る感じはせず、屋外のレストランには1000匹くらい飛んでるんではないか
という雰囲気でした。

途中から皆面倒くさくなり、羽アリにたかられながら食事を摂ってましたが、
ふと気づくと、羽アリがすっかり居なくなりました。

時間は8時頃。 虫も夜8時になると寝るんですかね(^_^;)

あれだけ、鬱陶しかった羽アリも8時過ぎにはすっかりご就寝の模様でした。





またもや機内で初体験!!

私は仕事柄飛行機に乗ることが多いのですが、先日初めて「飛行機一番乗り
という貴重な体験をしたのですが、今回初めて「機内で最初に食事をもらう
という貴重な体験を致しました。

一番乗りの記事

大体私は運が悪く、機内の食事サービスが始まっても30分くらい待たされ、
食事が終わってトレイを返す様な客が出てくるくらいのタイミングでやっと
ミールをもらえるということが大半です。

たまに乗るビジネスクラスですら同様。
過去にアップグレードされて乗ったファーストクラスですら、最初に食事を
サーブされた経験はありませんでした。

しかしながら、今回エコノミーの後部座席(30列中28列目)に座って
居たのですが、後部から来た食事配給クルーが、私の目の前で止まり、
「鶏肉料理と魚料理とどちらがよろしいですか?」と聞いてきます。
(もちろんインドネシア語で)

1000回以上乗ったフライトで、最初に食事の選択肢を与えられたのは、
40年以上にも渡る飛行機人生で初めての経験であります(^_^;)

驚愕と感動に咽び泣きながら、「魚料理でお願いします」と答えた途端、涙が
こぼれそうになりました。。。



資料作りは超苦手(^_^;)

来週、東京で戦略会議があるんですが(何だか南方前線の将校が東京の大本営に
呼び戻され、大本営の作戦参謀と戦略会議をするみたいな感じ(^_^;))、
そういう
会議のためには資料を作成せねばなりません。

会議自体の案内は8月頃だったし、10月半ばには「資料作成・提出」のメールが
来ていたようなんですが、多忙な中見落としてしまい、先般出張者から、資料の
話が出たので、改めて大本営の参謀さんに確認したところ、どうやら私は20分も
発表せねばならず、かつ資料の提出が求められているようです。

そのやりとりをしながらも「締切がいつか」は確認しておらず、会議(13日)
当日に間に合えば良いかと思い、今週末(12/8-9)に資料作りをしようとのんびり
構えてました。

先週末も実績の整理みたいなことはやってたんですが、週明け月曜日に何気なく
メールを読み返すと、「資料提出期限は12/6」とあるじゃないですか(^_^;)

私は12/3-5は2泊3日でスンバワ出張、しかも帰任し次第、別ビジネスの会議に
参加し、そのまま会食というスケジュールで、今日になるまで資料作りに着手
できませんでした。

今日は午前中から着手する予定が、急ぎの仕事がたくさん入ってきて、結局
午前中は全く時間を取れず、ランチ会議(外出)もあったので、その後事務所に
戻ったのは午後2時。

すぐにでも資料作りを始めないとヤバイ状況だったんですが、やはりまた緊急
要処理案件が発生し、結局資料作りに着手したのは午後4時半頃。

ただでも苦手な資料作りを今日中に終えられるのか??

私はこうやってブログ書いているくらいですから、決して文章を書く事自体が
嫌いでも超苦手でもないんですが、会議の資料をまとめるのは超苦手(>_<)

どう言ったら良いんですかね、「構成」を考えるのが苦手なんですよ(^_^;)
だから、書き出すまでに何週間も掛かったりする。

ですが、構成が決まれば、割と筆は進みます。

結局シンガポール駐在員の作った資料の構成(本日入手)をそのままパクって、
自分の資料を作成しました(^_^;)

内容はもちろん違いますよ。
但し構成はパクリました(^_^;)

まずは、パクった構成に沿って、さら~っと文章を書いてみますが、大本営
作戦会議に耐えうる内容でないといけないので、何度も「てにをは」を直し、
表現を修正し、偉い人にツッコミを入れられないような無難な文章に仕上げます。

数字の検証(整合性を取る)も必要だったので、結局6時間かけてやっと完成(^_^;)
締切ギリギリセーフで送信しておきました。

そして、大抵の会議では、自分の持ち時間以上に喋る人が多いので、後半戦の私に
順番が回ってくる頃には、時間は押せ押せになってる可能性大。

なので、いつも私は「えーと、時間も押してますんで、手短に」という前置きで、
持ち時間の半分くらいで、さら~っと流すのが25年来の習慣です(^_^;)

話は変わりますが。。。。

偶然っちゃあ偶然なんですが、今を遡ること25年と8ヶ月。
私が新人配属された本部には、同期入社の新人が私を含めて3人。

MM君とYM君です。
MM君とは独身寮が一緒だったということもあり、1-3年目は非常に仲良く
してましたが、その後はお互い世界中に散らばったので、あまり接点はなし。

一方、若い頃は殆ど接点のなかった(国内に散らばっていた)YM君は、私の
ジャカルタの前任者でもあり、かつ最近は毎月2週間くらいジャカルタに来てるので、
入社24-25年にして初めて非常に近い関係に。

まあ、色々と疲れる奴なんですが(^_^;)

うちの会社は、新人配属された本部から他の本部に異動する人間もたくさん居る
んですが、うちの本部は、なぜか新人配属された同期3人が、26年間一度も
増減がないまま、ずっと3人体制です。

誰も出ず、誰も来ず。。。。

もちろん国内外、散らばりまくっていて、接点は意外になかったのですが、
資材本部の背番号の付いた、昭和62年入社組は、私とMM君とMY君の
3人だけなんですよね。

でもって、今回の作戦会議資料ですが、「発表時間は一人20分で、資料も
作らんとあかんよ」と教えてくれたのが、出張中のYM君。

でもって、大本営で資料の取りまとめをやってるのがMM君。

まあ、22-23歳の「紅顔の美少年」達も、今や48-49歳の中高年に
なっており、加齢臭プンプンなわけですが、「美少年の睾丸」には興味はあり
ません(^_^;)

とりとめのない文章になってしまいました。
とても、大本営の戦略会議に耐えるような資料は作れなかったな。。。。。

昨夜は朝まで狭いソファで寝てた割には、意外と眠くないな。






なんとタイミングの悪い。。。。

今日は昼休みが始まる12時から、東京とシンガポールとのテレビ会議だったので、
いつもより30分早い11:30に階下のレストランに行き、「イカまぐろ納豆丼」を
注文します。

普段であれば、10-15分で来るのに、20分以上経っても運ばれてきません。
これでは会議に間に合わないので、「来ないので、俺は帰るぞ」と言い残して
会社に戻りました。

でもって、普段であれば、テレビ会議の開始に合わせてITスタッフが設定を
してくれるのですが、今日は午前中にもテレビ会議があったことから、ITスタッフは
勝手に勘違いして、10時~13時までぶっ通しでやるものと思われ、10時の設定時
には設定してくれたんですが、12時5分前に会議室に来たのに、ITスタッフが
居りません(^_^;)

電話して呼び出そうとしたんですが、生憎金曜日はイスラム教徒の聖なる日であり、
特に昼のお祈りは重要であり、ムスリム社員は11:40頃には会社を出てモスクに行き、
戻ってくるのは13:20頃です。

やられた。。。。。。orz

自分で設定しようと四苦八苦しますが、上手く入力できません。
方々に電話して、ITスタッフを捕まえて、会議室に来させるよう依頼しましたが、
一向に現れる気配はなし。

そうこうしている内に、会議が始まってから30分も経ってから、やっとITスタッフが
お祈り用の絨毯を抱えて登場し、設定してくれました。

テレビ会議に30分遅れて参加という屈辱を味わう羽目に。。。
しかも会議は私が出席した後、10分くらいで終わってしまいました(^_^;)

今夜はアパート主催のXMASパーティ、もとい忘年会です(^_^;)


クリスマスパーティー?

数週間前、住んでいるアパートから案内状が届き、「12/7にYear End Party
開催するので、是非ご参加下さい」とありました。

受け取った時点では、12/7は出張者も出張も予定していなかったので、「行けたら
行こうかなぁ」くらいに思ってました。

すると、先週末にフロントから電話があり、「是非ご参加下さい。そのためには
予約が必要です」と言われたので、「直前までどうなるか分かりませんが、取り敢えず
予約だけお願いします」と回答。

「2人まで出席可能ですが、どうされますか?」と聞かれたので、ジョニ黒君でも
誘うかと思い、「じゃあ、一応2人で」と回答しときました。

案内状には「18:30~」とあったんですが、当日はとても、そんな時間に行ける
状況ではなかったので、キャンセルの電話を入れました。

「とても21時前には行けそうにない」というと、「パーティーは23時までやって
ますよ」と言われたので、「じゃあ、取り敢えずキャンセルはしないで下さい」と
回答し、残務処理に励み、やっと目処が着いたのが20時半頃。

ジョニ黒君はまだ居るかなと席を見に行ったところ、既に退社したあとでした。

出席者は夫婦連れが多いので、独りで行くにはちょっと気が引けたんですが、
「18:30-23:00」という開催時間から考えて、最初の2時間くらいで帰ってしまう
人達も居るだろうから、目立たぬようにこっそり行って、「タダ酒、タダ飯」のみ
頂いてこようと思い、21時過ぎに会場に行ってみました。

会場は住んでいるアパートと併設されているホテルのレストランです。

すると、既に福引大会になっており、会場は結構盛り上がってます。
際どい服装の女性ダンサーグループまで登場し、会場のいたるところで腰を使った
セクシーダンスを披露してました(^_^;)

取り敢えず、ビールを一気飲みして、福引を見ながらワインとワインに合いそうな
つまみを食べ始めます。

1年4ヶ月住んでいるアパートですが、出席者の大半は会ったことない人ばかり。
しかし、9割は日本人でした。

聞いては居ましたが、こんなに日本人がたくさん住んでいるとは。。。。。
と驚きました。 同じアパートに住んでいるのに、見たことない人ばかり。

パーティーの司会者達はホテルのスタッフなので、皆顔見知りです。
フロントの男性(現地人)スタッフが、後半カラオケを独占してました(^_^;)

招待客で顔見知りは、今度このアパートに引っ越してくる予定の銀行の方と、
私と同じ会社に勤務しているアメリカ人社員夫婦(合計3人)のみでした。

結局アメリカ人の同僚(ご夫人は日本人で、本人も日本語ペラペラ)ご夫妻と
23時近くまでワインを飲みながら歓談し、結構酔っ払って帰宅。
(帰宅と行っても、エレベーターで上に登るだけですが)

久しぶりのワインを大量に飲んだので、翌日は辛かったです(^_^;)

●本日のローラー台:   60km


ガチャ目攻撃!(遠近両用)

最近、目の調子が悪く、コンタクトが合いません(>_<)
装着後3-4時間で辛くなります。

しかし、メガネも2時間くらいかけてると頭が痛くなるので、コンタクトを
着けたり外したりの繰り返しで、非常に不便な毎日が続いております。

ここ3-4年は矯正度数を「右:-7.0」「左:-7.5」だったんですが、夜など
非常に見えにくくなったので、10月にジャカルタでワンデーアキュビューを
買った際に、視力検査をし、「右:-7.5」「左:-8.0」に一段階ずつ度数を強く
したんです。

その時の記事

度数を強めて、「1.0」近くまで見えるように矯正すると、やはり老眼の症状が
出てしまいました(>_<)

その記事を書いた際に「iichanさん」から頂いたコメントに、「右目と左目の
矯正度合いに極端に差をつけている(=モノラル ビジョン)ので老眼が
始まった今でも遠くを見る右目と近くを見る左目でうまく使い 分けてますよ」
とのコメントを頂いたので、今日はその「ガチャ目攻撃」に初挑戦してみることに。

左の方が視力が悪いので、右用のコンタクトを左目に着け、左用のコンタクトを
右目に着けようと思ってましたが、物持ちの良い私は、レンズの在庫を調べてみると、
7年前くらい前に買って、度が合わなくなって、そのまま使わずに置いておいた
「-5.75」と「-6.0」のコンタクトレンズ在庫があるのを発見。

コンタクトレンズって、購入時点で4年以上「使用期限」が残ってますが、
さすがに7年前に買ったレンズなので、「賞味期限」は「2009/12」となってます。

要は期限を3年も過ぎてるんですが、期限に甘い私は、気にせず装着してみました。
悪い方の左目に「-5.75」を着け、マシな方の右目には「-7.5」を着けてみました。

うわ! すっげーガチャ目(^_^;)
左目では遠くはメチャぼやけてますが、右目では近くがボヤけて見えません。

頭がクラクラする感覚に襲われます(^_^;)

でも面白いもので、遠くもちゃんと見えるし、手元の携帯もハッキリ見えます。
おう。。。これこそ遠近両用ガチャ目攻撃だ!

子供の頃から「遠近両用メガネ」の存在は知ってましたが、こんな風に、左右の
コンタクトレンズの度数を極端に変えて、無理矢理遠近両用状態を作り出せるなんて。。。

でも、明日はちょっと修正してみます。
悪い方の目に強い度数のレンズを、マシな方の目に度数の弱いレンズを入れてみます。
これであれば、今日ほど極端な差にはならないので、多少は楽かもしれません。

それにしても、賞味期限が3年前に切れてるレンズの方が、あと4年の賞味期限を
残しているレンズよりも、装用感が優れてるってどういうこと?(^_^;)

要は賞味期限はあんまり関係なく、コンタクトレンズは製造後7年以上経っても
問題なく使えるってことですね。


●本日のローラー台:  76km

二日で136km漕ぎましたね。

さてさて、先々週(11/25-30)は6連チャンの会食でしたが、先週の会食は月火のみ、
それ以外に飲みに行ったもの金曜日だけだったので、残り4日は自宅飯でした。

おかげさまで、一時期72kgまで増えた体重も、無事68.3kgまで戻りました。
いかに自宅での食事が質素かが分かりますよね。
4日の自宅食で4kg体重を減らせるのですから(^_^;)




事故から半年経ちました

6/10の事故、翌日の大手術から半年が経過しました。

鎖骨にはまだプレートが入ったままで、そこそこ痛いです。
プレートを外す手術をせねばならないのですが、時間が取れません。

股関節は、可動域という意味では、だいぶ動くようになったのですが、歩行時の痛みという
意味では、なかなか走れるようなレベルまでには至ってません。

2週間前に無理して時速10kmジョギング(ジム)をしてから、むしろ悪化してるかも(>_<)

まあ、焦らず、地道にリハビリに励もうと思います。
運動は制限されてますが、お酒はすっかり無制限(^_^;)

今日は急遽会食が入りましたので、短い記事しか書けませんでした。
明日以降、追記するかも。


人工股関節&鎖骨手術から半年経ちました

昨日の記事の続編です。
手術を受けたのは、自転車自損転倒事故の翌日丁度半年前の、6/11でした。

事故(手術)後、半年で、各パーツがどれくらい回復したか、簡単に記載します。

<肋骨> 5本折れました

事故後1ヶ月、最も苦労したのが肋骨。 とにかく痛い(>_<)
寝ててもツライし、起き上がれないし、咳するだけで激痛だし、クシャミなどしようものなら、
気絶するくらいの激痛に襲われ、とにかくツライ1ヶ月でした。

しかし、1ヶ月でほぼ完治、その後は何ともありません。
もっとも、以前から肋骨は折り慣れているので、一気に5本は辛かったですが、今までの
延長上の痛みと苦しみでしたね。

<鎖骨> 2箇所折れたので、骨が3つに割れました

「鎖骨の1本2本折らないことには、自転車乗りの仲間入りはできないさ♪」くらいに
思ってましたが、これが意外に厄介でしたね(^_^;)

まず、左腕を使わないというのは、実質不可能。
負荷を掛けないよう注意はしてましたが、完璧には防げない。

股関節との合わせ技ですが、靴下を履いたり、左足の爪を切ったりするのが大騒ぎでした(^_^;)

プレートで固定したんですが、やはり左腕とは言え、使わないわけにはいかないので、
気をつけながらも使っていたら、このプレートが浮いてきてしまったんですよね。

これが結構痛いし、見た目的にも結構「ギョッ」とする感じになっちゃってます。
一応鎖骨は繋がっているようなので、1ヶ月前からいつでもプレートを外す手術ができる
状態なんですが、忙しくてシンガポールにまで言ってられないという事情あり、今でも
浮いたプレートと、ちりちりするような痛みに耐えている状態です。

激痛ってわけじゃあないんですけどね。

<股関節>  骨頭が粉砕骨折したので、チタン製の人工股関節に交換

1)可動域

手術直後は殆ど使えなかった股関節も、半年経った今は、事故前の可動域の7割くらいまで
動かせるようになりました。
正座もできるし、ちょっと不自然だけど胡坐もかける。

和式トイレはさすがにまだ怖いけど、洋式トイレなら、気にせず用を足せる。
事故後3ヶ月くらいは「しゃがむ」ことができなかったけど、今なら左足に負担をあまり掛けない
よう注意してれば、しゃがむことも可能。

腰を曲げて落ちているものを拾うことも禁止されてたけど、今なら事故前と殆ど同じような感じで
屈むこともできるようになった。

さすがにヒンズースクワットはやりませんけどね(^_^;)

2)痛み

可動域との関係での、痛みを感じない姿勢は、随分と増えたのですが、歩行時の痛みという
意味では、なかなか回復してくれません。

医者は「2ヶ月経てば、フルマラソンだって走れる」なんて楽観的なこと言ってましたが、全く無理。。。。orz

さすがに事故&手術直後の、「松葉杖なしでは歩けない」状態の頃よりはだいぶマシになったものの、
術後1ヶ月の痛み(歩行時)を100とすると、今の痛みはまだ70くらいあります(>_<)

2週間ほど前は、50くらまで回復してたので、ジムのトレッドミルで、時速10kmくらいで2分ほど
走ってみたんですが、その時は、まあ耐えられるくらいの痛みだったんですが、翌日歩けなくなりました(>_<)

1週間くらい、まともに歩けなかったかなぁ。。。。。
今はだいぶ回復したけど、やはり股関節へのダメージは大きかったようです。

術後数ヶ月は、股関節(足の付け根)よりも、腰のちょっと下辺りが、詰まったような感じで鈍痛を感じて
いたんですが、トレッドミル事件以来は、股関節そのものが痛むようになりました。

うーむ。。。。。。。やはり、痛みから解放されるには、お酒を大量に飲む、もとい! あと1年くらい
リハビリするしかないのかな。

日常生活には殆ど不便がないくらいに回復してますが、「走れない」のが辛いですね。
47年半、走り続けてきた人生だけに。。。。。。

さて、今日はこれから飛行機に乗って真夏のジャカルタから真冬の東京に向かいます。
夏服しか持ってきてないので、夏服のまま(薄手のシャツ1枚)で自宅(留守宅)まで帰ります。

留守宅で、冬服に着替えて、コートも着て、会社に行きますが、打合せのあとは、いきなり出身部の
忘年会に出席です。

海外駐在時に年越しするのは、今年でかれこれ12回目でありますが、駐在中に本部の忘年会に
出席するのは、2005年以来2度目、7年ぶりでございます(^_^;)

まあ、偶然なんですけどね。
それにしても、ジャカルタのラウンジは暑い。。。。。。
もっと冷房効かせてくれよぉ。。。。。


●当分ローラー台には乗れません





気温差30度以上

この日は、朝6時半頃、気温マイナス3度の成田空港に着陸。
空港の建物の外に出るまでは半袖でも全く問題のない気温。
外に出て、リムジンバスに乗るまでは外気温にさらされます。

しかし機内にせよ、空港内にせよ、暑いくらいの温度の中を歩いてきたので、
マイナス3度の外気が快適に感じられます。

もっとも、1時間も半袖でマイナス3度の屋外に居たら風邪引きますが、バス待ち時間は
精々5分だったので、体が冷え切る前に、また暖房の効いたバスに乗れました。

TCATから自宅までは電車を使うことも考えたのですが、そろそろ混雑し始める時間帯に
大きな荷物を持って乗るのも大変なので、タクシーで帰宅。

従って、外気温にさらされていたのは空港から帰宅まで、ほんの10分程度でしたので、
まあ、夏服半袖でも問題なしって感じでしたかね。

自宅で冬服に着替え、会社(本社)に向かいましたが、この日は晴れており、冬の割には
暖かい日でした。

でも、本社の人に、「今日って暖かい方だよね?」と聞くと、「全然そんなことないですよ!」
と言われてしまいましたけど(^_^;)


東京出張中!

作朝、成田空港到着時の気温が「マイナス3度」、ジャカルタとの温度差は30度以上。
しかし、私は夏服のまま帰宅し、家で着替えてから、出社。

冬服を着ていると全く寒くないどころか、電車やオフィス内は暑くて不愉快(^_^;)

やはり、ジャカルタで冷房がガンガン効いてる場所に居るのが一番快適ですね。

日本のオフィスの夏の節電状態は耐え難いものがあるし、冬ですら(暖房を節電してるはずなのに)
やっぱり暑い(^_^;)

久しぶりにネクタイ締めました。

今日は本部の戦略会議、今は昼休みです。

進路相談

一昨日の夜は、本社(出身部)の忘年会に参加。

その日は娘が進路相談をしたいと言っており、塾からの帰宅が22時45分頃と聞いていた
ので、二次会の途中で切り上げ、22時45分ピッタリに帰宅したんですが、この日の娘は、いつも
より早く帰って来ており、私が帰宅した時には既に就寝してました。

昨夜も早目に帰宅したようですが、私は午前様だったので、帰国後まだ一度も娘に会えて
おりません(^_^;)

明日は間違いなく会えるはずなんですがね。。。。。

今回の出張は本部戦略会議に出席することでしたが、他にも取引のある各部署との打ち合わせも
行い、結構忙しい出張となりましたが......

(追記)

本日やっと娘と話が出来ました。
「(商学部)経営学部」に行きたいと。

俺は「それで良い!」と太鼓判を押しておきました。
ちなみに私は阿呆学部を卒業してますが、学生時代に勉強した(すみません、してません)
法学で会社に入って役に立ったことは極めて限定的。

それに比べ「経営学」は絶対に役に立つ。
「法学」「経済学」は、若干マクロなんだよね、。

だから「経営学は実践的だと思う。その線で頑張れ!」と酔っ払いながら娘を激励しておきました(^_^;)


「鬼も18」な娘なんで、男性からのお誘いもあるようなんですが、「今は興味ないから」
大学受験が一番大事」と明言している、名実共に私と性格が一致している娘でございます(^_^;)

酒飲みにならないことだけを祈ります。
ちなみに私は大学受験時の高校3年生の頃は、彼女が二人居りました(^_^;)

1日の勉強時間は精々5時間。
その代わり、死ぬほど集中した5時間でしたね。

あとの5時間は。。。。。(^_^;)
彼女二人と17-18歳の青春時代を謳歌してました♪

こんな話。。。。真面目が服着てるような娘には、口が裂けても言えませんよね(^_^;)



あはは、集中と選択。
遊ぶときは遊び、勉強するときは勉強する♪

仕事するときは仕事する、飲むときは飲む♪

あ、俺って30年前の18歳の頃から進歩ないな。。。。(^_^;)




たまには息子の話題でも

水木金の3日間は本社で打ち合わせが続いていたため、毎日200通くらい来るメールが
ちゃんと読めてなかったので、今日は朝から昼過ぎまで家で仕事をしてました。

午後は買い物に行く予定だったのですが、午後1時過ぎに、高校1年生の息子がサッカー部の
部活のあと、友達を8人も(男子校なので当然全員男子)連れて帰ってきました。

最初の頃は9人でおとなしくテレビを観てたんですが、買い物から帰ってくると、「桃色クローバーZ」
って言うんですか? そのライブかなんかのビデオを観ながら、ムケツキ部活男子がギャーギャー
声援の練習をしています。

皆、学ラン姿で、身長だって170cm超えも普通の若い男子が9人も揃って騒いでいると、部屋の
気温が5℃くらい上がっているように感じます。

応援グッズなんかも買い揃えていて、年末のコンサートに徒党を組んで観に行くらしいです。

今、9人揃って帰っていきましたが、確かに温度が5℃くらい下がった気がする。
それにしても汗臭い部屋になったなぁぁ(^_^;)

9人が滞在していた時間の大半、私は外出していたのですが、30分強一緒の空間に居り、男子9人が
リビングルームでテレビを観ながら騒いでいるのを横目に、私はダイニングテーブルの上にPCを
置いて仕事&ブログ記事書き、ネット検索などしています。

今日は午前中が部活で、午後はうちで時間を潰し、これから送別会だそうです。
お酒は飲まないんでしょうけどね。

私が高校1年生くらいの頃と言えば、松田聖子や中森明菜が女性アイドルでしたねぇ。。。(^_^;)
でもって中学生の頃はよく友達の家に徹夜麻雀をしに行ってました。

麻雀やる時は酒は飲まなかったんですが、シラフでも明け方近くになると、皆酔っ払ったような
状態になり、あれはあれで馬鹿みたいで楽しかったですね。

明日、ジャカルタに帰ります。
一旦赤道を越えて南半球に一泊し、翌日は赤道を2回越えて日帰り出張の予定です。





プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。