スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡ロングライド210 (爆走編) 

まずは画像を数枚。

撮影は前日ですが、当日も走りながら、しっかりと鑑賞した、「めおと岩」です。

P1090384.jpg

日本海の荒波。

P1090352.jpg

ゼッケンは、ウェストバッグとヘルメットに付けます。
「1627」番ですね。 「1001」からなので、割と早い方かな。

P1090423.jpg

朝は2時半起き、3:20発のはずのシャトルバスが来たのは、3:40頃。
運転手、寝坊したか? 無理もないか、この時間じゃ。 まだまだ真っ暗闇でござる。

P1090427.jpg

バスの中で、ホテルに用意してもらった、朝飯を食べます。
(画像は既におかずを食べたあと。 おにぎりしか残ってないですね:笑)

P1090430.jpg

さて、ここから爆走(登りカメ含む)レポートの開始です!

改めてコース紹介です。

佐渡ロングライド210、コース概要

公式ページ

<コース標高差、解説図>

sado course2



出発時間の2時間近く前から並んでいたので(その分、睡眠時間を犠牲に)ので、100-150
番目くらいでスタートできたと思います。
概ね、「12人/5秒」のスタートだったので、1分で100人以上出発できたはず。

スタート直後は抑え気味に走る人が多かったところを、ガンガン飛ばしたので、序盤で
50人以上は抜いたと思う。
その後、「凄く速い列車」に乗ることができ、更に30人くらいは抜いたかな。
僕もそれなりに牽きましたよ。 40-42km/hくらいでね(笑)

でも、登り坂を前にして、「お先にどうぞ」サインを出して、集団から離脱(というか千切れる)。
登り坂はカメ登りでした(苦笑)

僕は「愛知・本宮山」を44分台で、「ヤビツ峠」を41分台で登っていたので、山登りには少し
自信ができつつあったのですが、佐渡ロングの先頭集団で走ってる人達って、本宮山なら35分程度
(グリーンピースさんレベル)、ヤビツなら30分ちょいで登っちゃうような猛者ぞろいだったのか、
全然歯が立たなかったです(涙)

20km地点の「相川A/S」は基本的にスキップするつもりで、予定通りスキップ。
相川前後では、数人と列車を組むような組まないような、抜きつ抜かれつみたいな感じで走って
ましたでしょうかね。

やはり複数で争いながら走ると、モチベーションが上がります。
単独だとどうしても楽しようとしてしまうので。。。。

さて、40km地点の「入崎A/S」では休憩するつもりでしたが、その少し手前から、向かい風の中、
非常に気持ち良い速度(34-38km/h)で走行する列車に乗れ、その列車は入崎には止まらなかったので、
そのまま列車に乗り続けることに。

時々メンバーが増えたり減ったり入れ替わったりしましたが、3人~8人くらいの列車で、かれこれ
30km近く走ったでしょうか。 この区間で、だいぶ効率的に距離を伸ばすことができました。

この列車に「ギーモさん」も吸収されてました。

但し、この列車も「Z坂」でおしまいです。
最終的に「ギーモさん」含め8人くらいになってましたが、僕は最後尾で青いジャージの方と、
「登りはキツイけど、景色は最高っすねー」とか話しながら、えっちらおっちらカメ登りで「Z坂」を
攻略。

「休みなしで72km」みたいなのは、普段からよくやっているので、そんなにしんどくはないんですが、
今回は、72km区間「ひとつも赤信号がない」状態だったので、文字通り1回も止まることなく、
峠をひとつ超え、二つ目の峠の上部に位置する「「はじき野A/S」まで突っ走りました。

はじき野A/Sは、僕にとって初めての「エイドステーション」です。
「へぇ。。。こうなってるんだ」と妙に感動しました。
ドリンク飲み放題、ご飯・フルーツ食べ放題!!

72km時点では、少なくとも上位30番以内くらいには入っていたと思われ、選手は数人しか居なかった
ので、トイレもガラガラ、食べ物も、殆ど手付かずのものを自由に食べられました。

スタッフは高校生のボランティアのようでしたが、「今まで何人くらい寄ってきました?」と聞くと
「10人ちょっとかと思います」との回答。
このA/Sをスキップした人も居るとして、20~30番くらいには位置してるかなと思いました。

厳密に言うと、先頭集団でも何でもないですが、210kmの参加者が2500人近い訳ですから、
20~30番と言えば、全体の「1%」程度に当たる訳です。
やっぱり嬉しいですよね! 俄然気合が入ります。

両津のB/S(弁当ステーション)まで28kmですが、ここをスキップすると、次の多田まで68km。
今まで72kmで来たんだから、次が68kmでも問題なかったんでしょうけど、両津では自転車に
着けたチップを測定する(通過したかどうかのチェック)と聞いていたので、念の為、両津には
寄ることにします。

はじき野から両津までも、2-3人の快適列車(そんなに速くなかったので、ちょっとラチェット音で
煽っちゃったかもですが、その分、脚を休めることができた)に乗ることができ、両津到着。

9時を少し回ったところでした。
トップは9時前に到着するそうですね。 10~15分くらいの遅れか。

両津A/S内は自転車走行禁止であり、自転車を引いて置き場に向かいます。
すると「ゴードンさん」と「出雲さん」が先着してました。

28km前のA/Sでガッツリ食べていたので、両津で弁当は重いなぁと思い、スタッフと「これ、
残しちゃっても良いですか?」と聞いていると、ゴードンさんから「じゃあ2人で半分ずつ食べよう」
と提案され、二人で仲良く「おにぎり弁当」の「おにぎり」をひとつずつ分け合います。

但し、なぜかおかずは全部僕が食べちゃいました(^^ゞ
ゴードンさん、おにぎり一個だけじゃ足りなかったでしょ??

さて、僕は両津での休憩は「7-8分」だったと思います。
既に72km地点で、ガッツリ補給していたので、ここでの補給は大して必要ありません。

ゴードンさんと弁当をシェアしたあと、ゴードンさんは「トイレに行く」と言っていたので、
「多分タバコも吸うんだろうな」と思い、僕はすぐに出発します。
ここで、「ギーモさん」が両津B/Sに到着です。

「今から出ま~す」と挨拶して出発。

僕は最初の2つのA/Sをスキップし、3つ目の「はじき野」で休憩@ガッツリ昼飯@8時だったんですが、
2つ目の入崎と4つ目の両津と、1個飛ばしで休憩している人も多かったはず。

また、トップ10を狙う猛者は、休憩は100km地点の「両津」のみで、両津の前後100km+106km
はノンストップで走ったのかもしれません。

拍手で迎えられる快感に溺れ、短時間とは言え「はじき野」以降すべてのA/Sに寄り道していた僕なので、
トップ10とは程遠い「18番」になっちゃったんですね(苦笑)

ま、「アマチュアライダー@47歳@初レース@初イベント@初佐渡@登りはカメ」ってことで許して(笑)

さてさて、両津で「ゴードンさん」と一緒におにぎり食べながら話してたんですが、その時点で、両津の
自転車置き場に置いてあった自転車は20台程度。
ゴードンさんいわく、「あの20台がほぼ先頭の20台ということなのかも」と。

ということは、ここで休憩を短く済ませれば、一気に先頭グループ入りができるってこと?
俄然やる気が出て、おにぎりを食べ終わって、水を飲んだ瞬間からスタートモードに入りました。

18番目のゴールの話は昨日も書きましたが、そこから逆算すると、

「両津・多田間」 8人くらいに抜かれた (@登り坂)
「多田・小木間」 1人に抜かれた
「小木・素浜間」 2人に抜かれた  (@15%の激坂)
「素浜・ゴール間」 A/S休憩中含め2人に抜かれたが、抜き返したので、順位変動なし。


合計11人に抜かれて、18番だったってことは、両津を出発したときは、驚きの一桁順位の「7番目」だった
ってことですかね???

確かに、両津を出て比較的すぐに僕を抜いて行った集団(平地は高速列車に乗ったが、登りで置いてかれた)は
スタート直後にも高速列車を組んでいた3人組であり、恐らく休憩は両津のみで、トップに近いところで
ゴールしたと思われる。  なぜなら、凄~く速かったから。

つまり、両津港到着時点で25番目だったとすると、両津港で「18人」抜いたってこと??
先頭集団の休憩は両津だけだった可能性あり、その分、長く(20~30分とか)休んでいたのかも
しれませんね。 それも戦略か。

両津・多田間の前半では、8人もの剛脚さんに抜かれてしまいましたが、途中1人の方に
追い付きました。 「こ~じ倶楽部」の赤いジャージを着た、ピンクのクロモリバイクに
乗られた方です。(ここでは暫定的に「こ~じさん」と呼ばせてもらいます)

この方と、多田まで並走させて頂きました。
追い付いた時には少しスローダウンしてましたが、基本的にここまで100km以上、先行
して走られていた訳ですから、健脚の持ち主と言えます。

でも、この方、僕と一緒で登りはあまり得意でない。
その代わり、下りは凄く速いんですよ!
でもって、多田のA/Sに同時到着したんですが、「こ~じさん」は通過して先行して行かれ
ました。

両津・多田間は40kmありましたが、多田以降のA/Sは間隔が「22km」「18km」と短かったんですが、
アップダウンも多かったので、僕は短時間(3分くらい)とは言え全部止まり、ちゃんと補給してました。

小木を過ぎて素浜に向かうところに結構キツイ坂(最大勾配11%)があって、えっちら
おっちら登っていると先ほど先行された「こ~じさん」が立ち止まってます。

「何かトラブルですか?」と聞くと「脚が攣っただけです」とのことでしたので、「ちゃんと
休憩&補給した方が良いですよ~」と声を掛け、抜かせてもらいました。

この坂はどうにかクリアしましたが、そのあとの15%坂で死にました。
この激坂で、2人に抜かれました。 1人とはちょっと会話を交わしましたが、声の感じと
話し方で、僕よりちょっと年上かなぁと思われる超ヒルクライム体型のオジサマで、もう
1人は「LEGON」のジャージの方でした。

激坂区間はどうにか足付きなしで登りましたが、汗が目に入って目を開けて居られなく
なったので、頂上のちょっと手前で係員の居るところで立ち止まり、タオルで汗を拭きとり
ます。

この時に係員さんに、「この坂、半端ないっすね!」と声掛けたところ、「頂上はもうすぐ
だから」「それに随分速いよ、通過選手数えてたけど、まだ18番目だよ!」と言われ、
俄然気合いが入ります!

頂上を超え、クネクネ下り坂を慎重にスピードを落として下り、ようやく最後のA/Sである
「素浜A/S」に到着です。 さすがにここでは疲労困憊。
結局、トイレも含め、7分くらい休憩したでしょうか。

僕の休憩中に「こ~じさん」がA/Sにやってきますが、僕より短い時間の滞在で、先に
スタートされてました。

僕は補給食として、カロリーメイト(もどき)を8本持ってたんですが、これも荷物になる
ので、6本は素浜A/Sに寄付(捨ててもらうだけ?)して軽量化を図り、再スタートです。

この直後に長~い直線のイヤ~な登り(勾配7%)があるんですよね~。。。。
先行した「こ~じさん」が200mくらい先で悶えてるのが後ろから見えます。
こっちも悶えているので、一向に差は縮まりません。

最後の「ダメ押し峠」は2つあるんですが、2つ目の峠を登っていたところ、見るからに
ヒルクライマーな体型の若者(20代と思われる、ここでは「クライマー君」と呼びます)に
抜かれます。
しかし、ここは僕も踏ん張って、差を付けられないように後方から追いました。

頑張って走っていると、さっきは200mの差が着いていた「こ~じさん」に追い付きます。
しかし「クライマー君」は「こ~じさん」も抜き去って登り坂で先行します。

再び、「両津・多田間」同様に、「こ~じさん」と励まし合いながら並走し、峠を越えました。
下り坂に入ると、「こ~じさん」速い速い、向かい風の中、一気に「クライマー君」に
追い付く勢いです。

ここで先に音を上げたのは僕の方、「お先にどうぞ」と「こ~じさん」に伝えます。
しかし、こ~じさんからは、「一緒に追走して抜き去りましょう!」と励まされ、そこからは
向かい風の中「こ~じさん」に牽いてもらいます。

こ~じさんの鬼牽きで「ヒルクライマー君」の背後に迫りますが、ここで「こ~じさん」から
「お先にどうぞ」サインが! 僕の見せ場を作ってくれようという優しい配慮です。

「ありがとうございます」と、一気に爆走し、ヒルクライマー君を抜き去りますが、しばらく
すると再び抜かれます。 
しばらく後ろに付き、再度抜くと、また抜き返されます。

そうこうしている内に、ゴールまであと5kmくらいになってきました。
「この若者は絶対に俺達に抜かされたくないんだな」「じゃあ、若いんだし仕事してもらおう」
ということで、ゴールまでの向かい風の約5kmを牽いてもらいます。

この間「ヒルクライマー君」「Muirwoods」「こ~じさん」の3人列車で、Bコース(130km)の集団を
ガシガシ抜きながら爆走します。

そして、ゴール手前の海岸に出るところのカーブで「ヒルクライマー君」をブチ抜き、
時速40km/h超のゴールスプリントで爆走ゴールイン!!!
多分僕のあとに、「こ~じさん」もゴールイン!!

完全に「ヒルクライマー君」を「発射台」として使わせて頂きました。
まあ、若いから年寄りの面倒を見て頂く義務があるかなと(笑)

励まし牽っ張ってくれた「こ~じさん」、発射台として風を一身に受けてくれた「ヒルクライマー君」
貴方達のおかげで、僕は気持ち良くゴールすることができました!
ありがとうございました!

というわけで、単独走行もそれなりの区間ありましたが、上手く列車に乗ったり、近い速度で
走ってくれるライダーに出会えたのが、今回の好タイムの要因かと思いますね。


ゴール後、コースを離れて停車できるところまで移動し、サイコンをチェックします。

P1090464.jpg

P1090473.jpg


ゴール後、1分ほど経過していたので、時計は撮影直前に「13:21」から「13;22」に進んで
しまったので、到着時刻は「13:21」とさせてもらいます。

P1090476.jpg


そして、恒例の「ストップウォッチ押し忘れ」。。。orz
気付いた時には「スタート後12分」経過していたので、「7:23」とありますが、実際には「7:35」が
公式記録(?)となります。


P1090477.jpg

でもって、走行時間を撮影する前に、再度移動して、チップを返還したり、完走証明書をもらったりしてから、
撮影忘れに気が付いて撮ったのが下の画像。

P1090481.jpg

「7:09」になっちゃってますが、公式タイムは「7:08」とさせて頂きました(笑)
実際には「7:05」~「7:08」の間くらいかと思います。

僕の前にゴールしたと思われる「17人」全員を確認したわけではないですが、僕より年上かなぁと思った
のは1名のみで、あとは20代・30代、行ってても40ちょい過ぎくらいの若手だったと思います。

昭和39年生まれの辰年ドラゴンズ、若者に交じって頑張りました!!


●本日の走行距離:  0km (飲み会&雨のため)




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うひゃ~!爆走おやじのリアルレポだぁ~!
読んでいて疾走感がたまりません。なんかこっちが感動しちゃった。

しかしエイドステーションをスキップするのはなんかちょっともったいない気がするのはボクだけ??ぼくなら食べれるだけ食べちゃうかも、、、

自然発生の列車はうまくローテーションできるんですか?だとしたら初対面なのにすごいですよね!!

とにかくお疲れさまでした。リアル報告会の20日に参加できないのが非常に残念だ!!

No title

お疲れ様でした~
それにしても凄いですね、みゅあさんほどの脚があればもっといろんなレースに出てみるのも面白いでしょうね。
レベルの高いイベントになると自然発生の列車でもローテーションするんですね
私が参加したレベルのイベントではずーっと牽かされっぱなしで最後ムチャクチャ漕いで離しましたけど・・・
20日は楽しみにしていますよ!

かっこいいです!
読みながら思わず興奮してしまいました。
ゴール前のスプリント、ゴール後の達成感はすごいんでしょうね。ヒルクライマー君、グッドジョブ(笑)
身体を鍛えて来年は参加してみようと真剣に考えてます。
完走、18位おめでとうございます!

No title

やっぱり、鈴鹿も早くスタートに並んで、表彰台を狙いましょう。
僕も頑張って、発射台になりますよ(笑)
不発の可能性が非常に高い台ですけど…
なんだか、楽しみだな~

頑張りましたね!

同じ昭和39年のオッサンとしてはとても嬉しいですよ!

若いのに負けるのはいたしかたないと思います。

周囲には変態と言われながらも(笑)
走りに徹した日々の結果でしょうね

改めて おめでとうございます!

No title

爆走生中継ですね。十分楽しめました。
それにしてもすごいアップダウンの激しいコースですね。
15%とかあるんだ。気が遠くなりそうですねえ。

No title

爆走レポートですねーw
でも常に前を狙ってますよね、みゅあさん。尊敬すべき変態ですわ(笑
ゴール前にスプリントする力が残ってるなんてプロですかwww

しかし細かいところまで覚えてるのはひょっとしてまだ余裕がある?(爆

No title

こんばんわー
本当にお疲れ様でした。

Ave29kmは驚異ですね(゚д゚)!
やはり私もMuirwoodsさんを見習って
平地40kmで走れるようにがんばります!

こんにちは

頑張ったんですねぇ~ こんどあったら褒めてあげますね^^
しかし物欲党の皆さんは速い人ばかりなんですね~
私なら食べ放題のエイドステーションに住みついちゃうと思います。たぶんその時点でリタイアですね(笑)

やりましたね!

プロのレースを見ているようなリアルな実況ですね!
読んでいてワクワクしました!
エイドステーションは大好きなので、私だったら全部立ち寄っていると思います。(^_^)v
ツールドちばの時も全部制覇しましたし・・・。(笑)
何はともあれ、昭和39年生まれ辰年ドラゴンズ!バンザーイ!!\(^o^)/

No title

 「ヒルクライマー君」も発射台になるとは思わなかったのではないですかね。そして「こーじさん」と友情も芽生えて、色んなエピソードがあからこそ、感動が生まれるんですよね。なぜかハラハラしながら読み切ってしまいました。

改めて、おめでとうございます!

No title

お疲れ様でした。楽しかったですね。
しかし早すぎです。
また、よく飲む飲む飲む。
速さの源泉はアルコールか~と思える飲みぷりでした。
またぜひご一緒させてください。

凄い凄い!

熱いレポートを読ませて頂き、ドラゴンズが頑張っているから
スネークスも頑張らないと!!レース出てみたくなりましたよ~~~~
もともとレース好きだから余計に読んでて興奮しました。

ここ1週間ジロ・デ・イタリアを観続けいるので
レースの面白さが伝わってきて、楽しく参加し
競うのはいいなぁって感じちゃいました!

機会があったら同行させてくださいね!

楽しみ

詳細レポートありがとうございました!
これを見ると鈴鹿がとても楽しみになってきました.
天気がいい事を祈るのみですね!

勿論自分は内側から観戦するんですけど^^;;;;;;

さすがですね!!

佐渡、お疲れさまでした!!
快晴でとても気持ちよく、楽しいイベントでしたね。

うっずさんの豪脚ぶりはわかっていましたが、改めて脱帽です。

blogを読んでびっくりしたことがひとつ。
ピンクのクロモリバイクのこ~じさん。僕もスタート直後から入崎ASまでずっと一緒に走ってました。
こ~じさんは入崎をスルーしていってしまいましたが・・・

強い人ってたくさんいるんですね~
僕も頑張らなくちゃ!!

イベントは走り出しは抑えて走るのが常識のようですがそれは初心者にいえることでロングを何度も経験しているとペース配分は体が覚えているのでしょうね。
でこまめな補給は大事でしたね。

カロリーメイトもどきを捨ててまで拘るwoodsさんに驚きました。

割合足のあう列車があったようで良かったですね。

エイドステーション

非常食8本て、エイド寄らずも、
視野に入れてのことですか?
恐ろしいですね~(爆)
しかし、男前ですね!

No title

いや~スゴイッす。中年の星ですね。まずはお疲れ様でした。でも記事読んでるかぎりあまりお疲れでないような・・・。

初対面でもローテーション

tacoさん、いつもコメントありがとうございます。

拙い文章で、どこまで臨場感が伝えられたか分かりませんが、楽しんで頂けたようで
なによりです。

イベントとして純粋に楽しむのであれば、全てのエイドステーションに止まった方が
良いでしょうね。 最初(20km地点)の相川には「お蕎麦」があったそうですし。

補給は足りないと完全にアウトですが、食べ過ぎても悪影響(重量化と胃もたれ)が出ます
ので、米を食ったのは1回目と2回目の休憩のみで、3-5回目の休憩は糖分とビタミンの
効率的補給を目的に、オレンジだけ食べてましたね。

自然発生の列車も、ちゃんとローテーションしてました。
先頭に近い位置を走っていた人達はレースや集団走行に慣れているんだと思います。
僕も「チーム地獄列車」以外のローテーションは初体験でしたが、「お先にどうぞ」サイン
と共に、先頭から最後尾に下がる、あの感じを体験できて、嬉しかったです!

20日、残念ですね。。。 また別の機会に是非!

ローテは先頭が下がらないと(^^ゞ

ebizouさん、いつもコメントありがとうございます。

転勤がなければ、色々なレースに出てみたいところなんですが、月末の鈴鹿で打ち止めです。
転勤先でもロードレースがあるようなので、出てみようと思ってますが。

レースや集団走行に慣れている参加者は、自然発生の列車でも、キチンとローテーション
してました。
ローテーションは、「先頭で牽いている人」が2番目の人に先頭を譲る形で、最後尾に下がる
のが基本ですので、先頭を譲らないと、ゴール直前の発射台君みたいに、向かい風の中を
ずっと牽かされることになっちゃいますよ(笑)

もっとも加速して千切れちゃうような列車は、千切ってしまうのが正解ですけどね。

来年に向けて、ロング訓練に励みましょう!

たくちゃん、いつもコメントありがとうございます。

ツールの選手を真似して、ゴール前のスプリントと、フィニッシュラインを切る瞬間の
ガッツポーズまでやっちゃいました(笑)

たくちゃんの脚力を更に1年鍛えれば、初佐渡でも8時間切りはできると思います。
休憩を最小限に抑え、High Averageを狙うロングライド(できれば200km超、少なくとも150km)
を定期的に実施すれば、かなり鍛えられると思いますよ!

来年は是非!

発射台が先にゴールとか?

めばるさん、いつもコメントありがとうございます。

表彰台は無理ですよ(笑) 「年齢層別順位」って出るんでしたっけ?
めばるさんを発射台にするとは恐れ多いですが、やってもらえるなら心強いですね。
でも、発射台は自己犠牲の精神ですから、疲れますよ(^^ゞ

でも、発射台が発射させずに、自分で先にゴールしちゃったりして(笑)

変態呼ばわりされても高速練習

ドラゴンズmakotoさん、いつもコメントありがとうございます。

まさに仰る通りで、「そこまでaveばかり気にして、変態では?」と言われ続けながらも、
走るたびに平均速度に拘り、休憩や補給は最小限に抑える走りに徹してきたからこそ、
佐渡で好成績を残せたんだと思います。

まだまだ、そんじょそこらの若いもんには負けられませんね(笑)
本チャンの猛者には到底勝てませんが(^^ゞ

39-25T で15%は発狂

moumouさん、いつもコメントありがとうございます。

7-11%の坂も十分に嫌いですが、15%は発狂しそうでした(笑)
18-20%の坂を好んで登るKIKUさんの変態度が良く分かりました。
「34-28T」(ギア比「1.21」)とかあれば、激坂もクルクルと登れると思うんですが、「39-25T」
がラストだと、ギア比は「1.56」なので、「34-28T」と比べ約30%キツイです。

なので、15%の激坂はケイデンス35くらいで止まりそうでしたよ。。。orz

ブログネタ(^^ゞ

ひろさん、いつもコメントありがとうございます。

ゴール前スプリントができる余力は発射台こと「ヒルクライマー君」に頂きました。
5kmほどずっと風除けになってもらったので、十分に脚を休めることができ、高速
ラストスパートができたって訳ですよ。

基本ブロガーなもんで、走りながらも常にブログネタを意識しながら走ってましたから、
100%燃え尽きるような走りではなかったですよ。 
「いつも心に太陽を」「いつも心肺と脚には余裕を」です(^^ゞ

登りと平地のバランス

HI_MAJINさん、いつもコメントありがとうございます。

そうですね。 平地を40km/h巡航で走れるようにならないと、僕のように登りが苦手な
人間には、獲得標高1937mで ave 29km/h は残せません。
HI_MAJINさんは、登りが速いから、その分平地で楽できるはずですよ。

物欲党員の活躍

KIKUさん、いつもコメントありがとうございます。

頑張ったので、是非褒めて下さい(^^ゞ
厳密に言うと「ギーモさん」は物欲党員ではないですが、僕以上に物欲党員と一緒に走って
いる人です。 「出雲さん」も5/14から物欲党員として認定されました。

従って、「ゴードンさん」「ギーモさん」「出雲さん」「Muirwoods」の4人が8時間切り、
次が「こむひでさん」の8時間半、「hiroさん」が9時間強、「sattoさんが9時間20分」
そして「ひろおじさん」「TOMOOさん」と続きましたね。 

その他、約3名ほど、本気出せば速いのに、ノンビリ走ってた方も居られました(笑)

倍の休憩を取ったらどうなるか

pentaさん、いつもコメントありがとうございます。

ツル千葉ではA/S全制覇ですか! それはそれで楽しいでしょうね。
ただ、もし僕が佐渡で合計60分の休憩を取った(走行速度は ave 28.9km/hで不変)と仮定
すると、33分遅れるので、所要時間は8時間8分、平均所要速度は「25.4km/h」まで落ちて
しまいます。 でも休憩を増やした分、平均走行速度は上がるのかな。 うーん、微妙。

何はともあれ、ドラゴンズ、頑張りましたよ!

予想はできたと思うんですが。。。。

maruRRさん、いつもコメントありがとうございます。

どうなんでしょうね。
普通に考えれば、ゴール手前5kmでピッタリ後ろにつかれたら、発射台にされることは
予想してたかもしれませが、若き彼のプライドが先頭を譲ることができなかったのでしょう。

ゴール後、サイコン撮影に没頭している内に「こ~じさん」を見失ってしまったのが、
最大の後悔です。 キチンとお礼を言いたかった!

アルコール燃料

hiroさん、先日はお疲れ様でした!

結局、レース前日は、hiroさんから、ワインボトル半分わけてもらったので、「ビール@500ml」
「ワイン@940mlくらい」飲み、部屋に帰ってから、「酎ハイ@350ml」飲んだので、
3方からのイビキ攻撃にも耐え、それなりに眠りましたよ。

はい、間違いなく僕のエンジンはアルコール燃料で動いてます(^^ゞ
普段はもっと飲みますが、レース当日は2時半起きでしたので、いつもより量は控えました。

是非また一緒に走りましょう!

レース色々

yoshiさん、いつもコメントありがとうございます。

ドラゴンズより若いスネークス(「へびーず」とも言う)も頑張って下さいね!
レース是非出ましょうよ!
僕は7月初に転勤になってしまうので、レースは今月末の鈴鹿エンデューロが最後になり
ますが、今年もまだまだ色々あるみたいですよ。 箱根ターンパイクとか。
こちらのサイトで色々と探してみて下さい。

http://www.sportsentry.ne.jp/search.php?ct=c

http://www.super-hc.jp/index.html

yoshiさんの脚なら、どれも好タイムが望めますよ!

鈴鹿ではよろしくお願いします!

zolaさん、いつもコメントありがとうございます。

鈴鹿では何かとお世話になりますので、よろしくお願いします。
当日は雨が降らないことを祈ります。
願わくば「曇り」がベストかな。 水分の消費も抑えられるし。

ピンクのクロモリ(こ~じさん)

こむひでさん、いつもコメントありがとうございます。

(仮称)「こ~じさん」、入崎まで一緒だったんですか??
ってことは、下手すると、A/Sに全く止まらず素浜まで走っていた可能性もありそうですね。

素浜の手前で足攣っちゃったみたいで、しぶしぶ素浜でトイレ休憩いれてましたが、見た
感じ、補給はせずに、すぐにスタート(僕より後に到着して、先に出発)してましたから、
休憩なしで207km走破するつもりだったのかもしれません。 驚きですね~

私も秘かに考えてはいましたが、実行には移しませんでした(笑)

無駄も色々あり、課題ですね。

まっくろくろすけさん、いつもコメントありがとうございます。

最近さぼり気味で200km超の練習が足りてませんでしたが、その分、峠なぞ登ったりして
いたので、160km走破後の連続坂もどうにかクリアできました。

最小限の時間で、適量の補給ができたので、ハンガーノックには全くなりませんでした。
補給作戦は成功ですね。 アウトプットも大丈夫でした(small x 2)。

A/Sがあるのにボトルを満タンにしてみたり、補給食を200km分携帯したりと、かなり
無駄があったのも事実。 15%坂を片付けたあと、さすがに腰に付けた荷物が重く感じる
ようになり、「残り26km」となった時点で、軽量化を図りました。

列車は助かりました。 
レース(イベント?)初心者の割には上手く列車を利用できたと思います。

207km分の補給食携帯

ハンガーノックンさん、いつもコメントありがとうございます。

>非常食8本て、エイド寄らずも、 視野に入れてのことですか?

その通りです。
先日、東京→ 長野(獲得標高:1300m)で200km走った時の補給が、カロリーメイト(もどき)
2本とラーメンだけだったので、朝飯もしっかり食ったことですし、カロメ8本(800kcal)
あれば207km走れると思ってました。

なので、「A/Sは水分補給のみ」という選択肢もあったのですが、「赤信号休憩」が殆ど
なかった(前半150kmは赤信号なし)ことから、A/Sも最低限利用させてもらいました。

何回か疲労を感じました

ぐりさん、いつもコメントありがとうございます。

ありがとうございます!
「疲れたな」と感じたのは、15%の激坂にやられた後と、素浜A/S直後の直線の長い登りの
時、それから「ヒルクライマー君」の追走を一旦諦めかけた時くらいでしたかね。

結果として、ゴール直前の5kmはヒルクライマー君を風除けにしていたので、相当疲れが
癒され、ゴールスプリントはしましたが、余裕を持ってのゴールだったと思います。
(あと100kmくらいなら走ってもいいかな、みたいな)

ホントすごい!

読んでるだけで興奮&感動してきました!
みゅあぱぱの爆走を目の当たりにした
ヒルクライマー君の顔が目に浮かぶようです

ゴールスプリント

カレーパンマンさん、いつもコメントありがとうございます。

クライマー君もある程度覚悟はしていたでしょうけど、ゴール直前でブチ抜かれ、
脚を使い果たした向かい風の中、40-42km/hで爆走スプリントする俺についてくることは
できなかったようです。

No title

改めて、完走18位おめでとうございます。
それにしても熱いレポートですね^^
自分が走ってるかと錯覚しました。
Av.29kmのスピードは錯覚しようもありませんが^^;
明日は発表会楽しみにしてますww
なので、早期撃沈禁止ですww

臨場感

まるおさん、いつもコメントありがとうございます。

文才のない私目の書いた文章で、臨場感が出せたかどうか不安でしたが、皆様より
暖かいコメントを頂き、頑張って書いた甲斐があったと、ホッとしております。
15%の激坂を含む獲得標高1937mで、ave 28.9km/h を記録できたのは、自分なりに
満足しております。

明日は身振り手振りで走行レポート解説させて頂きますので、よろしくお願いします。
18:30開始ですから、22:00迄は寝ないように頑張ります!

No title

私が自分の記事をノロノロと9日も欠けて書いてる間に、ウッズさんの記事はスゴイ量になりましたね。 さすが毎日アップはスゴイ。

それにしても、初参加にしてして7時間35分とはスゴイどころかヤバイ記録です。 こういうの勝負強さってゆーんですね。 さすがだ。 できれば来年はクロスバイクで、時間短縮を(爆)

それだけ楽しかった

ゴードンさん、先日はお世話になりました。

佐渡は本当に楽しく思い出深い旅&イベントだったんで、書きたいことがたくさん
あり、毎日色々と書いてしまいました。

勝負強い? いやぁ。。。上手く列車に乗れたという意味では幸運でしたね。
あとは、胃腸が強いのが幸いしたかも。 必要なエネルギーを余分に摂取しても
胃腸が悲鳴を上げないので、ハンガーノックにはなりにくいようです。

今後の5年間は1回出場できるかどうかですが、クロスで10時間を狙うのも
面白いかもしれませんね(笑)

station wagon@reef.ck

アニエスベー iphone6ケース ディズニー http://www.ritual-nvr.ru/dgkdlb/agnesb-wslpq-tipieezvlovnhr-8.html
プロフィール

Muirwoods

Author:Muirwoods
2010年1月、45歳にして、短距離通勤用として購入したクロスバイク(MARIN Muirwoods、26インチMTB仕様)がいつのまに生活の中心的存在となり、Muirwoods号で300キロ超のロングライドに挑戦し、2010年末46歳でロードバイクデビューしました。

ロードバイク1台目は「Cervelo RS」。
11年7月にジャカルタに赴任、CAAD10を新規購入して持ち込みましたが、事故で大怪我をしてしまい、現在自転車活動は休止中です。

本年10/10を以って50歳になりした。
50代の10年も、頑張ります!!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。