FC2ブログ

一昨日の顛末

仕事の話が連続してすみません(^_^;
まあ、日記であり、自分なりの備忘録なんて、許しておくんなまし。

今回の船積みは最初から最後までトラブル続きでした(^_^;
トラブルを順番に並べると。。。。。

1)原料が計画通りに集まらない
2)追加で前途金を打たねばならなくなったが、社内承認がなかなか取れない
3)本船は予定通り到着したが、港が混んでいて着岸できない
4)悪天候でバージ(艀)の到着が大幅に遅れる

そして、やっとギリギリのタイミングでバージが到着したので、その到着を見届けて
ジャカルタ行きの飛行機に乗ったところまで、前回の記事で書きました。

トラブルが多かった割には、結果オーライだったなと満足し、帰宅したら独りで祝杯でも
上げようかと思っていた矢先、ジャカルタに着陸し、携帯をオンにすると、予想もしなかった
ような緊急事態が発生しておりました(>_<)

と言うのも、我々は仕入先に対して、商品代金とバージ運賃を全額前払いしていたんですが、
燃料代の一部がバージオーナーに対して支払われていなかったらしく、バージから商品の
荷卸を開始した途端、オーナーから船長に連絡があり、「代金支払うまで荷卸を止めろ!」
との命令があり、現地に残してきたスタッフが激怒してました。(普段は温厚で声を荒立てる
ことなど滅多にない部下なんですが。。。。)

バージが接岸したのが、16時過ぎ、準備にある程度時間が掛かるとしても、17時過ぎには
荷役開始と思っていたのですが、ここはのんびりインドネシア、結局荷役が始まったのは
18時半頃。

機内に入ってからやっと荷役開始の写真付メールを確認し、安心して携帯をオフにして
飛び立ったのですが。。。。

離陸直後に荷役を停止させられ、ジャカルタに到着した21時時点で、荷役は中止したまま。
ここからが複雑なのですが、本件の金の流れは以下となっております。

当社 → R社 → B氏 → A氏 → 艀オーナー

なので、怒り心頭で当社の仕入先であるR社の社長に電話し、「一体どうなってるんだ!?」と
怒りをぶつけますが、R社社長によると、「俺は全額B氏経由A社に支払い済みなのに、
A社が艀オーナーへの支払いを遅らせている」との説明(ホントかよ??)。

その時点から1時間以内に荷役を再開しないことには、本船は強制離岸させられます(>_<)

また「今から20分ほど前に、B氏と連絡取り、1時間以内にB氏から艀オーナーに支払保証状
(メールにて)を出すよう要請、B氏も承諾した」と。

私はそれでも怒りが収まらず「メールなんて5分で書けるだろ! 20分経ってもまだメールが
出てないのか!?」と怒りをぶつけます。

その後も、空港からアパートに向かう車の中から、5分おきに催促のメールを入れ続けたところ、
15分後に社長から連絡あり、「メールは出されたが、内容につきオーナーが吟味しているところ」
とのこと。

「そんなノンビリしたこと言ってるじゃねーよ!」と再度怒りを爆発させる私(^_^;
「オーナーの言うなりに、要求通りの文章を即刻遅れ!」とまくしたてました。

リミット10分前に帰宅し、イライラしながら荷物を片付けていると、リミット5分前に社長から連絡が
あり、「艀オーナーが保証状の内容で納得し、艀船長に荷役許可を出した」とのメッセージが。

もう。。。。。なんで、あれもこれも全部ギリギリのタイミングなんだよ・・・・・・orz

それでも安心できない私は、夜10時を過ぎていたのに、現地に残っている部下に、「荷卸だけでなく、
本船への船積みについても、証拠写真と撮って送るように!」と指示します。

果報は寝て待て? 飲んで待て??
私はシャワーを浴び、ビールを片手に吉報を待ちます。
23時を過ぎた辺りで、待望の写真付メールが部下から送られてきました。

ほろ酔い気分の私は、「ようやった。本当にお疲れさん!」とインドネシア語でメールを返し、「もう
遅いから今日はホテルに戻って良いぞ。 明日はゆっくりの9時現場到着で良いからな」と返信
したのですが、真面目な部下君は、深夜零時過ぎまで、何枚も何枚も証拠写真を送り続けて
くれました。

何枚もの証拠写真を見ている内に、酔いも回ってきたので就寝。
でもって、朝起きてみると。。。。。。。。

とんでもないメールが入ってきました。
船積み代理店から、弊社の海運部に対してのメールが転送されているのですが、その内容が
「バージ貨物の準備が出来ていないため、本船は一旦離岸し、24日に再度接岸予定」と。。。orz

このあり得ない情報に対して、すぐに否定のメールを入れたかったのですが、前夜安心して寝た
あとに事態が急変して、離岸せざるを得ない状況になった可能性も否定できず、現場に残してきた
部下と連絡を取ろうとしますが、携帯電話も反応せず、メールも返信が帰ってきません。

私は別の会合が始まってしまったので、秘書からホテルに電話を入れさせ、本人を捕まえましたが、
携帯電話が不通状態になっていると(^_^;

その後、レンタカーの運転手経由なんとか部下と連絡が着き確認したところ、「本船が離岸した
という話は聞いていないが、自分の目で目視したわけではない」というので不安に陥りました。
重要な会議なのに、船積みの方が気になって、会議の内容が全然頭に入りません(^_^;

彼は携帯電話が不通なので、携帯電話屋でトラブル処理をしているところでした。
トラブルは復旧し、現場に直行させ、またもや証拠写真を送らせ、やっと安堵し、出席中の会議に
集中し始めることができました。

それにしても、代理店のいい加減なメールと言い、ここぞと言う時に不通になるインドネシアの
携帯電話会社のいい加減さと言い、本当にイライラさせられます。

昨日は、このデマ・メールと部下の携帯の不都合で焦りましたが、午前10時頃には解決し、それ
以降は特に問題なく、部下から進捗状況のメールが2時間おきに来るだけで終わりました。

ところが今朝になってから、またもや新たな問題が(^_^;
それは、今回起用している辣腕荷役業者から、「バージ貨物相当分の手数料を今日中に支払わないと
必要な手続きをやらないぞ!」と脅しのメールが入ります。

350万円くらいの話なんですが、即刻支払手続きをするよう秘書に指示し、決裁権限者である
副社長にも丁寧にお願いしておきました。

でもって、経理部長に確認すると、「え?これって明日の支払じゃないですか?」とトボケタ反応が。。。orz
支払依頼書を見ると、確かに日付が23日になってます(^_^;

秘書を呼びつけ問い質したところ、「すみません、私のミスで日付を間違えて入力してしまいました」と。。。orz
万事休すじゃないですか(^_^;

いくつもの問題を乗り越えて、やっとここまでたどり着いたのに、最後の最後でこれですか。。。。。

仕方ないので、荷役業者には支払依頼書のコピーを送付すると同時に、「私が個人的に支払を保障する」
「私と私の会社を信用しないのであれば、今後の取引関係は再考させてもらう」と半分脅し的なメールを入れて
相手を無理矢理納得させました(^_^;

これが今日の夕方4時頃の状態。
そして私は、シンガポールの病院で、鎖骨のプレートを外す手術をするために、午後4時半のフライトで
シンガポールに向かった訳ですが、離陸直前に不穏なメール交信が。。。。orz

どうも貨物の中に、「生きた虫」が混入しており、販売先で輸入するために必要な証明書を発行できないと
検疫所が主張していると。。。。orz

証明書発行のためには「燻蒸処理」が不可欠というのが、検疫所の主張。
しかし、害虫なのか益虫なのか、輸送途上に死ぬ虫なのかも分からないのに、いちいち「燻蒸処理」など
やってられません(^_^;

本船は今夜出港しますが、証明書の交渉は明日に持ち越しです。
部下のインドラ君、一週間前から張り付けでごめんね。
この証明書取れるまで、現地に居て下さい(^_^;

●明日は手術です。

スポンサーサイト



プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR