FC2ブログ

驚きの残業代システム(インドネシア労働法)

新会社の人事規定を作成するため、最近新設した別の会社の人事規定を参考までに
見せてもらったところ、残業代のシステムが恐ろしいことになっていることが判明。
人事部長に確認すると、これはインドネシアの労働法で定められている基準らしい。

<平日>

最初の1時間は時給の150%、2時間目以降は200%。
1日の残業は最大3時間まで。

<休日>

最初の8時間は時給の200%、9時間目は300%、10時間目以上は400%(!!)

つまり、時給150円くらいの運転手を、休日に朝6時から夜22時まで16時間使ったとすると、

150円 x 200% x 8時間 = 2400円
150円 x 300% x 1時間 =  450円
150円 x 400% x 7時間 = 4200円

時給150円の運転手の月給って、精々2万円くらいです。

私はゴルフを殆どやりませんが、毎週ゴルフをやり、休日夜まで使っていた前任者の時代は
週末2日だけで、14000円くらいの残業代を稼いでいたことになります。

しかも、運転手ですから、「待つのが仕事」
早朝に30-40分運転してゴルフ場に行き、プレイと食事が終わるまで、ずっと昼寝。
ゴルフ場からマッサージ屋に移動して、また2時間くらい昼寝。
夜は飲み屋に行って、そこでもずっと待機。

実働2時間程度、あとは14時間待機してるだけで、14000円の残業代が転がり込んでくる
仕組みになっているのです。

こういう生活パターンの駐在員(特に単身赴任者)、少なくないですからね(^_^;)
私は全然違うけど。

人事部長によると、残業代が月給の10倍とかになるケースも珍しくないと。
つまり月給2万円、残業代20万円ということ。

うーむ、これは凄い。
私に代わって、休日あまり運転手を使わなくなったので、彼の収入は激減してるってわけかぁ。。。




スポンサーサイト
プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR