スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ドックの結果判明!

自転車にも乗らなくなり、ジャカルタ生活の新鮮さもなくなり、すっかりネタがなくなってしまったので、
ブログはほぼ休止状態ですが、この記事だけは備忘録としてアップしておきます。

以前の記事に書きましたが、取引先の方のアドバイスを受けて、人間ドックの数値を改善したり、
手術した脚への負担を軽くする目的もあり、昨年7月より「食べる順番ダイエット(?)」なるものを
開始したところ、9ヶ月で5kgほど落とすことができました。

今回受けた人間ドックは、その9ヶ月の努力に対する成績表なので、結果が出るまで少し不安
でしたね。

というのも、「食べる順番」を初めてからの、飲食パターンが、以前と少し変わり、酒量がかなり
増えていたのが心配の種でした。

以前であれば、飲み始めるのとほぼ同時に食べ初めていたし、飲むにつれて食欲が増してきて
最後に〆のラーメンとか炭水化物をガッツリ食べてたんですが、昨年7月以降は、まず、ある程度
酔っ払うまでビール・焼酎・ウイスキーなどを飲み、それから野菜を食べ始めるようにしたため、
酒量が以前よりかなり増えたのです。

具体的に言うと、以前であれば、ビールのあとのウィスキー(1リットル)が4晩持ったのですが、
最近は3晩しか持ちません。

つまり、一晩250ml平均だったものが、333ml平均と3割ほど増えてしまったのです(^_^;

結果、体重は減ったのですが、肝臓への負担は確実に増しているはず。

肝機能の数値が気になるところですので、人間ドック前日くらいは酒量を減らそうかとも考え
ましたが、かような検査はやはり「自然体」で受けた方が、本当の体の状態が分かる訳であって、
下手な小細工は止め、堂々と真剣勝負に挑むことに。

というわけで、検査の前夜は食前にウィスキー・ソーダ割りから始め、5-6杯飲んで交感神経を
麻痺させた上で、食事開始と共に赤ワインをボトル1本空け、さらに酎ハイを1リットル飲んで、
気持ちよく睡眠。

翌朝8時半には採血です(^_^;

この程度の量であれば、二日酔いにはなりませんが、8時半の時点では、まだアルコールが
体内に残っている感じでしたね。

でもって結果は。。。。。。。

昨年「45」だった「γ-GTP」が、今年はなんと「25」でした!!
まだまだ元気な俺の肝臓君。 365日休みなしで酷使してきたのに、まだまだ元気な「25歳(?)」

私は未だかつて、「γ-GTP」の上限値である「50」を上回ったことがないのですが、酒飲みの大半は
「100超え」は当たり前で、「200」まで行くとちょっとヤバイとかのレベルだそうです。

私の場合、若い頃は「20前後」、40歳超えてからは「30前後」を維持してきたので、昨年の「45」は
今までの人生で最も高い数値でした。

医者からは「そんな飲み方してると、若い内は良いけれど、加齢と共に急激に悪化するよ!」と
脅されていたので、昨年の「45」は危険信号かなと感じており、今年はいよいよ人生初の「50超え」
も覚悟していただけに、昨年の半分近い「25」という数値を叩き出せたのは、本当に嬉しかった!

やっぱり、アルコールより炭水化物の方が肝臓には悪いみたい(^_^;

さて、γの他に、中性脂肪も昨年は上限ギリギリの「148」だったのが、今年は半分以下の「71」。
この数値は、血中にアルコールが残っていると跳ね上がる数値(過去、二日酔いで採血したときに、
「600超え」という異常値を叩き出した経験あり)なので、心配してましたが、「71」なら全然余裕。

やはり体重を落とすと、数値は概ね改善するわけですな。

その他の数値も含め、昨年との比較、改善度、下限・上限を列挙してみます。

      14年4月   13年7月   改善(%)    下限    上限

体重    65.3      70.2 -   7.0%
BMI     21.0       22.6    -7.1%       18.5     24.9
肥満度   95.6%    102.6%    -6.8%         -19.9       9.9
腹囲    76.5       78.0     -1.9%           84.9

血圧(上)    140    144      -2.8%         140
血圧(下)       84     92      -8.7%          84

肺活量     125.6    117.3    7.1%    80

赤血球数    404          448    -9.8%    400    539
白血球数    4100         5700    -28.1%    3200    8500
血糖値     78          81       -3.7%    99

総コレステロール    226    249    -9.2%    140    199
HDLコレステロール     81     75     8.0%     40     119
LDLコレステロール   133    154    -13.6%     60     130
中性脂肪         71    148    -52.0%     30     149

尿酸値         7.1     7.5  -5.3%           7.0

γ-GTP       25      45     -44.4%          50
LDH        158    191        -17.3%      120     240
ALP        144    168        -14.3%      100   325
総蛋白        6.9    7.5        -8.0%      6.5    8.0

尿素窒素     10.0    15.7     -36.3%         23
スポンサーサイト

久しぶりのジャカルタ勤務

海外駐在は今回で4回目、年数で数えると、アフリカ2年強、サウジ3年強、ドバイ4年強、
そしてジャカルタが3年弱なので、合計12年超になるんですが、アフリカ・中東時代は
毎年2回の特別休暇というのを取得してました。

つまりアフリカ中東時代に合計18回の特別休暇、そしてジャカルタでも2回特別休暇を
取得したので、既に特別休暇の回数は20回に達しています。

特別休暇はハードシップが高い地域(中東アフリカ、一部アジア)にしか認められてませんが、
先進国含め、どの国に駐在していても、駐在3年目には「一時帰国休暇」が取れる制度に
なってます。

但し一時帰国休暇を取得した年には特別休暇は取れません。
アフリカ中東時代は、特別休暇の方が条件が良かったので、3年目になっても、一時帰国
休暇は取らずに特別休暇を取得してました。

しかし、ジャカルタの場合、アフリカ中東と異なり、ハードシップが低いと認定されているので、
特別休暇の条件は悪いので、今回初めて「一時帰国休暇」を使ってみることにしました。

特別休暇は日当が付きますが、年7日がMAX、かつ飛行機代はシンガポール往復(但し
正規料金)なのに対して、一時帰国休暇は日当は付きませんが、日本往復ディスカウント
エコノミークラスの料金が全額会社負担で、かつ最長30日取得できる規則になってます。

欧米人ではないので、さすがに30日の休暇なんて取れませんが、規則として30日ある
ので、特別休暇の7日よりは少し長めに取っても良いかなと思い、今回は4/25-5/7と
実に「13日」(但し土日祝日が5日あったので、ジャカルタの営業日ベースで休んだのは
「8営業日」)も取得してみました。

日本はGWだったので、日本の営業日換算では「6営業日」です。
でも、2日間は本社に出社したので、そんなに無茶な休み方じゃないですよね。

さて、前置きが長くなりましたが、休暇直後の5/8-9はマレーシア出張が入っており、
8日は朝早いフライトだったので、7日の夜は空港からオフィスに直行し、残務処理を
するつもりでした。

ところが、休暇入りしてから、出張者が来ることになり、7日夜は会食に。
仕方ないので、8日早起きして、朝6時にオフィスに行って、1時間ほど事務処理(主に
書類のサイン)を行ってから空港に行きました。

翌9日も帰国後夕方出社したけど、執務時間は3時間ほど。
でもって、これまた休暇中に急遽決まった国内出張に11日の日曜日からでかけ、
帰任は14日、そして15日は祝日だったので、実に丸1日ジャカルタの事務所で仕事を
したのは、4/23以来今日(5/16)が初めてという異常事態が発生しました。

なので本日は、実に23日振りの勤務地オフィスにて終日業務だった訳です。

ただそれだけのことなんですが、何となくブログに書きたくなったので書きました(^_^;
滅多にない(中東時代に1回くらいあったかも)事態だったので。

スーパー飛び石連休(2555年に1回!?)

ブログ記事を書くのが、今年に入って4回目という、月1回未満のペースとなってますが、
今週は不思議な週だったので、書いておくことに。

「飛び石連休」自体は火曜日や木曜日が祝日に当たる場合、今でもあるわけですが、
今週のインドネシアは、火曜日と木曜日が祝日となったため、営業日が「月・水・金」のみ
という「スーパー飛び石連休」となりました(^_^;

会社に入ってから、こんなことあっただろうかと考えてみて、飛び石的な祝日として
思い出すのは、「5月3日と5日」がありましたが、これって既に1985年に4日も休日と
なったために、私が社会人になった1987年以降、土日が絡まない飛び石連休は
なくなったようです。

今週の火曜日(5/27)は「ムハンマド(マホメット)昇天祭」、そして木曜日(5/29)は
「キリスト昇天祭」でした。

偉大な預言者二人が、揃って同じ週に昇天したのかと言えば、さにあらずであり、
ムハンマドの昇天日はヒジュラ(イスラム)暦(1年354日)、キリストは西暦なので、
お二方の昇天日は毎年11日ずれていく訳です。

それが、たまたま今年は「2日違い」という偶然!
しかも、インドネシアは「振り替え休日」という発想がないので、祝日が土日に重なっても
月曜日が休みになることはありません。

それが、イスラム暦と西暦の関係で、この2祝日が2日差になる確率は多分「365年に1回」
しかも、それが「火曜日」と「木曜日」になる確率はさらに「7分の1」ですから、実に
「2555年に1回」の極めて珍しい出来事と言えます。

そういう2555年に1回の確率の珍しい週が今週だったわけで、「土日休んで」「月曜仕事して」
「火曜日休んで」「水曜日仕事し」「木曜日休んで」「金曜日仕事して」「また土日休む」という
9日間の内、お休みが6日、営業日が3日という非常に不思議な感覚となる週でした。

3日あった営業日は、常に「前日と翌日が休み」状態だったので、月曜日のような金曜日のような
不思議な感覚でしたね。

しかも、インドネシアは日本よりも祝日が少ない国で、何ヶ月も祝日なしということが珍しくない
ので、本当に不思議な感覚でした。

会社に入ってから28年目になりますが、こんなことは初めてでしたね。

(参考文献)

「ゴールデンウィーク」
本来は5月3日から5月5日までの3日間を指す。
以前は休日が飛び飛びになることが多かったことから「飛石連休」という言い方がされたが[1]、1985年(昭和60年)の「国民の祝日に関する法律」(以下「祝日法」という。)の改正で5月4日が日曜日や振替休日でなくても「国民の休日」になってからは、この言い回しは少なくなった[2]。

2005年に行われた祝日法の改正により、休日の名称および振替休日の規定が変更されたため、憲法記念日やみどりの日が日曜日と重なった場合、「こどもの日」の翌日が振替休日になり、その分ゴールデンウィークが延びることとなり、5月4日が日曜日となる2008年に最初に適用され、振替休日が初めて月曜日以外の火曜日となった。




プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。