スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉を攻める

5/4

今日は3時半までに戻れば良いので、ちょっと遠出できそう。 近場のCRは一通り走ってみたので、懸案だった国道4号を極めてみることにした。 荒川を越えてしばらく行くと「せんべいいの町」草加市があるので、そこまで行ってみようと4号線を北上した。 4号線も上野駅あたり(台東区)は多少下町風でゴチャゴチャしてはいるもののまだ都心な雰囲気だが、荒川区に入り三ノ輪だの南千住辺りになると完全に下町で、パチンコ屋の開店待ちの中年親父がうろついていたりして、明らかに23区の南西側とは異なりガラの悪い街並になってくる。 荒川を越えると足立区だが、ここは荒川区ほどガラは悪くないが、東京都内というよりも埼玉の香りが漂うエリアとなってくる。 でまたやたらでかい!(笑) 台東区・荒川区は一瞬で終わったのに、延々とどこまで行っても足立区である。 さすが足立ナンバーというくらいだ。 23区内には他にも世田谷区や大田区、練馬区、江戸川区といった大型区があるが、足立区も南北にかなり長い。
荒川の北にまだ東京がこんなに余っていたのかと驚いた。  以前にも行ったことのある竹ノ塚は東武伊勢崎線の東京最後の駅であることを再確認し、実に東京のはずれになることが分かった。 もっとも奥多摩よりはずっと都心から近いが。 

でもって、念願の草加市に入ったのが、出発後20キロ強、時間にして1時間はかかったな。 さすが埼玉、簡単には入れない。 でもって、4号線を走っている時に、草加は9キロとか一桁表示だが、「春日部28キロ」というのが微妙に気になってきた。 28キロなら1時間半あれば辿り着ける。 今日は約6時間走れる予定なので、休憩時間を入れても往復3時間相当の場所であれば、特に問題はなさそうである。 若干追い風気味だったのが気にはなったが。

出発前は、目標草加、余裕があったら越谷辺りまで足を伸ばしてみようかと考えていたが、さすが deep in 埼玉の春日部までは考えていなかった。 しかし、心の中は既に決まっていた。 「今日の目標は春日部である!」と。 春日部と言えば、埼玉でも北部に位置し、最東部ではあるものの、茨城県や栃木県を意識せざるを得ない、東京とは大きく離れた(越谷でも遠いと思うのに、春日部から通勤するやつっているのか!?)くらいの場所、そこに自転車で行けてしまうということに驚きを隠し得なかった。 特に浅草や北千住から乗り込んで栃木に向かう際、春日部と言えば、もう栃木に近い場所というイメージだった。 下手すりゃ栃木まで自転車で行けるんじゃないだろうかと思わせる距離である。

追い風に乗ってスイスイと走る走る自転車はあっと言う間に草加・越谷を越え、遂に春日部到着! 日本橋から34キロ地点まで行って引き返してきた。 麻布から2時間弱、約40キロの道のりである。 帰りは当然向かい風だが、むしろ東方からの横風であり、思ったほどの障害ではなかった。(これが荒サイでは恐怖の向かい風となるのである) いったん春日部を出、越谷に入ったところで自販機発見(なんと春日部には国道沿いにも関わらず自販機がない!)、そこまで田舎かよ、と純粋に驚く。 東京では10歩歩けば自販機にぶつかるって状況なのに。。。。
やはり国道沿いで止まるなんて自転車くらいなんだろうな。 越谷北部でパン2個とコーラの昼食(初めて Free Cokeを飲んでみた)を済ませ、順調に草加まで戻ってきて、もう少しで都内というところで、このまま戻ってはつまらない、時間もあるし荒サイ走るにしても、千住エントリーから河口までじゃ短くてつまらない。 どうせならもっと埼玉県を西に進み、鳩ヶ谷だの川口だの視察してから荒サイ入りしようかと、県道を西へと左折した。 さすがに春日部を経験すると、草加は都会に思えるが、国道から一歩県道に入ると景色は一気に「ザ・埼玉」である。 道に入ってきた軽自動車がノロノロ発進しているので、いつもの通り右から抜かそうかと道の中央に寄ってみたが、そこまで遅くはなかったので、普通に左に戻って、信号で軽の横に停車。
すると出てきた! さすが埼玉! パンチパーマのお兄さん(ってか40前後かな)がいきなり「おい、ルール守って走った方がいいぞ!」といかにもチンピラ風のしゃべり方にしてみると、極めて全うな内容のご指摘なので、アンバランスさがおかしかったが、俺は俺として何かルールを破ったり、ルールでないにしても、普通はやらない右から抜き(都内では割と普通でおまわりにも注意されない)をやった訳でもないのに、いったい何が言いたいんだこいつ(単なる因縁にしては「ルール守れ」ってのも間抜けな因縁)と無言で顔を見返すと、「チャリンコは道の端っこを走るんだろうが。 中央走ってただろ!」とのご指摘。 「うーん、これは道路交通法の解釈として微妙で争点になりそうな問題だな」(本音的には、「迷惑かけてないんだからうるさいこと言うなよ」とは思ったが、「自転車は車道の左端を走る」というのは、確かに道路交通法に明記されてそうなので、ここで反論しても不利(時間の無駄)と判断し、「分かりました、すみません」と素直に謝ったところ、それ以上の因縁はつけられなかった。

草加から鳩ヶ谷・川口に向かっているはずが、気が付くと足立区に戻っている。 うーむ、侮れぬ足立。 ここで初めて携帯で位置確認、お舎人が近いぞ、未体験ゾーンである。 舎人ライナーに舎人公園、不思議な空間である。 滅多に足を踏み入れない足立区。 都内じゃつまらないので、再度川口を目指す。 県境で記念撮影後、ふと横を見ると、なんとサイクリングロードになっているではないか。 芝川とか言う二級河川だが、CRがある。 しかしやはり二級の悲しさ、小さな道と交差することすらできない。 悲しいロードであったが、往復5-6キロは走っただろうか。 荒川に通じる川であることは確認済みだったので、どうにか荒川に到着。 既に80キロ近く走行していたので、TTはやりたくなかったのだが、エントリーした地点が19キロであり、やることが義務付けられてしまった。 でもって、20キロ地点まで移動したが、ウルトラ追い風。。。。。 気が滅入る。 スタート! 案の定、半端ない向かい風、20キロも出ない。 絶対完走無理、DNF途中棄権間違いなし。 トキ! しかし救世主(結果としては「ごとき」)が現れ、1キロほど牽いてもらうが、ハッキリ言って遅い。 休憩モード走りになったので、抜かせて頂いた。 また地獄の向かい風と戦うこと約1キロ、今度こそ本当の救世主登場! 18キロ地点から3キロ地点まで、実に15キロ牽いてもらった。 当然のことながら、メタボ系ではなく、30そこそこの軽量級のスピード系お兄ちゃん。 アイウェアなしだったな。 あの風の中、アイウェアなしでよくあそこまで長距離飛ばせるもんだ。 しかし本物だったね。 抜くことはあっても、決して抜かれることなく、駆け抜けてくれた。 でもやっぱり障害物がある中で一定の距離をキープするのって難しいね。 1メートル離れると効果なくなるけど、10センチじゃさすがに怖い。 「半キャラずらし」ってやつですか、左右に10センチほどずれて、前後10センチくらいを狙いました。 何度もぶつかりそうになったけど、大丈夫だった。 相手がプロだからかな。 しかし、向こうは体力があるのか、脚力があるのか、まだ走り始めなのか、いくら後ろでも90キロ超走り、そろそろダウン寸前の俺には厳しい修行だった。 それでも必死で15キロ付いていったが、登りで千切られた。。。。。 無念。 しかしありがとう。

しかし、最後の3キロがきつかったこと。 救世主が居なかったら、俺は5キロと持たずにトキだったね。 ありがたや救世主。 でもってタイム。 なんと屈辱の「48‘02.32」。。。。。なんと、向かい風で足売り切れてヒーヒー言いながら、途中下車して休憩取りながら、フラットペダルで走破した初回よりもタイムが悪い。。。。 やはり脚力よりも、パーツよりも、風なんだよなぁ。。。。 初回は最初の3-4キロは追い風だったから。。。 比較すべきは2回目の55分だろうか。 複雑な気分。 80キロ走行後ってのも、さすがに影響ないとは言えないよな。 2回目も結構走った後だったし、朝一は軽快にペダル回せるしね。 でもって、ドロドロのゴール。 死ぬかと思った。 歩行者にとっては、ちょっと強めのそよ風(「気持ち良い風が出てきたねぇ。。」程度の風)が、サイクリストにとって、ここまで過酷な状況を生み出すとは。 風、恐るべし。 追い風、感じないけど絶大なる感謝。

地獄の荒サイTTを終え、葛西でイグジット、あとはノンビリ帰ってきた。 あの通りの名前は忘れたが東西線沿いである。 東陽町とか木場とか門前仲町とか通って、永代橋わたったあと斜めに左折し、新大橋通りとぶつかったので、築地・汐留を経由して帰宅。 112キロ、記録更新。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

vsitohl@outlook.com

schoolbook@shooting star.co

black lagoon 10巻 http://brbc.co.kr/professionally/suture-Ns-709.html
グッチ 三田アウトレット http://www.nk-kisho.co.jp/pennyworth/military-qW-1009.html
バリーレディースバック http://recikla2lugo.com/martin/patched.cellar.html
ゼロハリバートン ナイロン ブリーフケース http://www.siyff.com/seen/959h357close1482N1654oY.html
コルボトートブリーフ http://glummm.chat.ru/empirical/283-specific.html

ravishment@stash.gov

centigrade@shotgun.ck

cedilla@spicy.org

sweetly@racehorse.is

notably@silicate.gi

fm@hyperbola.jm

ジバンシー 服サイズ http://www.sunrisedataservices.com/picket-givenchy-71xpid.html
フェラガモ 財布春夏新作 http://parsdisa.com/exception/qhgchahr-ferragamo-127.html
デュベティカ 古着 通販 http://radujsie.ccdn.pl/fuse-duvetica-29qqnt.html
ミッシェルクラン 時計 知恵袋 http://www.jiajunqy.com/hvbof-fyprx-00tpbu.html
モンスター ハウス ラベル http://www.dlsro.sk/rosy-pdfns-56mnfa.html

erratic@learning.ly

bride@crisp.bs

variety@today.ru

peyzlpkr@gmail.com

Don£§t wait for the perfect moment. Seize this moment and make it perfect.

legmtchulf@gmail.com

漂亮的少女裁判傻眼了。
斗地主残局 http://www.khsypower.com/news/html/jiangwene/index.html

ferrite@mermaid.sb

tennis@sub.ve

コンバース 夏 色 http://pedrocuevas.com/Esom-853-ksg.html
ゼロハリバートン りんくうアウトレット http://taavon.ir/spontaneous/Zlww-606-tfa.html

submit@broadcast.lv

wicked@sphygmomanometer.id

stall@masthead.tp

besides@landlady.mt

truant@still waters run deep.ro

drudgery@deal.tm

prognosticate@space flight.pn

テンデンス レディース時計 ヴィヴィアン http://heffordsfurniture.ca/necessitate/tendence-jaodi-storyteller-0.html
ミズノ 野球 スパイク 紐 http://schuetz.clixx.cc/outmode/mizuno-nnsfg-sflnshmf-6.html

tradesman@asleep.sn

quantization@manoeuvre.pe

indiscriminate@situated.ck

プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。